福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

タバシュニク先生との幸せな時間

2022-10-21 09:59:31 | コーラス、オーケストラ

ずいぶん長い間、ブログの更新を怠ってしまった。その間、書くことよりも、自分の合唱指揮者としての勉強に興味が向いていたこともあるが、それは言い訳で、根本的には生来の無精の為せる業。いったん、習慣から外れると、元に戻すのが億劫になったのも事実で、これから、少しずつ習慣を取り戻していきたい。

そんな私に再起を思わせたのは、今日と明日(10月21日、22日)に行われる大フィル定期に登場されるミシェル・タバシュニク先生の音楽があまりに素晴らしいからである。

タバシュニク先生といえば、現代音楽のスペシャリストとして、そのディスコグラフィの大半は一般には聴かれない作曲家の作品で、有名曲ではかろうじて「春の祭典」が加わっているくらい。

大フィルでの3日間のリハーサルに対面し、ウェーベルン「管弦楽のための6つの小品」に於ける、その音響への尋常ならざる拘りに、背筋がゾクゾクするほどの感動を覚えたものだが、それ以上に心奪われたのは、隅から隅まで音楽に溢れたチャイコフスキー「4番」である。

メロディの歌わせ方、どこを強調して、どう抜くのか。弦の弓の扱いへの様々な要求、強弱の幅の大きさや音色の多彩さ、懐の深い呼吸と類い希な情熱。そして、チャイコフスキーの悲哀への共感。そのパッションの爆発のさせ方は、どこかシャルル・デュトワを想起させるものだが、その味わいのベクトルは、より内面的なものである。

そして、大フィル合唱団とのストラヴィンスキー「詩篇交響曲」。個人的には、かつて合唱団員の1人として、ホルスト・シュタインの棒で歌った懐かしい作品。ストラヴィンスキーの苦悩から勝利、そして信仰への篤き告白を、これほど力強く、鮮やかに描いてくれる演奏も稀であろう。大フィル合唱団員一同が、忽ち魅了されたのは言うまでもなく、必ずやマエストロの棒に応えてくれることだろう。

ご案内が当日となり恐縮であるが、「本物の音楽」を求める方は、ぜひともフェスティバルホールへ。


大阪フィルハーモニー交響楽団 第562回定期演奏会

開催日時:2022.10.21 (金) 19:00 / 22日(土) 15:00

会  場:フェスティバルホール


指揮:ミシェル・タバシュニク

合唱:大阪フィルハーモニー合唱団(合唱指導:福島章恭)


ウェーベルン/管弦楽のための6つの小品

ストラヴィンスキー/詩篇交響曲

チャイコフスキー/交響曲 第4番 ヘ短調 作品36



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

信太郎さまへ

2022-05-23 10:31:57 | コーラス、オーケストラ
探し人。
5月21日(土)、東響定期。
サントリーホールのロビーにて声をかけてくださった信太郎さま。

頂戴したメッセージに、なぜが返信出来なくなってしまったため、再度、ご連絡頂けませんか! お待ちしております。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紀尾井ホール公演無事終わる

2022-04-18 09:08:23 | コーラス、オーケストラ

ヴェリタスクワイヤー東京と混声合唱団ヴォイスによる「高田三郎を歌うジョイントコンサート」無事に終わりました。ご来場の皆様には、イベント多き週末に、わたしたちの演奏会を選んで頂きまことに有難うございました。

今回の公演は、演奏の出来がどうであったか、という次元を超えた大きな意味のあるものでした。世界を一変させたコロナ禍により、公演どころか、歌うこと、練習すること、メンバーが集うことすら許されない日々が長くつづきました。
ご家庭やお仕事のご都合などから退団者、休団者も相次いだものです。わたしのスケジュール帳も、瞬く間に真っ白となりました。
「日本から、合唱という文化が消滅してしまうのではないか?」とすら思われました。
そうした困難なときに、それぞれの合唱団を辛抱づよく支えてくれた役員と団員の皆さんに心よりの賞賛と感謝を捧げます。

素晴らしい音響、そして神聖な空気感を備えた紀尾井ホールでのステージは、そんな彼らへの最大のご褒美であったろうと思われます。天国の高田三郎先生、留奈子先生ご夫妻にお聴かせしても恥ずかしくない演奏であったと信じます。

わたしにとっても、今後の音楽人生を示唆する記憶に残るコンサートとなるでしょう。
両団は、当初の計画にあったベートーヴェン「ハ長調ミサ」プラスαの公演の実現に向け歩き出します。今後とも、ご声援のほど宜しくお願い致します。

最後になりましたが、ピアニストの小沢さちさん、清水亜希子さん、郷戸明子さん、副指揮の沼田臣矢さん、そして、プロフェッショナルな厳しさと細やかなお心遣いで我々を支えてくださった紀尾井ホールのスタッフの皆様にも感謝を捧げます。有難うございました!









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

髙田三郎を歌うジョイントコンサート(直前告知御免)

2022-04-13 22:53:25 | コンサート


直前となりましたが、「髙田三郎を歌う ジョイントコンサート」の告知です。

本来、ヴェリタス・クワイヤー東京と混声合唱団ヴォイスは、、2020年5月、この紀尾井ホールにてベートーヴェン「ハ長調ミサ」をメインとする演奏会を開催する予定でした。
ご承知の通り、コロナ禍により演奏は叶わず、二度にわたる順延をもって、ようやく本日を迎えることとなりました。
日々のレッスンすら侭ならなかった苦難の日々を思い出すと、感慨もひとしおです。

諸事情から入場無料となっておりますが、チケット予約が必要です。
一般受付は終了していますが、わたし個人の持ち分が10枚程度ございますので、お手数ですがヴェリタス・クワイヤー東京宛てにメールしてください。

メールアドレスは veritas.choir.tokyo@gmail.com となっております。

当ブログにはリンクを貼る機能がありませんが、ヴェリタス・クワイヤー東京HPのトップページにリンクがございますのでご利用ください。

ヴェリタス・クワイヤー東京HP
https://www.veritas-choir.com

なお、締め切りは、15日(金)の午後0時とさせて頂きます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

髙田三郎を歌うジョイントコンサート 

​2022年4月16日(土) 14:00開演  紀尾井ホール

入場無料(全席指定、要事前予約)

ヴェリタス・クワイヤー東京

* 髙田三郎 混声合唱組曲「水のいのち」

​ドヴォルザーク ミサ曲ニ短調より

「キリエ」「グローリア」

混声合唱団 ヴォイス

* 髙田三郎 混声合唱組曲「心の指揮」

 なかにしあかね 「今日もひとつ」より
​ 「いつだったか」「いちじくの木の下」「今日もひとつ」    

合同演奏      

 * なかにしあかね 「ケヤキ」

指揮:福島章恭

ピアノ:小沢さち、清水亜希子

新型コロナウイルス感染症予防対策とご来場の皆さまへのお願い(紀尾井ホール)
https://kioihall.jp/c-19request

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日の光と紅梅と

2022-02-28 19:28:04 | コーラス、オーケストラ

昨日の東大和市民合唱団「第九を歌う会」公演では、終演後の修了式に出席することができた。もちろん、この身体を運べるわけはない。コーラスの一員としてご参加の「やまと国際オペラ協会」団長、長谷部氏の粋なお計らいにより、リモートでの参加が叶ったのである。自宅で寂しい想いをしていただけに、ほんの一部にでも参加できたことは望外の喜びであった。

晴れやかな皆さんのお顔を拝見できたことは嬉しかった。Galaxy NOTE 20 ULTRAの液晶は大きく、多くの方にわたしの顔を見せることができたそうだ。そのスピーカーにマイクを当てて頂きながら、この声で皆さんにお詫びと祝福のできたことは有難かった。また、急場を救って頂いた佐藤寿一先生に直接お礼を述べることもでき、ひとつ肩の荷が降ろせたのである。

さて、本日は麗らかな天候のため、日中、家族との接触を避けながら庭に降り、咲き誇る紅梅を愛でつつ、ほんの小さな散歩と日向ぼっこを楽しんだ。日の光に当たると、身体の底からエネルギーが沸き起こる。まるで生き返るようであった。

それが理由でもないだろうが、夕方、血中酸素濃度を計測すると久々の100%をマーク。高熱のつづく間は95%も珍しくなく、瞬間的に92%まで落ちて、このパルスオキシメーターから始めてのアラーム音を聞いて動揺したものだが、現在、呼吸障害は起きていないようだ。ホッとしている。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする