コロニーからこんにちわ♪

千葉県のリフォーム会社トータルインテリアコロニーから発信しています。楽しいリフォームのヒントになれたら幸いです。

いすみ市A邸リフォーム工事①

2019-03-15 17:42:06 | 改装工事

こんにちは~ お久しぶりの更新です!

先日まで大型のリフォーム工事で立て込んでいて
工事完了したお宅へ、いくつかまとめて取材に伺ってまいりました

まずは、いすみ市のA様のお宅をご紹介させてくださいね

こちらのお宅は古くからの日本建築の広い建物です。

今回は、その一部<キッチン・和室2部屋・洗面所>の間取変更を伴う改装工事を
させていただきました。

まずは、工事する部分の簡単な間取り図


こんな感じのキッチン&居間&和室を改装します。

プラン図は⇩

大工事なので何回かに分けてお届けします。

まずは工事前の様子と、施工中の様子。


(施工前のキッチン)
荷物などを運び出して施工に入る前のキッチンと居間の様子です。


(施工前の和室)


(施工前の居間)


(施工前の洗面所)

 

 

解体作業に入ります!

粉じんがカメラレンズについてます。

施工中⇩

 

和室の畳をとって、床をフローリングにします。
天井にはダウンライトを組込み
両方の部屋をOPENに!

必要に応じて2部屋に仕切れるように「仕切り壁」を設置します。

1枚1枚が折りたためるようになった仕切り壁です。

こちらの仕切り壁は連動(すべてが繋がっている)タイプではありません。
折りたたまれた2枚がワンセットになって、それを何セットか入れてレールで動きます。

施工後!

玄関を入って、写真正面がキッチン、写真右側が大きな広いリビングになりました。

廊下からの入口。 新しくできたところの床は明るい色のフローリング。
床暖も設置してあります!(すっごく暖かいです)

部屋に入って廊下側を見ると

こんな感じです。

部屋の中は

↑ 先程のドアの方から見ています。

部屋の奥の方から見ると⇩

すっごく広いです!

今回キッチンは対面式にして場所も移動しました。

明るくてスッキリ!
正面の壁のクロスだけレンガ風にしてあるのもいいですね

中央にあるのが折りたためる「仕切り壁」です。

こんなふうになっているんですよ⇩

畳んであると、ぜんぜん気にならないし、大勢の家族や親せきが集まってお泊りの人数がスゴイ場合は
こんなふうに仕切れます。

便利で綺麗ですよね

キッチンもとっても素敵になって、楽しい工夫もあります。
それは次回お届けしますね

 

応援ポチよろしくお願い致します

 

コメント

リフォームをする理由*なるほどね~

2018-10-17 17:01:07 | 改装工事

私の近所の方なんかの中には
「もう70になるのに、今リフォームしてもね~」
「あと何年使えるかわからないし、この家に子供が住むかどうかわからないし」
・・・直したい場所はあるのに決断できない人が結構いらっしゃる。

でも実際には、会社のお客さまでリフォームされる方々って
多くが60代から70代、そして80代の方もいらっしゃるんです。

今、70代後半から80代と思われるお客様のリフォームが進んでいます。
リフォームに伴うお片付けが大変なので
私の友達がピンチヒッターでお片付けのお手伝いに駆り出されています。
(とっても感謝されてます)

で、一人暮らしで・・・どうして大がかりなリフォームなのかなぁ?って
会社の営業さんに聞いてみたんですけど

「やっぱり気持ちよく住みたいんだと思う」
「それとバリアフリーね」

家の中のバリアフリーとは、たとえば和室とリビングの間の段差をなくしたり
玄関の上がり框の段差を少なくしたり、お風呂も湯船や入口など
今のシステムバスはいろいろと行き届いているのね。

それと廊下や階段の手すりとか、トイレの入り口をドアではなく引き戸にするとか
まぁ、さまざま。

私も「階段に手すりなんか邪魔よー」と10年前は思ってたんですが
一昨年だったか手すりをつけたら快適で(笑)
今では毎回手摺を利用しながら上がり下りしてる。

「それとね、それが目的じゃないんだけど」
「終活にもなるんだよね~」

えっ?終活?!

「リフォームする時、荷物片付けるでしょ」
「いらないタンスとか捨てるし、洋服もいらないものは捨てるじゃない?」
「娘にあとで迷惑かけるのは可哀想だからって整理して、それが終活になるらしい」

ほっほぉ~ なるほど。

だから結構70代80代で大掛かりなリフォームされる方も多いんですって。


そんな話を自分の個人のブログの雑談に載せたら
こんなコメントをいただきました。

以前、新築マンションに住んだことがありますが、
ほぼバリアフリー、高気密性、24時間換気、等々、快適でした。

その時感じたのが、高齢になるほど住まいは新築かリフォームしたてがよいなと。
もう年寄りだから古い家でいいよーという方もいると思うのですが、
年をとるほど体にガタがくるので、スムースに生活できるほうが絶対いいです。
専門家の話では、住まいの機能性が住人の寿命を決めるそうですよ。
たしかに、気密性が悪くて寒かったり、段差で転ぶような家では、病気や怪我が心配ですよね。
毎日体を休める場所は、快適・安心な環境が理想です。」

このコメントを読んだ時は
「こりゃ会社のブログで皆さんに読んでほしいわー!」と思いましたよ~

 

庭の木も少しづつ紅葉が始まって来ています。

 

 

コメント

プランもいろいろ♪

2018-06-21 17:21:43 | 改装工事

いつもお世話になっているお客様から ご実家の方のリフォームの依頼がやってきました。

とっても広いお宅で、今回はその一部を改装予定です。

とりあえず工事する部分の図面プランをあげてみました。

まずはお客様の「こうしたいなぁ!」というご希望を反映したプラン。

↓ ↓

 

 

キッチンと居間と和室をオープンにして、アイランドキッチンを置くプランです。

このアイランドキッチンに憧れがあって
ご家族(親戚)が沢山集まった時に、わいわいキッチンの周りで大勢で・・・って
夢が広がっています。

 

 

そこをアップしてみました。↑

食器棚+家電の棚の後ろ側をパントリーにしたい、そこに可動棚も、というご希望。

確かにこれならたくさん収納できそうです。
でも・・・パントリー狭くてカニサン歩きになっちゃわないかな??

 

そこで担当の中釜からのご提案のプランも作ってみました。

↓ ↓

 

システムキッチンをL型にして
コーナークローゼットとトールタイプの収納(家電も収納できる)を組み合わせます。



 

かなりの収納量になると思います。
そして動きやすいスペースになるんじゃないか、と。

ただ冷蔵庫の位置はちょっと使いにくいかな?
それと費用がお高くなっちゃいます。

 

こんな感じのキッチンと

 

こんなふうにウォークインできるコーナークローゼット。

以前、これを導入なさったお客様のところへ取材に伺ったことがあるんですが
想像をはるかに超える収納量で恐れ入りました。

 

さて、どうプランが進行していくか楽しみです!
皆さんなら、この図面、どうプランニングしますか?

ちなみに図面には反映していませんが、この部屋の脇にたくさんの広いお部屋が続いています。

10帖の和室とか、別にあるんですって。

だから畳が丘もいらないんじゃないだろうか・・・とも思うのですが
畳が丘→
お客さまは この畳が丘の中の掘りごたつや
上り口の部分に腰かけたりして、ここで宴会をしたいそうです。

ご家族親戚が仲良しだからこそのプラン!
いいですね~

 

ランキングに参加しています!
お帰りの前にポチッと応援よろしくです!

コメント

ホームエレベーター工事☆

2018-06-07 15:55:38 | 改装工事

ホームエレベーターの工事を検索していらっしゃる方が多いようなので
(ずいぶん前の工事しか載ってないので、汗)
数年前に工事させて頂いたホームエレベータを載せてみたいと思います。

こちらのお宅では、奥様(まだ50代)がお買い物の途中で意識を失い
倒れた場所と打ち所が悪く、下半身不随になってしまわれました。

そこでご入院中に、退院したときの動線を考えての大工事をしました。
ご主人の決断、素晴らしいな!と本当に感動しましたよ。

部屋と部屋の間の段差をなくし、車椅子で移動しやすくし
お部屋には車椅子で使えるドレッサーを兼ねた洗面台を設置し
車椅子でちょうど良い高さに棚や机をしつらえて。

そして、こちらのお宅は2階がリビングとキッチンになっているため
1階と2階を奥様が移動できるようにホームエレベーターを取り入れられました。

2階のリビングへ出れるように場所をいろいろ検討して
1Fの間取り変更も行い、いよいよ工事に取り掛かりました。

1Fの床を解体して、ホームエレベーターを設置する場所を作ります。

ホームエレベーターとして大きめのサイズを選ばれましたので2m角の場所が必要でした。

それから2Fの屋根の中の方まで柱を通し

こうやってエレベーターを入れる場所を準備します。

出来上がりが素敵でした!

これは1Fのエレベーターのドア。

そして2Fのリビングでは

こんな素敵な雰囲気で収まりました!

この時のエレベーターは日立・スイートホームファミリーというシリーズでした。

こちらの増改築工事のレポートはHPのこちらで詳しく取り上げています。
よろしかったらご覧くださいね♪

お帰りの前に応援クリック、ポチッとお願いします。

コメント

思い切って大胆に!

2016-09-23 17:14:59 | 改装工事

今回は本当に生まれ変わったような、やって良かったよね~って

皆で喜びを分かち合いたいような、そんな事例のご紹介です。

施工前のもともとの図面はこれ↓

築47年というマンションです。

施主様はペットを多頭飼いしてらして、しかもその数は群を抜く想像以上の数でして
お部屋の中も、もう施主様ではどうにもならないような状況でした。

とても悩まれたと思います。

そしてペットたちの貰い手を探し(今回は幼稚園で引き取ってくれることになりました)
少しだけは手元に残すことにしてリフォームすることを決心なさいました。

施工中の写真を並べてみました。↓

 

トイレや洗面所、洗濯機置き場のあったあたり↓

そして居室の方へ↓

施主様の「思い切って仕切りのない広々とした空間を」というご要望をお聞きして
打ち合わせた結果のプランがこれ↓

 

本当に思い切って大胆に!
一部屋だけは個室として、他は外せるだけの壁やドアをとっぱらって

 

 

さてどうなりますか?!

それはこちら↓クリックすれば入れます。


今、HPで連載中です。

良かったらご覧くださいね

 

コメント

みつわ台公団の一軒全面リフォーム

2016-07-21 14:51:39 | 改装工事

千葉市にある築40年の公団です。

中古住宅としてお買い上げになり、内部をリフォームで一新して住もう!と
お考えの方も多いかと思います。

私たちコロニーでも、こちらの住宅の全面リフォームは何度も経験させていただいています。

今回も全面リフォームで、とっても明るく素敵になりました!

玄関から中を見ると、廊下やドアが明るく柔らかな木質感満載で
まるで新築みたいです

この床は、こう見えてなんと CFなんですよ
フローリングとしか思えないでしょう

 

内部のちょっとした間取り変更も行いました。

こちらの公団、建った当時は6畳のダイニングキッチンと6畳の和室が襖でつながった間取りです。
40年前はそんな間取りが流行で、庶民の夢でもありました

今は冷暖房も熱の遮断性も高まり、一部屋を大きくするのが主流となりましたね。

それでキッチンと和室を一部屋とし、リビング側を広くとり
キッチンとの境をカウンターの窓のある壁で軽く仕切りました。

キッチン側は → 

各お部屋の壁には

調湿材のエコカラットを導入しています。
湿度を調整し、気持ちの良いお部屋になりますね!



トイレもとっても可愛くなりました! 詳しくは→

収納もいろいろ工夫されています。

押入れはクローゼットに。
玄関の下駄箱もこんなふうになって



すごい収納量ですよね! 床から天井までしっかり仕舞えるんですから!

洗面室の隅にもこんな収納を ↓

オープン収納にしてあります。棚は可動式。

こちらは脱衣室でもあり、洗濯機置き場でもある場ですので
こういう収納はなにかと便利と思います。

 

中古マンションをお買い上げになって、またはお住まいで
リフォームをお考えの方に何か良いヒントになればと思います。

全体リフオームの内容の詳しくはこちら→をご覧くださいね

それではまた~

 

コメント

押入れをクローゼットに、仕切りを3枚引き戸に!

2010-03-19 13:27:14 | 改装工事

押入れをクローゼットにしたらどうかな?
和室を洋間に替えて、リビングと一緒にして広くして
その時は間の仕切りはどうすればいいかな?
・・・ってお考えの方、多いですよね。


今回はそんな方たちにぜひご覧いただきたい施工例です。

写真を並べる前に
施工前、提出した図面を見ていただく方が判り易いと思います。




リフォームしようとしている内容、お分かりいただけましたか?
こういのって、よそのお宅でも楽しいですよね!


さて、それでは施工前の和室や押入れの写真です。

 


和室を洋間にリフォームして、押入れをクローゼットにすると





折れ戸でスッキリ。


リビング脇の和室もこんなに素敵に!



仕切りは3枚引き戸です。
上の写真は全部開けてあります。
ドアはクローゼット脇に仕舞われてしまって気にならないよう
工夫してあります。


引き戸を引き出してみましょう。



ね?いい感じですよね!

完全に閉めると



完全に仕切ることができます。


キッチンとの間も



ガラス入りの引き戸を選びました。




ね?いい感じですよね^^


引き戸は場所をとらないで開け閉めできるので
空間や壁面を有効に無駄なく使うことができますね。


何かのご参考になれば幸いです。



ではまたね











コメント

2010年もどうぞよろしく!

2010-01-06 14:04:39 | 改装工事

あけましておめでとうございます。



皆さん、いいお正月をお過ごしでしたか?
私たちの会社も今日が仕事始め。

いつもは現場に出っきりの社長や職人さんが事務所に集まり
倉庫の整理整頓、片づけをやり
今は皆集まってお昼ごはん&懇親会(?)

例年仕事始めのこの日は皆が事務所に集まって
穏やかな楽しい時間が過ぎていきます。


明日からは本格的に仕事開始!
また忙しい毎日の始まりです。

昨年末に新しい工事記録をホームページに追加してあります。



千葉市美浜区のマリンタウンというマンションのリフォーム工事。
このマンションには沢山のお客様がいらっしゃって
何度もリフォーム工事をさせていただいていますが
その都度、特色のある出来上がりで
それぞれが個性的です。

たとえば同じ間取りだったとしても
住んでいらっしゃる方のお好みや生活パターンの違いで
さまざまな顔に住まいは変わるんですよね。

頭で考えれば、それはその通りのことなのですが
毎回実際に現場にお邪魔すると
本当にリフォームって面白いなぁ!って感嘆してしまいます。


今回のお客様も、とってもセンスが良くって
見ていて楽しいですよ^^



良かったら覗いて見てくださいね!


マリンタウンA邸施工記録




それでは今年もどうぞよろしく




コメント

リフォームっていいね!・・・K邸の場合

2009-07-03 15:19:49 | 改装工事

お久しぶりです!こんにちわ!

雨が続く梅雨らしい天気の千葉市ですが
皆さんのお住まいのところではいかがですか?

暑かったり涼しかったり
蒸し蒸ししたりですね~

早く梅雨に明けてほしい・・・でもその後の暑さを考えると・・・
どっちがいいかなぁ~?!(笑)


おかげさまでコロニースタッフは皆元気で忙しくしています。

今日は、先日改装工事をさせていただいたKさんのお宅を
ご紹介しますね。




リビングからキッチン側を見たところですよ。
素敵でしょう~?

キッチンに出窓があるっていいですよね。
筆者、取材に伺って、これいいなぁ!って思いました。


こちらのKさんご夫妻、まだお若いんですが
リフォームをお考えの時に
遠くにお住まいのお母様がコロニーのHPをご覧くださって
業者選定の一社に入れていただけたんです。

なんかHPを作っておいて良かったなぁ!なんて
広報担当としてはとっても嬉しかったのでした。
あ、話が横道にそれちゃいましたね


施工前の様子、ちょっと並べてみますね。

 

キッチン、出窓利用のL型で
これはこれで良かったんですよ。

お風呂が壁の左側にあるんですが
そのお風呂をもう少し広くしたくて
キッチンも(多少年数も経っていたので)新しくすることになりました。


新しくなったキッチン、見たいでしょ?(^m^)


 

 

どうです?!ますます素敵でしょう!

今度はI型のキッチンをオープンに設置しました。

ぐるりと廻したカウンターもとってもいい感じ!
収納の中にダストボックスがしまえるタイプですよ。
撮影のために引き出しを開けていただきました。
普段はカウンターの下に綺麗に納まっていて
そこにダストボックスが3個もあるなんて想像もできません。

これもいいですよね~
なんだかとっても素敵~~♪


施工前の和室。



リビング脇で、和室らしい和室でした。
リビングのフローリングと和室の間には段差があります。


これもリフォームでフラットにしました。
リビングの延長のような広い空間。



若いご夫婦のライフスタイルには
この方が使い勝手が良く、広々として楽しいでしょうね

ブラインド、なかなかお洒落でしょう?



木の感じの羽のブラインドです。
和にも洋にも似合う感じで、素材感のせいか温かみを感じます。

このちょっとアンティークな家具にもマッチして!


お風呂や他の様子など、もう少ししたら
ホームページの方でまとめますね!
お楽しみに~^^


今度外装やお庭のことも・・・なんてお話なさってました。
どんな風なお庭がお好みかなぁ~?なんて
プランするのが楽しみです。


そうそう!
システムキッチンを替えられて食器洗い機を使いだしたKさん
「とっても便利ですね~」って言って下さいました。

食器洗い機は主婦の強い味方ですよね~

お掃除もスイッチオンで家中やってくれるようなシステム
できないかなぁ…。。。



それではまたね




コメント

折戸タイプの可動間仕切り、ご存知ですか?

2008-09-26 12:48:10 | 改装工事

先日、マリンタウンのTさんのお宅の改装工事をさせていたきました。
床を全面的に貼替えたり
和室を洋室に改装して隣の書斎とオープンに広々してみたり。

いろいろ工夫があって
リフォームを考えていらっしゃる多くの方々の参考になるかも!

ちょっと写真を並べてみますね!
まずは書斎。




その隣の元和室↓



床をフローリングにしてフラットにしました。
間仕切りは折戸タイプです。
これがなかなかいいんですよ、後で詳しくご紹介しますね。




白いクロスですっかり明るさアップの元和室。



襖もクロスで貼っただけで、ちゃんと洋風になりました。
畳の時と床の高さも違っていますよ。


さて、この二部屋を仕切っている間仕切りなんですが
これ、いいんですよ。




全部たたんでお部屋をオープンにする時はこんな感じです。
床と天井のレールを滑って開閉されるので
とってもスムースなんですよ。

反対側から見るとこんな↓



把手が付いてますね。

それを動かすと・・・



するするっ♪



するするするっ♪・・・っと軽く閉まっていきますよ。
完全に閉めると壁が一枚出来たかのような感覚です。

これなら二部屋別々に使いたい時も完璧に独立させられますね!
近頃、この可動式間仕切りを利用したリフォームが増えています。

間仕切りを締めていく先の受け側(?)は
こんなふうになってます。



受け側の縦の枠もすっきりしてて気になりませんね。


そうそう、クロスも見てくださいね^^
白さの中になにげなく模様が入っているのが上品でしょう?


開閉式の間仕切りには引戸タイプもあって
それもいいんです。
今回の折戸タイプはフルオープンにした時に開口部が広くとれて開放的です。
全開時にお部屋を広く見せたい方にオススメですよ。



次はリビング。



リビング、廊下、先ほどの書斎・・・等等全部床はフラットで続きます。
床が踏みしめると柔らかな感触でTさんは満足してらっしゃいます。




マンション特有の、あのちょっと邪魔なコンクリートの梁も
壁から梁、天井まで同じクロスを貼ることで
とってもお洒落になりました。





フローリングを貼り替えて、すっかりスッキリとなった廊下の
この納戸のドアはお掃除しただけ。
でも他が綺麗になった分(?)ここも新品みたいに輝いてます。


最後にキッチンの床も見てくださいね。



これはクッションフロアですよ。

でもフローリングみたいでしょう?
ちょっと明るめのこの色はTさんのご主人が選ばれました。
とっても気に入ってくださってるそうです。


リフォームって楽しいですね^^
工夫もそのお宅、そのお宅ごとに色々あって
面白いです!






コメント (2)