福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

東響には東響コーラスが必要!

2021-09-18 21:31:30 | コンサート

ミューザ川崎に出かけるのの、東響を聴くのも久しぶりである。

東京交響楽団 名曲全集 第169回

指揮:原田慶太楼
ソプラノ:小林沙羅
バリトン:大西宇宙

ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲
ヴォーン・ウィリアムズ(ジェイコブ編):イギリス民謡組曲
ヴォーン・ウィリアムズ:海の交響曲

ミューザ川崎シンフォニーホール




ヴォーン・ウィリアムズだけの作品による演奏会というのも珍しいが、この作曲家の第1交響曲である「海の交響曲」を実演で聴いたのは初めてである。

前半は、「グリーンスリーヴスの主題による変奏曲」から「イギリス民謡組曲」へ間を置かず、あたかも一つの組曲のように扱ったのは自然な流れでよかった。
特に印象に残ったのは、変奏曲。ピアニシモからピアノの間に幾重もの階層とニュアンスがあり、その繊細さと静かな呼吸に打たれた。
原田慶太楼の指揮に接するのははじめてであったが、この繊細さだけをとっても非凡な音楽家であることが分かる。
「組曲」も優れた演奏であったが、やはり、この作品はオリジナルのミリタリーバンドで聴く方が愉しい。このあたり、作曲者自身のオーケストレーションでない弱みのあるのは仕方なかろう。

メインの「海の交響曲」。
東響コーラスが圧倒的であった。
この長大なテキストと音符を暗譜するというだけでも、いつものことながら正気の沙汰ではなく、信じがたいことであるが、そのパフォーマンスも見事であった。
感染防止のため不織布マスクを着用のまま、さらに大きなディスタンスをとり、人数制限(出演者の大半を前後半で入れ替える)をするなど、何重ものハンディキャップを抱えながらも、「海の交響曲」を壮大なスケールで描ききった実力には脱帽する。

わたしの座席が、1階席下手寄りの前方だったこともあり、オーケストラがトッティで強奏すると聴こえにくくなったのは残念。
また、マスク着用の対策として発音をもっと明瞭にする、長いフレーズの後半に於ける発声の維持、転調時にハッとするようなハーモニーの色合いの変化などが為されていれば、さらに完璧だったと思われるが、全体の感動の前には小さな疵に過ぎない。

原田慶太楼の示す道筋は一点の迷いもなく明朗であり、オーケストラは柔軟に、そして自由な表現力で棒に応えてゆく。
小林沙羅と大西宇宙のお二人も、この作品の法悦感を見事に表現していた。

さて、大フィル合唱団の指揮者として、オーケストラ付き合唱団の置かれている立場の厳しさは分かっているつもりである。
本番に於けるハンディのみならず、レッスン会場の確保の難しさ、レッスン時の制約、また、経営側から見たときの団を維持するための負担など。

ただひとつ、本日の演奏を体験して、心底感じたことは、「東響には東響コーラスが必要」と言うことである。
「東響には、東響コーラスが似合う」と言い換えてもよいだろう。
新国立歌劇場をはじめとするプロの素晴らしさは認めつつも、どのオケの「第九」に出かけてもプロの合唱団では楽しくないではないか。
アマチュアにはアマチュアなりに、時間をかけてじっくり作り上げる音楽があり、ひとつの演奏会にかける想いも強く、それぞれの団の個性も羽ばたき、それが音楽文化の裾野を広げるのだ。
東京交響楽団と東響コーラスには、この受難の日々を乗り越えて頂きたい、と願いつつ、会場を後にした。

 

 

 

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大フィル合唱団 大阪クラシックに登場!

2021-09-07 23:40:55 | コーラス、オーケストラ

大阪クラシック 第4公演 

9月12日(日) 19:30
大阪市中央公会堂 中集会室

全席指定 1,000円

【指揮】福島章恭 【ピアノ・キーボード】小林千恵
【合唱】大阪フィルハーモニー合唱団

木下牧子/C.ロセッティの4つの歌(第3曲は割愛)
ラインベルガー/レクイエム 作品194
三善 晃編曲/唱歌の四季 (朧月夜/ 茶摘/ 紅葉/ 雪/ 夕焼小焼)

告知が遅くなりましたが、大フィル合唱団の「大坂クラシック」への出演情報をお知らせします。

来る9月12日(日) 19時30分 大阪市中央公会堂 中集会室に於ける第4公演です。
昨年は、かつてない大きな試みを予定していながら。コロナのために涙をのみ、本年はリベンジも込めての出演となります。

プログラムは、以下の3曲。

女声:木下牧子/C.ロセッティの4つの歌(第3曲は割愛)
混声:ラインベルガー/レクイエム 作品194
混声:三善 晃編曲/唱歌の四季 (朧月夜/ 茶摘/ 紅葉/ 雪/ 夕焼小焼)

本年は、コロナ感染症防止対策により、大所帯である大フィル合唱団全員がひとつのステージに乗ることは適いません。そこで、全体を2つの混声合唱団と1つの女声女声合唱団に分割し、3つのステージを組むこととしました。それおぞれが、約30名の編成となります。

オケ付きである大フィル合唱団としては、いずれも希有な選曲となりますが、とりわけ、女声のみのステージというのは珍しいと思われます。ホルスト「惑星」、マーラー「3番」への出演経験はありますが、コーラスとピアノだけという機会は、今後もそうそうないのではないでしょうか?
その御蔭もあって、レッスンはとても新鮮で、メンバー一同、生き生きと歌ってくれています。

もちろん、演奏が生き生きとするのは、木下作品の魅力あってのこと。
クリスティーナ・ロセッティによる生と死の境界線を行き来する詩の世界が、美しく格調高い音楽となっています(出演時間の都合で第3曲「それはなに」は割愛)。

混声のふたつのステージは、ラテン語による典礼音楽と日本語による唱歌を選びました。

ラインベルガーでは、なんといっても無伴奏二重合唱によるカントゥス・ミサop.109が最高傑作なのですが、それは、メンバー全員がひとつのステージに乗れるときまで待つとします。
「レクイエム」は、ラインベルガーならではの親しみやすさ、甘味で陶酔的なハーモニーによる佳作です。

三善先生の「唱歌の四季」は、個人的に、出版前に三善先生手書きのコピー譜で歌った懐かしい作品。そのときの指揮は、合唱界のレジェンド田中信昭先生でした。若き日に受けた田中先生の教えは、いまもわたしの中に生きていると思われます。
美しい日本の風土や日本人本来の心が描かれた5つの唱歌をもとに、三善先生が描き上げたファンタジーと言えましょう。
ピアノパートの美しさも特筆すべきで、小林千恵さんによる妙技にもご期待ください(今回は、ピアノ1台版による演奏になります)。

うっかりしていましたが、ウェブでのチケットの発売は9日(木)までのようです。

ご興味のある方は、どうぞお急ぎください!!

ローチケ
https://l-tike.com/order/?gLcode=53553&gPfKey=20210812000000924365&gEntryMthd=01&gScheduleNo=1&gCarrierCd=01&gPfName=第4公演&gBaseVenueCd=54466&version=PC

チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2121858&rlsCd=001

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CD発売記念公開! ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調op.92 より第3楽章「スケルツォ」 福島章恭 東京フォルトゥーナ室内管

2021-07-09 01:03:06 | コーラス、オーケストラ

 

CD発売記念公開! 
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調op.92 
第3楽章「スケルツォ」ノーカット版 

福島章恭指揮 東京フォルトゥーナ室内管弦楽団

いよいよ今週末、「珠玉のモーツァルト&ベートーヴェン」ライブCDが発売となります。

待望の発売を記念し、「7番」スケルツォをノーカットにて公開します。

お楽しみ頂けると幸いです。

かもっくすレコードにて直販もしておりますが、お振り込みがご面倒な方は、下記にてお求めください。

タワーレコード:https://tower.jp/item/5214401/モーツァルト、ベートーヴェン

HMV: https://www.hmv.co.jp/artist_ベートーヴェン(1770-1827)_000000000034571/item_ベートーヴェン:交響曲第7番、モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、『フィガロの結婚』序曲、他-福島章恭&東京フォルトゥーナ室内管弦楽団(2CD)_11968815

アリアCD(会員制):http://www.aria-cd.com/arianew/shopping.php?pg=label%2Fkmc2104 

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツェムリンスキー:詩篇第23番 自習教材 全パート用 

2021-07-08 22:31:51 | コーラス、オーケストラ

Zemlinsky: Psalm 23 Self-study materal for ALL PARTS

久しぶりのブログ更新です。

いよいよ、今週末に発売される我がライヴCD「珠玉のモーツァルト&ベートーヴェン」のプロモーション活動すら後回しにして没頭していたのが、
この音源、即ちツェムリンスキー:詩篇第23番。その合唱団員向けの自習教材 の制作です。

どうも、ひとつのことに熱中すると、他のことができなくなるのは悪い癖ですね。

かれこれ20年ほど前にブルックナーの交響曲をバーチャル音源で再現しようとしたことはありましたが、
当時は、音源ソフトも今ほど充実しておらず、何より家庭用パソコンのスペックが低すぎて断念したことがありました。
一番の問題は、MIDIキーボードで叩いてから音が発せられるまでのレイテンシーで、そのタイムラグに耐え切れなかったわけです。

昨年の夏、改めてDAW(Digital Audio Workstation)の世界に挑戦しようとしたのは、コロナにより合唱のレッスンが殆どキャンセルされ、自宅での有り余る時間を有効に活用しようということからでした。
御蔭さまで、合唱団向けのパート音源やら、自分で歌うための伴奏音源を制作するなど、導入の成果はあったかな、と考えています。

実は、上述の「珠玉のモーツァルト&ベートーヴェン」コンサート前には、ベートーヴェン「7番」のスコア再現も行いました。
大いに勉強になりましたよ。
リアルなオーケストラに近い音色でスコアを再現することで、様々な発見があったからです。
たとえば、第1楽章の主部での、バスのリズムが付点からノーマルに移り変わる意味付けなど、スコアを眺めたり、レコードを聴いているだけでは、気付くことはできなかったでしょう。
この音源は、あくまで自分の勉強のためのもので、パート間のバランス処理もしていないなど、観賞用とは呼べず公開は出来ません。
年明けには、東大和市で「第九」初指揮の計画もあり、ぼちぼち、「第九」の制作にも入らなければ、と思っているところです。

ツェムリンスキー「詩篇第23番」は、シェーンベルク「地には平和を」とともに、来る10月14日、15日に予定されている大阪フィル第522回定期演奏会の演目です。
両作品とも、大フィル合唱団にとっては、取り組んだことのないタイプの作品であること。
また、コロナによりレッスン回数が制限されていることから、例外として、団員の自習練習用音源の制作に取りかかったわけです。
例外というのは、大フィル合唱団には、「音取りは各自が責任を持って行う」という暗黙の了解があるからです。
親切のつもりで音取り教材を作ってしまうと、いつしか、それが当たり前のようになってしまうのは良いことではありません。

単に音取りだけが目的なら、ピアノ・リダクションされた音を再現し、コーラス・パートを木管楽器の音色で演奏すればよかったのですが、
自分の勉強と楽しみを兼ねて、スコアの完全再現に挑戦した次第です。

制作の敵は、わたしの哀れな演奏能力よりも、まずは視力でした。
今現在、フル・スコアは手書きのものしか存在せず、浄書されたものとはいえ、とにかく音符がはっきり見えない。
さらに、臨時記号のフラットとナチュラルの見分けが付きにくかったりと苦労をしました。
それが、移調楽器のパートとなると、はじめのうちは瞬間的に迷路に迷い込んだようになりました。

などなど、面倒な作業の連続ではありましたが、それを上回る愉しさはありました。
何より作品の美しさを味わえたこと。
正直のところ、事前にナクソス・ミュージックライブラリやYouTubeでこの作品を聴いたときには、これほどの名曲であることに気付きませんでした。
しかし、録音しながら、しばし、「ああ、時間よ止まれ」と思える瞬間が何度も現れ、恍惚としたものです。
その感動をお伝えできれば幸いです。

表題のとおり、コーラスの全パート用のものです。
だったら、リアルな演奏の録音を聴けば良いではないか?
というご意見はご尤もですが、バーチャルであるからこそ見える美もあります。

また、合唱団員にとっては、リアルな演奏を聴きながらよりは、自分のパートが聴き取りやすく、練習に役立つのでは、と期待します。

さて、これより、各パート用にミックスダウンした音源をYouTubeにアップするとしましょう。
ただし、団員向けの限定公開。
聴きたい方は、是非とも大フィル合唱団のオーディションを受け、団員となってください(笑)。お待ちしております。

 

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

速報! 珠玉のモーツァルト&ベートーヴェンCD 7月上旬リリース決定!

2021-06-05 08:04:33 | コーラス、オーケストラ

去る4月17日に杜のホールはしもとで開催された「珠玉のモーツァルト&ベートーヴェン」のライヴCD。
いよいよリリースが決定しました。
ただいま、すべての編集作業を終え、工場にてプレス中であります。

7月上旬というと少し曖昧ですが、早ければ5日、遅くとも10日頃には店頭に並べることができそうです。

もともとは、プライヴェート盤としてCD-Rとして出す予定での録音でしたが、「プライヴェート盤として留めるには惜しい」出来映えということで、プレスすることにしたものです。それに伴い、ブックレット、レーベルのデザインをデザイナー大城祐香氏に依頼し、綺麗なものが出来上がっております。

各レコード会社へのご案内はこれからとなりますが、まずは第一報としてこちらに掲げたいと思います。

かもっくすレーベルでの直販もあります。
福島章恭自筆サイン付きをご希望の方は、こちらまでお申し込みください。
送料は、当方にて負担致します。

ご予約・お問い合わせ
かもっくすレーベル
Eメール: akiyasu.concerts@gmail.com

 

福島章恭 珠玉のモーツァルト&ベートーヴェン(ライヴ)
”OVERCOME COVID-19 CONCERT with Amadeus & Ludwig"

指揮: 福島章恭 Akiyasu Fukushima
東京フォルトゥーナ室内管弦楽団 Tokyo Fortuna Ensemble
(コンサートマスター:相原千興) (Concertmaster: Chiaki Aihara)

収録曲目
Disc.1
1. モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
2 .モーツァルト:交響曲第41番ハ長調K.551 「ジュピター」
Disc.2
1.. ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調op.92
アンコール
2. ヨーゼフ&ヨハン・シュトラウス2世:ピツィカート・ポルカ
3. ヨハン・シュトラウス1世::ラデツキー行進曲

2021年4月17日 杜のホールはしもと

ワオンレコードによるワンポイント高音質録音

かもっくす KMC-2104 CD2枚組 3,000円(税込み)

乞うご期待‼
ご予約・お問い合わせ
かもっくす音楽舎 
akiyasu.concerts@gmail.com

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする