にくきゅうの楽園

ラーメンを中心とした福島県内の食べ歩きブログです。栃木や宮城にも時々遠征してます。あくまで私個人の感想を書いております。

新生姜の佃煮

2018年10月04日 | うちゴハン
この時期になると出回る、地物の新生姜。
大量に買って、大量に佃煮を作ります(;・∀・)

何が大変て、洗うのが一番厄介です。
洗いやすいようにある程度は切っちゃうけど、
1個1個たわしで泥などの汚れを落とすだけで結構な時間がかかるのだよ。

そしたらそれを2~3ミリ厚さにスライスします。

この状態で約1.2キロ(@_@;)

それを一度水で10分ほど茹でて、お湯を捨てたら新しい水に1時間ほどつけて
あく抜きをするんだけど、だいたい途中で夕飯の時間になっちゃうので
結局このまま一晩つけておいたりしちゃいます。
夕飯終わってから続きやれよって話だけど、
そこはほら、晩酌しちゃうと面倒になっちゃうわけで…( ̄▽ ̄;)

ってことで翌日、醤油と日本酒と砂糖で煮て、煮汁が少なくなってきたところで
鰹節と白ごまを振って、煮詰めて出来上がり。


実はこのレシピ、いつもコソコソ私が読んでいるとあるブログを参考にしています。
もうすっかりわが家の定番となって、この秋に作るのもこれが2回目。
先々週くらいに作った1.3キロの生姜は、実家にあげたりもしたけど、
朝ご飯のお供に、夜のお酒のおつまみにと食べてたら、もうなくなっちゃっのよ。
だから今回はある程度食べる分を残したら、あとは冷凍しちゃった。
えっ!冷凍できるよね?えーっ!大丈夫かな(;・∀・)
コメント (4)

味噌作り2016

2016年02月22日 | うちゴハン
今年も味噌作りの季節がやってまいりました。
去年仕込んだお味噌は今年のお正月から食べ始めましたが、
これが味噌汁にすると甘いのよ。↓去年仕込んだ味噌です。

もちろんそのまま舐めれば普通にお味噌の味で普通にしょっぱいけど、
味噌汁にするとどういうわけか甘い。
キャベツと玉ねぎの味噌汁にした日には野菜の甘みも合わさってさらに甘い。
実際茹で上げた大豆をそのまま食べても甘くて美味しかったもんなぁ…。

で、今年は豆の種類を変えてみることにしました。
去年までは北海道のJA上士幌から取り寄せたキタムスメを使ってたんですが、
今年はり菜あんで買った地元福島産のタチナガハです。

これは給水した状態ですが、茹で上がったのを食べたら、うん、普通の大豆の味でしたw

そしてさらに今年は、大豆をつぶすのはフードプロセッサーを使ってみました。
一昨年は大豆1キロだったのでポテトマッシャーでつぶしましたが、
去年は2キロなので、大きな漬物用のビニール袋に入れ足で踏んでつぶしたんです。
でも結構つぶし残しが多くて、出来上がった味噌も大豆のツブツブ感のあるものでした。
それはそれで手作り感満載でいいかもしれないけど、ちょっと納得がいかなかったのよねー。

で、どうせならいろんな方法を試してみて、次に作るときの参考になればと
初めてフードプロセッサーを使うことにしたわけです。
結果、文明の利器ってすごい!メッチャなめっこくつぶれてる。

画像じゃ伝わらないと思うけど、今までと全然違う。
様子を見に来たダンナも、一目でその違いに気づくほど。
ただね、フードプロセッサーってあんまり量が入らないの。
欲張って多めに入れたら回らなくて、逆にちょっとずつの方が効率が良かったりして…。
つぶす労力はいらなかったけど、何度もつぶしちゃ移し、つぶしちゃ移すっていう
手間と時間は一番かかったかな。
でもここまでくれば、味噌作りも終盤です。

大きな漬物用のビニール袋に、さっきのつぶした大豆と塩を混ぜ込んだ米麹、
去年の味噌を少し入れて、ムラのないように全体を混ぜ合わせます。

熟成中にカビが発生したりする原因になるので、この作業は丁寧に行います。

均等に混ざったらグレープフルーツくらいの大きさに丸めて
仕込み用の樽に投げつけるように入れていくわけです。
実はこれが一番疲れる。力入れすぎなのか?(;・∀・)
おかげで今日は二の腕筋肉痛ですw

あとはきれいに表面を平らにして、振り塩をした状態がこれ。

表面にラップをぴっちりと貼り付け、重石をして、蓋をして終了です。


さて、備忘録としての感想や反省など。
仕上がり重視ならフードプロセッサー。
ただし時間がかかるので大豆ペーストが乾燥しやすいからその対策が必要かも。
フードプロセッサーが回りにくい時に、取っておいた煮汁を少し入れたりもしたけど、
麹と混ぜるときにも少し入れた方がよかったかな。

あと、毎年のことだけど、写真をもうちょっとちゃんと撮ろうw
味噌作りがメインだから仕方ないけど、あっ、ダンナに撮ってもらえばいいのか。



【今回使った材料】
大豆(福島県産タチナガハ)  2キロ
米麹(山口こうじ店)   2.6キロ
塩     900グラム
種味噌  100グラム
煮汁   適当
振り塩  適当


あぁ、だんだん作り方もブログも適当になってきてる気がする。
でも今年の味噌はどんな仕上がりになるのかやっぱり楽しみなことには変わりないです。
特にこのなめっこい感じが出来上がりにどう影響するのか、今から楽しみです。



過去の味噌作りの記事はこちら。
味噌作り2015
味噌作り2014(天地返し)
味噌作り2014
コメント (10)

酢大根作り2015&アグリパル塩原@栃木県那須塩原市

2015年10月31日 | うちゴハン
今年も酢大根作ります。
なので、この時期にとっても美味しくなる塩原高原大根を買い求めに
アグリパル塩原へ大根の買い出しに行ってきました。
この農産物直売所周辺だけ人口密度が高いですw
平日だっつーのにみんなどっから湧いてくるんだか…。(私もその一人ですがw)

同じ塩原高原大根でも、いろいろな生産者の方が出してるんですが、
どこら辺がどう違うのかいつも気になってました。
なので今年はいろいろな生産者の大根を3~4本ずつ買ってみました。

個人的な感想および来年の参考までに、かえるちゃんの大根がいい感じだったな、
ってのをメモっときます。

せっかく来たので他にもお買いもの~♪
こんな感じで名物のお饅頭も売ってます。


買ってきたのはこちら。

大根と同じく毎年買ってる切り干し大根のお饅頭。
今年はよもぎと紫芋も買ってみたよ。
他にもスコーンやお餅、野菜も買ってきました。

切り干し大根のお饅頭はこんなんなってます。

切り干し大根の煮物みたいなのが入ってるので、甘いものが苦手な方にもおすすめです。

紫芋のお饅頭も割ってみたよ。

中のあんも紫色(@_@;)
色はこんなだけど、そこはかとなくお芋の味もして素朴な感じ。
ちなみによもぎの中身は小豆だけどまだ食べてまてん。

さてさて、肝心の酢大根、今年は8本で約12キロ漬けました。
漬ける前の状態の写真ですが、今回撮るの忘れちゃったので去年の使い回しです( ̄▽ ̄;)


一晩でこんなに水が上がってきます。

これはちゃんと今年のやつね。だから容器が違ってっぺ?


【じゃ今年のレシピ】
大根(正味)12kg
塩     420g
砂糖    1.5kg
酢     850cc
鷹の爪    7本

あっ!鷹の爪入れ忘れてたっ!!!
ってのを今これを書いてて思い出して慌てて入れてきました。
一晩経っちゃったけど大丈夫だよね?ねっ?(;・∀・)
ってことで来年の自分への注意事項
鷹の爪は一番最初に出しておけっ!

一抹の不安を抱えながらも今年の酢大根作りでしたw
コメント (2)

味噌作り2015

2015年02月15日 | うちゴハン
去年から始めた味噌作り、今年も作りました。
今年は去年の倍の2キロの大豆で仕込みます。

大豆は去年と同じく北海道のJA上士幌から秋田大豆のキタムスメを取り寄せました。
それを丸1日水に浸けておきます。


翌日、大豆を煮ている間に麹に塩を混ぜておきます。
麹も去年と同じ山口こうじ店の米麹2.6キロを使用。


さて、そうこうしてるうちに大豆が茹で上がりました。
茶色い斑点があるのがこの大豆の特徴。お味噌にするときにちょっと見た目が良くないみたいだけど、
別に自家用だから気にしません。それ以上にこの豆が甘くて旨い。軽く塩降って酒の肴にしたいくらいw

しかし、なんか量がハンパないぞ。実はこのザルもう1個分あります(;・∀・)

それを漬け物用の大きなビニール袋に入れて足でつぶします。

もちろん袋の口は破裂防止のために開けておきます。
あぁ、それなのにそれなのに…。注意していたにもかかわらず、袋の角の所が
大豆ペーストと空気に押されてちょっと破けちゃいました( ;∀;)
破けたところを輪ゴムで縛って、さらに注意深くつぶします。

大豆がだいたい冷めたら塩切りしておいた麹と混ぜ合わせます。
その時に去年作った味噌も種味噌として入れます。

あとは袋の中でムラのないように混ぜたら、ソフトボールくらいの大きさに丸めて
仕込み用の樽の中に投げつけるようにして詰めていきます。
(もうこの頃になると写真撮るの忘れてますw)

んで、空気が入らないようにきっちり詰めたら表面に塩をふってラップでぴっちり覆います。
縁に塩が多いのは、去年縁のあたりがちょっとカビてたし、
いくらラップをしてもどうしても空気に触れやすいから。

あとは重石をして蓋をして新聞かけて日付書いて出来上がり。(いやまだ出来上がってはいないなw)

ちなみに去年作った味噌はこんな感じになってます。

この写真を撮ったのは10月で、その頃はまだちょっと若いかなって味でしたが、
今はもう普通に使ってます。

備忘録として今年の反省点とか…。
大豆をつぶすのはやっぱ足が楽だけど、意外とつぶし残しがあるので
いっぺんに袋に入れずに2回に分けた方がいいのか、それとも地道に何回もフードプロセッサーでやるか
そこは要検討ですね。
あと、今年は大豆より多い麹を使ったからか、ちょっと硬めの味噌になった気がする。
そう思って少し煮汁を取っておいたけど全然足りなかった。あんまり入れるのもどうかと思うけど、
とりあえず煮汁は多めにとっておこう。使わなきゃ使わないでいいだけだし。
そんなもんかな。

【今回使った材料】
大豆  2キロ
米麹  2.6キロ
塩   900グラム
種味噌 100グラム
煮汁  100cc
ふり塩 適宜


今回何が疲れたって、味噌玉を桶に投げつけるのが一番大変だったよ。
最初の頃はストレス発散になっていいや♪なんて思ってたのに、
最後の頃はもう二の腕プルプル。
どんだけ剛速球を投げ込んでんだよ。お前は大谷翔平かっ!とひとりツッコみをしてみたりw
そんなこんなで、今年はどんな味噌になるのか今から楽しみです。
コメント (6)

酢大根作り2014

2014年10月28日 | うちゴハン
毎年この時期恒例となりました、酢大根作り。
今年も塩原の道の駅『アグリパル塩原』へ塩原高原大根を買いに行ってきました。
去年の様子はこちらからどうぞ。
道の駅やそこで売ってるおまんじゅうなどの様子も載せてます。
ちなみに今年も切り干し大根のおまんじゅう買ってきましたよ(^_^)v

こっちは買ってきた大根。


なんか最近酢大根作っても、最後の頃になると飽きて誰も食べなくなっちゃうので
今年は5本半だけ漬けました。

まだ漬ける前の状態です。
ここに、砂糖と塩を溶かした酢と鷹の爪を入れて重石をして水が上がってくるのを待ちます。
翌日にはもう水が上がってましたので、重しを1個はずして少し軽くしました。


ってことで、自分のための備忘録

大根(正味) 7キロ
酢 450cc(本当は500㏄入れたかったけど、足りなかったw)
砂糖 900グラム
塩 250グラム
鷹の爪 5~6本

重石はうちにある中と小、翌日に小を外す。


さて、美味しく浸かりますよーにっw
コメント (6)