消えゆく霧のごとく(クンちゃん山荘ほっちゃれ日記)   ほっちゃれ、とは、ほっちゃれ!

きらきら輝く相模湾。はるか東には房総半島の黒い連なり。同じようでいて、毎日変わる景色。きょうも穏やかな日でありますよう。

植田忠司弁護士、鬼蜘蛛ブログの古~い記事削除を要求!! 詳細は追記

2016年12月03日 08時59分39秒 | 困ったのう!
今回記事は、ブログタイトルにある「ときどき世間の俗事にカムバックするかも」の一環です。
カテゴリ分類の「困ったのう!」は、「こういう弁護士にも困ったのう」の意です。

暴力行為で懲戒の弁護士、
鬼蜘蛛記事の削除を要求!


自分が代表を務めていた法律事務所の女性弁護士に殴る蹴るの暴力をふるい、弁護士会から懲戒処分を受けた植田忠司弁護士がこのほど、代理人を通じて、鬼蜘蛛ねえさんこと松田まゆみさんのブログ記事の削除を掲載元の「さぽろぐ」に要求していることがわかりました。

植田弁護士は文芸社の著者のひとり。2005年に、
『騙されて泣き寝入りしている消費者たち―不当な債務、悪質な商法から抜け出すために』
を刊行した。しかし、現実は、
『騙されて泣き寝入りしない女性弁護士ー不当な待遇、悪質な暴力を許さぬために』といっ
た書かれざるドキュメントの登場人物になりかねない仕儀となりました。文芸社刊の著作はこちら

自らのHPには、「弁護士業務を引退」とあり、根拠地埼玉を去らざるを得なかったのか、いまは瀬戸内方面で行政書士、社会保険労務士として、お元気にご活躍中とのことです。

植田被懲戒弁護士から削除を求められている鬼蜘蛛記事は、2012年4月22日付の「女性弁護士に暴力をふるった植田忠司弁護士とは・・・」と題する記事。5年近くも前の記事で、古過ぎですねえ。その記事はこちらを

現在、出先につき、使い慣れたネット環境に戻り次第、続報を掲載いたします。


コメント (4)