たわごと、独り言

テレビ大好き、映画大好き、おしゃべり大好き、あなたは?

三週間が経ちました

2011年09月29日 00時26分19秒 | うっくんともくん
めまぐるしかったこの三週間

ようやく落ち着いてきました


上の娘は自宅に戻り三時間ごとに搾乳をして冷凍保存

Kクンの仕事が終わったところで二人で病院に赤ちゃんへ母乳を届けに行って面会する

おかげで体重も出産前に戻り 手術の傷もすっかり落ち着きました


家での夕飯も母に「いつまでもお母さんに甘えているんじゃないの」と怒られて以来

食べに来ていません



まさかその後ダンナが帯状疱疹になり大騒ぎになるとは思いもよりませんでしたが



下の娘も徐々に落ち着き 彼ママとの関係も譲れるところは譲って

赤ちゃんとの生活を楽しんでいる様子です

時折送ってくるメールが 語ってくれています


お宮参りも彼ママとよく話し合い

近所の神社にお参りして写真館で撮影

会食は両家の両親とやはり近所の料理屋で簡単に ということに落ち着いたとのこと

支払はどうするかとか 細かなところまでちゃんと話しあったと言うことで

娘が強くなったことにホッとしています


「セレモニードレスは買ってきてくれちゃった」娘の苦笑いが微笑ましい


これから大変だとは思いますが娘が強くなったことに親としてはちょっと嬉しく思います




上の娘の赤ちゃん まだ退院のめどは立っていないので 

有休 折角取ったけど取り消し

残業だけはパスさせてもらっていますけど


ダンナの帯状疱疹のせいで 家事放棄となっているので

疲れて帰ってからダンナのお昼の洗い物をして それから夕飯作り

お風呂の掃除と 今までダンナのやってくれていた家事が

どれだけ助かっていたかを思い知らされました


早く治ってくれぇ~
コメント

「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」

2011年09月26日 19時00分57秒 | テレビ番組
録りためてあったドラマ 忙しくってなかなか見る暇がありません

たまに時間のあった時にまとめて見るのですが

感想まではアップする気力もない…

気がつけば次々と最終回を迎えてしまいました


忙しくても好きなものは止められないってことで

見たのは「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」


なんといっても魅力は基子(黒木メイサ)のストイックな鍛えられた身体とアクション

殺陣のシーンはほれぼれしてしまいます


ジウ(L)も白い衣装と金髪が美しく動きの一つ一つが綺麗

ほとんど語らないのも魅力かも


美咲(多部未華子)も頑張っているが若干の物足りなさは残ります 

ま、デカワンコが先でよかった…くらい 下着姿だって頑張った割には「えっこんな程度?」「キャミじゃん」


でもぐいぐい惹きつけられ楽しみなストーリー展開で有りました

スタイリッシュでカッコいい映像

惜しむらくは最終話 今までの切れのいい場面展開と違って

なんで? どうして?とツッコミを入れたくなる強引な持っていきかた

不完全燃焼… 

脚本がいまいちというか、駆け足というか、そそくさと帳尻合わせって感じでした

雨宮〈城田優〉のくだりなど 台詞で全部説明なんてあまりにも陳腐

今までの作りがしっかりしていて良かっただけに

最終話の稚拙さはがっかりでした



それにしても黒木メイサがこんなにやるもんだとは

ただの美人じゃないって これは凄いことですよね 


美咲が思いを寄せる東(北村有起哉)がまた良い 若い二枚目じゃなくさえない中年男

でも魅力的なのよね にぶちんなとこが可愛い



話的には好きじゃないけど役者さんの魅力で見続けたドラマでした
コメント

紅花リンゴ

2011年09月25日 13時39分23秒 | うまいもん
宗家 源 吉兆庵 のお菓子を戴きました

いつも美味しい物をくださるのは下の娘の彼ママ

真っ赤なリンゴをイメージしたパッケージに

可愛いお菓子が…


開けるとこんな感じ


食べてみるとシャキシャキのリンゴが入った白い羊羹です


シナモンの香りがほんのり 甘くて美味しい


9月からのお菓子 洋風だけど和テイストのお洒落なお菓子でした


いつも美味しい物を下さり こちらもお返しをと思うとなかなか大変

田舎なので気の利いたものがなくってね
コメント

鬼のかく乱

2011年09月24日 16時03分35秒 | 雑記
頭が痛いと言い出したダンナ

見るとちょっと湿疹が出来ているような…

手にも指にもぽつぽつとかぶれたような湿疹があります

「ひょうたんでかぶれたんじゃないの?」

最近収穫したひょうたんの種だしに勤しんでいたのでそう思ったんですが

治らないので 「皮膚科行ったら?」しつこく勧めていました

病院というと腰の重いダンナ

今度ばかりはしぶしぶ出かけました


「帯状疱疹だって…」


ここ2週間ほどの怒涛の毎日 ダンナにとっては相当のストレスだったみたい

どんだけストレスに弱いんだって

忙しく出歩いていたのは自分なんですけどね


娘達の出産だけでなく 書道教室のごたごた等 色々ストレスの要因はありました

ま、仕事が進まないのが一番のストレス要因かも…


しばらくはおとなしくね
コメント

ひいばあちゃんと一緒

2011年09月24日 12時12分28秒 | うっくんともくん
若干マタニティブルーが入っている下の娘

気がかりです


彼ママからは「次お会いするのはお宮参りの時ね」といわれていたので

翌週またというのは気が引けるのですが 母が会いたがっていると言うのはいい口実


娘の好物のうなぎの混ぜご飯とかぼちゃのそぼろ煮を作ってお昼ご飯にしようとお重に詰めました

母は高野豆腐の含め煮とポテトサラダを作ってくれました


年寄りと一緒なのでショッピングカーに荷物を詰め込んでガラガラ

ついでに友人が送ってくれた新米も二軒分一緒に積んだので かなり重い

朝10時半には家を出たのですが 母の足を気遣いながら出かけたので着いたのは1時

やはり遠いです


でもこの一週間で赤ちゃんは3キロを超え順調に育っている様子に一安心

母乳だけですから立派です


婿さんは仕事でいないので ひいばあちゃんとの御対面はゆっくり出来ました

娘は辛い時や何かあった時はいつも母に会いに行っていました

別に相談するとかいうのではなく 母の顔を見て話を聞くだけで癒されてていたようでしたので

絶対連れてきたかったんです


ひいばあちゃんとおばあちゃん、ママと赤ちゃん寝てばっかりだけど幸せなひと時でした


夕方には早々引き揚げましたが家にたどり着いたのは6時過ぎ…


母にとっては強行軍でしたが

わたしも疲れた…
コメント

台風一過

2011年09月22日 19時38分13秒 | 雑記
子供の頃は台風一過って台風一家のことだと思っていました

まるで台風みたいに騒々しく来て帰っていくお客?みたいな


久しぶりに今朝はその台風一過

あたりは落ち葉が散乱 一階の掲示版も掲示物が風で引きちぎられてとっ散らかっています

空はピーカン

久しぶりにまぶしい青空


なのに帰る時は又雨

羽織っていたシャツが傘ごしに濡れそぼって冷たい冷たい

まったくなんてお天気なんでしょう


夕べは電車も止まってしまい大混乱だったとか

会社側は早く帰そうと残業もなしで帰宅させたけど

駅に着いたら電車が動いていなくて立ち往生だったとは詰めの甘いこと

せめて電車の確認を取ってから帰すべきだったのではと 

震災時の教訓を生かせなかった会社の対応の甘さに呆れてしまいました



でも今日は早めのお給料日

そして明日からまた三連休

ウキウキですね

お給料も今月は休日出勤が2回あったのでちょっぴりアップ

なおうれしい
コメント

台風 久しぶりにこわかった~

2011年09月21日 19時51分51秒 | 雑記
朝から大雨 出勤時にはかなり降っているのでレインコートに長靴と完全装備で出かけました

これで帰り晴れたら笑っちゃうね なんて軽口叩いていたけど

帰りはもっとすごいお天気になっていました



まともに傘もさせないほどの強風と大雨

レインコートを着てもそれを通すほどに吹き付けます

「傘なんてさしたら危ないよ」と、言われましたが

何か風で落ちてきたときに少しでもクッションになるように身体に密着させて差していきます

最近は台風と言ってもさほどでもなかったのに

今回のは久しぶりに凄い


身体を持ってかれそうです


家に着いたらパンツまでぐっしょり

長靴の中まで足を伝わって雨が入りこんでいます


そのままお風呂に入って体を温め やっと人心地



さすがに今夜は皆夕飯を食べにこれません

各自それぞれと言うことで

今夜は久しぶりに夫婦二人きり


まあたまにはいいでしょう


ダンナはなぜかうきうきしています

そんなにばあちゃんと一緒は息がつまるのかしら



名古屋にいる息子にメールを送ると即効で返事

おや珍しいこと

「全然無事」日本語おかしいでしょ

まあ無事ならそれに越したことはありません

去年の大雨の時は職場当たりでは腰まで冠水したとのことでしたので



もう今頃になると 雨音もやんで虫の音に変わりました

まあずいぶんと駆け足の台風だったのですね

コメント

ババちゃんは三人

2011年09月20日 19時06分30秒 | 雑記
二人の娘にはそれぞれ彼ママがおりわたしを入れるとババちゃん三人となります


上の娘の彼ママは岩手に在住

娘のことをとても可愛がってくださり 宅急便を送ってくれても受取人は娘宛

今回も急な出産に取るものもとりあえず駆けつけてくださった

娘の好物の焼きイモとケーキを焼いて…

あいにく帝王切開手術なのでガスが出るまで何も食べられないので

娘の鼻先にお芋を持ってきて「ほ~らいいにおいでしょ ガスが出たくなるかも」

ユーモアたっぷりのお母さんです

赤ちゃんのことはもちろん心配ですがそれ以上に娘の体調を案じてくださり

病院の帰りに家に寄って戴いたときはしみじみと気持ちを伝えてくださいました

本当にうれしい限りです

赤ちゃんはまだ退院できないので見ることもかないませんが 

娘の元気な顔を見たから安心と帰路につかれ

しばらくしたらまた宅急便で手編みのアフガンと可愛いベビー服 手作りパンなどを送ってくださいました

ありがたいことです



下の娘の彼ママも午前中はパートのお仕事をこなした後お昼を買ってきてくださり

沐浴の手伝い、洗濯、夜のご飯など大活躍で面倒を見てくださいます

10年間待った末の初孫なので やりたいことはたくさん有り

ときには暴走もしますが 至れり尽くせりとはこのことを言うのでしょうか

細やかな心遣いに感謝感謝で有ります

ときには色々の助言に娘が対応しきれず赤ちゃんと二人になるとダメママな自分が切なくて

泣いてしまうこともあるそうですが 

彼ママには感謝してもしきれないほど


わたしはと言えば

「教科書通りにいくとは限らないんだから」とのんきになることを薦めるしかありません

せめて癒し系の母になるべく努力中 こまめに顔を出してマタニティブルーの娘をサポートしなくちゃね


夕飯はKクンと娘、わたしたち夫婦と母の5人ですが

「あれとって これとって」と動かない娘に母爆発

「もう元気なんだから自分で少しはやりなさい! お母さんを労わってあげなきゃだめでしょ」

ばあちゃん節健在です

産後だからとついついわたしも甘やかしてしまっていたので

「あんたも甘やかすんじゃないの」お鉢がこちらにも回ってきました


おかげで今夜は娘達は夕飯は自分の家で食べるからと言い出しました

少しは反省したのかしらね

ばあちゃん怒ると怖いんだから…


若いババちゃん三人は年も近いので仲良くやっていけたら最高です

ちなみにみんな携帯は同じなので なぜかKクンつながりで家族割

コメント

沐浴のお手伝い

2011年09月19日 00時50分12秒 | うっくんともくん
昨晩は予定していなかった祝宴でした

上機嫌の末弟は二人の妊娠を聞いたときから

「出産祝いはこれっきゃない」と、早々と用意

本人に手渡したいと持ってきてくれたものは



Kクンの愛車と同じ真っ赤な車

皆に大受けだったのですっかり気を良くしておりました

「実はTちゃんの方も青い車を用意してあるんだ」

下の娘の愛車と同じ青の車

明日わたしが会いに行くことを知った末弟

「じゃ ぼくも行こうかな」


結局明日用事を済ませた後 下の娘宅に届けに行くことになりました

わたし達とは向こうで落ち合う形



一夜明けて早朝からお赤飯とお稲荷さんを作ってお重に詰めました

重いけどそこはダンナに頑張ってもらって

退院間もない下の娘宅訪問

一週間ぶりの赤ちゃんはと言えばもう可愛いこと最高です

ババ馬鹿ぶりを発揮

ダンナなどもうとろけそうな笑顔で写真を撮りまくっているありさま

おっぱいもよく飲んで よく眠り 手のかからない赤ちゃんです


昼食に持参のお稲荷さんとお赤飯を皆で食べ

ダンナは満足してそのまま友人の個展に行くため一足先に引き揚げました


さあ これからババの本領発揮

沐浴のお手伝い 片付け 積もる話 娘とたっぷり過ごしました

娘が疲れるといけないので早く帰るつもりだったのですが

夕方末弟が来るので それまでいることに


もちろん彼ママにも挨拶に

お重のお赤飯を一段届けました

実の親以上に何くれとなく面倒を見てくださって本当に有り難い

待ちかねた初孫なので張り切りぶりはわたしたち以上

なので何かと王道を行きたがるので娘にするとちょっと…という部分もあるのですが

肝心の譲れないところだけは守って 後はお任せすればいいからとアドバイス

一々気にしていたら おっぱいの出に障ります


夕方やってきた末弟 得意満面にプレゼントを渡します

もちろん大受け

やったね! 弟よ

考えればまだ大学生だった末弟 おそるおそる抱っこした赤ちゃんだった娘が今度はお母さんです

その娘の産んだ赤ちゃんを抱っこする末弟


いまだ独身の末弟 どんな気持ちでしょうか

叔父さんじゃないしね 大叔父さん?


さあもう長居は無用

今度はお宮参りの時にね


その間も赤ちゃんは良く寝ておとなしい

もっともっといっぱいおっぱい飲んで 大きくなってね


疲れても明日もお休み 嬉しいな
コメント

今夜が正式の出産祝い

2011年09月17日 14時02分19秒 | 雑記
夕べご馳走を食べて写真を見て

しっかり堪能して帰宅した娘


朝早くにメールをよこしました

やはり自分の家が一番とのこと

搾乳するにも自分のキッチンだと段取りがいいし 何より気兼ねなしで動けるのが最高だとか

親としても結婚して二人で作った家が一番と言ってくれることに感動

実家が楽でいいなんて言ってちゃね



今日はダンナは飲み会でいないので気を使った娘

「今夜は二人で何とかするから お母さんものんびり休んだら?」

じゃあお言葉に甘えてのんびりさせて戴きましょう

まずは髪をカットしてさっぱり

洗いものでもしてそれからドラマ三昧と思っていたら

末弟から連絡

娘に出産祝いをあげたいので行ってもいいかとのこと

ここしばらく忙しくてご無沙汰だった末弟

ならばダンナは飲み会に出かけて留守だけど我が家でお祝いと言うことに

「あなた飲み会に出かけて留守だけど 弟がMの出産祝い持ってきてくれるって言うから

家で皆でお食事会やることにしたから」


それを聞いたダンナ

末弟も泊まりがけで来ると聞いて たまらず飲み会の約束をキャンセル

仲間はずれはいやと見える


早速蕎麦を打っています

今夜はのんびりする予定だったけどさあこれからご馳走作り


明日は下の娘の家にちょこっと顔を出すつもりです

二人いっぺんだったので両方公平にと思うとなかなか大変
コメント