消えゆく霧のごとく(クンちゃん山荘ほっちゃれ日記)   ほっちゃれ、とは、ほっちゃれ!

きらきら輝く相模湾。はるか東には房総半島の黒い連なり。同じようでいて、毎日変わる景色。きょうも穏やかな日でありますよう。

あの「リアルタイムアクセス解析」ページ(旧バージョン)に行くには、https://blog.goo.ne.jp/admin/realtime/(追記あり)

2019年03月31日 11時47分33秒 | こりゃ、なんじゃい!
     gooブログリフォームへのブーイングにおらも同感!
 懐かしき「リアルタイムアクセス解析」ぺージ(旧バージョン)に行けない!
    いろいろやってみたら、行けました!



 gooブログのお楽しみのひとつは、旧バージョン「リアルタイムアクセス解析ページ」でした。

   
     こういうページですよ。

 その時点でのアクセス数につづく棒グラフ、右には「あしあと」の来訪者面々のHN、そしてその下には刻々と変わる「みんなのブログ」・・・・。
 ところが、最近、リフォームだかリニューアルだかをやった後は、このページに行けなくなっちまいました。

 わからないのはおらだけかも知れませんが、どこを探しても旧「リアルタイム」に行くツールがないのですぅ!
 諦めきれずにあっちこっちさわっていると、現在の「編集トップ」ページの「みんなのブログ」の下に「みんなにブログをアピールするには→」というボタンがあることに気付きました。

   

 そこをクリックすると、な、なんと旧バージョンの「リアルタイムアクセス解析」の説明が延々と続いているのです!    
 リアルタイムアクセス解析の説明はこちらね


 こんな説明がうだうだ続いているいうことは、旧リアルタイムページも残っていることだよな、とまたまたそのページへのアクセスを捜索するのですが、どこにもない! おらだけなのか、こんな簡単なことがわからんのは。
 で、2、3のお方に尋ねてみると、「あれはなくなったんだと思ってた」「あそこが楽しみだったのにぃ」ということで、おらと同様の思いであることがわかったのです。

 そうして、きのうだったか、新記事投稿完了のページだったかに、旧リアルタイムアクセス解析へのアクセスツールが表示されているのに気がつきました!そうして、旧リアルタイムページのアドレスをコピーしておいたのだ!(えらい!と自画自賛)
 どういうわけか、その後、またアクセスツールは表示されなくなってしまったけれど、下に掲げたアドレスであの旧バージョンに行くことは一応出来ることになったのです。行ってみてください。

 なお、「旧みんなのブログ」にさきほど登録してみたら、一番上の画像のようにアクセスが跳ね上がったので、リアルタイムページを見ているお方がいることは間違いないようです。新旧は連動しているものと思われます。なお、スマホでは、旧も新も「みんなのブログ」はまったく表示されない、という情報がたったいま入りました。

    旧リアルタイムアクセス解析ページのアドレス https://blog.goo.ne.jp/admin/realtime/

 「旧リアルタイムアクセス解析」へは、
gooブログにログインした状態で、こちらからどうぞ


  簡単に旧バージョンに行けるボタンをつくってよ!gooさまぁ

 ******************************
  追記
 新記事をアップすると、「投稿が完了しました」という表示があるページがあらわれます。
 そのページに、旧バージョンへのガイドツールが常時あらわれるようになったようです。
 「投稿が完了しました」という表示の右手に「記事一覧に戻る  投稿した記事を確認する  リアルタイムアクセス解析で確認  投稿した記事を再編集する 」という各表示が出ます。そのうちの「リアルタイムアクセス解析で確認」をクリックしますと、旧バージョンのリアルタイムアクセス解析のページに行くことが出来ます。お試しください。
コメント (8)

安晋だけはご勘弁!

2019年03月30日 11時22分17秒 | こりゃ、なんじゃい!
  新元号は「安晋」なんつうことはないよね!
 チェロ記事におののくおら。安晋なら、安晋ってやりかねない!


   

「安晋元年」のチェロ記事はこちら(無断リンクご容赦)
コメント (9)

yahooブログ、ことし12月半ばで終わりだってよ! ひぇー!

2019年03月01日 13時18分00秒 | こりゃ、なんじゃい!
 勝手に終わられても困る、つうYahooブロガーも多かんべな!
  おらたちのgooはだいじょびかなあ!
   いろんな人がこっちに流入してくるんだろうな



 いましがた、おらのGメールを開けましたら、ええっ!?というお知らせが届いていました!
 きょう1日の午前9時12分の着信です。
 yahooブログの終焉です。
 (おらも10年ぐらい前に登録したまま、何も書いていなかったのを思い出しました。)

 経緯の説明がどこかに書いてあるとアドレスが表示されていますが、読む気がしないので、何があったのか、どんな事情なのか、さっぱりわかりません。
 儲からない、ということなのでしょうかね?

で、どっかのブログに移ってくれや、と書いてある! 下のブログへね。

アメーバブログ
5月9日より移行可能

ライブドアブログ
5月9日より移行可能

Seesaaブログ
5月9日より移行可能

はてなブログ
7月上旬より移行可能



 *********************
 *********************


重要】Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールはYahoo!ブログでブログを開設されているお客様への重要なご案内です。

お心当たりがない方は、お手数ですが破棄をお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クッキークンちゃん 様


 いつもYahoo!ブログをご利用いただき、ありがとうございます。
 誠に勝手ながら、2019年12月15日をもってYahoo!ブログのサービスを終了することにいたしました。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。


 終了に至る経緯や、今後のスケジュール、サービス終了までにお客様にご確認いただきたい内容については
以下のページに掲載しておりますので、必ずお読みくださいますようお願いいたします。


◇Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ
https://yahoo.jp/LXO6jd

 現在、他のブログサービスへの移行ツールの準備を進めております。
準備ができ次第改めて皆様にご案内申し上げます。

上記のページに「移行先と手順」の概要や「よくあるご質問」を掲載しております。
引き続きブログの継続をご希望のお客様は、お手数をおかけいたしますが、
移行ツール提供開始後に内容をご確認のうえブログの移行を進めてくださいますようお願いいたします。


 サービス終了までに他社のブログサービスに移行されなかった場合は、
 2019年12月16日以降、Yahoo!ブログで公開されているページが表示されなくなりますのでご注意ください。


長い間Yahoo!ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
 サービス終了まで引き続きよろしくお願いいたします。


 ◇Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ
 https://yahoo.jp/LXO6jd
コメント (4)

ネコツリーというもの

2018年12月25日 16時20分00秒 | こりゃ、なんじゃい!
   ネコツリーが来た!
 ネコがいっぱいぶら下がっている!
   恐怖のクリスマスツリー


 もう1年以上、ネコに泣かされ続けているおらのところに、
よりによって「ネコツリー」が送られてきました!

 まっことありがたい! 感謝!

          

 追記
 書き忘れたんやけど、画像手前の「メリークリスマス」と書かれたミニカードの裏に書かれていたのは、なっ、なんと、
「ニャと楽しいクリスマスをお過ごしください」だと!
 開いたクチがふさがらんわい!
 ありがと!
 

 こちらは、いま郵便屋さんが届けてくれたカード!
 
 郵便屋さんのバイクは、十中八九、ブワーという爆音とともにおらとこを通り過ぎて行くだけですが、きょうはいまさっき(25日午後4時前)、めずらしく停まって、うちの郵便受けに何か入れていきました。
 まあ、健康食品のダイレクトメールだんべと見に行ってみましたら、懐かしき友からのクリスマスカードでした。

 いやあ、どうもありがとう!
 
 折りたたみ式カードが今ふうのようですね。立派なもんです。

        

         
コメント (4)

東洋英和トップ深井智朗氏氏記念講演会の中止・吉野作造記念館

2018年11月14日 13時23分06秒 | こりゃ、なんじゃい!
  うーん、そりゃそうだよな!
 人前に出にくいわな!ふつうわね


 来る24日に予定されていた東洋英和女学院院長・深井智朗センセの吉野作造賞受賞記念講演会は、「著者の都合」で中止だと!

 おらと友人は、当日、どうしてもご本人にお尋ねしたいことがありました。
 で、東北新幹線古川駅前の豪華ホテルに予約して、記念館に講演会の予約も入れておいたんですがぁ、今朝、同館から電話がかかってきて、中止になったと知らせてきました。

 うーん、それしかあるめえな。
 しかし、記念館の人、大変だよな。千本ぐらい電話かけるんかいな。
 
 それより、おらの宿のキャンセル料が心配だけど、まだ日にちがあるから、だいじょびかなあ。


   吉野作造記念館の中止お知らせ①

   吉野作造記念館の中止お知らせ②


 
 
 
コメント

地下原発! わからん! ここの読者でわかる人はいますか? 

2018年09月08日 09時49分26秒 | こりゃ、なんじゃい!
 地下に、隠された原子力発電所がある、という話!
 2011年の計画停電は偽装、はおらも同感だが…


 流浪の民ことシズ子先生から、前記事に新たなコメントが入っていました。緊急だと!?

   『緊急 (流浪の民)2018-09-08 07:54:57
   またまたネット難民。こんなブログ(真)日本の黒い霧を読み戦慄。ホントだとしたら恐い・・・。でも真実かも・・・
   他にもこのようなブログが数件ありました。感想をお聞かせ下さい。』 


 コメント中の「ブログ(真)日本の黒い霧」を検索すると、そういう記事がありました。そのサイトはこちら
 うーん、確かに全道停電なんて、ずいぶんお粗末やね、とは思っていました。それに、「復旧に時間がかかる」ともったいぶっているのかと思ったら意外に早く復旧するところが出てきたりして…。
 
 シズ子先生がお読みになった記事の骨子は、「震源地の火力発電所Aの停止で各地の火発が連鎖停止という大嘘」「大電力の長距離輸送は不可能」「Aの地下に秘密の原発がある」「小型の隠れ地下原発が全国各地にたくさんある」という組み立てになっています。
 並みの人にも信じがたい部分があると思いますが、自分の財布の中身がようやく勘定できる程度の理数系頭脳しかないおらには、いちじるしくちんぷんかんぷんです。しかし、単に“トンデモ本”の類、と全否定しないほうがいいのかな、とも正直思います。

 特に、同記事が2011年の東日本大震災直後の、広範囲の「計画停電」について「大嘘だ」と喝破している部分は、計画停電を経験したおらには納得がいきます。あるときからパタッと計画停電は終了し、あとはばんばん使い放題でも電力不足になどならなかった。ことしの極暑で連日24時間エアコンつけっぱなしの日本列島でも、節電、電力不足にならなかった。これでは、大震災時の計画停電は大嘘というのは、そのとおり、と言うしかありません。

 ただし、大震災当時はカン政権で、ABらは野に下っていましたよね。表面は別のような顔をしているが、政党の根っこは、それこそ全部同じであるとするなら納得ですが、そこまではいってないような気がします。このへんが、大きな疑問です。

 というようなわけで、おらには「よくわからん」というのが偽らざる実情です。

 おらの心やすい知り合いで、この件の内実を知っている人はいないと思われます。
 知らない人ならどうだって? そうやね、心当たりがひとりいます。むかし、浦和の県庁、県警の記者クラブで一緒にいた、ただ一緒にいただけですが、時事通信の田崎史郎氏なら知ってるかもしれません。しかし、知っていても、昔も今も変わらぬあのべったりぶり体質では黙ったまま墓に持って行ってしまうでしょうね。

 シズ子先生、つうわけでまったくお役にたちませんで、申し訳ありません。
 どなたか、“事情通”のお方、さらにご教示くだされば幸いです!

 **************************
 **************************

 以上のように、おらにはわからんのでSOSを発したところ、当ブログ読者から2通もコメントがありました。さすがに博学のおさだけに、Mr.mobileからは続報も届くらしいのです! 乞ご期待。

 で、先まわって教示願いたいことを書いておきます。
 電気ゆうものは大量に遠くへ運べないものだという、(真)日本の黒い霧ブログ作成者の見解。これの正否でがす。
 彼、であろう、の見解では、大電力長距離送電は不可能、従って大きな需要地には近場に供給施設がある。東京近辺には小型の地下原発が多数あるのであって、福島方面から送ってくることなど不可能。大震災で東京方面の人間が感じた「福島住民への申し訳のなさ感」は根拠がない、ということになりますが、東京の地下原発は置いといて、大電力長距離送電の可能性について教えてください。

 かの論者の別記事では、この点を詳論しているのですが、先に書いたように算数、物理、化学はまったくわからないおらには読み解けないのです。
 よろしくお願いします。その記事というのは、これじゃ!2018-09-08 12:11:56
コメント (9)

冬を越してきたプルメリアに新葉が!

2018年06月19日 16時13分26秒 | こりゃ、なんじゃい!
 途中で放り出していた庭の竹材での土止め新調、本日完成いたしました。報告、おわり!
     土止め補修の追記記事はこちら


 *************************


   

 プルメリアに新葉が出てきました。
 えっ、それがどうした! 珍しくないよ!ですって!

 ふつうですと、そのとおり、丸裸で冬を越してきたプルメリアは徐々に新葉を茂らせ、夏には手に負えないほどの大きさになってしまいます。

 しかぁーし、このプルメリアには、根がないのである!

   

 去年の晩秋に室内に取り込む際に、3度目の過ちで花芽のついた枝を折ってしまったのです。
 根付くことはあるまい、とは思ったのですが、申し訳ないので、水につけておいたのです。
 そうすると、いつまでも花芽の「姿」は残って、とうとう冬を越したのです。
 姿は花芽でも、もう死んでいると思われるのですが、捨てるに捨てられず、水をたまに取り替えたりしていましたら、この度、ひょっこりと新芽が出てきたのです。
 まだ、根が生えてきたわけでもなく、今後どうなるのかも調べていませんが、大切に見守っていきたいと思います。

 植物の力には感心させられます。
コメント (4)

これぞ知る人ぞ知る若返りの妙薬!

2018年03月11日 21時21分39秒 | こりゃ、なんじゃい!
 これが水戸黄門愛用の秘薬!
 そこのOJI OBA お試しあれ


    

 この袋を破って水を入れ、AとBを混ぜ合わせる。
 しかる後に、2リットルの線まで水を増やす。
 袋をぶちゃぶちゃ揉んで、粉をよくとかす。

 それで、ああだこうだで、合計で4分の3ばかり飲むんじゃよ。
 そうすんと、内部がすっからかんになる。

 そうしといて、黄門様から内部を点検するってわけ。
 あしたの朝、これを飲まにゃあならんのよ、とほほ。
コメント (3)

スバルリコール、やっとこさ、部品が届いたとさ!

2018年02月13日 12時38分40秒 | こりゃ、なんじゃい!








10か月も前のリコール記事はこちら
コメント

こりゃ、ばんぺいゆ!

2018年02月11日 08時48分01秒 | こりゃ、なんじゃい!
 到来物の「ばんぺいゆ(晩白柚)」
 へぇー、ザボンの栽培種だとよ!


 山向こうの親戚から、「ばんぺいゆ」という熊本産の大みかんをもらいました。
 ザボンの一種だそうです。
 大きくて、圧倒されます!

 ジャムおじさんのおらとしては、マーマレードにしてみたいのですが、これだけきれいな仕上がりだとやっぱ薬を使ってるなあ、とあきらめました。
 添付の説明書には、堂々と「皮も使える。ピューレ、マーマレードに」と書いてあることはあるんだけど、「無農薬」とはどこにも書いてないんでねえ…。別に毒を食ろうても、いまさらなんだけど。

      
    小児の頭大、とはこのこっちゃね。いつだか紹介した鬼柚とどっこいどっこいだな。
 

   
    実は甘すぎず、酸っぱすぎず、苦すぎず、栽培種だけに万人向きに。おひとり、3房で十分です!

   ばんぺいゆ、のウィキはこちら
コメント (9)

秋篠宮家関連。439万3000円也のゼニコで、「脱平民」が夢まぼろしに?追加掲載あり

2018年02月07日 11時20分06秒 | こりゃ、なんじゃい!
  出る杭が徹底的に打たれるのはこの国では必定。
  ぐちゃぐちゃに掘り返されるのは必然なんだよ。
 調査が甘かった宮内庁、窮余の一策で二段式解消法か?



 出る杭は打たれる!
 元NHKのマロとかいうやつの例を持ち出すまでもなく、まさにすさまじいですよね。

 で、秋篠宮家のお祝い事が「延期」された決め手は、どうやら小室ママの439万3000円の金銭貸借だか贈与だかのおカネにまつわる報道だったようです。
 それらの情報を駆使して独自の論陣を張るBB覚醒とかいうgooブログのサイトは実に詳しいので覚醒されてしまうのですが、それにしても皇室がらみのこのような報道や個人ブログが許容されている現在というのは、やはり貴重というべきなんでしょうね。少なくとも昭和20年8月までは、もしこんなことを書こうものなら、獄中でくびり殺されたでしょうから。

 で、今回の出来事の本筋は、それらのセミプロブログに任せて、おらとこでは算数の計算でもしてみたいと存じます。

 小室ママが或る男から借りて踏み倒したか、もらった、かのゼニコは、次のとおりということです。

   2010年10月   45万3000円
   2011年 4月   40万円
         6月   10万円
         7月   30万円
         8月   10万円
         9月   44万円
        10月   45万円
        11月    5万円
        12月   10万円
   2012年 1月  200万円

         合計  439万3000円 

    
   おらとこにはないので、置いてないので、画像はfrom FREE。ちょっと多すぎたかな。


 で、ここで問題です。
 この金額が全額「贈与」だとして、「贈与税」は発生するのか、しないのか。発生するならきょう現在でいくらになるんだべか、ということです。消滅時効は、悪意でなかった(事情を知らなかった)という仮定で、6年ということにします。時効消滅したものもありますなあ。

 おらは、これから贈与税の税率などをググって、おらの結論をこのページに続報upしてみますが、もしちゃんちゃかちゃーんと計算してくださるお方がおられましたら、是非、コメントをお寄せください。
 そんな方がおられるとも思えませんが、もし、おられたら、初めから脱税するつもりだった(悪意)として、時効7年として、の計算もちゃっちゃっちゃっとお願いいたします。では、また。



 追掲載・新聞各紙の7日朝刊論調(記録的意味合いで掲載)
    記事全体はこちらから
 眞子さまの結婚延期 新聞各紙は「週刊誌報道」にどう触れたのか  2/7(水) 11:58配信 BuzzFeed
 突然の延期が発表された、秋篠宮家の長女眞子さま(26)と、小室圭さん(26)の結婚。小室さんをめぐっては、家庭内の金銭トラブルが週刊誌で報じられていた。延期との関係性を宮内庁は否定しているが、異例の事態について、新聞各紙はどう伝えたのだろうか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】
 BuzzFeed Newsでは、6紙(東京本社最終版)を読み比べた。

日経新聞「レッテル貼りは禍根残す」
日経新聞は1面と社会面で展開。唯一、編集委員の署名つきで解説記事を掲載した。
「前代未聞である」という書き出しで始まった記事では、「国民の多くが思い浮かべるのが昨年から続いている週刊誌報道の影響だろう」と踏み込んだ。
週刊誌報道については、小室さんの家庭事情に関する「バッシングともいえる」と批判。「一連の報道が『皇族の結婚相手としてふさわしくない』というレッテルを助長する」と指摘した。
そのうえで、婚姻は両性の合意のみに基づくと憲法が保障しているにもかかわらず、「家柄」や「経済力」などの批判が圧力になった場合は、「民主主義国家としての恥であろう」と言い切った。

読売新聞「やむを得ない選択」
読売新聞は、1面と社会面で展開し、結婚をめぐる経緯と眞子さまの「お気持ち」全文を掲載した。
宮内庁が週刊誌報道との関係を否定していることに触れながら、発表当日のお二人の動きや、ゆかりの方たちの「焦らずお幸せに」などというコメントを紹介した。
そのうえで、小田部雄次・静岡福祉代学教授(近現代皇室史)の「小室家をめぐる金銭的な問題が報道される状況の中では、延期はやむを得ない」とする談話を引用。小田部氏はこの中で、「日本では、個人の合意よりも家同士の結婚という意識がいまだに根強い」などと、宮内庁などの関係者が慎重論を唱えた、とみている。

産経新聞「金銭トラブル報じられ」
産経新聞は1面トップ、社会面のほぼ全面を使って大体的に報じた。
結婚までの経緯とお言葉全文のほか、当日のお二人のご様子や関係者のコメントを引用。宮内庁一問一答も用意した。
関係者コメントには、「新しい天皇陛下のもとで、新しく人生の門出を迎えるのもよいこと」という前向きなものがある一方、「週刊誌報道以外に(延期の)理由は考えられない」とするものもあった。
一方、「金銭トラブル報じられ」という囲み記事では、週刊誌報道について詳しく言及。週刊女性や週刊新潮、週刊文春が掲載した内容を「これらの記事によると」として、コンパクトに、わかりやすくまとめている。

毎日新聞「結婚の意思変わらず」
毎日新聞は、1面と社会面で展開。お気持ち全文も掲載した。
宮内庁の発表や幹部の「お二人の結婚の意思は変わらない」というコメントのほか、週刊誌報道についても金銭トラブルの相手や金額など、具体的な内容について言及している。
そのうえで、報道との関係を否定しつつ、「小室家の話であり、私から申し上げることは控えたい」と述べた宮内庁宮務主管の発言を引いた。
そのほか、お気持ち全文のほか、小室さんが帰宅する様子を短く報じている

朝日新聞「結婚延期 驚きの声」
朝日新聞は1面と社会面で展開。
結婚までの経緯とともに、お気持ちの概要や当日のお二人の様子、友人や関係者のコメントを引いた。
週刊誌報道については、関係者の「世論も踏まえ、両家の間で延期したほうがいいという判断に至ったようだ」というコメントで言及。
それ以外は、友人らの「ショックで信じられない気持ちです」「延期になったのは残念」などという「声」をまとめるにとどめた。

東京新聞「心配 励ましの声」
東京新聞は1面、社会面ともにカラー写真を掲載し、展開。
「お気持ちの要旨」と宮内庁のコメントなどを引用したほか、赤坂御用地や横浜市港北区など、お二人の近所にいる人の「街の声」をまとめた。
週刊誌報道については、「報道が終わる気配が見えない」と指摘。ある宮内庁幹部のコメントとして、「(こうした報道が続けば)普通の家でもそうすると思う」との見解を引用している。
また、赤坂御用地の近くを歩いていた人の「大げさに取り上げないでほしかった。ご結婚に響かなければいいけど」という言葉も盛り込んでいる。



    
          
   
コメント (6)

“バックレスト” こりゃ、ええ塩梅で、お勧めです!

2018年02月04日 16時50分54秒 | こりゃ、なんじゃい!
   

 先だって、全国展開108円ショップの大創で見かけた、これ! 
 「バックレスト」と称する、まあ、背当てというより腰当てやね。椅子の背と人の身体の腰のあたりにすっぽり収まる。

 うーん、試しに一丁買ってみるべ、ということで使ってみたら、とっても楽ちん。車の座席、パソコン机の椅子、ダイニングの椅子からネコの椅子まで、家中そこここに置きまくっています。

 ひとつ、ご注意! 
 縁とネットのかがりが多少荒い仕上がりのものが交じっていますんで、縁のあたりをじっくり眺めてから買いましょう。中国製とのからみがあるのかどうかはわかりません。しっかし、値段108円じゃ文句も言えませんけどねえ。
 このお店には行きたくない向きもあろうかと存じますが、他所の108均ではいまんとこ置いてありません。
 しかし、特許や実用新案はムリじゃないかなと思いますので、そのうち出回るかも知れませんよ。
コメント (4)