サイケな時代の音楽とデジタルな時代の時事ネタを...
The Days of Psyche



昨日は冷えました。
仕事を終えて足早に電車に乗って、中野に向かいます。
さいです、我らがMoon Ridersの「活動停止の停止!!」、「Final Banquet 2016 最後の晩餐」、中野サンプラザでのライブでございます。
既に秋にライブハウスツアーを終えたRidersの面々、還暦過ぎても、年金もらってても元気です。
今回のライブ、意外とチケットの売れ行きがゆったりだったようですが、会場に着いたら、何の事は無い、満員御礼。
開場15分後くらいに着いたのですが、サンプラの前は人だらけ!!開演時間5分前くらいに中に入ったんすが、何の事は無い。
少なくとも確認した限り、一階は、多分来れなくなった方の空席がチラホラありますが、ほぼ満席でありました。
今回は前のブロックで観れたのですが、いや、年齢層が高いのはgnome_2005も含めて致し方無いところ、でも、ちらほら若い方の姿がいらっしゃる。
開演前は、例のごとくクスッと笑いを挟むアナウンスが流れ、さて、ライブの方はと言いますと、緞帳が上がるとちと高台に置かれたテーブルに子供達が7人座っております。
後ろからRidersの面々が現れ、子供達と交代、一人分空いたのはかしぶちさんのところですね??
その後、ライブはスタート、しかし冒頭4曲目だったかな??「ビデオボーイ」が演奏されると、もう観客は総立ちで大コーラス大会が始まります。
慶一さんがステージを降りて、観客にインタビュー、「犬にインタビュー」は犬のかぶり物、直後に写真撮影会、画はそのときのものです。
後半の怒濤の展開、本編は確か「ドントラ」で終了、アンコールは「さよならは夜明けの夢に」そして「くれない埠頭」。
約2時間半の演奏、まだまだ元気です。
2011年暮れの「Ciao!」、その後かしぶちさんが亡くなられ、一周忌の青年館がありましたが約5年間の活動停止。
でも、今年の40周年に再び、戻って来ましたRiders!!
末永く、活動を続けて欲しいものと思いながら、家路についたのでした....



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




で、11月に入りました。
早いもんだわ、ついこの間まで夏だったのに。
今日は朝は雨、そんでその後は晴れ....でも気温は上がらず。
明日は、今期最高の寒波が降りてくるそーな。
さすがに明日は冬物、出そうか??
ここ一週間で着るもんが、どんどん変わっています。
ちと、今年は季節の移り変わりが極端というか、急変が多すぎるんですわ。
明日の朝、冷えるのかなぁ??
まだ、暖房は入れてません。
入れる日も間近か??
北海道、東北は雪だと。
北関東や信州の山も雪だと。
季節の移り変わりについて行けませぬ....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ドクターロック、修z、おめでとうございます!!
祝60年、還暦でございます。
昨日、高円寺はShowBoatで行われました、太郎ちゃんプロデュースの還暦パーティライブ、沢山の出演者と、沢山の関係者が集まって、盛大に行われました。
赤いチャンチャンコの替わりに修zが自分で持ち込んだ赤いギターがずらり。


ライブの方は、中盤の修zの休憩時間を稼ぐアコースティックセット(でも、ここがかなりの秀逸な演奏でございました)を除いて、ほぼ修zは出ずっぱり。

kashipweeとのDr.Feelgoodのカバーセットの画です。


和久井光司氏とのリハ無しセットは、後半から太郎ちゃんのベースも加わりまして、修z、出来る爺さんぶりを発揮。
とにかく盛りだくさんの4時間、実は開演がかなり押しまして、当初は最後まで居る事が出来ると思っていたんすが、残念ながら、多分最後二つのセットは泣く泣く観ないで撤収となってしまいました。
ホントは挨拶したIzzyさんと修zのツインギター、楽しみだったんすが、残念無念....
後、30分、早く進行していたらなぁ....
致し方ないっすか??
いつか、宇都宮で聞かせて下さい!!
とにかく、も一度、修z、おめでとうございます!!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




King CrimsonのJapan Tour「The Elements of King Crimson」、各地で好評のようですねぇ。
来週も追加公演、組まれてます。
セットリストを見ると、日替わりメニューで意外と組み合わせの変更をしょっちゅうしてますねぇ??
ちなみに12月9日に観に行ったんすが、この日のセットリストも初日、二日目からいじってました。
その後も、それは続いているようです。
さて、あの日に感じた事は....
年齢層、高い。
これは致し方無いかと。
ドラムセット前列配置、dw、Gretsch、SONORのそろい踏み。
センターのBill Rieflinのセットの後ろに鍵盤、メロトロン系のパートは、Fripp翁もちょっと演奏しましたが、メインはこちら。
Gavin HarrisonのSONORのキットは派手目、BillのGretschはシンプルながらオールドモデルの風合い、Patは....ま、良いか。
てことで、MelはSaxとFluteに専念、だけんど残念ながらTenor、吹いてくれなかったな。
Baritoneは大活躍だったんすが。
Tonny、Bass、Stick、んでアップライトといつものセット。
Jakko Jakszykはシンプル、21馬鹿バンドでそれなりに唄える事は判ってるので、Adrianでなくても良いかと。
んで、翁は....相変わらずのラックが鎮座。
さて、演奏の方は....やはりFripp翁も歳を取ったか。
ミスが多かったなぁ??
こんな翁は初めて観た。
それと、昔の曲、みんなかなり騒いでましたが、かなり冷静に聴いてました。
逆に新曲が新鮮でしたし、演奏も実は新曲の方が断然、良かった。
それに、ドラム三人のみのアンサンブルの曲が確か二曲あったかな??
これが一番、気に入りました。
正直、もう一度、日本に来るというか、その時に翁が居るか、ちと心配ではありますが、も一度来るなら、新曲満載の方が良いかなぁ....
旧曲は、21馬鹿とLark'sくらい、そこにMetal Crimson時代の曲を数曲で。
でも、Level FiveがLevel Fiveに聴こえなかったのは何故??
アンコール前と最後は、Tonnyのカメラが合図で撮影タイム。
変わったなぁ....Fripp翁もカメラ向けてたし。
しかし、あの席はきつかったなぁ。
ま、前の頭が気にならないのは、もうけもんでしょうが、あの日以来、腰の調子が良くないんだわ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いや、昨晩はきつかったです。
はい、King CrimsonのJapan Tour、オーチャードホールでございました。
何がきつかったかというと....
座った場所、それとオーチャードの椅子ですね。
正直、体勢が不自然、加えて椅子が柔らか過ぎ、現在、腰痛発生中です。
そうそう、平均年齢、高かったなぁー??
若くても30代半ばの方がポチポチ、あとはどう見ても50代以上??
人のことは言えない。
さて、本編に関しては....
一応、ネタバレ無しの方が良いですか??
週末当たりに書きますか??
一言言えば、正直、新曲と言うか、現体制の曲の方が面白かった??
さて、しばしのお時間を....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




二年ぶりです!!
久しぶりに鼓絆の和太鼓が聴けました!!
まぁイベントでの演奏なので、わずか30分、トラディショナルスタイルの演奏でわありましたが、フルメンバーが揃ってます。
前打ち打ち頭の西野さん、恒田さん、大二さん、高橋まことさん、イリヤさん、ヒロさん、坂下さん。
開演前にマネージャの方々にご挨拶、メンバーには会えなかったんで、前の方で観てましたら、メンバーの方々、ちゃんと気がついてくれてました。
演奏の方は、古典中心、飛竜三段返しはお客さんにもたたいてもらいまして。
やっぱ、和太鼓は面白い!!
マネージャのジョニーさんに、次はフルセットで観たいですねぇとお話し、そのまま西永福の波田野に向かったのでした....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨晩は、一年ぶりに高円寺のShowBoartにお邪魔、当然目当ては第28回キース・ムーン追悼ライブ!!
久々の爆音です。
それに加えて後半には爆音の爆音です。
て、実は最後まで居られませんでして。
でも、Daimyo、マルちゃん、スティック、マー助、ヨー介、タロケン、ツッチー、コワくん等々、おなじみのメンバーはもちろん、今回の音楽監督はタローちゃんと修z!!
ほかにも初参加組も含めて、多彩、多彩!!
エンリケさんが現れ、久々の垂井さんの便器ベースも聴けました!!
でも、ビックリしたのは、kashipweeが唄い、そんでハープも吹いた事!!
最初のほうにも書きましたが、残念ながら最後まで居れなかったんで、阿部ちゃんの音が聴けなかったけんど、それでもOZ最後のリズム隊、チャッピーさんとシゲさんの爆音リズム隊が観れたのは、無茶苦茶うれしかったです。
来年も行きたいのは当然ですが、久しぶりに最後まで聴ける状況で行きたいですねぇ??
ホント、皆様、良いモンをありがとうございました!!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




寒い夜でした。
しかし、会場は、ほんのり、暖かかったでした。
かしぶちさんの一周忌。
素敵な一夜でした。
久しぶりにライダースと四人囃子が好きなE氏に再会....
会場から10分程度遅れてのスタート。
3曲目の「二十世紀....」で泣いちゃいました。
オープニングは予想どうり、ラスも予想どうり。
でも、二番をみんなで歌う時は、やっぱ、泣いちゃいました。
だけどだけど、一番のサプライズはアンコールオーラスの曲で、かしぶちさんのキットが出てきて、誰かが叩いているとこ。
なんと、息子さんでした。
こんな終わり方されたら、気分良く帰るしかないですわなぁ....
と思ったら、そのキットにかしぶちさんの映像がピッタシ重なる演出....
これも泣いちゃいました。
今日の追加はどうだったんだろ??
でも、昨日、あの場に居て、かなり幸福でした。
かしぶちさん撮影の映像、素敵でした....
また、いつか、ライダースが再集結することと、かしぶちさんが、あの世で素敵な時間を過ごしている事を祈って....合掌....



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨晩は、高円寺はShowboatにて、Izzyさんの還暦ライブでございました。
なんと、半年ぶりにライブに行きまして、kashipweeに会えたのは、非常にうれしかったな....
んで、ライブの方は、30分遅れでスタート、曰く「俺たちゃ外タレだ!!」は素敵なギャグでございます。
今回のライブは、Izzyさんの人脈の広さを思わせる方々が大集合。
某病院の副院長であり、元ARBのサポートメンバー、んでDaimyoのお目付役、おなじみ修zがギター、ベースには元もんた&ブラザーズの渡辺茂氏、キーボードに元東京おとぼけキャッツ、そしてイエモンやダイナマイトユカイ氏のサポートでおなじみの三国さん、ドラムに元マキ&OZ、そして現在はNOIZで活躍中のチャッピーさんと豪華絢爛!!
オープニングはなんとFloydの「Shine On You Crazy Diamond」、そんでIzzyさん達が影響を受けたであろう、所謂'70年代から'80年代のナンバーが繰り広げられていきます。
途中、Daimyoの予定調和的乱入があり、二部ではIzzyさんの大の仲良しでもある元ダウンタウンブギウギバンドの和田静男さんもゲストで登場。
二人の好きなEric Clapton特集....
でも、ダウンタウンの「知らず知らずのうちに」はかっこよかったわ....
ラストも、「スモーキン'ブギ」で大騒ぎ!!
でも、演奏はむちゃくちゃ骨太!!
楽しい夜でした。
さっさと撤収しなければならず、Izzyさんに挨拶も出来ませんでしたが、ご苦労様でした、そして、これからもシクヨロと言いたい、そんな夜なのでした....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに轟音を聞きに行きました、観に行きました、第26回Keith Moon追悼コンサート!!でございます。
Daimyo、修z、そんで、今回は仕切りを全部やってくれたという篠原のタローちゃん、ご苦労様でした!!
小和クンとかっ飛び安東氏のShepherd's Bush、やはり小和クンとタローちゃん、そんで阿部ちゃんのTHE ELECTRIC EEL、最後はDaimyoとタローちゃん、修z、ツッチー、スティックのセット、ゲストも続々、常連のtarokenは勿論、久々の教授/阿部七郎、BRIARのジゲン、THE KIDSの桐明、忘れちゃいけないThe Orangesのジェフ & マル!!
うーん、ラストの大騒ぎも良かったけんど、やっぱ白眉は「After the Fire」だったなぁー....
会場の観客も、ちと若返ったか??
「After the Fire」の大合唱、良かったよー!!
今年は、なんと、6.27の第8回John Entwistle追悼ライブとこの日のライブしか行っていないんで、さすがに耳がやられましたねぇ....最近、おっきい音、聴いてないから....
時間が時間だったんで、挨拶もそこそこに、撤収しましたが、ホント、ご苦労様でした。
良い時間でした。
来年も行くよー!!



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ