天の森だより

おもうこと・心のままに

伊勢神宮へ②

2013-11-30 | 日々の暮らし

二日目は内宮へ。

お天気に恵まれて 本当に清々しい朝でした。

五十鈴川は紅葉した木々の色を映して、美しい色に揺らめき

さらさらと流れていました。

鳥居をくぐり橋をわたり歩き進むうち、昨日の外宮とは全然違う感じの領域に

なってきたのがわかりました。

正宮で手を合わせ、お祈りをしました。そのとき自分の身体の中心からやや後方に

どういうのか、、まっしろで大きな光の柱のようなものが降りてきてどーんと建ったのです。

こういうのは初めてのものでした。

え!?  というかんじ。

こ これはなんでしょう・・そうおもったとたん 流れてきたことばは たしかこんなふうです。

真澄の鏡のごとく ・・つよく あかるく ・・・かがやいて・・

これ、祝詞の一節ですね。

何にどうやって使うのでしょう いや 使ってよろしいのですか?ときくと

・・・・こころして・・・云々・・・みなのために・・みなとともに・・

土 水 場所にも使う ・・・というような感じのメッセージでした。

妄想かなあ。と いつものごとく「信じない」私が頭で考え出したら

身体が反応しました。 涙がうるるとあふれます。これはね、本当よと感じている時のサイン。

 

その柱は今も 意識を向けると背中の後側にあります。

前へ と思うと前に来ます。これは、きっと何かのために動く時、

大きくもっと白く輝くんだろうなあと想像できます。

今は嬉しさとかわくわく感は特になく ただ「あるなあ」とわかるだけ。

落ち着いた自分がいて、でも 身が引き締まるような 心地よさがあります。

虹みたいにいつか消えるのでしょうか  なにか必用な物事がやってくるのでしょうか。

知り合いなどからたまに聞く「光の柱」とこれが同じ物なのかどうかもわかりませんが・・・・。

「目に見えない神様」を意識した数日でした。 

 

 

 

 

コメント (3)

伊勢神宮へ

2013-11-29 | 日々の暮らし

伊勢神宮へ行って参りました。

元気です。

ぜーんぜん元気。ごくごくたまにふわっとするけど

たいしたことない。問題ありません。あははです。

で、

1日目は二見浦と外宮へ。

外宮の白いお馬さんは ほんとうにすごい。。。

あのまなざしは。。忘れられません。。。

人は思ったより少なくて駐車場もすんなり停められて、するすると運ばれるように

参拝でき、早めにお宿へ。

ゆかたとか着ちゃって。(ウレシイ)

温泉もがらーんとして貸し切りみたいだったけどお部屋に戻る頃には

いっぱいに! はやめに行ったのがよかったんね。

お宿は海のすぐそばで全室オーシャンビューです。朝は海から太陽が昇ってきました。

太平洋!いいですねえ。

 

明日は内宮のこと書きます。

とってもよかったんです。

 

コメント

親子でミニコンサート&キンダーライアーを楽しむ

2013-11-15 | コンサート

岡山のシュタイナーの学びと交流の場「つむぎの森」からのお声掛けで

親子で歌やライアーを感じる。という趣旨の会をさせていただくことになりました。

あさって11月17日です。身体も元に戻ったし、元気でいけそうでよかったあ~。

里山センターのホールは広い。しかも音がひびく。

ということは こどもたちはうごきまわり、声を出したくなるはずです。さてどうなりますか。

20分。

これが いままでいろんな幼稚園、保育園でやってきて、

子供たちが静かに集中して聴いてくれる最長の長さでした。

もちろん 私のみの経験ですから もっと子どもを引きつけてはなさないような

話術と演奏なら、これよりももっと長い時間大丈夫なんだろうと思います。

小学校になると、1時間くらい大丈夫な会もありました。

20分 というのは、大人の方にとってもひとつの目安。瞑想でもそうです。

深く入って、一度ふっと帰ってきやすいリズム。個人差はありますが。

 

子どもたちの前では大人の方以上に ごまかしがききません。コワ~イ キビシ~イ

すばらしい聴き手です。ただ、聴けるような環境を作ってあげること。これが不可欠。

それがわたしたち大人の役割ですね。きっと。

今回はそれぞれライアーを持ってきて頂くことになっています。ミニコンサートの後は

一緒に、あるいはひとりひとりライアーを奏でて、それぞれの子供さんと 音を介して何が

できるのだろう。そんなことを一緒に感じてみるひとときになればと思っています。

 私は最初、ペンタトニックのキンダーライアしか持っていませんでした。

毎日なでてはそれを弾き、ライアーのとりこになったのでした。

-----------------------------------------------------------

参加者の方、出来る方は432ヘルツでチューニングしてきてね!チューニングメーターも

持ってきて下さい。なんのことやら分からない方はとりあえず楽器を忘れずにご持参下さい。

お会いするのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

コメント

ご心配をおかけしました。

2013-11-14 | Weblog

京都に前泊した次の日の朝、まさかの体調不良。そのまま

トホホの4日間の入院生活で 妙満寺と鞍馬寺のふたつの会はキャンセル。

みなさんにご迷惑ご心配をおかけしてまことに申し訳ありませんでした。

症状が脳梗塞に似ていたのもあって、MRI CT レントゲン エコー 聴力検査・・・

まるで人間ドックみたいにいろいろ調べられて、結果は「脳は大丈夫。」とのことでした。

あーよかったあ・・・ 良性の(ここが大事。悪性ならまだ入院してるかも)発作性頭位性めまい

というもので、耳石というちいさな粒(?)のようなものが動くことによって起きる症状だそうです。

6日のお昼に病院を出たので

その夜の神戸のライブにはふらふらしながら新快速に乗り(意地でも座った)

みごとに演奏いたしまして、復帰したのでありました。でも

娘が荷物持って付き添ってくれたから。ひとりでは不安でした。

 

この病気、発作が起きたら安静にしちゃいけないんだって。えーつらいなあ

ちょっとでも動くとまたクラーっとして吐き気がする。でも我慢して発作が起きるようにすると

だんだんそれが弱くなる。 メカニズムをお医者様におしえてもらい、

退院後もとにかく動きなさい。歩きなさい。と。

今日でちょうど一週間、ほとんど治りました。

耳の中の渦巻きのところって黄金比なんですってね。

巻き貝とかのくるくるも。美しく不思議な形。

聞こえることだけではなく、身体のバランスをとってくれてるんですね。

耳って・・・・・・・。

地球の上に真っ直ぐ立っていられることって もしかしてすごいこと!

 

 

コメント (2)

11月になりました

2013-11-02 | Weblog

朝夕冷えるようになり 毛糸の羽織物やくつしたなんかも

箱から出してスタンバイです。

今日から京都へ。明日は妙満寺で 阿利さんという 

祈りの舞やタオダンスという踊りなどをされる方の 「新月の瞑想会」 に

トシ&七海さんとともに参加。

4日の鞍馬寺でもご一緒します。間近で舞も感じられるし、めったとないので

楽しみにしています。

タオライアーを持っていきたいところですが大きなキャリーバッグとライアー二台で

雨でも降ればもう 傘もさせません。こんなとき車で動けたらいいのになあと

思います~。

鞍馬寺にいらっしゃる方、お山は寒いと思いますゆえ

あたたかい上着やカイロなど、持ってきて下さいね。

それでは行ってきまーす。

 

 

コメント