泉区生活支援ネットワーク

仙台市の障がい者支援のための情報です。福祉・特別支援教育・就労など,分野をこえた生活支援のネットワーク・情報交換の場です

自閉症と向き合う悩み共有を/ドキュメンタリー映画を上映(4月2日仙台)

2012年03月29日 | 発達障害・自閉症支援情報
(「河北新報」平成24年3月29日(木)付け記事より引用)
 4月2日の世界自閉症啓発デーに合わせ、県自閉症協会は1日、映画監督の赤崎正和さん(24)が自閉症の妹を撮影したドキュメンタリー映画 「ちづる」の上映会を仙台市青葉区の市福祉プラザで開く。県内での上映は初めて。赤崎監督の講演も行われる。
 映画は、自閉症で重度の知的障害がある妹千鶴さんを中心に、家族の葛藤や絆が描かれている。
 撮影一剛、監督は千鶴さんの障害を誰にも話せなかったという。撮影が進むにつれて千鶴さんと正面から向き合えるようになり、監督のまなざしの変化が映像ににじみ出ていると話題になっだ。
 講演は「兄妹として・監督として」と題し、赤崎監督が自閉症の妹の兄として抱いていた複雑な心情や、映画を製作したいきさつを語る。
 自閉症は先天的な脳機能の障害のために、他者とうまくコミュニケーションが取れなかったり、特定のものや場所に強い執着があったりするなどの特徴がある。
 県自閉症協会の目黒久美子会長は「親は障害のある子どもにかかりきりになりがちだ。兄弟姉妹に障害者がいる人が悩みを抱えている実態
や、そのことで親も悩んでいることを知ってほしい」と話している。
 上映は午前10時と午後1時半。講演は午前11時40分開始。入場料一般500円、会員無料。事前の申し込みが必要。連絡先は県自閉症協
会080(3328)3802。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 開所に向けて急ピッチ「フリ... | トップ | 新入学・進級を迎える保護者... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
4月1日開催です。 (管理人)
2012-03-29 16:21:34
 新聞記事をそのまま引用したので4月2日がタイトルに掲載されてますが,啓発デーは2日ですが,この映画イベントは4月1日開催です。よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

発達障害・自閉症支援情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事