福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

「海道東征」コンサート 作品の美が呼んだ涙

2019-11-10 23:03:20 | コンサート

「海道東征」コンサート、無事終了することができました。まずは、ザ・シンフォニーホールの客席を埋め尽くし、あたたかな拍手をくださった聴衆の皆様に御礼を申し上げます。初めの頃は、「海道東征」が演奏されると言うだけでニュースとなったものですが、いまや、大阪、東京のみならず、全国各地で上演されるスタンダードなレパートリーとなりつつあり、純粋に音楽を楽しみにいらっしゃるお客様が大半となり、それは「海道東征」という作品にとって幸せなことではないでしょうか?

海道東征コンサート 壮大・華麗な交声曲に聴衆魅了 産経west https://www.sankei.com/west/news/191108/wst1911080044-n1.html

前半のシューベルト「未完成」交響曲は、最終的に予告通りのスローテンポとはならず、かつての長大なブルックナー8番(愛知祝祭管)の再現を期待されたお客様には肩透かしのような格好になりましたが、けっして妥協とではなく、オーケストラとの練習を通して行き着いたテンポであり、むしろ、新たな表現の材料を頂戴することができたと、前向きに考えております。いずれにせよ、わたしの音楽に変わりありません。いつか、当初のプランを振り通すために、もっともっと、指揮の技量やら胆力を高めていきたいと心に誓っているところであります。

メインの信時潔「海道東征」では、ソリスト陣、コーラス、オーケストラが渾然一体となり、ステージの上で大きな花を咲かせることができたのではないか? と自負しております。

ソプラノⅠの幸田浩子さんとは、過去3回の「海道東征」コンサートでもご一緒しましたが、今回もこの作品への理解と愛情の深さをその清廉かつ優美な歌唱で示してくださいました。ソプラノⅡの清野友香莉さん、アルトの石井藍さんも作品にマッチした声と表現、そして、三者によるアンサンブルも桃源郷のような美に満ちていました。独唱のうち、「海道東征」でもっとも重たい役を担うのは、バリトン歌手でありましょう。原田圭さんは、その豊かな声と表現、明晰な日本語ディクションによって、今回の演奏の頼れる推進役となりました。テノールの小原啓楼さんとは、以前共演をお約束しながら、諸般の事情からお預けになった経緯があり、偶然にも、大阪の地で念願が叶ったことをお互いに歓んだところです。輝かしく力強いい声こそ、この神話に基づく音楽のの求めるところであり、さらには第7曲「白肩津上陸」では、原田さんとのアクロバット的な二重唱を見事に決めてくれました!

初回から、ご一緒と言えば、大阪すみよし少年少女合唱団も同じです。この度は、オケ合わせ前に2回ほどレッスンに伺いましたが、団員のマナーの良さは気持ちよく、さらに助言への飲み込みと消化の速さには舌を巻くほど。そして、オケ合わせまでにわたしの要望を120%の高みまで引き上げてくださった前田章先生、中村恵美先生には感謝を捧げます。

大フィル合唱団を褒めると手前味噌のようで少々憚られますが、見事だったと呼んでも許されるでしょう。この作品を歌い込んでいることについては、全国のどの合唱団にも負けていないはずで、その表現の悉くが、内面から沸き上がってくるかに自然であったし、普段、大フィル定期ではラテン語やドイツ語ばかりを歌っていながら、日本語の発音も明瞭で、本当に指揮台の上から頼もしく眺めておりました。回を重ねる毎の成長を讃えたいと思います。第4曲「御船謡」に於ける腰の据わった「ヤー!」の声には、この掛け声に拘られていたという信時潔先生もご満足頂けたのではないかしら? 

さて、当然のことながら、大フィルも素晴らしかったです。日頃、彼らが対面している世界や日本の一線級の指揮者たちと較べてしまえば、我が哀れな指揮など「屁」のようなものだと想像しますが、それでも、コンマスの須山暢大さん以下の全員が、終始よい演奏をしようという姿勢を崩すことなく、ステージ上では表現者としての止むにやまれぬ魂をメラメラと燃え上がらせてくれました。「海道東征」で声楽陣を盛り立ててくださったのはもちろん、「未完成」では、第1楽章展開部の凄絶さ、第2楽章の目眩く転調の妙など、一流のプロにしかなし得ない境地を間近に聴かせて頂けたことは幸せでした。

終演後、直接、間接に多くのお客様よりの感謝や感動のお言葉を頂戴することができました。わたしとして、意外というか、新鮮だったことは、「聴きながら自然に涙が溢れてきた」「感動で泣いてしまった」という声が少なくなかったことです。第2ヴァイオリン奏者のおひとりも、演奏しながら、ハンカチで涙を拭うお客様が見えた、と語っておられました。むろん、舞台上のわたしたちは、「客を泣かせてやろう」などという下種な考えなど持ち合わせておらず、ただひたすら、作品に献身していただけです。それで、このような現象が起こるというのは、やはり北原白秋による詩と信時潔の音楽による「海道東征」という作品の美しさによるものだと思われます。とはいえ、たった1度の本番で究極の到達することは適いません。もう一度、機会が与えられるなら、表現の無駄を削ぎ落としつつ、さらなる高みを目指し、表現を深化させたいと考えております。

最後に、このような素晴らしい演奏会を企画してくださった産経新聞様に感謝の念を捧げると共に、わたしを指揮者として抜擢してくださった大フィル事務局F氏の蛮勇を讃えたいと思います(笑)。

 

交声曲「海道東征コンサート

2019年11月8日(金) 18:30開演(17:30開場)

<出演>
指揮:福島章恭
独唱:幸田浩子(ソプラノ)
   清野友香莉(ソプラノ)
   石井 藍(アルト)
   小原啓楼(テノール)
   原田 圭(バリトン)
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団(合唱指導:福島章恭)、大阪すみよし少年少女合唱団

<曲目>
シューベルト/交響曲 第7番 ロ短調 D759「未完成」
信時 潔/交声曲「海道東征」

 

 

コメント

エンタメ特化型情報メディア スパイス ~ 合唱指揮者 福島章恭、大いに語る

2019-10-31 16:38:43 | コーラス、オーケストラ

 

エンタメ特化型情報メディア スパイス ~ 合唱指揮者 福島章恭、大いに語る

信時潔「海道東征」&シューベルト「未完成」コンサート(11月8日・金 ザ・シンフォニーホール)を目前に、

エンタメ特化型情報メディア スパイスさんにてインタビュー記事を掲載して頂きました。

10月某日、大阪空港ロビーにて、かねてより大フィル&大フィル合唱団を温かく見守ってくださっているエンタメライター磯島浩彰さんとの濃厚な語らい!

よい記事に仕上げて頂き、心より感謝しているところです。

皆様にも、お読み頂けると幸いです。 

『大阪フィルハーモニー合唱団の指揮者を務める福島章恭が、本体である大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮する交声曲『海道東征』の本番が近付いてきた。

これは、日本神話を元にした神武天皇の東征から、橿原神宮で即位するまでの話を、オーケストラと声楽が一体となった壮大かつ荘厳な調べで届ける演奏会だ。

「海道東征」は、皇紀2600年の奉祝曲として日本書紀や古事記を元に北原白秋が作詞、昭和の音楽史の礎を築いた『海ゆかば』の作曲家 信時潔が作曲をし、1940年に完成を見た。大阪では、1962年の蘇演を除き、今回が4回目の公演となる。初年度からオーケストラは大阪フィル、合唱は大阪フィルハーモニー合唱団が担当し、合唱指揮を福島章恭が務めてきたが、満を持して今年は福島が本番のステージを指揮する。

オーケストラを指揮する機会も多い福島だが、現在は大フィル合唱団以外に混声合唱団を3つ、女声合唱団も3つ指導するため、全国を飛び回っている。大阪空港から東京に戻ろうとしている福島に、あんなコトやこんなコトを聞いてみた。』

つづきは、こちら ↓ をクリックしてお読みください!

https://spice.eplus.jp/articles/259180?fbclid=IwAR1-d-EO0vpJ7Tph9ISd938bTgl_dtz08xtaC4EkboCcVmpYnb-mpcjSxHM

チケット申し込み https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1916686

 

また、関東地方の方には、下記のコンサートをご紹介します。

名付けて、「福島章恭コンサートシリーズvol.1 ニ ューイヤーコンサート”ウィーンの花束2020”」

新年に相応しい心愉しいひとときにしたいと考えております。

どうぞ、よろしくお願いします。

チケット申し込みはこちらよりお願い致します。

https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1935494&rlsCd=001&lotRlsCd=

コメント

尾高忠明&大フィル ブラームス・チクルスⅡ

2019-10-03 09:47:55 | コンサート


遅れてやってきた、尾高先生&大フィルのブラームス・チクルス第2弾。

尾高先生渾身の「2番」でした。

遅れてやってきたのは、コンマスの田野倉さんも同じ。このタイミングで再会、共演できたことをお互いに喜び合いました!

我ら大フィル合唱団は、「アルト・ラプソディー」「運命の歌」の2作品で参加。ひとつの演奏会に2曲歌わせて頂けるとは何という幸せ!



「アルト・ラプソディー」での大フィル合唱団男声部は、清水華澄さんの圧巻の独唱に傷をつけないよう、頑張ってくれました。男声だけで世界を作ることの難しさ。この公演のための挑戦は、大きな財産となることでしょう。

「運命の歌」は、シモーネ・ヤングさんとの共演以来、二度目の取り組み。団員もわたしも、前回よりも作品の本質に近づけたかな? 少しは成長できたのでは? との感触があります。しかし、益々、目指す頂は高くなり、ゴールの遠のくのも感じます。



それにしても、清水華澄さんの歌は素晴らしかった。オーケストラも男声合唱も、彼女のために音量、声量をセーブする場面は皆無! 
豊かな声と深い情感によって、「アルト・ラプソディー」のワーグナー的本質を余すことなく描いてくれました。
年末の「第九」で再びお目にかかれることが、とても楽しみです。
コメント

「海道東征」公演、乞うご期待!

2019-09-22 09:59:25 | コーラス、オーケストラ
昨日付の産経ニュースの記事になっておりましたので、お知らせします。

神武天皇の建国神話をテーマにした壮大な交声曲「海道東征」を全曲演奏するコンサート「交声曲『海道東征』」(産経新聞社主催、滋慶学園グループなど協賛)が11月8日、大阪市北区のザ・シンフォニーホールで開かれる。大阪では4回目の公演。タクトを振る大阪フィルハーモニー合唱団の合唱指揮者、福島章恭は「オーケストラの演奏、合唱の素晴らしさの両方を堪能していただければ」と意気込んでいる。(岡田敏一)

全文は以下をクリック。

「海道東征」の神髄、余さず 大阪でコンサート 11月8日(産経新聞) - Yahoo!ニュース

コメント

長岡混声合唱団第15回定期演奏会 ~ 特別な感動を伴ったステージ!

2019-09-12 01:11:32 | コンサート



もう4日も経ってしまったが、長岡混声合唱団第15回定期演奏会は成功裏に終わった。

「ドイツ・レクイエム」に関しては、2月のサントリーホール、6月のベルリン・フィルハーモニーホールにつづき、今年三回目の本番指揮となる。

260名を越す大コーラスと対峙したサントリー公演、いかにもドイツといった重厚なサウンドをもつベルリン響とのベルリン公演、いずれもが印象深いものであったが、

今回の室内オーケストラ版での演奏には、特別な感動があった。

最も小さな編成の合唱団、室内オーケストラ、そして、長岡リリックホールという中規模のホールでの演奏。

フルート(ピッコロ持ち替え)、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン(1パートを2奏者に振り分け)、ティンパニ、弦五部のためのアレンジに、オルガンを追加しての室内オーケストラは、

オリジナルの大編成に較べ、1人当たりの奏者の演奏する分量も多く、さらにアンサンブルには緻密さが求められる。それが、実に見事なパフォーマンスを見せてくれたのだ。

その夢のように美しいサウンドに乗せて、長岡混声合唱団は持てる力をすべて、否、実力以上の力を出してくれたと思う。

専門的音楽教育を受けたメンバーが多いわけでもなく、平均年齢が若いわけでもない。

技術的には、これより上手い合唱団はいくらでもあるだろうが、そこに生まれるハーモニーには独特の味わいがあって、聴くものを惹き付ける。

そのことは、独唱を務めてくださった馬原裕子さん、与那城敬さんのお二人も認めてくださったことである。

さて、そのお二人のソロが最高で、オーケストラと一体になったギリギリの表現は、ひとつのゾーンに入っていたと思う。

その奇跡の時間を指揮台の上で体験できたわたしは、幸せであった。

前半の髙田三郎「心の四季」は、長年のパートナーである小山惠さんのピアノで。

休憩後の静寂とは違って、客席にちょっとしたざわつきや物音が多く、指揮に集中するのが難しかったが、髙田作品の美しさを伝えることはできたと思う。

「心の四季」に関しては、来る21日(土)長岡造形大学に於ける県文化祭での再演が決まっているので、さらによい演奏をしたいと思う。

※いま、手元に本番やコーラス付リハーサルの写真がないため、オーケストラ稽古の写真のみにて失礼致します。

コメント