たわごと、独り言

テレビ大好き、映画大好き、おしゃべり大好き、あなたは?

GAOはカンフル剤?

2011年01月08日 22時09分01秒 | 音楽
仕事が忙しくなると年頭の挨拶にあったとおり残業が続きます

まだ完全復帰とは言えないので残業はパスさせて戴いていたのですが

とうとう逃げきれずに久しぶりの残業をしました


何とかやれるかと思ったのですがやはり終盤はしんどくなってしまい 後半は片手で作業するありさま

終わった時は心底後悔 まだまだ残業は無理だった…


家についたらぐったり状態

母は年賀状の返事書きが終わらないので家には来ないとのこと

ダンナは書道教室でお出かけ

帰宅後一人こたつに入って呆けておりました

何気なくテレビをつけるとモノマネ番組をやっていました

ノンスタイルがGLAYの真似をしていているところを

ぼーっとみていたら次にみはるがGAOのものまねを

ずいぶん丸顔のGAOだけど懐かしく見ていたらなんとご本人登場

きやー 素敵

グッドタイミングでテレビをつけたってことじゃないですか

最近続けざまにテレビに顔出ししているGAO 周りの温かい拍手がうれしい

デビューして18年経ったなんて嘘のよう

と、言うことは今30代後半? とてもそうは見えません

カッコよく年をとってる 

でもあの金髪はいただけないけど プロレスラーみたいなんですもの

疲れた身体を癒してくれるGAOでした


終わった直後に上の娘から電話が

「今何してる?」

「テレビ見てたところ!! GAO見たよ」

「どこら辺から見た?」

「ノンスタイルから」

「じゃホントにぴったりだったんじゃない」

二人で大盛り上がり

モノマネ番組好きの娘 GAOファンのわたしを気にかけて電話してくれたのです

「サヨナラ」もいいけどわたしはアップテンポの曲が好き

これからまたいろんな曲を聞かせて欲しいな


疲れた身体でしたがこころはほんわか

また明日も頑張ろう
コメント

GAO! GAO!! GAO!!!

2010年12月11日 14時02分29秒 | 音楽
今ハマっている番組が「お願い!ランキング」

深夜枠で毎日なので見ることは当然無理

録画しておいて面白そうなコーナーだけ拾い見しています


12月10日のオフィスグッズ番外編も面白かったけど

ストライクミュージックで懐かしのあの人に


今日は狩野英孝のベスト10

藤井フミヤ セリーヌ・ディオン 椎名林檎 鈴木亜美 シャ乱Q 19 に続いて

GAOの登場!!!


わたし大好きだったんです

好き過ぎて人生初めてにして最後のファンクラブにまで加入するほど

会員番号119 何この微妙な番号


NHKの「BSヤングバトル」で優勝 その時以来のファンです

渋谷のEGG-MAN 日清パワーステーション のかぶりつきはもちろん ライブにもせっせと通いましたっけ




テレビに食い入るようにに見るわたしに家族は呆れ気味 

でも幸せ  懐かしのあの方に偶然出会ったようなものですもの



名曲ストライクのコーナーではご本人登場でGAOのスタジオライブ


18年経ったにもかかわらず 変わらぬ姿に娘共々大興奮

子供をだしにライブに連れ歩いたので娘もGAOが好きなのです


相変わらず端正な横顔 変わらぬハスキーボイス 久々に聞く「サヨナラ」

番組終了後持っていたCDを聞きまくってしまいました


録りためてあった「GAO セレクション」も再生しまくり


ちょっと遅いわたしの青春? またライブに行きたくなってしまいます
コメント (2)

ブリティッシュブラス 演奏会へ

2010年07月18日 18時12分57秒 | 音楽
下の娘の彼ママからチケットを戴きました

周りの誰も興味をもってくれないのでお一人様参加

残ったチケットは上司のご家族に差し上げました

以前送別会でご夫婦で演奏をしてくださったのでいいかななんて思って…


一緒に行く気は当方全くなし

夜の演奏会なので昼間の映画を見るつもりで早めに家を出たけれど

映画館はごった返していて満席状態

とてもじゃないけどあきらめました


そう世間はもうじき夏休みなのよね うっかりしていました

家を出るときはまだ席に余裕がある様子だったので油断していました


2時間ほど時間をつぶして池袋の芸術劇場へ

チケットは完売だそうでこちらも人でいっぱい


洗足学園音楽大学の定期演奏会と言うことですがブリティッシュブラスなるものは初めて耳にするもの

「えっ 普通のブラスバンドとは違うの?」

どうやら吹奏楽とはまた別物のようでわたしにとっては未知の世界です


パンフレットを熟読してもよく分かんない


ほぼ満席の中始まりました

第一部は「基本構成による金管バンドのオリジナル作品」

30人ほどの学生が演奏

マーチくらいしか聞いたことがなかったので新鮮でした

でも… よく分かんない


休憩をはさんで第二部は「中編成によるサウンドの異い」

これは90人余の大勢の演奏

パーカッションのソロもありティンパニーに目が釘付け

鳥肌物の演奏に感動しました

中学、高校のブラバンとはまったく異なるもの 

のダメのような演出もあり楽しい演奏に心うきうき


続いての第三部は「大編成によるマスバンドの響きと魅力」

一部、二部両方の全出演者による演奏には圧倒されました

豪快で繊細でとにかく桁外れのパワーには言葉もありません

パイプオルガンも入っていてもあまり聞こえないほど

二階から客席に向かっての演奏 全身が音楽につつまれて今まで経験したことのない演奏会でした


「アイーダ」とか耳馴染みのある曲もこんな風になるんだとその勇壮な演奏にただただ聞き入るばかりでした

こんな貴重な経験をさせてくださった彼ママに感謝感謝です


大拍手の中でのアンコールが「あかとんぼ」こんな繊細な曲も有りだなんて

わたしの乏しいボキャブラリーではとても伝えきれないけれど

大感激の演奏会で有りました


こんなことなら嫌がってもダンナを引っ張り出すんだった


ふと気が付けば上司一家の姿も有り 見つからないようにこっそり帰路につきました

見つかったら面倒ですものね

きっと上司一家も堪能してくれたことでしょう


お腹をすかせて待っているであろうダンナのもとへ大急ぎで帰ったら

上の娘夫婦としっかり飲んでいるダンナの姿が


いないわたしを肴にずいぶん飲んだ様子

越乃寒梅がほとんど空じゃん 


お楽しみだったようで
コメント

小田和正クリスマスライブ

2008年12月26日 01時24分44秒 | 音楽

仕事から帰って新聞のテレビ欄をチェックしていたら

な・なんと小田和正のライブ特番があるではありませんか

「クリスマスの約束2008」TBSテレビ11時30分から1時24分まで

毎年恒例とはいえすっかりわすれておりました


早速ビデオ予約するもダンナに先を越されております


「アメトーク」 このバラエティ好きが


やむなくそちらが終わる0時40分からの録画に

ま、11時半から見て0時40分になったら録画すればいいか

と、思っていたら…


爆睡  


目が覚めたら11時50分

テレビはダンナが録画しておいた「あらびきだん」なぞ見ております

途中でやめてもらって慌てて小田和正にチャンネル変更


不機嫌なダンナを尻目に堪能しました


いやぁ~  いい声だ 


音程も安定しているから安心して聞き惚れていられます

街中を探訪しているおやじトークも楽しめたし

やっぱりいいなぁ


大好きであります(小田口調で)


ずっと見ていたいけど録画が始まったのを確認してお風呂に入りました


外は木枯らしでガタガタとうるさい


ちょっぴり怖い


でも気分は幸せ

小田和正クリスマスライブは


年末のお休みにじっくり楽しみます


正月?
コメント (2)

行ってきました!小田和正!

2008年09月11日 20時21分07秒 | 音楽
素晴らしかった!! 

還暦過ぎのおじさんとは思えないパワフルなステージ

3曲立て続けに武道館を走り回って歌ってくれました


「ペース配分を間違えたぁ ちょっと疲れました」はご愛敬


北西2階席の後ろから7列目という悲惨な席でしたが

前回の抽選では外れたことを思えば当たっただけ良しとしなくては

チケットを購入するのも大変です


観客も団塊の世代が主流  

結構高齢の方もいらっしゃる


オフコース時代は甘ったるい気がしてさほど興味がなかったのですが

最近は小田さんの詩が心に沁み入ります


最近になってのファンとして肩身が狭いのですが

心行くまで楽しめました


また小田さん気配りがすごい


バックヤードの席まで走る走る


センターステージのほかに5つのサブステージがあるのにホントによく走る

「ありがとう」って何回も言ってたけど

ファンへの気持ちがとっても嬉しい


MCがオジジ発言満載なのもシャイな小田さんらしくって楽しめます


売れないころファンから年賀状が来るというマイナーぶりを披露

また律儀にお返事を書いたそうですが

「そのはがき持ってる人来てるかなぁ」

いました 思わず拍手

30人ほどだったそうですがそのころからのファンに小田さんも大喜び

「まさか いるなんて」


ライブだと歌もよく聞こえずCDで聞くほどうまくないというアーティストの多い中

小田さんの歌声は見事と言うしかない

のびる高音 確かな音程 安心して身をゆだねることができます

小田さんはCDよりライブにこそ行くべきだと思いました


あっという間の3時間弱

2度目のアンコールで涙を飲んで帰りました

最後まで聞きたかったけど

帰りの雑踏を思うと早めの帰りもやむなし

おかげさまで楽々帰れて家についたのは11時前

最後まで付き合うと終バスがなくなっちゃうんですもの
コメント

ジェイク・島袋 再び

2008年04月03日 00時02分23秒 | 音楽
二年前に知ったジェイク・島袋

彼のウクレレを3月30日のテレビ東京「みゅーじん」で取り上げていました

超絶テクは相変わらず

前髪を垂らしたジェイクは少年のようで

ひたむきなウクレレも変わりません

やっぱりいいなぁ


山古志の小学生にウクレレの楽しさをプレゼント

やさしいな

子供たちの食い入るようなまなざしが

ジェイクには最高のプレゼントになったようでした


彼のウクレレもっと聞きたかった


それだけが心残り

あまりにも真面目でそれが不器用さに見えてしまう時があるけれど

そんなジェイクが大好きです

もっとみんなに知って欲しい
コメント

いま ちあきなおみ

2006年06月18日 02時12分30秒 | 音楽
今テレビのCMソングで気になるのがちあきなおみです

やわらかく気持ちのいい声


はっきり行って昔は好きじゃなかった

うまいとは思うけど歌謡曲は好みじゃなかったし、見た目(化粧)もちょっとね

でもあのCMが流れると思わず手を止めて聞き入ってしまうんです


そんな時NHK衛星第2にて「歌伝説 ちあきなおみの世界」の再放送がありました

ビデオにとって観ました

すごい!うまい! 

でも笑っちゃう


なぜか?


物真似を思い出してしまうから…

あの化粧は無いだろとか歌い方とか

物真似心をくすぐっちゃうんだろうな


こどもたちも本物は観たことが無くても物真似でちあきなおみは知っているわけで

やっぱり笑っちゃいました



「星影の小径」に鳥肌が立つほど感動しながらもなんて失礼な話です


そういえば岩崎宏美もコロッケに真似されて封印した曲があると聞きました

物真似のおかげで復活したり共存したりしている歌手もたくさんいるけれど

ことちあきなおみに関してはきっと本人傷ついているのではと思ってしまいます


ご主人亡き後一切表に出てこなくてもあの歌声は人の心に染み付いているわけで

私みたいにファンでなくてもCD買って何度も聞いている人もたくさんいるんだろうなと思います 

ごめんなさい

しっとりと歌うエレガントな姿をまた見たいものです
コメント (4)

元追っかけ

2006年02月27日 00時34分20秒 | 音楽
熱烈ロック大好き少女だった私

初めて行ったライブは「M」

会社の先輩に連れて行かれたライブハウスでの演奏でした

踊らないで演奏を聞いていて店員さんに叱られた事が印象的でした


その後は「ブラッド・スェット&ティアーズ(BS&T)」「シカゴ」「サンタナ」

「エリック・クラプトン」「ズー・ニ・ブー」「アダモ」「上田正樹」「井上陽水」

色々なジャンルに行ったけど子供が生まれてからはとんとご無沙汰になってしまいました


そんな私の血が久しぶりに騒いだのです

当時NHK・BS2で放映されていたBSヤングバトルグランプリ

優勝者「GAO」の「天国と地獄の日々」にノックアウト


渋谷のEgg-manでのかぶりつきに始まり

日進パワーステーションなどまさに手の届く距離で

若い子と一体となって熱狂しました


傍から見ると迷惑なオバサンだったと思いますけど…
 
「サヨナラ」で爆発的に人気が出てくるとチケットも入手困難になり

とうとうファンクラブにも入会してチケットを入手するほどはまりにはまり

娘たちをも巻き込んでの打ち込みようとなりました


高校受験を控えているというのに娘と二人日本青年館まで出かけたら

娘の影響を受けた同級生がやはりお母さんと一緒に来ているところに出くわしたこともありました

お母さんと意気投合、その後の開場では

しっかり私は娘と前の席へ お友達ははるか後ろの席です


普通子供に前を譲り親は後ろの席で応援するでしょと後で言われましたが

がんばって前の席を確保したのに人になぞ譲れるものですか

堪能してきました 叫びました

そんなに好きだったのですが、やはり私も人の親

上の子が浪人したときは「GAO」断ちをして我が家は長い受験期に突入したのです


一番下の子が大学に入ったとき「GAO」はテレビからいなくなっていました

不器用な「GAO」にこの世界は冷たかったのかしら



今回このブログを書くに当たり検索してみたら

REAL”G”として自分の世界を貫いて活躍されているようでほっとしました


あの頃のように追っかけはできないけどがんばってください
コメント

ジェイク島袋 こんなウクレレ演奏があったなんて

2006年01月28日 16時47分26秒 | 音楽
昨日ちょっと触れましたが

ジェイク島袋 彼のウクレレはすごいの一言です


先日NHKBSで放映された「井上陽水 空想ハイウェイAct 4」のゲストの一人です

ハワイ出身なので陽水のこともあまり知らないようでしたが

その演奏ぶりにはさすがの陽水も

食われているように見えました


何より演奏しているのがめちゃ楽しいという雰囲気が

昨日紹介したデパペペと通じるものがあって

おばさんすっかりはまってしまいました


そういえばウクレレで日本中を演奏して回っている芸人夫婦

なんてのを、某「電波少年」なる番組がやらせていましたっけ

彼らはどうなってしまったのでしょうね



高木ブーさんのウクレレのようにオーソドックスなのも楽しいけど

若い人の感性のちょっとジャズっぽいのも

お し ゃ れ


もっともっと若い人たちの音楽を聴きたいと思いました
コメント

今一番のお気に入り デパペペ

2006年01月27日 19時10分06秒 | 音楽
先日のトップランナー「デパペペ」を見過ごして悔しい思いをしていたら

やったね! 再放送を夜中にやっていました


翌日の仕事を気にしつつしっかり見ました

かわい~い~


もちろん皆さんご存知でしょうが、アコギのインストロメンタルデュオです


2人時々目を交わしながらの楽しい演奏は

こちらまで嬉しくなってしまうほほえましいものです



本庄まなみさんも同じことを思っていて

その辺のところを突っ込んでインタビューしてくれていました

メロディとバッキングが交差するのでアイコンタクトでリズムを取っているとのこと



どちらもメインというのがいい感じ

軽やかで個性的な演奏は聞く人を取り込んでしまうのも当然か

二人の性格の素直さが良く出ています



こんな演奏もう一人知っています

ウクレレ演奏のジェイク島袋 彼も軽やかで良いんですよね

そのことについては又今度



あ~  ライブに行きたいな~
コメント