人とタイヤとキーパーコーティング!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 岐阜で専門店展開 ありがたいことです!

持続可能な会社へ進化しつつあるかも!

2017年11月30日 | 社内・社員さん・スタッフ向け
11月も今日までとなりました、タイヤ商売は
例年に比べ10日~2週間ほど早く
スタッドレスタイヤ装着のピークがやって来た感じで
これから第2のピークに向かうのか 
そのままダラダラとするかは天気次第となります。

寒波の来襲で降雪となると 
スタッドレス需要に火がついて更に売れる予感です、
一方ではタイヤの品薄感が広がり調達に時間が掛かり出しました。
12月は1年で一番売れる時期ですが 
在庫の確保に力を尽くさなければなりません。





昨日 エゾエ桜が伐採されて
今日見る風景は寂しいです。


諸行無常 とどまることなく変化していくのがこの世です
タイヤ商売が活況だといえども 1年の内の短いこの時期だけで
その忙しさも 平均年齢50歳以上にベテランの労力に頼る部分が大であり
30年継続したといえども いつまでも持続できる訳ではありません。

スモールタイヤ商売というのは 
ゲリラ的であり個人戦であり
ノウハウの継承は難しく 短期的には繁栄しても
老齢化と共に衰退する方向です、
長い目で見ると持続不可能なやり方です。

個人の頑張りは個人商店の経営形態で
世襲による商店の承継が行われるのが普通のことでした。
しかし近年では子息が家業を継ぐことをせずに廃業されるところが多いのです。

私たちの(有)イマージンも祖業のタイヤ商売を頑張る中で
車美容業という引き継ぎがしやすい形態のビジネスへシフトチェンジして
会社を持続可能な成長発展路線へ乗り換えが進行しています。


今 タイヤ商売で頑張れるのは 
車美容業がもう一歩で独り立ちできるところまで成長してきたからで
頑張りが報われる可能性が高まってきました!

ありがたいことです!



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。




コメント

エゾエ(江添)桜 お別れの儀!

2017年11月28日 | 日記
もう15年から20年ほど前のことでしょうか、
白鳥町の知人から「桜」はいらんか、苗をやるから取りに来い。
と言われて ハイエースの乗ってもらい受けに行きました。


店の横 用水の土手に植えてちゃんと根付くか心配しましたが
ちゃんと活着して いつしか花を咲かせるようになりました。
年ねん知らないうちに大きく育ち 
このあたりでは一番早く咲く桜として結構有名になったのです。


今年3月31日 満開を迎えた江添桜






用水を暗渠化して対面通行にする工事が始まり
その為に桜が明日伐採されることになり
本日 感謝のお別れをお神酒で供養させてもらいました。










11月28日 朝の風景です。



もう あの満開の感動は味わうことはできなくなり寂しいです。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



コメント

もはや忙しさに感動するほどです!

2017年11月27日 | タイヤビジネス
先週の金・土・日の3日間の売り上げは
非繁忙期の一か月の売り上げに匹敵しました。

タイヤ小売業の繁忙と非繁忙の格差はもの凄いものがあり
超繁忙の時を例年より2週間ほど早く迎えたような気配です。
取り替えの数・電話の数・来店客の数が 
通常時の10倍に増えるのですから
忙しさは半端ではありません。


人間は忙しさが重なると 
疲れてきて機嫌が悪くなったり イライラもします。
それではイカンとわかっているのですが 限界を超えるとそうなるのです。
もちろん私もそうでした、若かりし頃は数々の失敗もこういう時にやらかしています。

しかし亀の甲より年の功 そのイライラ次元を迂回することを覚えました。
すると極限の忙しさでも高揚感を感じて その忙しさに感動するような気配になってきました。

余裕が出たというか 開き直ってしまうというか 
忙しさを心で受け止めず
うっちゃることが出来るようになった

もの凄い数のお客様がタイヤを買いに来ていてだける様を喜べる境地です、
イライラの原因は お客様の来店を恐れることにあると思います。
過度な集中は疲労を呼び 
人間の防衛反応は その脅威に対し攻撃的になるように促します。
それとは付き合わず うっちゃり流してしまうと
新しい境地が開けます
なんだかちょっぴり大人になった感じです?



11月として過去最高を記録するスタッドレス受注伝票



取り付けを待つ伝票と鍵の列


スゴウ店に伊藤店長もこの境地に入っているようです、
彼は真面目な性格から 忙しさと四つに組んでしまい
ストレスから入院したこともありましたが
その呪縛から解けて 1トップの采配で自在性を身に付けて
今では精神的に楽ちんな店舗運営が出来て
その結果業績に反映されています。

タイヤ屋のベテラン衆は皆 そういう境地に達しているようです。


これを世間ではブラックと呼びますが
それとは違って肉体的には追い込まれますが
精神的には逆に自己解放を遂げるのです。

ありがたいっことです!


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。






コメント

この売れ行きは ひょっとすると豪雪の前触れか!

2017年11月24日 | タイヤビジネス
スタッドレスの売れ行きが加速しています、
もはや販売より欠品多発で商品確保が難しくなってきました。


なぜ売れるのか? 
これはお客様がスタッドレスタイヤが必要だと思われるからであり
そう思われる人が多いからです。
大雪を予想されている人が多い➔スタッドレスの販売好調➔豪雪?
こうなるかも!


今日も朝から晩までタイヤタイヤタイヤタイヤ交換の嵐でした、ありがたいことです。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



コメント

スモールタイヤ商売ならではの 横繋がりの信頼関係がもたらす電話注文!

2017年11月23日 | タイヤビジネス
なぜ あんな小さなタイヤ屋でタイヤが売れるのか?
他の立派な販売店から見て見劣りする店が?
チンケな店のくせに 流行っているのはなぜ?
不思議です 店主の私にも本当のところはよくわかりません、
裏通りにあるのですが立地的には最高のです、
そのお蔭が一番大きいのかもしれません。


その一端は知り合い客の多さがもたらす電話注文にあります。
通販ではありません、商売として与信管理はどうなの?との声はあっても
まるで出前を頼むように電話注文がめちゃめちゃ多いのです。

遠くは白川郷・高山・彦根方面から注文が入ります。
通信販売ではありません お任せ販売販売に近い形態です。

たとえば当社の取引銀行は岐阜信用金庫さんですが
転勤で恵那・中津川へ赴任した元担当者であったり
社員の地元白鳥町の人であったり
親戚の親戚の稲沢の人であったり
ヒマラヤへいつも来る彦根の人であったり
なぜか気に入って毎年白川郷から来られるお客さんもあります。

スモールタイヤ商売の特色は 知り合った人と横のつながりを大切することにあります。
行きつけの居酒屋のおやじさん 床屋のマスター 喫茶店の店主 等
商売上の持ちつ持たれつも大いにつながります。
その多さが財産です。








まさにアナログ商売の真骨頂ですね。
ピンク色の伝票は本来お客様に渡されるものですが
電話注文だと渡せませんから 伝票番号のみお客様に伝えます。
お客様はその番号を店に来店なさったとき 伝えてもらう仕組みです。

見積もりに来店、注文に来店して また取り替えに来店ではめんどくさいですね
見積もりは来店なさっても注文は電話で大概OKです。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。







コメント