GUINNESS BOOK

英国系パブ&ビール飲み歩き日記+α

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もうちょと悪ノリして欲しい… 博多焼きとり ヤマト (仙川)

2013-04-21 | 日本で飲む/食べる
京王線の住宅街、仙川に突如出現した“博多焼きとり ヤマト”。 TVでヤマトが発信した日に、名前につられて出かけてみました。 “調布経済新聞”によれば、ヤマトのプロデューサーがオーナーとなっている会社が手がけた、いわば公式店だそうです。 仙川駅から商店街に少し入ると、あのロゴをそのまま使った看板が。 意外に広くてキレイなお店ですが、入り口にヤマトの模型や、ヤマト2199のポスターが少し飾ってあ . . . 本文を読む
コメント

イカ焼きとスーパードライ … OSAKA SOUL FOOD IKACHANG (府中本町)

2012-09-02 | 日本で飲む/食べる
南武線 府中本町駅に、“オーサカ・ソウル・フード イカチャン”がオープンしました。 稲田堤“昭和下町たこ焼き ふわっと”の姉妹店です。 ふわっとは良く利用しているので、プレオープンでおごってもらいました。 南武線ホームから見える、怒るイカの看板が目印。 海の家風のデコレーションが面白い。 注文カウンターはこんな感じ。 中身が色々あります。 スタンダードな『イカ焼き』 お好み焼 . . . 本文を読む
コメント

夏の富山湾 … 料理家 舞膳 (富山)

2012-08-11 | 日本で飲む/食べる
富山に来たらココ、と決めているのが“料理家 舞膳”。 “タナバタ☆ビアフェスタ☆トヤマ”に合わせて伺いました。 最初はバイ貝。 この山盛具合が富山らしくて美味しい。 鱧。夏の味です。 魚津のもずく。 ちょっと太めでシャキシャキして、普通に売ってるもずくとは全然違います。 お造りもきれい。 脂の乗ったシマアジが美味しかったです。 魚神。富山ではノドグロをこう呼 . . . 本文を読む
コメント (3)

角打 住吉酒販 … 住吉酒販 (福岡)

2012-06-09 | 日本で飲む/食べる
もう半年も前の話で恐縮ですが、福岡“住吉酒販”のイベント、“角打 住吉酒販”に行って来ました。 住吉酒販は福岡“住吉神社”そば。 “GASTRO PUB ALES”のお客さんに、福岡ではクラフトビールが充実していると聞き、気になっていたお店です。 角打は月一回程度のイベントで行われているようです。 この日の特集は佐賀の“東一”。 九州は焼酎のイメージがありますが、九州北部、特に福岡や佐賀 . . . 本文を読む
コメント

たこ焼きとプレモル … 昭和下町たこ焼き ふわっと (稲田堤)

2011-09-11 | 日本で飲む/食べる
稲田堤に今年オープンした“昭和下町たこ焼き ふわっと”。 テイクアウトが中心のお店ですが、小さなイートインスペースも用意されています。 先日、イートインスペースで生ビールの販売が始まりました。 プレミアムモルツ390円は安い! 他にサントリーの酎ハイもあります。こちらは290円。 工場が同じ南武線&京王線沿線にあるので、ある意味地ビールですね。 木で出来たイートインスペースも、昔の駄菓子 . . . 本文を読む
コメント

駅ナカでハイボール … 森香るBAR 1973 (上野駅)

2011-08-15 | 日本で飲む/食べる
上野駅構内にオープンした“森香るBAR 1973”。 16番、17番ホームのすぐ上に位置しています。 横に長い、ほとんどがカウンターの店内。 立ち食いそばのような駅ナカらしい構造ではありますが、なかなか落ち着いた雰囲気。 お店の名前にもなっている、『白州森香るハイボール』と『白州フランク ホットドック』。 ハイボールは白州とミントが爽やかで軽い口当たり。 暑い日にいい味です。 ホットド . . . 本文を読む
コメント (3)

魚と日本酒、国産ワイン … さかなの寄り処 てとら (桜上水・禁煙)

2011-08-14 | 日本で飲む/食べる
5月にオープンした“さかなの寄り処 てとら”。 魚、日本酒、禁煙、カウンターのみ…と、好きなものが揃っているので、以前から気になっていました。 店の前にあるテトラポットが面白い。 この日のお通しは、焼きたてのとうもろこし。 季節感が嬉しいですね。 おさしみの盛り合わせ。 ちょっとづつ全種類を頂きました。 魚の甘みがあって、とても美味しい。 厚めに切られているのも嬉しいですね。 . . . 本文を読む
コメント

2周年で33円 … 三丁目の勇太 (新宿三丁目)

2011-06-19 | 日本で飲む/食べる
「いらっしゃいませ~! きをつけ~! 礼!」 「いらっしゃいませ~!」 新宿三丁目、末広亭の周りにある“三丁目の勇太”。 学ラン姿の、にしおかすみこに似た店員さんが目立っている、小さなお店です。 焼き場も学生服姿なのは凄い。 2周年記念イベントは、6月17日 11:00~19日 23:00までの60時間連続営業で、ドリンクと串が33円。 土曜の夜、19:00前なので入れないかな…とも思ったので . . . 本文を読む
コメント

奥美濃旅行 その10 … 十三番屋スタンド (名古屋)

2011-06-01 | 日本で飲む/食べる
名古屋駅からホテルに向かう途中で見つけた、“十三番屋スタンド”という小さなお店。 八百屋さんが経営しているらしく、野菜のポスターなどが貼られています。 気になったので、“串カツ酒場 どて家”の後で寄ってみました。 カウンターと少しのテーブルだけの細長い店。 マスターが一人でやっているようでした。 壁には旬のフルーツを使ったカクテルや、旬の野菜のメニューが沢山。 聞いたことのないものも多く . . . 本文を読む
コメント

奥美濃旅行 その9 … 串カツ酒場 どて家 (名古屋)

2011-05-30 | 日本で飲む/食べる
“長良川鉄道”を離れ、名古屋へ。 名古屋駅前は、さっきまでとは全く違った賑やかさです。 ホテルも名古屋駅近くだったので、名古屋駅から歩いていける、名古屋っぽいものを…と探したのが、“串カツ酒場 どて家 名駅店”。 この日はどて串カツが1本サービス。 鶏串カツも併せて頼んでみました。 どっぷり漬けられた味噌だれが甘辛くて美味しい。 こちらも同じ色の味噌おでん。 ビジュアルは同じような . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

森香るハイボール HAKUSHU MIDPARK CAFE … 東京ミッドタウン (六本木)

2011-05-09 | 日本で飲む/食べる
“東京ミッドタウン”で開催中の“森香るハイボール HAKUSHU MIDPARK CAFE”に行ってきました。 ミッドタウン裏の広い公園で、白州10年を使ったハイボールが愉しめます。 “森香るハイボール”は1杯500円でしたが、東京メトロのフリーペーパー“metro min”に付いていたクーポンで1杯無料で頂きました。 ミントが爽やかで、初夏の陽気にぴったりの美味しさです。 白州ハ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

ホッピー de いきぬこう … ちょうふ・絆・ぬくもり (調布)

2011-05-07 | 日本で飲む/食べる
2011年4月29・30日に、調布市役所前で東日本大震災復興支援チャリティーイベント“ちょうふ・絆・ぬくもり”が開催されました。 調布に工場を持つ“ホッピービバレッジ株式会社”も出店していて、樽ホッピーを250円で販売していました。 キンミヤ焼酎で割った樽ホッピーはアルコール約7%。 軽くスムーズな口当たりで美味しい。 “ムーンライト”のビールにも通じるような、飲みやすい味でした。 ホッ . . . 本文を読む
コメント

第3回:酒場風景写真ワークショップ … こいくちや (下井草)

2011-05-05 | 日本で飲む/食べる
素晴らしい酒場風景写真を撮影されている“黒ぶた.jp”さん主催、“第3回:酒場風景写真ワークショップ”に参加してきました。 会場は“第1回:酒場風景写真ワークショップ”に続き、下井草の大衆鉄板焼、“こいくちや”。 今回は少し運営のお手伝いをさせて頂いたので、少し早めに会場入り。 今回のワークショップ用に、こんな立派な石鯛も。 お店はまだ仕込み中。 他の参加者が来る前から、 . . . 本文を読む
コメント

バクハイと耐震補強工事 … 養老乃瀧 (稲田堤)

2011-03-21 | 日本で飲む/食べる
京王相模原線のガード下にある“養老乃瀧”稲田堤店。 上を走る高架の耐震補強工事の影響で、3月末に閉店してしまうそうです。 表に貼ってある“バクハイ”のポスターも気になったので寄ってみました。 奥に細長い店内。 19年目との事で、なかなか年季が入っています。 常連さんと思われる、年齢層高めな方々で意外に賑わってました。 これがバクハイ。 ウィスキーをビールで割ったハイボールみたいな飲 . . . 本文を読む
コメント

続・酒場風景写真ワークショップ … たつや (沼袋)

2011-02-13 | 日本で飲む/食べる
素晴らしい酒場風景写真を撮影されている“黒ぶた.jp”さん主催、“酒場風景写真ワークショップ”の二次会は、沼袋のやきとん“たつや”。 こちらも渋い店構えですが、新しいお店のようです。 カウンター中心の店内。 こういう、お店の中が全部見渡せる雰囲気は好きですね。 生ビールはハートランド。 瓶ビールはサッポロラガー(赤星)、さらにアサヒスタウトも置いてあるなど、こだわりある品揃えでした . . . 本文を読む
コメント