おーちゃんの 「目指せ。日本200名山!」  そして最近、いい加減な家庭菜園 (^^♪ 

日本百名山トレッカー(悪名高い?)を目指して人生後半ラストスパート!

100座完登後は、200名山を目標に!

天気が・・・・

2009年08月30日 12時28分01秒 | 雑記
さて、心配していた台風ですが、明日には関東地方に接近
その後、北東に向い、1日には北海道沖まで進むようです。

今日の山梨県・韮崎市の天気予報では、9月2日が
「曇り時々晴れ」で、絶好の登山日和のようです。

あとは、朝寝坊しないで早朝5時までに青木鉱泉駐車場まで
到着すること。
コメント

天気が不安・2

2009年08月29日 13時10分32秒 | 雑記
ただいま現在、9月2日の山梨県・韮崎市の天気予報

曇り、降水確率40%となりました。
(昨日の予報は、曇り、一時雨でした。)

しかし、1日には台風が西・東日本に接近との
予報もあり、今後、どうなるんでしょうか。

台風一過でしっかりと天候が回復することを願います。

ところで、これが航空券の予約を取った
北海道であったり、九州であったりしたら
どうすればいいんでしょう。
予定の通り、悪天候の中、無理をして決行したりすると、
先日のトムラウシの事件もありましたし。

100名山チャレンジは、予定が自由に組めない会社勤めの
身では、かなり困難?
コメント

天気が不安

2009年08月28日 17時49分33秒 | 雑記
9月2日に鳳凰山を計画しています。

天気予報を見ると、山梨県中西部地区の天気予報は、
曇り一時雨で降水確率は、50%。

長丁場の行程なので、良い天気にこしたことはない。
前日の予報を見て、決めよう。

なかなか天気は味方してくれません。
コメント

山行計画 第3峰

2009年08月25日 14時57分40秒 | 山行計画
日本100名山 第3峰の計画

第3峰は、どこを目指そうか。

第3峰も日帰りコースとします。(そうそう休みが取りにくい。)
「日本百名山」 79.鳳凰山(2841m)にします。
本によれば、地蔵岳・観音岳・薬師岳の三峰を鳳凰山と呼ぶ
とあります。

青木鉱泉からドンドコ沢を登り地蔵岳・観音岳・薬師岳と稜線を
すすみ、中道を下って青木鉱泉に戻るコースです。

コースタイムを見ると結構きつそう。
青木鉱泉から地蔵岳山頂まで6時間50分
三山の稜線歩きが1時間40分
中道の下りで林道まで3時間
ここまでで合計11時間30分。
あと2kmくらいの林道歩き。

9月2日(水)を予定しています。
甲府地方の日の出時刻は5時18分。
出発時間は、日の出前となります。

予定タイム

05:00 青木鉱泉
10:30 鳳凰小屋
11:50 地蔵岳
13:00 観音岳 
13:30 薬師岳
16:30 林道
17:00 青木鉱泉

休憩などを考えればけっこう厳しい。

あとは、天気次第か。

コメント

山行記録  2.常念岳  その5

2009年08月23日 08時11分00秒 | 日本100名山  山行記録
今回の費用です。

食糧代や家族ゴマすり用のお土産代などは含みません。

1800円 行きの高速道路料金
      (軽自動車・深夜の割引らしい?)
3050円 帰りの高速道路料金
3600円 走行距離436km
(燃費14~15km/L・ガソリン120円/Lとして)
---------------------------------------------
8450円 合計

何とか1万円以下で収まっています。



総費用を算出します。(と、言ってもまだ2峰ですが)

1. 4950円
2. 8450円
---------------------------------------------
計 13400円 (1回平均値 6700円)

コメント

山行記録  2.常念岳  その4

2009年08月22日 07時09分03秒 | 日本100名山  山行記録

今回のコースタイムです。


アプローチは車。

行きと帰りの乗車時間は、6時間以上。

その時間を考慮すると行動時間には制限があります。

01:30 自宅出発
03:55 豊科インターチェンジ
04:30 冷平の駐車場(すこし上の路肩脇スペース)

前半は、好調でした。

常念乗越から苦しみました。

04:50 駐車場
05:00 一ノ沢登山道入り口
05:43 王滝ベンチ
06:20 笠原沢出会
07:09 最後の水場
07:45 常念乗越 07:55出発
08:55 常念山頂 09:25出発
10:00 常念乗越
10:55 笠原沢出会
11:35 王滝ベンチ
12:15 一ノ沢登山道入り口
12:25 駐車場 12:30出発


途中、高速道路で眠くなり、ちょっと仮眠したり
大好きな天玉そばを食べたりして東京へひたすら戻る。

渋滞もなく4時15分に帰宅しました。

あ~、今日も疲れた。

<<<続く>>>

コメント

山行記録  2.常念岳  その3

2009年08月21日 06時12分55秒 | 日本100名山  山行記録

常念乗越から山頂を目指す。


石の多い登山道。すぐそこが頂上に見えた。
しかし、本当の頂上は、ここから見えない。

常念乗越までの調子良さは、消滅。
はーはー、ふーふー、必死で山頂を目指す。
しかも、そこが山頂と思っていた先に頂上がまだ遠く・・・。


やっと頂上に。
頂上の祠とその後ろに見える槍ヶ岳


頂上の展望盤。


大勢の登山者でいっぱい。
写真を撮るのも順番で大変。


蝶ケ岳方向を望む。


涸沢カールを囲んで前穂高・奥穂高・北穂高岳


大天井岳方面を望む。


槍ヶ岳・穂高岳をバックに記念写真。


いよいよ下山。常念小屋方面。ヘリポートもある。


下山途中に見かけたライチョウ


ひたすら下る。下る。下る。あ~、長い下り。


登山道入り口に戻る。12時15分。

予約か?降りてくる人をまっているのか?タクシーが客待ちをしている。
そのくらいたくさんの登山者が下りてくるのか。
とにかくたくさんの登山者が訪れていました。

空前の登山ブーム到来。
そんな感じがしました。

<<<続く>>>

コメント

山行記録  2・常念岳  その2

2009年08月20日 12時59分34秒 | 日本100名山  山行記録

8月19日 朝1時半に自宅出発。

目指せ100名山・第2峰は、北アルプスの常念岳。
登山口には5時までに着きたい。
ひたすら中央高速を西に向かう。


駐車場には、平日でも車がたくさんある。
夏休みのせいであろうか。
5時ちょうどに一ノ沢登山口入口から歩き始める。
常念乗越までは、コースタイムで登り4時間35分。
ひたすら歩き続ける。


大滝ベンチ


烏帽子沢出会


途中、常念岳が見える。まだ先は長い。


こんな沢でも残雪があった。


胸突八丁入口


途中、こんな所も


最終水場。冷たくておいしい。


もう少しで常念乗越。パチリ1枚。


もう一息。すぐこそが常念乗越。


やっと到着。常念小屋の向こうに素晴らしい展望。
大キレットから槍ヶ岳。雄大です。


とりあえず槍・穂高をバックに記念写真。

ここまでは、思いのほか調子よく登れた。
常念岳までは、稜線通しにもうひと登り。

<<<続く>>>

コメント

山行記録  2・常念岳  その1

2009年08月19日 16時51分06秒 | 日本100名山  山行記録

今日、予定通り北アルプスの常念岳に
行ってきました。
一ノ沢登山道から常念乗越まで上がり
常念岳山頂をピストンで行ってきました。
槍・穂高や北アルプスの山々の展望が
すばらしくて感激しました。

明日以降に、詳細を報告いたします。


疲れたのでもう寝ます。
おやすみなさい。

<<<続く>>>

コメント

山行計画 第2峰

2009年08月17日 11時44分58秒 | 山行計画
日本100名山 第2峰の計画

さて、第2峰は、どこを目指そうか。

日帰りコースのなかでいろいろ考え
「日本百名山」 56.常念岳(2857m)に決定。
日本アルプスのパイオニア、ウェストンが
「松本付近から仰ぐ全ての峰の中で常念岳の優雅な三角形ほど、
見るに印象を与えるものはない。」と。

予定コースは一ノ沢登山口から常念乗越にすすみ、
そこから山頂へ。同じコースを下山します。
コースタイムで登り5時間35分・下り3時間55分。
合わせて、9時間30分。
冷平駐車場と登山口までの往復でさらに少々。

予定タイム

05:00 冷平駐車場
05:20 登山口
06:35 王滝ベンチ
09:55 常念乗越 
10:55 山頂 
11:40 常念乗越
14:00 王滝ベンチ 
14:50 登山口
15:10 駐車場

この中で、休憩・食事など取りますのでけっこう厳しい。


計画を立てるのは簡単だが、天気やその他の都合で
なかなか思い通りになりません。

8月19日または26日。天気の具合を見て決めます。
コメント

山行記録  1・富士山  その4

2009年08月15日 10時24分13秒 | 日本100名山  山行記録
平成21年8月12日 今回の費用。

食糧代や購入した靴(道具代)などは含みません。

なお、ガソリン代は、燃費14~15km/L・ガソリン単価120円/L
として走行距離から算出しました。

 800円 行きの高速道路料金(軽自動車・深夜のETC割引?)
1100円 帰りの高速道路料金
1350円 ガソリン代(走行距離163km)
1700円 シャトルバス往復料金
---------------------------------------------
4950円 合計

今回は、東京隣接の山梨県で安くあがったのでしょう。

100名山踏破では、北海道から九州まで行くことになり
総費用は、車1台分を予想しています。
コメント

山行報告  1・富士山  その3

2009年08月14日 10時25分05秒 | 日本100名山  山行記録

今回のコースタイムです。

前半は、好調でした。
9合目付近では、年甲斐もなく小学生?とデッドヒート。
完敗でした。
お鉢巡りで反時計回りに回ろうと登山道を探して
火口のほうに行ってうろうろ。それ以後、足取り重し。

04:10 富士スバルライン料金所近くの無料駐車場到着
05:30 富士スバルライン料金所シャトルバス停より乗車
06:05 5合目駐車場~出発
07:05 花小屋 7合目 
08:17 白雲荘 
10:00 富士山浅間神社奥宮
10:47 剣が峰 
11:30 下山開始
12:45 7合目トイレ
13:45 5合目駐車場に戻る。 
13:55 5合目よりシャトルバス乗車
14:30 料金所近くの無料駐車場に戻る。

疲れた。

<<<続く>>>

コメント

山行報告  1・富士山  その2

2009年08月13日 14時40分28秒 | 日本100名山  山行記録

8月12日 早朝に自宅出発。
中央高速・河口湖インターからおりて富士スバルライン
入口に向かう。朝4時10分に係員に誘導され駐車場に入る。

天気予報は、晴れだったのに。

料金所バス停からシャトルバスに乗り込み6時5分ごろ5合目に
到着。すっかり天気は回復して、ここから長い道のりが始まる。

これから山頂へ向かう吉田口登山道は、小屋だらけの山道、
いや小屋の間に道、そんな感じで、これが世界遺産の登録を
目指している風景には見えない。

登ってきた登山道を振り返る。
苦しいのぼりが続く。しかし天気は上々。風が強いが心地よい。

9合目から先は、渋滞気味。体を休める言い訳する自分が
情けない。

やっと、富士山頂浅間神社奥宮到着。

火口を挟んで、日本最高峰の剣が峰3776mがそびえる。
時計回りでお鉢巡り。

こちらは富士宮口側の富士山頂奥宮。

やっと剣が峰到着。

目指せ!日本100名山の第1峰だ。

雄大な噴火口。

見事に広がる雲海。

お鉢巡り、ちょっとした登り返しも足が鉛のように重くなる。

8月の暑さの真っ盛り。こんなに雪が残っている。

あとは、下るだけ。下山道をひたすら下る。下る。下る。

5合目駐車場は、もうすぐ。
落石を避けるためにシェルターが設置されている。
そこを過ぎると、登り登山道と合流。大勢の登山者
(おそらくツアー)が次から次へと登ってくる。

1時35分に5合目駐車場に帰着。
まるでそこは別世界。観光客がいっぱいでまるで渋谷の
街中のようであった。

<<<続く>>>

コメント

山行記録  1・富士山  その1

2009年08月12日 18時43分07秒 | 日本100名山  山行記録

100名山の第1峰・富士山と決めてから
だいぶたってしまいました。
雨と判っていると登る気がしません。
順延・順延で今日になってしまいました。

本日、富士スバルラインの5合目から
登り始め、山頂到着。


剣が峰測候所跡・展望台にて

ぐるっとお鉢巡りをして下山しました。
さすがにハイシーズンの富士山、大勢の
人たちが訪れていました。

詳しくは、後ほど記載します。
今日は疲れたのでもう寝ます。

おやすみなさい。

<<<続く>>>

コメント

雑記

2009年08月11日 18時18分33秒 | 雑記
台風一過で明日の天気はよさそう。

いよいよ第1歩を踏み出せるか?

コメント