岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「車キレイの専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

タイヤ専門店イマージン スタッドレス混雑情報 続報!

2017年10月31日 | タイヤビジネス
台風が去ってから風の匂いが変わったと
あるお客様がおっしゃいました。
それもそうでしょう、明日から11月が始まります、
今年も残すこと2カ月になり あっという間に季節は巡っていく感じです。



                                 


昨日の混雑情報では 11月20日頃から 
取り付けが混雑しますとお知らせしました。
今日の続報では一日の内 
一番混雑する時間帯と
その心理をお知らせしますの参考になさってください。



タイヤ交換でお問い合わせが多いのが
「何時から営業していますか?」という質問です。
その意味は 「タイヤ交換はめんどくさいから朝一番で行っておこう」というものと推測します。
一日のいろいろな用事をするために 
タイヤ交換は朝の内にやっておきたい。 という心理です。


ですから 一日で混雑する時間帯は
営業開始からの午前に集中する傾向が強まっています。
裏読みすると「午後からが比較的空いてきて狙い目となる」感じです。
一台のタイヤ交換にかかる時間は約20分 
3レーンの交換ラインを持っていても
関わる人員に限りがあるので いつもフルスペックで交換作業に当たれません。
アルバイト人員の確保も極めて短期間ですので難しい部分があります。



混雑が始まる時期と混雑する時間帯 
その心理をお知らせいたしました。
参考になさってくださると幸いです。


ポイントは 皆さんが「タイヤ交換は面倒だ」という心理が強く作用し
後回し後回しするうちに 雪マークが出ちゃった。
これがタイヤ交換が集中する大きな理由と思われます。

裏読みした行動こそ「備えあれば憂いなし」です。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。




コメント

タイヤ専門店イマージン スタッドレス混雑情報!

2017年10月30日 | タイヤビジネス
強く大きな強者が生き残るのではありません、
小さくても環境の変化に対応できる弱者こそ
大きな環境の変化に対応できて生き残れるそうです。
(ダーウィンの進化論)



                               


夏~秋のタイヤ業界非繁忙期に
死んだふりして冬眠状態だったタイヤ専門店イマージンが
徐々に目覚めてきました~!

冬の準備として スタッドレスタイヤの予約販売が思いがけず順調です。
これはタイヤ専門店イマージンの七不思議のひとつですが
チラシや宣伝を一切しないのになぜ売れるのか?
大勢の人から不思議がられることですが・・・・・・・・・・。

私にも判りませんが きっと立地に恵まれていることが大きいと思われます。
その証拠として隣地にあるキーパープロショップ岐阜店も
繁盛をいただいていることからも推測できます。

つまり立地という面で優れていることに尽きます。

タイヤを装着作業において 特にこれから待ち時間が発生します。
前もって 予想される混雑はいつから始まるのか? について
ご案内を申し上げます。



現時点 10月末において 
一日に2~4台が入れ替えに来店なさっています。
タイヤの履き替え混雑が始まるのは 11月20日過ぎというデータを持っています。

つまり それ以前に装着ならば比較的に空いていると思われます。
(但し土日は多少混み合うかも)

また一気に混雑がラッシュを迎えるのは
週間天気予報で雪マークがついた時からです。
赤信号みんなで渡れば怖くない。という特性を持つ日本人の行動パターンです。
人はみんなと同じ行動に安堵感を持ちます、
その心理の裏読みをして11月20日前の装着をお薦めします。


当社においては冬期繁忙期11月12月 
ネット・他店購入品の持ち込み取り付けのお取引はお受けできません。



このような体制でお買い上げ品と過去購入品アフターサービス的な取り換えに対応していきますが
それでも短期に一気に集中しますので 早めの装着をお願いいます。


店舗前及び当社倉庫前駐車場に車がなくても
お客様の多くがヒマラヤさんで買い物時に交換時間を使われるので
そちら(ヒマラヤ駐車場)に多く作業待ちが溜まっています。


10日前はまだ予約品倉庫も空いていましたが 本日時点でかなりの積み込まれています。
予約品の取り替えは優先します。


土日における注文伝票  我われも驚くほどかなり早めの準備をされています。



今年は このカメムシをよく見かけます、田舎伝説では「カメムシの多い年は雪も多い」




イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



コメント

「守る・攻める・育てる」キーパーコーティングと洗車の専門店運営を高める!

2017年10月29日 | コーティングビジネス
先週の台風21号に続いて 
今日は台風22号の接近が予想され
10月は秋の長雨と二つの台風によって 
農作物をはじめいろいろな分野に 影響が広がっています。


弊社もキーパー事業にはもろに影響を受けていますが、
こういう機会は逆にチャンスをもたらすと考えています。

「動・反動の法則」とでも呼びましょうか、
長雨で洗車のお客様の来店は非常に少ないのは当たり前です。
しかし車が汚れているので 
キレイにしたいマインドはとても高まっていると思われ
これで天候が回復すると 
そうしたお客様が 大挙としてご来店いただけると予想できます。


振り子時計の振り子が 
負の側に振り切っていたのが 
今度は正の側に勢いをつけて返ってきます。


お店の側は 長雨などの負の側に振った時などは
スタッフの休みを出して最低の人員で運営し
天気が回復し振り子が正の側に振った時は
スタッフの数を増やしてニーズの対応する工夫をします。
これによって悪天候という要素に対し「守る」 
天候の回復に「攻める」切れ替えが出来きて 経営数値のバランスが取れてくるものです。


変化に対し硬直した運営では 
ピンチからチャンスに変わる時の勢いに乗れず 予算も伸ばせまん。
「守る」時はサッと引いて 
「攻める」時には一気に伸ばすことが繁盛店化するコツです。



                                     


この10月は 「時」の勢いを味方に付ける考え方と店舗運営を学ぶ機会となりました。

それに月単位の予算を 
4半期(3か月)単位の予算重視に視点を広げ
休みも4半期の中で調整するような運営に切り替えることで
長雨というピンチを チャンスに切り替えやすく感じます。


実例として 昨日キーパープロショップ岐阜店のケースを紹介します。
運営は当初2名で始まりました、

午前中の来店がなく1人が早めに帰り ワンオペに切り替わりました。
するとダイヤモンドキーパー予約車が入庫すると
クリスタルキーパー当日施工が追随し 
午後からキーパーコーティング3台が施工予定となりました。

そこでどうしても重なる時間 
スゴウ店からヘルプに1名お願いして全ての施工を仕上げていました。
ヘルプを出したスゴウ店は店長一人のワンオペになりましたが
クリスタルキーパー1台の施工を仕上げています。
2店舗の運営は合計4名で始まり 
3名体制になったところで当日施工が受注され
今度はヘルプ対応で全ての施工を間完了です。
その上 また当日施工のオールクリアという車内消臭メニューの施工も入り
現場はキビキビ動いていました。


キーパーコーティングと洗車の専門店は 
雨だと洗車メニューはありませんが 
コーティングの当日施工も飛び込みが入り
車内清掃やガラスの撥水加工など 
雨の日ならではのアラカルトメニューも入庫するなど
来店の絶対数は少ないのですが 内容の濃い日になりました。
ドミナントの良さもヘルプ対応で発揮され
「守り」の雨の日でしたが かなりの売り上げが計上されました。


「守る・攻める・育てる」キーパーコーティングと洗車の専門店の運営は 
変化対応の実例として昨日のキーパープロショップ岐阜店は参考になるはずです。
ありがたいことです。






イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。






コメント

「安全」に「礼儀正しく」て「ショー」見栄え良く「効率」が上がる!

2017年10月28日 | 社内・社員さん・スタッフ向け
台風22号が接近中です、大きな被害がなければ良いのですが。

商売にもその影響を受けていますが 
それは当たり前の事ですからじっと流れが変わるのを待ちましょう。
それもただ待つのでなく 
店舗運営も過休であっても休みを出して
必要最低限の人員で店と人を腐らせることなく工夫されています。
変化に合わせて自らも人員数を変化させることが肝要です。

「給与は高く 人件費は少なく」が経営の理想です。
これは固定的な正社員さんと 
必要に応じてのアルバイトさんの組み合わせで実現できます。
まず核となく正社員さんを配置し 
繁忙を極める土日にはアルバイトさんを動員すること基本形にして
このような土日の台風や雨による 
晴れた日との来店数の格差を調整します。

正社員さんの給与は「固定費」 
アルバイトさんの給与は「変動費」と認識し 
変動する仕事量に対応しての 店舗運営を実現しながら
給与を「固定費」と「変動費」に区分する経営センスを学びましょ。
こうした台風においても経営実務を学べます。

守りの時の店舗運営をすることで
攻めの時が来たならば店舗運営は最大にできて 効率的な運営が出来ます。


                                      

私たちは「キーパー」から学ぶと同時に
「ディズニー」のおもてなしも学ぶ教材にしています。
その中で店舗運営の優先順位という一点を取り出して テーマとしています。





実例をもって解説してみます。
1に「安全」
2に「礼儀正しさ」
3に「ショー」
4に「効率」  とするディズニーの優先順位です。




先日 キャッチホンの解除にせき店へ行った時 大山さんから相談がありました。


『観葉植物として配置してあるゴムの木を 台風の為室内へ移動するがありました。
その時かなり重くて・・・・できれば台車を手配してもらえませんか?』

「安全」とは 働く人の安全も入ります、
ぎっくり腰になっては大変なことですから二つ返事で引き受けました。
天気予報によるとまた台風が来るかもと言っていたので
一番手早く購入できるようにネットで手配して
昨夜の報告会の時に手渡されたようです。

そしたら 今朝一番で大山さんからお礼の電話がかかりました。

「礼儀正しく」とはこのことです。
報告会の時 顔を合わせることがなかったので
素早い手配に感謝の気持ちを伝えてくれました。

「ショー見栄え良く」とは 店舗を引き立ててくれる
観葉植物をめんどくさがらず出し入れして 
店舗舞台のキレイを維持することも含みます。


「効率」の良さは 
安全を先回りして読み 約束事を果たしたことにすぐお礼をする。
それは店舗のキレイの維持 見栄えの良さにつながり
ぎっくり腰のリスクを無くすことで実現できたわけです。


円滑な店舗運営はちょっとした気配りから始まります。
「安全」といっても 範囲が広いものですが
事故やケガを未然に防ぐ視点と置き換えるとよくわかります。
店舗の備品購入は 
店の判断とマネジャーへの相談で購入出来ますが
観葉植物のことは私が主に仕切っていますので 
大山さんは機会を逃さず相談してくれたようです。


キーパープロショップ専門店を運営するノウハウとして
ディズニーの教えは とても有効です。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。






コメント

油水分離槽のメンテナンス キーパープロショップ岐阜店! 

2017年10月27日 | キーパープロショップ岐阜店
今度の日曜~月曜にまた台風22号がやってきそうです。
10月は長雨と台風によって 
お客様の洗車マインドは今一つ上がりません。

先日 「ハイスイロキーパー」と呼ぶ洗車専門店の排水路の清掃を
紹介したところ とても沢山のアクセスがあり
ビックリしました。
キーパーコーティングのメニュではなく
キーパープロショップのメンテナンスメニューとした造語です。

そして排水路を通った汚水はここで浄化されます。




濾過と沈殿によって浄化された水にして排水します。
その油水分離槽のメンテナンスです。



お客様の車をキレイにする洗車の過程で 
泥やゴミが高圧水によって取り除かれるのですが
それを溜めて処理する必要があるのです。
車をキレイにする動脈作用には
汚水処理という静脈作用もまた必要なメンテナンスです。

こういった汚れ役を率先してやるのが高山マネージャーです
会社的にも取締役キーパー事業部長に就任し
店を引っ張ります。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



コメント