多摩丘陵から四季便り

オリンパスのEPM2にパナの20mm F1.7のレンズを付けて撮っています。四季の折々の風景・出来事等をお届けします。

セブ滞在最後の日となりました

2011-11-29 13:59:03 | Weblog

今日はセブ滞在最後の日となりました。始まりがあって終わりがあるのですが、正直寂しい。(笑)この日はフェリーに乗って向かいのマクタン島に出かけることにしました。フェリーの中から見た風景、なんだかちょっと日本の神戸を思い出しました。

 

 

マクタン島に近ずき、マクタンブリッジが見えてまいりました。通常タクシーでセブ・マクタン島を往来するのですが、今回はフェリーにしました。この方が安くて風景もエンジョイ出来ますので。

 

 

桟橋に到着し、ジプニーというフィリピン独特のジープに似た交通手段に乗って、ラプラプモニュメントに行きました。天気がいいので空の色が綺麗ですね。

 

 

こちらがマゼランモニュメント。この場所でマゼランは一命を落としたようです。

 

 

ラプラプモニュメント。当時のセブ島の首長でマゼランと戦って勝利したようで、セブでは誇り高き人と敬われ、魚の名前で”ラプラプ”と名前を残しています。このあたりも日本人にはほほえましく思えます。

 

 

その後タクシーでタンブリというホテルに移動。1000円程でホテルの昼食付きでホテルのプール、ビーチを使用できるのです。これは大変お得でした。

 

 

ホテルのレストランから海側に向かってパチリ。南国の感じが出ていますでしょうか?

 

 

ビーチも遠浅で海水の色も澄んでいました。ただクラゲやイソギンチャクが多くいましたので、サンダルを履いて海に入りましたが。(笑)

 

 

 

 

こんなマリーンスポーツも見かけました。怖くて私の様な老人はパスですね。

 

 

夕方になりました。早速カメラを持ち出し、パチリ。シキホール島までで見かけた夕焼けほどではありませんでしたが、なかなか素敵でしたね。

 

 

夕闇の中数人の子供さんたちが泳いでいました。

 

 

こうしてセブ1ヶ月滞在は幕を閉じました。当初計画では、格安航空券を利用しレガスピ、バコロド、イロイロ、ダバオ(2回)、バンタヤン島に行くべく大風呂敷を広げていましたが、入国早々発熱・下痢に襲われ、バコロド・ダバオ(1回入ったのですが)をキャンセル、その代わりシキホール島に出かけました。日本ではあまり動き回らない爺さんが、フィリピンでは驚くほどあちこちでかけ、しっかり英語の勉強も無料で出来ました。やはり暖かい所はいいですね。元気で旅行できた事に感謝しています。

コメント (6)

セブのシマラに行ってきました

2011-11-28 10:43:56 | Weblog

セブ市内からバスで2時間ほど走った所にお城の様な教会があると聞いて、行ってきました。バスで到着し、そこで簡単な昼食を済ませバイクの後ろに乗って15分位で到着。奇跡を呼ぶマリア様と呼ばれているようで、まるでお城の様な感じです。ちょっと表面上は安っぽい感じですが、こんな所によく立てたなあという感じです。いつの時代も信仰の力はすごいですね。

 

 

 

中に入ってみますと教会+博物館の様な感じでした。天井には綺麗な宗教画が。

 

 

内部はこんな感じで、明るくて綺麗な教会といった感じです。

 

 

2階の方が博物館の様な感じになっていました。キリストさんを守るスペイン兵?

 

 

こちらの人形はじっと見ているとちょっと気持ちが悪いくらいですねー(苦笑) 暗い所でであったら、心臓がどきっとするでしょうね・。

 

 

こんな感じでキリスト教関連の人形が陳列してありました。

 

 

こちらもちょっと変わったマリア様でしょうか?

 

 

私は仏教徒ですので、キリスト教の事はよくわかりませんが、それでも厳かな気持ちになりますね。日本では教会を訪れるなんて事はありませんし、やはり異文化に触れる・これが海外旅行の醍醐味ですね。スペインはキリスト教を武器にフィリピンを植民地にしたのですが、そのキリスト教を信仰するフィリピンの人達。ちょっと不思議な感じです。

 

 

コメント (4)

シキホール島→セブへ

2011-11-26 15:54:55 | Weblog

朝早く起きて外に出てみると、微かに虹が見えました。今回の滞在で初めて虹を見かけました。

 

 

朝食後リゾート内を散歩。南国らしい花が咲いていました。

 

 

こちらの花には小さな虫さんが首をつ込んでいました。

 

 

今日はセブに帰ります。10時過ぎの船に乗りますので、チェックアウトを済ませ、バイクの後ろに乗って港に移動。船でネグロス島に移動します。いよいよシキホール島ともお別れ。ちょっぴり寂しいですね。(笑) 桟橋から数枚パチリ。船が出発しそうなので、ゆっくり写真撮影どころではないですね。

 

 

やはり海の水の色が撮っても綺麗です。

 

 

船上からシキホールをパチリ。さようなら、シキホール! 又会う日まで。

 

 

その後トライシクルでバスの発着場まで移動。そこからバスに乗って、セブに帰ります。

 

 

バスの車窓から数枚写真撮影。物凄いスピードで走ってますのでなかなか落ち着いて写真が撮れません。

 

 

のどかな田園風景が続きます。このあたりは稲作が盛んの様ですね。

 

 

セブに着いたのは夕方。結局6-7時間のたびでした。すっかり疲れましたね。夜はロビンソンというショッピングモールのフッドコートで簡単に食事を済ませ、ホテルに帰ってバタン・キューでご就寝でした。(笑)

コメント (4)

晩秋

2011-11-25 12:11:34 | Weblog

昨日午後モミジ見学がてら、散歩に出かけました。道端の木もすっかり変色して、冬を待っているよな感じでした。

 

 

垣根に落ちた落ち葉が一杯。少しズームにして撮りますと背景がぼけてちょっと素敵。秋の感じが出ているでしょうか? 

 

 

下の道に咲いていたモミジ。もう表面がすこし荒れかかっていました。遠くで見るとそうでもありませんが、近よってみますとモミジさんも寒い寒いといっているのが聞こえるような。

 

 

近場の公園に出かけましたら見事なモミジが。

 

 

こちらは桜の葉っぱでしょうか?青空に色ずいた葉っぱがとても綺麗でした。

 

 

少し歩いた道端にモミジが咲いていましたので、絞りを開放せずに撮影してみました。

 

 

 

 

私の住んでいる所は東京の郊外で寒くなるのが早いのか、モミジもそろそろ終わりの様ですね。天気の日でも午後3時ごろを過ぎますととても寒い。冬はもうそこでやってきています。駅前のナンキンハズも綺麗な赤色になっているようで、峡はそれを観にいってきます。

 

コメント (6)

シキホール島でリラックス

2011-11-24 10:13:56 | Weblog

 朝早く起きて外に出てみると、雲がうっすらと赤くなっていました。朝食は写真の左に見えるがけの上にある小屋みたいな所で食べるんですが、海が見えて最高ですね。

 

  

この日もバイクの後ろに乗って更に島内の奥へ。風を切って走るのでとても気持ちがいいですね。1時間半ほど走って、島の真ん中の山に。そこから眺めると向こうに島が見えます。とても気持ちがいい。

 

 

反対側を眺めるとこんな感じです。

 

 

下を見ると一面の椰子の木。南国ムード満天です。しばし付近を歩きますが、暑い、暑い(笑)

 

 

その後又1時間半ほど走って、ココグローブというリゾートのビーチに行きました。なかなか素敵な展望です。

 

 

すごい遠浅で、カナズチの私でも水遊びが出来ました。とても水が透明で泳いでいる小魚が見えました。

 

 

椰子の木を撮ってみましたが、天気がいいのかとても青空の綺麗な写真が撮れました。カメラ音痴の私でも晴天のフィリピンでは綺麗な写真が撮れますね。

 

 

 

 

ここのビーチで2時間ほどまったりとすごしました。最高にリラックス出来ますね。ここのリゾートの宿泊者はほとんどが欧米人。コッテージに帰る途中。夕焼けに遭遇。運ちゃんに無理を言って、一時停車。早速撮影タイム。浜辺に駆け込みパチリ。丁度太陽が沈みかけていました。

 

 

マイクロ一眼には3倍ズームのレンズしかつけていませんので、パナのコンデジを取り出しズームを大きくしてパチリ。沈みいく太陽をバッチリ撮影できました。コンデジはやはり何かと便利ですね。

 

 

リゾートに帰ってから、ビーチに出て1枚パチリ。こんな夕焼けは日本ではお目にかかれません。やはり無理をしてここまで来てよかったと思いました。

 

 

バンタヤン島では好天に恵まれず、期待した夕焼けが見れませんでしたが、普段の行いがよかったのか(笑)、シキホールでは素晴らしい夕焼けが見れました。これが見れただけでもこの島に来た甲斐がありましたね。

コメント (3)

魔女の住む島・シキホール島内見学

2011-11-23 12:22:07 | Weblog

左側にちょこっと見える部屋が私の泊まった部屋で扇風機・温水なしで1泊1500円以下でした。夜中暑くなって扇風機をかけたり、クーラーが無いとちょっと辛い。でも安さにはかないません。

 

 

この島にはバスとかジプニー(ジープの様なフィリピン独特の乗り物)はありません。バイクの後ろに乗っていざ出発。風を切って走りますので気持ちい。日本ではこんな事は体験できませんし、危ない。先ずは教会。こんな島にもスペイン人が教会を作ったんですねー。

 

 

次に向かったのは緑一杯の渓谷。ただ長くくねくねの階段を上がったり降りたい大変でしたが、いざ着いて見ると、オゾン一杯でリラックスできましたね。

 

 

こちらは街中の教会。天気がいいので気持ちいです。ベンチに腰を掛けしばし休息。左に見えるのは鐘楼の様ですね。年代を感じます。

 

 

こんな教会もありました。写真の左に見えるのがトライシクルというこれもフィリピン独特の乗り物。この乗り物がこの島では重要な交通手段です。

 

 

こんな水路もありました。多分島の人たちの憩いの場所なんでしょう。

 

 

リゾートに帰ってみると既に夕方。ビーチに出てみますと素敵な夕焼け。一人女性が海に入っていました。夕焼けで女性の体が黒く写り、われながら幻想的な写真が撮れたと自画自賛。

 

 

こんな夕焼けはなかなか日本ではお目にかかれませんね。この島に来た甲斐がありました。

 

 

夜このリゾートの屋外レストランで食事をした後、何気なく後ろの木を見るとなんとホタルが飛んでました。写真には撮れませんでしたが、幻想的で、ビックリしました。空を見上げると満天の星が今にも降ってきそうな感じで。こんなことは日本ではありえませんね。セブから時間を掛けてこの島にやってきましたが、超感激しました。(笑)

コメント (4)

シキホール島へ

2011-11-22 11:03:17 | Weblog

ダバオから帰った翌日、魔女が住むとフィリピンの人達が信じているシキホール島に行ってきました。実際は住んでいないようなんですが。(笑) ホテルからタクシーでバスターミナルへ向かい、そこから3時間掛けてセブの南端の港町へ。

 

 

着いた所で簡単なフィリピンスタイルの昼食を済ませ、バスに乗ったままフェリーで向かいのネグロス島のドマゲッティという街へ。

 

 

ネグロス島が見えてきました。

 

 

ドマゲッティにつぃて、再び船着場まで移動。そこから船に乗り役1時間でシキホール島に到着なんですが、船内のクーラーががんがん効いて寒い寒い。ガタガタ震えながら我慢我慢です。(笑) シキホール島が見えてきました。

 

 

船を下りる前に島の海岸をパチリ。水の色がとても綺麗でした。

 

 

もともとコーラルケイというリゾート(1泊3,600円程度)を予約していたのですが、島について聞いてみるとRoyal Cliffというリゾートが1泊1400円とのことで、そちらに行く事にしました。移動はモーターバイクの後ろに乗って。1時間ほどかかりました。リゾートに着いた頃にはあたりは真っ暗。 リゾートに着いて簡単な夕食を済ませそうそうに就寝です。

コメント (7)

晩秋のバス旅行(2)

2011-11-21 10:19:00 | Weblog

次の目的地である竜神峡に向かいました。鋼鉄製の大きな釣り橋がありました。橋を歩いて真ん中辺りに行きますとかなり揺れますね。

 

 

橋の上から下を覗きますとこんな感じです。曇天で写真は今一ですが、山々の木々が錦色になっていました。

 

 

竜神湖近辺をズームで撮ってみますとこんな感じでした。

 

 

晴天であれば、もっと形式を堪能できたのですが。残念!絶景風景を堪能した後、最終目的の袋田の滝に向かいました。那智、日光の滝に並んで日本3名瀑とのことです。滝の前に建物がありエレベーターに乗って、滝の目の前に行き、見学です。紅葉がとてもきれいで、素晴らしい。

 

 

近くで見るとこんな感じでした。

 

 

少し離れた所から眺めた滝。木々が色ずいてとてもきれいです。

 

 

歩いている途中で、きれいな紅色になったモミジを発見しましたので、近ずいてパチリ!

 

 

滝の近辺を散策。1時間ほど滞在し、晩秋の日本の風景をエンジョイしましたが、とてもリラックスできました。日本の晩秋は最高ですね。(笑)

 

バスで3時間ほど掛けて帰りましたが、バスを降りてみると綺麗なクリスマスイルミネーションが。ちと早いですが、とても綺麗ですね。

 

 

 

 

最近流行の格安バス旅行に出かけましたが、あちこち連れて行ってくれますし、安いですからいいですね。昨年も同じ時期に栃木県の方に紅葉見学に出かけました。来年もまたバスを利用して小旅行に出かけてみたいと思います。

コメント (4)

晩秋のバス旅行(1)

2011-11-20 12:39:31 | Weblog

先週末バスに乗って茨城県の花貫渓谷、竜神峡、袋田の滝に行ってきました。まずは花貫渓谷。バスに3時間ほど揺られて到着。多くの人で賑わっていました。沢山の方が大きな一眼カメラを持参されていました。

 

 

吊橋から下を覗きますと、こんな感じです。

 

 

吊橋の袂からパチリ。もみじはそんなに多くはありませんが、それでもきれいに紅葉していました。

 

 

渓谷はこんな感じでとても素晴らしいです。

 

 

ちょっとカメラの設定を変えて、ポップアート調で撮ってみました。不自然な色合いですが、なんだか素敵。(笑)

 

 

吊橋を渡って周囲を散策。帰り道はこんな感じで、モミジもきれいです。

 

 

フィリピンもいいですが、やはり日本人はモミジが色ずく秋が最高ですね。(笑) 誰かさんから突込みが入りそうですが、私も日本人ですから四季」ある日本が一番。

 

 

渓谷に下りてみますと、小さな滝が。石ころで転ばないように注意しながらパチリ。

 

 

たっぷり紅葉真っ盛りの花貫渓谷を楽しんだ後、竜神峡に向かいましたが、その様子は明日アップします。

 

コメント (4)

ダバオ街歩き

2011-11-19 12:15:10 | Weblog

今日は午後便でダバオからセブに帰国します。朝食後ホテルから近くのPeople's Parkまで歩いてみました。快晴で気持ちがいいですね。青空に向けてパチリ!

 

 

公園で見かけた花。火炎樹でしょうか?とても華やかな花でいかにも亜熱帯地方の花の感じがします。

 

 

公園を1時間ほど散策し、市庁舎の方に向けて歩きました。

 

 

やはり暑い。(笑) でも日本の様に湿気は感じません。あまり暑いので途中、ファミレスでジュースを飲んで一休み。 外に出てみると入道雲が。

 

 

市庁舎のそばにあったモニュメントを激写。(笑)逆光を避けて、太陽を背にして撮ってみました。

 

 

こうしてダバオ滞在は終わりました。ダバオは世界で一番大きな面積を有する都市とか。確かに広いですね。セブなどに比べるとはるかに開放感が。逆に車がないとあちこち回れません。セブは歩いて回れる。どちらがいいのでしょうか?なんて考えてしまいました。

コメント (6)