全国通訳案内士試験の<無料独学合格>を強力にサポート!

ハロー通訳アカデミーの教材、動画をすべて無料公開!

2021年度第2次口述試験対策<模擬面接特訓>のご感想

2022年08月29日 10時24分38秒 | ●第2次口述試験対策<模擬面接特訓>
2021年度第2次口述試験対策<模擬面接特訓>のご感想

2021年第2次口述試験の直前に、ハロー迎賓館にて<模擬面接特訓>を無料で開催させていただきましたが、下記は、参加者のご感想です。

●植山先生
本日は、<模擬面接特訓>をしていただき本当によかったです。
明日が本番ですが、先生が講評で仰ってくださったように、焦りは今日で卒業!できた、と信じ明日は自分の脳の動きに任せて、リラックスして臨みます。
植山先生の大きな愛を味方にして自分の脳の動きに任せれば、自然に楽しく言葉が出てくると思います。そう感じさせていただいた<模擬面接特訓>でした。
プレゼン問題(その1)のお題は、富士山、京都、茶の湯でしたが、ひとつのお題を選ぶという感覚は新鮮でした。
プレゼン問題(その2)の銀座、すき焼き、歌舞伎と次がさっと出されたのも、ちょっとした衝撃でした。あ、そうくるか?!
お題は、自分の日常の“経験感覚が強いものに脳が反応する”と発見しました。
茶の湯のプレゼンでは、稽古場面を思い浮かべ説明しながら、相手の方に茶の湯を味わっていただきたい、と自然に言葉が出てきました。
裏千家と表千家のこと等、植山先生から問われて会話が弾む心地良さ!さえ感じました。
プレゼンから外国語訳にチャンネルを切り替えられない自分の鈍さは良い教訓となりました。
前のめりになって余裕なく言葉を吐き出そうとしていましたが、この経験は明日の本番で活かせそうです。
ありがとうございました。

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>を受講させていただきましてどうもありがとうございました。
最初はとても緊張してしまっていたのですが、今回、<模擬面接特訓>を体験できたおかげで、本番では少しリラックスして臨めるような気がいたします。
本日、先生から「声が小さい」とご指摘いただけたこと、大変感謝しております。
このところずっとオンラインでレッスンを受けていたので、全く気づいていませんでした。むしろ、母音がうるさいという指摘をいただいたことがあったので、それを気にして、むしろ小さめに発声するようにしていたように思います。
本番では声をしっかり出して、短めに話すように気を付けたいと思います。
連日の<模擬面接特訓>で、先生の喉が心配です。どうぞお大事にしてください。
本当にどうもありがとうございました。

●植山先生
この度は、<模擬面接特訓>(ハロー迎賓館にて)を無料で実施していただきまして誠にありがとうございました。
しかも、私の受験外国語であるフランス語で対応して下さり(先生がフランス語を話されるのにはビックリしてしまいました!)、更にフランス語での対策資料まで頂いて、もう先生ではなくて、神様、仏様の様でした。
ありがとうございました。

●植山先生、
本日は、<模擬面接特訓>に参加させて頂き有難う御座いました。
動画でしかお会いできなかった先生に生でお会いでき、とても感動いたしました。
以下感想です。
(1)合格必勝12原則をリマインド頂き有難うございます。これに沿って、口述試験に臨むという、マインドセットが出来ました。
(2)「試験官と談笑するような気持ちで話す。」ということがどういうことか実感できました。
(3)質問のやり取りで話題が広がるということ、あるいは想定外の質問が飛んでくるという感覚が実感できました。
(4)与えられた話題は、馴染みのある話題でしたが、細部の単語があやふやであることがわかりました。(鷹と鷲が混乱していました。)残りの時間で整理を致します。
(5)一緒に参加された方のスピーチを見せて頂き、締めの言い回し、受け答えのコツなど、とても参考になりました。
<模擬面接特訓>に参加することにより、明日は落ち着いて第2次口述試験に臨めそうです。

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>をありがとうございました。
先生のお人柄とハロー迎賓館のお部屋の雰囲気の良さで、いつもよりは緊張しないで臨めたと私は思ったのですが、スピーチは短すぎたり、3名園を言わなかったり、ミスをしてしまいました。
北川式を取り入れることにまだ慣れていないため、自分のパターンに結びつけようとするあまり、押さえなければいけないポイントは抜かしてしまったのは良い勉強になりました。
メモにはこのパターンで行くしか書かなかったので明日は抑えるべきポイントもしっかり書こうと思います。
今日は朝から間に合わない間に合わないとバタバタしていましたが、先生との面接を終えて良い感じで力が抜けたました。腕時計も早速購入してきました。
始まる時には針を上に向けるなんてとても素敵なアイデアもグループラインの方で共有していただけてとてもありがたいです。情報を共有できる仲間がいることは本当に感謝です。
本番では、とにかく絶対受かるという強い気持ちで頑張って参ります。
ありがとうございました。

●植山先生
本日は、無料で<模擬面接特訓>の機会を頂き、誠にありがとうございました。
特訓では、「早口で焦っているように聞こえるので、ゆっくり話すようにすること。明日までに、ゆっくり話す練習をすること。」という貴重なアドバイスを頂き、本当にありがとうございました。
ご指摘頂いた通り、短時間で言いたいことを詰め込みたくなり、焦りがちにプレゼンテーションをしていたなあ、と痛感しました。
試験本番では、ゲスト(=試験官)のために、わかりやすく、ゆっくり話すように心がけたいと思います。
明日は、自分も楽しみながら、ゲスト(=試験官)にも「自分が楽しんでガイドをしていること」が伝わるように、笑顔で大きな声で、アピールしてきます。
今日は本当にありがとうございました。改めまして、お願い心よりお礼申し上げます。
引き続き、ご指導をよろしくお願いします。

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>をして下さいましてどうもありがとうございました。
前日まではとても緊張していたのですが、昨日の録音をお聞かせ頂き、さらに植山先生にお会いしてから不思議とほぐれて参りました。
プレゼンテーション最初の問題の箱根は多少の知識はありましたが時間の感覚がなく短いものとなりました。また北川方式は如何ともし難い時に使いたいと思いました。
2回目は時間をオーバーしそうでしたが時計を見ていたのでそれは免れることができました。
日本の庭園については勉強不足でしたので試験までに頑張りたいです。
日本文英訳についてはメモは取りきれなかったのでイメージを活用したいです。
本番前に植山先生の<模擬面接特訓>を受けることができたので落ち着いて自信を持って臨めます。二次試験を楽しんできたいと思います。
どうもありがとうございました。

●植山先生
本日は<模擬面接特訓>という貴重な機会を頂き誠にありがとうございました。
このような機会は初めてで大変緊張しました。(質問の富士五湖も河口湖、山中湖。。。で止まってしまいました。途中で山中湖だったか中山湖だったかもわからなくなってしまいました。。)
おかけ様で本番は少し楽に臨めそうです。
最後の講評で頂いた、「この試験はあくまでも通訳ガイドの試験であって、火山の専門家の説明ではない。火山→景勝地、温泉だけでなく、四季のある温暖な気候→観光に最適等、つないでいくガイドの視点を高所から加えていくとよい」とのアドバイスは大変貴重でした。
残された時間は限られていますが、プレゼン練習にこの視点を持って取り組んで行きたいと思います。
どうもありがとうございました。

●植山先生
本日の<模擬面接特訓>とても有意義でした。
特に自分の気づかない欠点に気づいたのは大きいと思います。
「プレゼン」はこれまでの独学では、30秒の準備時間を生かせず、考えながら話していたので、どうしても半分は「あー」「うー」となってしまっていました。
それを今回は改め、最初の30秒で話す項目を7~9項目ほどメモ書きしたところ、スムーズに話せました。
むしろその分、1分15秒、1分40秒と予想以上に短かく終わってしまったのは、我ながら意外でした。
「日本文英訳」も独学では、紙に書かれた文章を読みながら答えようとすると、考えながらになるので、1分~1分半で終わらせるべきところを1分半~2分近くかかっていました。
ところが、読まれた文章をメモ書きすると、実は耳で聞いている時点で文章の主語や述語、軽視してもよい部分・重視しなければならない部分が頭の中で少し整理されるので、もたつかずに話すことができました。
逆に言えば、先生のご指摘通り、「早口になっている」ことがマイナスになっている、ということを学ぶことができました。
先生の「焦らず、ゆっくり、自信を持って」「顔を上げて、試験官を見据えて、語りかけるように」というアドバイスを胆に命じて本番に挑もうと思います。
ありがとうございました。

●植山先生
本日は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。
プレゼンの練習ではいつも「何か話さなくては」という強迫観念に取りつかれておりましたので、先生からご指摘いただいた「話し過ぎない」というアドバイスは何となく肩の力が抜けた思いでした。
文法にも言及いただき、また最後は「いかに観光に結び付けていくか」についてご教示いただき、大変勉強になりました。
普段のメルマガや資料提供に加え、このような<模擬面接特訓>を無料で実施されている先生のご厚意には頭が下がるばかりです。
明後日は先生のアドバイスを肝に銘じて二次試験に挑みたいと思います。レポートについても(あまり自信がありませんが)思い出せる範囲でなるべく早く提出させていただければと思っております。
本日は誠にありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。

●植山先生
2次試験直前には、大変な状況にもかかわらず、直接<模擬面接特訓>(無料)をしていただけたこと、心から感謝申し上げます。
私はものすごいあがり症なんですが、<模擬面接特訓>をしていただけたおかげで、少しリラックスして臨めたと思います。
<模擬面接特訓>では、緊張のあまり最初の居住地を聞かれる質問を聞き違えたため、本番はそのあたりは注意深く聞くことができました。
また、<模擬面接特訓>の準備として宿題となっていた「渋沢栄一」が当たりました!!
速報はまだあまり読んでいないのですが、「スカイツリー」も当たりましたね。流石です!!
でも、せっかくサポートいただいたのに自分の力が至らず、今、反省点ばかりが思い起こされます。
特にシチュエーション問題は、本当に、お客さんにこれを言わせてどうするのという出来でした。

●植山先生
この度は、第2次口述試験の直前に無料の<模擬面接特訓>を実施して下さいましてありがとうございました。
今回、まさか植山先生の<模擬面接特訓>を直接受けることができるとは思っていなかったのでとても嬉しかったです。
<模擬面接特訓>の前日まではかなり緊張していたのですが、当日はとてもフレンドリーに接して下さいまして緊張が一気に解れました。受験者は2人でしたが私の順番は2番目でしたので前の方のプレゼンテーションと外国語訳、それぞれの質疑応答、講評を聞くことができ、注意するポイントを知ることができました。
例えば、プレゼンテーションの時は面接官の顔を見る、ゆっくりと焦らず自信を持つ、外国語訳のこつはイメージすること等。
私の番になりプレゼンテーションでは"箱根"と"日本の庭園"を選びました。プレゼンテーションでテーマを箱根から神社へと飛ばす"北川式"を実践してみたのですが、神社にテーマが飛んで箱根をほとんど語らず、さらに時間の感覚がなく1分ちょっとで終わってしまい課題となりました。"日本の庭園"では山水庭園についてのみのプレゼンテーションで枯山水が出てこなかった等の課題がでてきました。
その他、電波塔や三名園、その他を誤訳していたり単語自体が分からない等の課題がでてきました。
通訳案内士としての視点が欠けており、プレゼンテーションの最後はインバウンドや外国人観光客を歓迎する締めくくりにするとよいということでした。
今回参加させて頂いたことで多くの課題が見つかり本番までに修整するチャンスを頂きました。
終始和やかで拙いプレゼンテーションや外国語訳に対して大丈夫と仰って頂き最後は握手で見送って下さり元気をもらって帰ることができました。
元々は第1次筆記試験を突破するのが精一杯で2次試験は何から手をつけてよいのか分からず半ば諦めていたのですが、<模擬面接特訓>を受けたことで何とかなるのではないか、2次口述試験を楽しみたいと思うようになりました。 

●植山先生
第2次口述試験の前日に植山先生に開催していただいた、ハロー迎賓館での<模擬面接特訓>(無料)がとてもありがったかったです。
前日はあれもしていない、これもやらなきゃと朝から落ち着かなかったのですが、まずは夕方の模擬面接に向けて先生から出された課題をどれが出てもきちんと言えるようにしようと目の前のことに向き合えました。また終わった後もいい感じで疲れて力が抜けて、気分的にも落ち着くことができました。
<模擬面接特訓>は、私の回は生徒側は2人でした。順番に先生に本番と同じスタイルでプレゼンと外国語訳の課題を出していただきました。
もう一人の方の様子、先生に指摘されていることをこちらで客観的に見ることができ、とても参考になりました。
自分の時は、何度も時間を計って練習してきたのに、大幅に短くなってしまったり、言わなくてはいけないことを言っていなかったり、と気づかされることがたくさんありました。
その後の先生とのお話でシチュエーションの話になり、難しい課題を旅行客役の試験官から出されても、まずは “I understand you.” と寄り添ってあげることが大切とご指導をいただき、本番でもその通りに言うことができました。
こういう問題が出されたらこう答えるというお話よりも、ガイドとしての根底の姿勢を教えていただいたので、本番でも終始試験官はお客様という態度でいられたことは大きかったと思います。
当日までに他の学校なども面接練習もしてきましたが、オンラインが多かったこともあり、対面で本番と同じ形式で面接練習を直前にできたことは非常に役に立ちました。
慣れているようでも、色々なシチュエーションで練習することは大切だと改めて思いました。
本当にありがとうございました。

●植山先生
この度は、第2次口述試験の直前に<模擬面接特訓>(無料)をして頂いたおかげで、緊張しながらも沈黙せず、楽しく会話ができました。ありがとうございました。  

以上


第2次口述試験<合格必勝12原則>

(1)試験官とは談笑するような気持で話すこと。

(2)大きな声で話すこと。

(3)笑顔で対応すること。

(4)通訳ガイドの立場で話すこと。

(5)プレゼンテーションは、テーマを与えられてから、30秒準備して話し始めること。

(6)プレゼンテーションの長さは、1分30秒~1分45秒を目安に話すこと。(制限時間2分30秒で打ち切られる)

(7)外国語訳は、日本語が読み終わってから、直ぐに話し始めること。1分~1分20秒を目安に話すこと。(制限時間1分30秒で打ち切られる)

(8)話せば話すほど危険である。話しすぎないこと。

(9)英作文よりも英借文を心掛けよ。

(10)単文(S+V)を重ねて、説明せよ。 

(11)沈黙してしまったら、それで終わりである。

(12)最後の最後まで熱意とやる気のアピールを忘れずに。

以上


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。