天の森だより

おもうこと・心のままに

木の響き

2013-06-30 | ひとりごと・おもうこと

朝、梅雨の晴れ間で るんるんで洗濯物を干していた時のこと。

ここここここここ・・・・ココココココ・・・・・

と 心地のいい音が 耳と言うより身体にひびいてきた。

キツツキのドラミング。 ふと見上げたら 大きさからしてコゲラかな。

木の枝をコツコツやっている。

その小さなくちばしで木を振動させ 周りの空気も動かして届くそのバイブレーションは

一瞬にして身体をゆるめ 脳波は下がる(そんな気がするほど心地いい。)

レーマン氏のワークショップでやった「木の音の癒し」を思い出した。

しばし ぼーっと 音に包まれて立っていました。

コゲラちゃん ありがとう 今日はいつもよりもっと 気持ちのよい一日のはじまりの時間になったわ。

また来てねっ

 

 

 

 

 

 

コメント

ほたる

2013-06-28 | 日々の暮らし

みなさん。ほたる。見に行かれましたか?

私は2回見に行きました。たくさんのホタルが川沿いに乱舞して、

それはそれはうつくしく・・・うっとりでした。

夕ご飯の後にお出かけするなんて それだけでもドキドキわくわくです。

 

残念ながら写真はないので 鏡野町のうつくしい河原の写真を載せました。

水辺っていいですね。橋の上からみていると ほんとに見飽きません。

水の流れる音。澄んだ空気。

記憶の中にいまも清浄なエネルギーが残っています。

ほたる ほたる。 来年は是非 ヒメホタルを見に行きたい。森のホタル(杜のホタル)

といわれていて、自然林や神社の鎮守の杜などでみられるそうです。

森のホタル。みたいなあ。岡山の玉野市にある神社でもみられるとききました。

ゲンジボタルとヒメボタルは日本にしかいないそうですよ。

大事にしたいですね。

 

コメント

そこはこんな感じ。

2013-06-27 | ヒーリングセッション

自分を説明することは必要としない世界

地位も名誉も性格の善し悪しや生まれ星なんかも。

もちろん 年齢や性別や経験したこととかも 

わざわざ並べ立てなくてもいいところ。

防御する言葉や道具もない。いらない。

そんなところ。

そうイメージすると わくわくと自分はよろこび 安心し 

ああ そう。そこ。

と おもうんです。

わたしは そこの心地よさを思い出してしまったのです。

日常生活、いつもそこにいるのではない。とわかっています。でも

意識がそこにある時間を たくさん持ちたいなって。

そう思っていると そんなふうになっていきます。自分の思う速さで。

何もない。可能性だけが ただ透明な空気のように

満ちている場所 

遠い空の向こうにあって 同時に内なる世界に必ずあるところ。

 もちろんあなたにも私にも。

 

 

 

コメント

虹の木

2013-06-25 | 日々の暮らし

鏡野町の奥津渓谷にいくちょっと手前に その木はあります。

四季を通じて7回も葉の色が変化するので「七色樫」 地元では虹の木といわれているんですって。

ウラジロガシの変種で 実生もなく 取り木挿し木もできないし、どうしてなのかも不明。

 世界にこの一本だけ。ということです。

ちょうど行った時は黄色、、、というか この写真より、実際はもっと金色に輝いてる感じで

美しいです。遠くからでもとっても目立ち、見に行きたくなっちゃいます。

私は どうしてそんなふうに色が変わるの?って 木に話しかけてみたのですが

・・・・・答えてくれませんでした。向かって左の上あたりに なにか精霊のような

存在が感じられたのですが だまってこちらを見ていました。

わたしは自分がちっちゃな子どもになったみたいな気持ちになりました。

 

おとなになったら またこよう。

そう思いました。

コメント

花びらの会話

2013-06-17 | ひとりごと・おもうこと

偶然にも こんなふうに 花びらがふれあって

まるでお話ししてるみたいに くっつきました。

庭の草むらに生えていたシャスターデージー。

種をまいたところには生えてこなかったくせに、予期せぬ場所に勝手に集まって咲いてる。

「自由」 そんな感じのする たくましい花です。

 

しばらくしてもう一回行ってみたら もう会話は終わったみたいで

何事もなかったかのように すっと離れてすましていました。

 

 

 

 

コメント

雨だ雨だ

2013-06-15 | Weblog

あと1~2日雨がふらなければ 干からびてだめになってしまう田んぼが

たくさんあったんです。みなさんの地域はいかがですか?

先日 岡山の棚田を見に行ったときも それはそれは 祈らずにはいられない状況でした。

なんとか命をつないだ生き物たちもあったでしょう。

ダメになったり成長が遅れた農作物もあったでしょう

昨夜からの雨は とてもやさしい。カラカラの私の畑。土を流さない程度に

上手に天が雨のベールを降ろしてくれています。

ありがとう ありがとう

こころも 潤っていくようです。

 

 

コメント

棚田のおやど「阿吽山房」さんで

2013-06-10 | コンサート

先週末は 美咲町の阿吽山房さんでの演奏でした。

土と木のやわらかな響きの吹き抜け部分のある広いお部屋で

窓の外ではツバメがびゅんびゅん。カエルも遠くで歌っていました。

ここはいいですよ~ お宿はまだプレオープンですが食事とカフェは

営業されています。近くにこんないいところが出来たなんて!

オーナーは陶芸家の高垣門土さん。そして牧子夫人。魅力的なお二人。あたたかなお人柄に

いろいろなひとが惹かれてやって来ているように感じました。・・・・・・。

 

また次回は ゆっくりと お茶か食事に行きたいと思っています。

窓に向かった横並びの席に腰掛けて景色を眺めているだけで 時を忘れ安らげます。

一人で行くのもいいかもしれませんよ。

遠くてもわざわざ訪ねたい 山のお宿です。陶芸教室や樹林気功の体験もできます。

ぜひ たずねてみてください~

 http://www.aunsanbo.com/ まだ制作中のHPですが住所など載っています。

コメント

白いデージー

2013-06-06 | 日々の暮らし

イングリッシュデージーです。

畑で水やりをしていて、時々踏みそうになるのです。ごめんごめん。

私の「またあした」という曲にでてくるのは この花のことです。

ひかえめだけどしっかり上を向いて 可憐なうたを 歌っている花です。

ときどき しゃがんでじーっとみつめあうのです。

ねえ

かわいいね。 だいすきよ。

いつも そこにいてくれて

ありがとう。

 

「家に帰ったらバタンキューだわ。」そう思っていたのに

帰ってすぐ、気になるので菜園の見回りにでたら

なんだかすーっと 楽になりました。

すごいなあ。土って、植物って すごーい。

 

 

コメント

6月になりました

2013-06-01 | 日々の暮らし

家にいる数日。畑の草刈りや種まき、苗の植え付け 買い物 洗濯 掃除は、、

ああ また後回しになっちゃった。掃除機かけただけ。

このあいだ雑巾をいっぱいつくったのに。。。。。。

あしたは玉野のたまひめ堂さんで演奏のあと 神戸へいきます。

帰るのは来週の木曜日。。。。

植木鉢はたっぷり水をやり、全部玄関の土間に並べていきます。

畑は乾かないよう 刈った草を作物の根本に敷いてやります。

花たちもお留守番。みてあげられなくてごめんね。

今度帰ったら きゅうりやえんどうが 食べられるかなあ~

 

着るものに困る季節。半袖も長袖も もっていこう。

そろそろ 電車の車内も冷房かも。

では行ってきます!

 

 

 

 

 

コメント