GUINNESS BOOK

英国系パブ&ビール飲み歩き日記+α

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Mr. Porky … Hobgoblin (渋谷)

2009-06-23 | 日本のブリティッシュパブ
渋谷“Hobgoblin”で、“Mr. Porky”を発見。 豚の皮を揚げたスナック菓子で、イギリスのパブなどでも良く売られています。 BSE騒ぎの頃から輸入が止まっていたので、久々に発見できて嬉しかったですね。 袋の中はこんな感じ。 カールのように丸まっていてカリカリ。 スナック菓子よりしっかりした食感で、結構好きです。 イギリスで買ったものはもっとワイルドで、毛が残った皮なんかも残 . . . 本文を読む
コメント

Wexford Irish Cream Ale … Hobgoblin (渋谷)

2009-06-22 | 日本のブリティッシュパブ
渋谷“Hobgoblin”に、“Wexford Irish Cream Ale”というエールが入荷していると聞き、飲みに行ってみました。 インターネットで調べてみましたが、イギリスの“Greene King”で造っているらしい、という以外にはあまり情報がありません。 ハンドポンプで提供されていましたが、多分普通の樽をそのまま繋いでいるのだと思います。 炭酸がほとんど無いキルケニーみたいな雰囲気 . . . 本文を読む
コメント

Nogne O インペリアルスタウト … うしとら (下北沢)

2009-06-21 | 世界のビール
下北沢“うしとら”に、ノルウェー“Nogne O”(Nøgne Ø)のインペリアルスタウトが登場しました。 甘く濃厚で、アルコールも9%とかなり高め。 オールドラスプーチンなど、アメリカのスタウトに近い雰囲気でした。 好きな味ですが、かなりヘビーなのでハーフ位が丁度良いかもしれません。 今回うしとらに入ってきたNogne OはIPAとインペリアルスタウトだけだそうですが、今後も輸入は続く . . . 本文を読む
コメント

中目黒ビター バッチ12 … 中目黒タップルーム (中目黒)

2009-06-21 | 日本のクラフトビール・地ビール
沼津“ベアードビール”の直営パブ、“中目黒タップルーム”限定リアルエール“中目黒ビター”。 中目黒ビターは毎回レシピが変わっていて、第12弾はESB(エキストラ・スペシャル・ビター)。 アルコール6%と、非常に強いビターです。 ベアードらしい華やかな香りで、やや重い飲み口。 IPAほどの苦味はなく、濃厚ながらスムーズで飲みやすいエールでした。 限定発売中の、栄枯盛衰ペールマイルドとの飲 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

栄枯盛衰ペールマイルド … 中目黒タップルーム (中目黒)

2009-06-21 | 日本のクラフトビール・地ビール
沼津“ベアードビール”の直営パブ、“タップルーム”限定リアルエール“栄枯盛衰ペールマイルド”が発売されました。 マイルドは昔、イギリス中部の炭鉱労働者に良く飲まれていた低アルコールのビール。 ただ最近ではあまり人気がなく、イギリスでもほとんど見かけませんでした。 イギリスの“CAMRA”でも、“Celebrate Mild in May”というプロモーションを展開するなど、存続に力を入れているよ . . . 本文を読む
コメント

俺にカレーを食わせろ 23杯目 … 【閉店】チャン サイアム (八幡山)

2009-06-20 | 日本で飲む/食べる
時々ランチを食べに行っていた、八幡山のタイ料理店“チャン サイアム”が閉店してしまいました。 アットホームな雰囲気と、本格的な味がかなり気に入っていったので、とても残念です。 ココナッツミルクの甘みとコク、ハーブの香りが効いた濃厚なグリーンカレー。 辛味は後からじんわり来る、美味しいカレーでした。 ランチに付いてくるスープと生春巻き。 スープもハーブが良く効いて、美味しい。 クイ . . . 本文を読む
コメント (2)

登戸地ビール“多摩の流れ” … クラフトビール ムーンライト (登戸)

2009-06-15 | 日本のクラフトビール・地ビール
川崎市にオープンしたブルワリーパブ“クラフトビール ムーンライト”で募集していた、ビールの名称の発表会が開催されました。 地元ミニコミの“タウンニュース”だけでなく、神奈川新聞やTVKテレビまで取材に来ていたのにはビックリ。 多摩地区にちなんだ、とても和風なネーミング。 今後、お店ではこの略称を使っていくそうです。 面白いですが、最初はちょっと迷いそうですね。 写真のラーガーは“流れ”。 . . . 本文を読む
コメント

Nogne O IPA … うしとら (下北沢)

2009-06-13 | 日本のビアパブ/バー
下北沢“うしとら”に、ノルウェー“Nogne O”のIPAが入荷しました。 発音は「ヌーグネ ウー」だそうです。 正式なスペルは、oに斜線が入る“Nøgne Ø”。一部文字化けしたため、ここでは“Nogne O”と記します。 Nogne Oは、志賀高原とコラボした“Not So Mild Ale”や、ストーンとコラボしたビールがとても美味しかったので、ぜひ飲んでみたいと思っていました。 アメリ . . . 本文を読む
コメント

Fuller's Organic Honey Dew … Abbot's Choice (新宿)

2009-06-06 | 日本のブリティッシュパブ
イギリス“Fuller's”から、蜂蜜を使ったビール、“Organic Honey Dew”が樽生で輸入されました。 新宿“Abbot's Choice”のゲストビールに登場したので、早速飲みに行ってきました。 軽くさっぱりとしたラガーで、苦味は弱め。 蜂蜜の甘い香りがほのかに拡がり、スッキリと飲めます。 これからの暑い季節に向けて、リフレッシュ・ビールとして楽しめると思います。 限定入荷のよう . . . 本文を読む
コメント

ベアレン ライボック … ビアハウスケン (府中)

2009-06-04 | 日本のクラフトビール・地ビール
府中のビール専門酒店“ビアハウスケン”店頭で、有料試飲会が開催されました。 樽生の“ベアレン”ライボックもUSパイントで500円と格安。 ライボックはとろりと濃厚で、まさに液体のパンのようでした。 甘くいい香りで、濃厚ながらスムーズな飲み応え。 ベアレン6周年記念の限定醸造ですが、ベアレンのビールでは、コローニアの次位に気に入りました。 瓶も飲んでみたのですが、こちらはさらに濃厚。 もうほとん . . . 本文を読む
コメント