天の森だより

おもうこと・心のままに

長持ちパンジー

2021-06-11 | 日々の暮らし
去年の秋に植木鉢に植えたパンジー。

まだ咲き続けています。
秋、冬、春・・・
次から次から咲き続けて・・
すごいです。
肥料もやってないので
花はビオラくらいに小さくなったけれど
色はそのままとっても綺麗。
病気知らずです。

いつもしゃがんでじーっとみつめます。
いつまでもみていたい。カワイイ花。
水だけ。雨だけ。なのにこんなに長く咲き続けてくれて
・・・・でも、もうそろそろつぼみはありません。
花がらを摘み取るのをやめたら
種を結んではじけだしました。

優しい気持ちにさせてくれたり
疲れをほぐしてくれたり。
たくさんの幸せな時間を
ありがとう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カモミールが香る

2021-06-01 | 日々の暮らし
早めに梅雨に入ったけれど
晴れる日もけっこうあって
庭仕事に精を出すステイホームの私です。
図書館も開いてないし。。
でも、去年は閉まってたファーマーズマーケット。
野菜の売り場のみ営業してくださってるので
お買い物はできる。

畑の野菜はどんどんできるんだもん。
食べてあげないと。
なんていってて、実は・・・・
・・・・・・・
そう、太ったんです!!
わたし 太ってしまったの!
もうええよ。そんなに連呼しなくても
誰も困らない。
私が困るだけ。
5キロは落としたい。
せめて3キロ・・・
今月着る予定の演奏用ドレスを
あわてて着てみる。
ああよかった 入る。でも
夏服はなんとなくどれも若干窮屈・・
これではいけない!
人に会うことも少なくなって
緊張感の無い毎日だからかなあ。

みなさん元気にされていますか
たまには自然の中へ出かけていますか

街の中にも街路樹や公園があります。
たった一本のお気に入りの木の木陰で
マスクをはずして
深呼吸してみるのもいいですよ。
植物たちは元気です。心を向ければ
寄り添ってくれますよ。
私は毎日 いろんな植物たちに仲良くしてもらって
助けられている感じです。
ありふれた花たちですが写真を撮ったので
またアップしていこうかなと思っています。
きょうはカモミール。玄関の横に少しだけ。
通るたびにいい香り。
・・・・・・・・
・・・・・・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さくらさくら

2021-03-30 | ひとりごと・おもうこと
この春は
桜をたくさん楽しんでいます。

今年の桜は
ことしだけ。

その場に立ち
この目で眺め
空気を吸い込み風の温度や
運ばれてくる春の香りを感じ
木や枝に触れ
舞ってくる花びらを追いかけて
・・・・
ライブ配信では我慢できませんよね。
花に会いに行きたいでしょう?
マスクは外したいですよね。
花見禁止とか言ってるところもあるけど
けっこう花の下で
グループで来て
くっついて座ってお弁当食べてたり
してることもありますよ。
「あはははは」とか大声で
笑ってる(深山公園でのはなし)

ああ よかった。
みなさん
楽しんでるなあ。
うれしいな。

誰もが生まれて死んでいく
その人生の中で
今。という時を
迎え、受け取り 
味わい 見送り
やがて忘れていくという恩恵を受ける
・・・・・・

さくらは
そんなことも私にそーっと思わせてくれる。
五感でめいっぱい感じたい。
今という時を。

それぞれの 春のさくら。

みんなは どんなふうに桜を見上げているのかなあ。

写真の桜は矢掛の友人宅の近く。
地元の方に大切にされている
やさしい桜でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雨が降りてくる

2021-03-21 | ひとりごと・おもうこと
朝起きると庭が濡れてうるおっている。
やさしい雨。うれしいなあ。

土に下ろした種が水を吸って
芽を出す準備をしてるんかなあとか
根っこが水を吸い上げて
あの新芽はあしたもっと
おおきくなるのかなあとか

そう思って
わたしのこころは
ふくふくとする。

雨よ
いのちを育ててくれて
ありがとう。
恵みに感謝いたします。

でも・・できればお願い。
いちどにたくさん降らないで。
ひとところだけに降らないで。
わたしはもっとやさしくなるよう
心がけるから

やさしくやさしく
降りてきて。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

魚座の新月・リセットして種をまく

2021-03-13 | ひとりごと・おもうこと
三寒四温で春になる。
お日様は暖かいけど
風がすこしまだ冷たかったり
花のつぼみも
開く時期を
そっと伺っているような
そんなはじまりの季節。

春分の日を迎える前に
今日の新月は
静かにひとりで
これからのことを
具体的に
決めていきました。

いつも
その時々に
できることは
あったはずなのに

いろんな理由をつけて
受け取れなかったり
見えていなかったり
もう少しできるようになってからとか
身体が楽になってからとか

それが「ちがう」ことが
頭で解ってたのが
身体で体験 体感できるように
やっとなれてきた。。

わたしのいのちが
望むことを止めないで
暮らしていれば
身体も心も楽になる。
歩こうと歩き出すと歩けるようになる。
何をいつ食べて 何を着てどこへ行くか
あるいは行かないか。
丁寧に向き合って自分と周りを調和させていく。

一人でも寂しくなく
理由の無い「しあわせな」自分がいる。
もう大丈夫。何をやってもやらなくても
大丈夫。
じゃ、はじめよう!!

「すこしずつ」これが私のペース。
これも誰とも比べなくていい。
自分が安心して生きていくペース。

なんかこうして書くと
やっぱりちっとも変わってない感じもするけど

変わらなきゃいけないもんでもないやろう。
こんなんが一人いてもいいやろう。

というわけで
春分を過ぎましたら徐々に企画して
いくことにしました。

いくつか書いてみたのですが
長くなるのでまたいつか。

写真は随分前のものなんですが。
今年は写真も撮ってもらおうかなあって
思ってます。
イメージ写真。イメージ(笑







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おひなさま

2021-03-05 | 日々の暮らし
これは昔
私の娘の初節句のお祝いに
両方の親やおばあちゃんなど(親子四代)
たくさんの人にお祝いしてもらって

ゾロゾロと何人も連れだって
大阪の人形まちにわざわざ行って
半日歩き回り 買ってもらったおひなさまです。

三人官女、五人囃子もあったのですが、、
諸事情あり手元にあるのは内裏雛のみ。

娘の成長と幸せを願う祖父母や親戚。
そのころの娘は
ほんとに周りの愛情いっぱいに受けていました。

娘の小学生の頃の夢は
「結婚して子供を産んで育てる。」でした。
へー。と思いましたが
中学も高校も大学生になっても
基本変わらず
好きな人とけっこんして子育てをする。
でした。
そしていま、その通りになっています。

ひな人形はその子の厄を払い
身代わりになり守る。とされています。
内裏雛だけでも。と思い
狭くて飾るところがないという娘から預かり
10回以上の引っ越しのたび
処分せずに持ち歩いてきましたが
そろそろもういいかなと
思い 娘に相談しようと思います。
ひとつの時代がまた
終わり
新しい時代の風が吹いている。
娘も前を向いて生きています。

いろんなことがあったし
これからも変わっていく。
ちいさないのちを育てながら
もっと育って(成長して)いってくれるであろうことが
とーっても嬉しい母です。

大丈夫ですよ。
守られていますからね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伊勢神宮と大神神社③

2021-02-28 | おでかけ
三輪山 という円錐形の美しい山が本殿の
大神神社。三輪山。そう、三輪素麺は有名ですね
美味しいです~

大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が鎮まるといわれ
拝殿の建物からお山に向かって参拝します。
「国造りの神様」ですからそのおはたらきは
ひとつにとどまらず 生活全般の守護神として全国から
お参りに来られます。
出雲大社の大国主神と
大神神社の大物主神は
同一神と言われています(別の説もあるそうですが)
いずれにせよ この国を造った神様。であることは
古事記、日本書記に書かれています。

ここに参拝してから人生が変わったと言われる人も多いそうですが
私達(とくに主人)はご縁があるのか、ほんとうに
不思議なことが続き今に至っています。

私は主人のサポートも魂のお仕事の一つです。
パートナーとして日々穏やかに幸せでいること。
国造りの最小単位としてまず夫婦(家族)が仲良く
考え方やペースが違う事があっても
お互いを認めあい
その上でひとりひとりが輝く。
そんなふうでありたいと
ここに来るたびに感謝とともに祈る。
そんな感じです。
ですから 日常全般を洗い清め
帰ったらまた「いつもの日常の暮らし」を
営めることの幸せを新鮮に感じることができて
・・・・・
とってもよかった!

で、薬になる草木が植わってる「くすり道」を通り

弁財天の社にお参り。
このへんはもうミュージシャン千晶モード(笑

キラキラと池の水が歌っているようでした。
小鳥たちも歌ってました。

狭井神社で御神水をいただいて
帰路につきました。
あたたかな穏やかな日で、本当に良かった。
家に着いた翌日は静かな雨で
心が落ち着きました。

行かれたことのない方は
是非一度。
次回は三輪山登拝 をしたいと主人は言ってます。
ちょっと足腰鍛えなきゃね。
運動不足だし(笑
これで今回の旅のご報告は
一応終了。ここしばらく
神社の話題が多かったですねー。
また 何か感じたことあったら
書いてみようかな。
読んで下さってありがとうございます。
マニアックな話はまたライブでね(笑
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伊勢神宮と大神神社②

2021-02-26 | おでかけ
前回来たときには外宮で白い神馬さんに会えましたが
今回は内宮で栗毛の神馬さんに会えました!

可哀想なくらいおとなしくて
見るのが申し訳ないほどでした。
ありがとうございます。。
と精一杯の愛の思いでさよならして

内宮を後にして
別宮へ。。。

ふたつの社を訪れました。
「月読宮」と「月夜見宮」
どちらも同じ神様が居られますが
月読宮は内宮の別宮
月夜見宮は外宮の別宮。
雰囲気が違います。

月読宮はイザナギ・イザナミさまもおられて
ふわっと 心地よい感じ。さすが内宮の別宮!
美しく明るい。

月夜見宮は・・なんというか もう少しすっとしていてるというか
ビシッとしてるというか・・個人的な感覚ですが。
私はこちらに身を置いてるほうが好きでした。
大きな木があります。


今、コロナで 
いろんな社会状況の中
ひとりひとり違う課題や思いが
それぞれのなかで 浮かんでは消え またのしかかり、消えて
前に進みながらも
未来はまだ不確かで

自分を整えたいと思ってる方々が多いのではないかなあと
思うんですけど、、

私達日本人は昔から自然界や
いろんなものに生かされてる不思議を
敬い 見えない神様を信心して
年中行事や日々の暮らしに
自然にとりいれてきたと思います。

自然を敬い、それによって育てられた食べ物で生かされてることや
それをうまくわかちあうには どうすればいいのか。
貨幣経済が揺らいできている今、
やっぱり精神性が大切なんだなあ。と
「生かされていること」を強く感じ
ただただ感謝した外宮。

心が光に洗われるかのように明るくなり
「生きていること」に感謝した内宮。

二日間風が強かったせいもあり、
禊ぎ払われた感じです。
肉体は疲れて、神社を出ると
お腹がとてもすき(笑
しっかり食べました。
人間やねえ。
さあ、次は奈良へ。

続く。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伊勢神宮と大神神社①

2021-02-25 | おでかけ
2月は夫婦ふたりの誕生日が続きます。
今年は三重と奈良の旅へ。

1月の寒波で断念しキャンセルしたリベンジです。
お天気にも恵まれ、ノーマルタイヤでも
楽々移動の恵まれた旅になりました。
1日目はとにかく休憩を取りながら行くだけ。。
ではもったいないので、二見の夫婦岩へ

風が強く寒かったけど
行ってよかったです!
外宮の近くに一泊して
翌朝まずは外宮に参拝

駐車場はガラガラ。人もまばらで 聞いてはいたけどコロナの影響ですね。

続いて内宮へ。
ここもすんなり駐車できて人も少なめ。
ゆったりと感じながらゆっくりとまわりました。
五十鈴川で手を洗い


正宮もあまり人を気にせずゆっくりと参拝。

手を合わせ ただただ何度もお祈りしていると 
風や水、土や太陽の光・・
すべての自然の大きな営みにいだかれた
わたしたち。。を感じて
よりいっそう 深い感謝を捧げたくなるのでした。

ほんとうにここは 神聖な場所であり
それでいて親しみやすく
お参りするすべてのひとを
明るく照らす明るい神様の光がいっぱい。
気持ちがいい!
何度も深呼吸しました。木々が風でゆれ
小鳥の声があふれてこだましていました。
リフレッシュしたなあ。
続く。。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

意識と次元

2021-02-22 | ひとりごと・おもうこと
あるセミナーに参加してきました。
古武術とはどういうものか
実はわたし なんにも知らなくて
体験会。気とはどういうものか
ほんの初歩。といっても
けっこう盛りだくさんで有意義な会でした。

重たい木刀だなあと思って持ったものが
実はさやに納められた刀だったので
わわわ・・と
おっかなびっくりで


でも 実は持ったとたんに
感じたことのない感覚になりました。
向かい合う相手に集中する意識。
まわりが消えて 相手と自分が
ひとつのマルイ風船の中に入ったような。
それで ぎゅーっと 何かにはいっていきそうな。

ちょっと恐ろしくて はっとしました。
思いも寄らない体験をさせていただきました。

それから、フォーク。
フォークが曲がる。誰でも。ときいてたけど
あまり興味も意欲も無く、わたしは曲がらんよ
絶対無理。とおもってたのに


写真のごとく曲がった。うそー。
でも、そのときだけよ。とおもってて・・・
今日もやってみたら 家でも曲がる。

師匠のように 太マジックペンやほかのものも曲げたり
折ったりねじったりは出来ない。ちょっと曲げるくらい。

どういう意識になったときにこうなるのか
色々やってみた。
いくつかのパターンで その場所(次元?)にいける。
一番簡単なのは歌を歌う時の自分。
と心で思い、想像すること。
うまく入れると 
そこに行けることがわかった。
出来たり出来なかったりするけど。

日常の暮らしの送り方しだいで
この感覚を忘れずに
維持できるのだろうなと思う。

フォークを曲げることが
目的ではないもんね。
その時の自分って 
子どものように純粋だった。

ワークのときも子どもたちは
すぐに曲げてたなあ。

忘れてもまたここへ戻ろう。
体感したことは きっと忘れない。
このことも もう手放そう。

そう思ったら すかーっとした。
紹介してくれたお友達、セミナーでお会いしたみなさん。
ご指導下さった先生
みなさん ありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする