GUINNESS BOOK

英国系パブ&ビール飲み歩き日記+α

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奥美濃旅行 その2 … 関市円空館

2011-05-10 | 国内旅行記
美濃太田駅で長良川鉄道に乗り換え、関駅へ。
高山線が遅れたため、大急ぎでした。


関駅

関駅

のんびりした雰囲気の関駅。
ここからタクシーで関市円空館に向かいます。
片道約1,500円でした。


関市円空館

山里の片隅にポツンと建つ円空館。
まだかなり新しく、落ち着いた雰囲気です。

ここでは円空の仏像を30体ほど展示しています。
蚤跡の残る、荒削りながら優しく大胆な木彫は見ていて飽きません。
この静かな雰囲気に、とても良く似合います。


関市

円空館に荷物を置かせて頂き、長良川河畔の円空入定塚へ。
藤の花と長良川、それに苔生した石碑がいい雰囲気です。


関市

近くの弥勒寺境内にも、現代に新たに彫られた円空仏が飾られていました。
こちらも軽く苔生して、味があります。

この辺りでにわか雨に遭ったのですが、傘もないので構わず歩いていると、後ろから軽トラックが。
「はい、傘!」
円空館の方がわざわざ傘を届けて下さいました。
円空仏の優しい表情にふさわしい優しさに感激。


関市

もう閉館時刻も迫っていたのですが、その優しさに甘えて円空のお墓まで歩いてみました。
お墓に続く道も、竹やぶと苔の緑が本当にきれい。


関市

一面苔生した山腹に建つ小さな石碑。
右上の少し大きなものが、円空のお墓です。
この静かでつつましい雰囲気が、円空らしくて感激しました。




円空館以外の情報はほとんど無しに訪れた場所でしたが、とても静かで暖かい雰囲気が気に入りました。
この他にも円空にまつわる施設はいくつかあるのですが、列車で訪れるにはかなり不便な場所だったのは残念。
今度はレンタカーを借りて、施設を色々と回ってみたいですね。




奥美濃旅行 その1 … こだま号~美濃太田はこちら。
フォトアルバムにも写真を追加しました。

コメント   この記事についてブログを書く
« BrewDog Citra IPA … ザ・ク... | トップ | 奥美濃旅行 その3 … 炭焼 器 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅行記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事