たわごと、独り言

テレビ大好き、映画大好き、おしゃべり大好き、あなたは?

大晦日 頑張ってます

2009年12月31日 17時53分22秒 | 雑記
夕べは早く床に就いた息子 名古屋からの運転よほど疲れた模様

今朝は朝食も早く作ったのですが一向起きてくる気配なし

ほっておいて銀行回りと最後の買い出しと走り回りました


大荒れといってもすかっと晴れていいお天気 若干空気は冷たいけどこれ幸いと布団を干しました


やっと起きだした息子がシャワーを浴びればもうお昼


朝食に作っておいたお握りとみそ汁に足して焼きそばも作って四人でいただきました

二人はこれから新宿に出かけるとのこと

彼女がシャワーを浴びている間 息子にチェック


「いつから付き合い始めたの?」

「10月くらいかな」

「えーっまだ付き合い始めたばかりじゃん」

「じゃ今回連れてきたのは 結婚したいから紹介じゃなくって単なる見せびらかし?」

「ま、そんなところ」

「向こうの親にはあったことあるの?」

「一回」

「今回こっちに来ていることは承知なの?」

「言ってない」


まあ結婚したくても貯金がない奴だから無理だろうな…

まして相手は名古屋の人だし


複雑なわたしを置いて二人さっさと出かけてしまいました



邪魔がいなくなったところでダンナは蕎麦打ちのラストスパート


わたしもキッチンに立ちっぱなしで煮物に取り組んでいます


夜のご馳走はワンパターンの餃子と春巻きと杏仁豆腐

上の娘が手伝いに早めに来るというので今一休みです


さあこれから年越しの宴

母、末弟、上の娘とKクン、下の娘夫婦、息子と彼女、私たち夫婦総勢十人


座ってる暇もないんだろうな


ダンナは今ご近所に年越し蕎麦の配達に出かけました




コメント

息子の彼女

2009年12月30日 23時01分53秒 | 雑記
夏以来 本当に久しぶりの息子の帰宅です

どうせ帰ってこないんだと思ってほったらかしていたのですが

上の娘がメールを入れて確認を取ってくれました

おふくろは怖くないけど ねえちゃんは怖い…


彼女を連れて帰るからよろしくとの連絡


どんな彼女かドキドキ そわそわ

ダンナと落ち着かない一日でしたが

お会いしたらとっても感じのいいお嬢さんでホッとしました


息子あれでなかなか人を見る目があるようです


菊池凛子似のきれいなお嬢さん


息子よりも4つ下 でもしっかりしている

安心しました


息子に食事を作ってくれているとのこと

そういえば息子ちょっぴりふっくらしたみたい


相変わらず仕事は忙しいみたいだけど体が心配です

このご時世 贅沢は言えないってことですね


別に結婚するのでって感じではないけど とりあえず今付き合っている娘だよ的ニュアンスでしょうか

次々子供たちが相手を連れてくるのはうれしいことです
コメント

娘の誕生日

2009年12月30日 15時41分04秒 | 雑記
夕べの娘の誕生日会はとても楽しいものでした

仕事を終えて帰ってから用意したので大したものはできませんでしたが

娘とKクンとともに囲む食卓はそれだけで楽しいものです


Kクンはとても気配りのきく人で大晦日にも来るのですが一緒になる婿さんに気を使い

彼を中心にと考えて別の日にわたしたちと飲みたいと考えたそうです


そういえばKクンがはじめて家に来たのも去年の大晦日でした

夏に離婚したので一人で迎える正月は淋しかろうと娘が声掛けしたのがきっかけです

その後二人は付き合うようになり今や事実婚状態


本当ならば結婚前に何たることと怒るのが普通ですが

いい歳の娘 かなりおおらかなのでダンナとしてはよほど懐の深い人でなくては付き合えないと思っていたので

娘をよく理解し認めてくれているKクンに心を許した次第


おなかいっぱい食べて満足げにおこたにもぐり込んでまどろみ始めた娘を肴に

ダンナとKクン一杯飲んでおります


本人が寝ているのをいいことに二人勝手なことをしゃべっています



娘は幸せ者です




クリスマスのプレゼントなにもあげていなかったので

昨日職場の慰労会でもらったビンゴの景品

フレグランスキャンドルとボディソープのセットをKクンにあげました


「いい香りのものが大好き」とのことなのでちょうどよかった


Kクンからはフォーションのアップルティーをいただきました

これはわたしの大好きなもの


娘の誕生日プレゼントは圧力鍋かタコ焼き器機能付きホットプレートとのことなので

好みのものを探しているところです

そういえば去年はまだあげていなかったけ

て、ことは両方?


ん~ 物入りだ
コメント

今年の暮れと年始の予定は…

2009年12月29日 19時16分58秒 | 雑記
29日ぎりぎりまで仕事 4日には仕事始めとわずか5日の休みです

そして次々入る子供たちの予定


上の娘は誕生日のご馳走は29日にとのお達し 

大晦日は我が家で迎え一日の昼には家を出発二泊三日の予定でKクンの実家に帰省するので年始のお食事は朝がいいとのたまわっております

例年では初日の出を見に行くので年始の食事はお昼でした



下の娘は婿さんと大晦日に来て翌日の夕方帰るとのこと



息子は三十日の昼に来て一日の夜帰る ただし彼女も一緒


えーっ どの彼女? 前の?今の? 

どうやら新しい彼女のようです


これに加え弟と母の予定もあり今部屋の割り付け及び布団のやりくりに頭を悩ましています


なんともにぎやかなお正月になりそうですがまだ片付いてな~い



とりあえず今夜は誕生日のごちそうを作らなくては


まあ、娘とKクンわたしたち夫婦4人の忘年会を兼ねてということで

ダンナの好物 刺身とマカロニサラダ 娘の希望の茶わん蒸し 肉汁うどん

後は何か適当に見繕って簡単にすませましょう


何せもうわたし疲労困憊で足がジンジン 早く座りたい…


煮物を作っている間にブログも更新できたしそろそろ娘たちも帰ってくる頃です
コメント

珍客 来宅

2009年12月28日 18時52分47秒 | 雑記
わたしは仕事でしたが今日は珍しいお客様が見えました

母と母の教会に来ている中国からの留学生です


先日教会での永眠者礼拝に出席した折にお会いした方なのですが

偶然ダンナのファンであることが判明

ぜひうちに遊びに来たいということで母が連れてきました


高校はニュージ-ランドへ留学、大学はお茶の水女子と才媛のお嬢さんが相手とあって

わたしがいないとてんで元気の出ないダンナ

上の娘に助けを求め付き合ってもらったそうな

どうも若い女性が苦手です



もちろん留学生のお嬢さん大喜び

留学先のニュージーランドでダンナの本を知ったそうで

不思議なご縁を感じます


本に載っている筆者近影は十年ほど前の写真

「違う人みたい」と言われちゃった

「今のほうがもっと素敵」お愛想も忘れないって相手に気を遣わせてどうするの


もういい加減筆者近影はやめたほうがいいとつくづく思いました


大急ぎで帰宅したのですがタッチの差でお会いすることはできませんでした

わざわざこんな遠いところまで足を運んでいただき恐縮です
コメント

今日は大掃除

2009年12月27日 23時41分49秒 | 雑記
ダンナは先輩たちにねだられてちょっと早い年越し蕎麦の出張出前にお出かけ

なのでダンナの留守を狙ってキッチンの大掃除に励みました


換気扇、キッチン周り、戸棚などなど


そこへ上の娘から電話

「今日お風呂行かない?」

もちろん二つ返事で承諾


夜迎えに来るとのことなのでそれまでひたすら掃除に励みます

ご褒美が待っているとなるとテンションあがりますよね


どうせダンナは帰りは遅いはず


じゃあ娘のために夕飯はビーフシチューでも作ってあげましょうか

ダンナがお腹減らして帰ってきても大丈夫なように

もし食べなくても明日のお弁当になるしね



ようよう片付いたころ娘が帰ってきました

二人でビーフシチューを食べてお風呂に行きました


行先は「いるまの湯」


久しぶりです


そんなに混んでいないので岩盤浴も楽しんでしっかり2時間の入浴です


こういうとき娘を持ってよかったなとつくづく思います



戻ったらダンナも帰っておりました

みんなに喜ばれてご機嫌


さすがに疲れたと見え我がまま言ってますけどね
コメント

やっと書き上げた年賀状

2009年12月26日 18時51分36秒 | 雑記
今日は朝から年賀状一色

こたつを陣取り ダンナが作ってくれた年賀状に一言と宛て名書きです

バックミュージック代わりは先日録画しておいた

「クリスマスの約束2009」「SONGS 井上陽水」「ザ・フォーク・クルセダーズ新決成記念・解散音楽会」

これらを見ながらせっせと書きまくりました


ダンナの傑作は書で寅をしたためたもので画仙紙なのでペンが引っ掛かり書きにくいことこの上なしです

試行錯誤を繰り返しやっと書きやすいペンを見つけ書き続けました

文句をいったらあとが怖い…


例年同じ文章が続いて変化もなかったのですが

今年は下の娘の結婚、上の娘の事実婚と激変の我が家


一言が三言になり…  疲れた…


判子も押して切手もはり もう付き合いのない人は切り

わたしの分 厳選した人46枚分書き上げました


と、言っても出さなかった人からきてあわてて返事を書くパターンなんですけど



「クリスマスの約束2009」の小田和正はピンクのベスト

オードリーの春日かって突っ込みを入れたくなります


総勢22組のメドレーは圧巻でしたが小田さんご本人の歌が少なかったのは残念


懐かしい面々と新しい人たちによるメドレー

作り上げていく過程も見せて これはこれで別の番組にしてほしかったなと思った次第



「陽水」はやっぱり70年代の曲が好きですね

画面は見ずに歌声だけを堪能



「フォークル」は本当にすごい人たちだったんだなと再認識

はしだのりひこにはちょっと気の毒だけど 坂崎幸之助のほうが歌声的にもぴったり

違和感なしです


北村さんも久しぶりなのでついつい手を止めて見てしまいます

加藤さん そのあふれる才能を惜しみつつ…  ご冥福を祈ります



途中新聞屋の勧誘や なじみの大工さんの年末のあいさつなど邪魔が入りましたが

何とか今日中にポストに入れることができて一安心

25日は過ぎちゃいましたけど 


さあ~ 明日は大掃除だ
コメント

クリスマスプレゼント?

2009年12月25日 23時53分17秒 | 雑記
今日はクリスマス

もうこの年になるとだれもプレゼントなぞくれる訳もありませんが

職場の男の子から思いがけないプレゼントをもらいました


若干の知的障害を持つ彼 おっとりとしたとても性格の良い子です

うちの末息子と同い年なのでなんとなく面倒を見てしまいます


「Mさん パンケーキ好きですか?」

「好きよ ホットケーキより好きかも」

「僕のお父さんがたくさん持って帰ってきたので少しあげます」


見るとパウンドケーキ

「きゃー パウンドケーキじゃない 大好きよ 有難う」

「クリスマスプレゼントです」


まあ まさか職場でもらうなんてね

思ってもみなかったのでとっても嬉しい


別に物貰ったからって訳じゃないけど今日のお仕事ははかどりました


そして私から職場の方たちへのプレゼントは

夕べ自分のために焼いたキッシュ

食べきれなかった分タッパーに入れておすそ分けにもっていきました


結果は…

大好評でした  やっぱり女の人はキッシュ好きですよね


「レシピを教えて」の声続出


そんなつもりはなかったけどお料理名人と思われてしまいました

これもちょっとしたプレゼントかな



コメント

JIN-仁ー 最終回

2009年12月24日 20時41分04秒 | テレビ番組
今夜はクリスマスイヴ 

でもダンナは忘年会に出かけて私一人の夜です

おじさん、おじいさんの集まりはイヴなんて関係ないってこと 気の利かないこと


だから今夜は一人イヴです



昨日作って食べられなかったキッシュ

材料はまだ残っているので自分のために焼きました

こころゆくまで食べられます


そして「JIN-仁ー」の最終回を見ました

楽しみに取っておいた宝物のようなもの



野風の乳がんの手術も成功し一人の自立した女性としての生き方が定まり

一番幸せな道を歩み始めた気がします


咲も土壇場で自分の道を選んだけど


これって本当に最終回?


あの怪我をした男は誰?

仁は元の世界に戻れるの?

頭の腫瘍は一体何だったの?


な~んにも疑問が解けないままなんて

途中ではしごを外されたみたいで釈然としません


続編?映画?

結論は後のお楽しみってこと?


商売っ気が感じられてがっかりです


せっかくいい作品だったのに


それにしてもこのドラマ

南方仁のドラマでありながら

江戸に生きる強い女性が主人公だったような気がします


咲を演じる綾瀬はるか そっとそばに寄り添い助け、ここぞという言葉を発する

そんな健気な乙女を魅力的に見せてくれました

野風もかっこいい!!


最終回ってことはもう見れないんですよね

この脱力感

どうしてくれるの




コメント

弟宅でのクリスマス会

2009年12月23日 23時51分44秒 | 雑記
例年行っているクリスマス会

今年も弟宅で行われました


風邪と仕事のため欠席者続出 弟夫婦と高三の息子、弟の長男の息子(三才)

母と末弟、我が家からは私たち夫婦と上の娘


スペシャルゲストとして母の兄さん(84才) 計十人の参加でした


ちょっと大人なクリスマス会となった今回

賛美歌を歌ったり終始母のペースの会でしたが

一番仲のいい兄さんと昔話から旅行記まで盛り上がり母大満足でした


心づくしのご馳走は食べきれないほど

カニ飯、五目ごはん、ぬか漬け BY母

大根と豚肉の煮物、生春巻き BY義妹

スペアリブ、キッシュ、漬物 BYわたし

レアチーズケーキ、べイクドチーズケーキ BY伯父

そして 十割そば、二八そば、ゆずそば、茶そば BYダンナ


お蕎麦は大好評のうちに完売

ダンナすっかりいい気持


今回はプレゼントの交換はなしということでしたが

それなりの気を使わないプレゼントはあり

弟からは過去の写真を使ったDVDをもらいました

題して「M家の盛衰」


ダンナの本のもじりです

その中に今年の春蕎麦打ちを始めたばかりの頃のダンナの映像がありました

あまりの拙さにダンナ悶絶

いい気持で皆にそばをふるまったのにこんな恥ずかしい映像が残されていたなんて


うまくなった現在の腕前も録画しなおしてほしいダンナでありました
コメント