サイケな時代の音楽とデジタルな時代の時事ネタを...
The Days of Psyche



今日は午前中、東京ビックサイトに行っておりました。
リードさん主催の色んなIT/ソフトウェア関連の展示会を寄せ集めた奴であります。
ビックサイトの東館全コマを使って、コマんなかもほぼブースは満杯と、なかなか盛況なフェアでございました。
まあ、おねーちゃんの数は、メジャーどころのフェアと比べると落ちますかね??
展示内容の方は、まー、今時のもんがとりあえず揃っておりましたが、あんまし目新しいコンセプトが無いのは、ここんとこのフェアの流れですかね??
たまたまNECさんのブースでやってたプレゼンが面白かったかな??
このフェア、多分ブース当たりの展示料は安いんでしょうな??数に関してはいつも揃ってますんで。
それと、凝った造りのブースが少なく、質実剛健系のフェアと言えますかな??
さすがに最終日、午前で見終わって帰ろうとしていると直帰狙いのリーマンの群がビックサイトに向かっていたのでした....



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ここ三日、暑い日々が続きますな....
今日、電車に乗ったら、座れました....
ここのところの睡眠不足から、当然眠気が....
しかし、何か暑い....冷房は効いている電車なのに....
目が覚めて、目の前を見ると、あの忌まわしき新聞バリアーが、冷房のルーバーからの冷気をもののみごとに遮断しております。
ああ、またこの季節が始まったんだ....
ルーバーではなく、扇風機で冷気をかき混ぜるタイプの電車の方が良いな、やっぱ....
そう言えば、最近のJRの車両、ルーバーが出入り口上に集中していて座席の中の方は温度が数度違うとか....
あ、目の前のひと、熱交換機能も能力が高そうだ....ダメ、暑い....
気が遠くなりながら、冷房の効いている筈の電車の中で汗をかいているのでした....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




とりあえず昨日、決勝トーナメント一回戦が終わって、W杯もつかの間の休息でございます。
今朝までは、サッカー好き(?)の知り合いのメールが凄くて、いつも寝る時はピッチを切っておりました。
起きて、ピッチに火を入れると、どっさりとメールが入っていると。
おーい、皆、そんなにメール打って、ちゃんと試合観てるんかー??と思わず一言....
まあ、試合内容は良くないけど、シェフチェンコのウクライナが何とかベスト8入りしたのは、良かった、良かった....
(とは言え、無失点でベスト16で姿を消すスイスもかわいそうって言えばかわいそう??)
さー、30日はドイツ-アルゼンチンから準々決勝が始まりますが、今週末もメールが飛び交うんだろーな



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




当初の週間予報が外れて、ホンマ夏日となった6.27、高円寺ショーボートにて'第一回John Entwistle追悼コンサート'が開催されました。
残念ながら、gnome_2005は色々と事情があって、前半のみしか観れませんでした....
(Daimyoさん、大二さん、許してやって下さい....)
それでも、kashipweeのThe Whooligans、前澤さんと大二さんのThe Twoの前半戦のみですが観戦したのであります。
The Whooligansのパンクというかハイスピードの'Substitute'、The Twoはもしかして'Tommy'とどこまでやったんでありませうか??
そしてDaimyoさん達の演奏....聴きたかったけど、観たかったけど、ホント、ごめんなさい。
9月は何とか、全部観れる事を祈って....

PS:今回、画像は大きめ、クリックしてみてちょ???




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




今朝のW杯、ポルトガル-オランダ戦、凄かったねー??
イエローカード16枚、退場4名、そんで大乱闘もありと。
フィーゴはひじうち喰らうわ。
まあ、因縁の一戦とも言われてたんですけど、スウェーデン-イングランドでも、ここまでやらなかったもんね??
これを超えるとすれば、やっぱしイングランド-アルゼンチン戦しかないか??
でも、これが実現するなら決勝なんだよな???
今回も無いかな??って言うとイングランドファンに怒られる??
(gnome_2005は2006年はアルゼンチンびいきなんであります....)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夏になれば、再びムーンライダーズが動き出すという、その前の梅雨のひととき、今回の長老のアルバム達は、前作'最後の晩餐'からわずか一年で発表された、その名も'A.O.R'なのでありました。
とわいえ、所謂'A.O.R'ではなくて'A.O.R. Adult Only Rock'n Roll'というひねりが効いております。
前作のメンバー全員での作業ではなく、岡田徹氏、良明氏の二名によるプロデュース体制に、メンバー個々のデモテープを元にアレンジ/プリプロダクション、そして唄入れまで作曲者は曲に触れる事が無かったという話は有名でございます。
さて、この制作過程のためでしょうか??ターゲットとした'一見の客を拒まない'というコンセプトは実ったとも言えまして、ライダーズのアルバムの中では非常に聴きやすいアルバムに仕上がったのでありました。
んで、このアルバム、どんな曲にgnome_2005が聴き入ったかと言うと、やはりオープニングの通称(と言っても勝手にそう言っているのですが...)'心中ソング'、'幸せの洪水の前で'は秀逸の出来と言えましょう。
真剣に、どっかのTVドラマのエンディングにピッタシだと思えたりして....
他には、'ダイナマイトとクールガイ'の行きそで行かないところとか、'現代の晩年'の変な重さ、そんで'無職の男のホットドッグ'なんかがよろしいなと。
ただ、このアルバム、聴き易さと引き替えにしたものも多いような気がずーっとしてるんですよ。
だからこそ、ライダーズも再び沈黙とそして後の回想モードを迎えたのかも知れませんな??


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ようやく、あのスペースサーカスのファーストアルバム'FUNKY CARAVAN'がCD化されました。
多分、セカンドの方がプログレ趣味っぽかったからか??随分前にMADE IN JAPANが再発をしましたが、今回はファースト、セカンドともにリマスター盤でありますんで、こっちの方が音も確実に良いでしょうな??
大体、スペースサーカスを初めて聴いた人ってのは、ファーストのトップ、'アリババ'での岡野一のベースにブッ飛んだと思いますが、その感覚は今回の再発でも変わりは無いでしょう。
全般的に、今聴くと技巧的なだけでなく、メロディーも曲として十二分に魅力を感じさせる作品だわな??と思わせるのです。
フュージョンだプログレだって言う事無く、十二分に聴けるアルバムでございます。
個人的にはクロスウィンドやプリズムよりも、スペースサーカスの方が面白いっていうのは、決して言い過ぎではないと思うのでした....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




URC秘蔵音源復刻計画、6/25の二枚、蛇の道は蛇って事で、今日、入手です。
さーて、じっくり聴くとしませう。
きっと、新しい発見が沢山、沢山...出てくるんでしょうな??


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




書き込みが前後してしまいましたが、昨日の話の前に、こいつも紹介しておかなければなりませぬでしたね??
ロック画報の24号でございます。
こちらの方、メインの特集はカーネーションなのですが(好きな人にはたまらないでしょうな??)、サブの特集はURCなのでございます。
安全バンドのヒロさん、ハルヲフォンの恒田さんのインタビュー、高沢さんのURC関連バンド紹介、URCの歴史等、なかなか充実した読み物となっております。
そんで、付録音源の方も、安全バンドの'けだるい'(後期バージョン)、そしてハルヲフォンの田島ヶ原音源による(今回のライブCDには未収録)'プラスティックムーン'。
どちらも素晴らしい演奏でありますよ。
ライブCDとともに、こいつも手にして、損はありませんぜい!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




'60年代後半から'80年代にかけて、日本のロックの進化に寄与し続けたと言っても過言ではない、あのURC'浦和ロックンロールセンター'の秘蔵音源のリリースがついに開始されます。
まずは6/25に安全バンドの'74年から'76年のライブが、そしてハルヲフォンの'75年から'77年のライブ音源が登場。
安全バンドのライブには、初期のパワートリオ時代の名残を残した演奏、あのレインボーとのツアー時の四人囃子/坂下秀実氏がゲストで加わったツインキーボード編成時のライブ音源の他、未発表曲多数!!
ハルヲフォンのライブにも、'にんじん'音源のGSメドレー、日本のロックメドレーというハルヲフォンならでは演奏、そして屋根裏音源をボーナストラックにバラエティ豊かな演奏を収録!!
この後も、第三弾としてPANTA & HAL、そしてURCオールスターズによるベスト音源が第四弾として7月に控えています。
これだけのライブがオフィシャルで、ついに聴くことが出来るのです。
この評判が良ければ、第五弾、第六弾と続くかも??
是非、手に取り、そして耳に聴かせて、脳に記憶させて下さい!!

PS:HARUOPHONE RELOADEDも8月にライブ決定、詳細はこちらで!!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ