たわごと、独り言

テレビ大好き、映画大好き、おしゃべり大好き、あなたは?

パソコン復活

2007年08月26日 19時29分52秒 | 雑記
昨日暑い中 弟が自転車で一時間かけて来てくれました

ちょちょっといじってパソコン復活

ついでにデフラグもしてくれて重かったパソコンも軽くなり快調そのもの

感謝感謝です 

全く身内にパソコンに強い人がいるってことは

なんて心強いことでしょう


デフラグしている間 髪をカットに行きました


いつもの美容院は閉店しているので

昔いったことのある店へ


うちの近くの交差点だけでも5軒もの美容院が乱立しているのです

駅までだと10軒はくだらない


片っ端から制覇するとしても当分かかりそうなので

まずは馴染みのあるところから


マッサージもしてくれるしなかなかの腕前だけど

うーん 高い!

カットだけで3800円 シャンプーは1200円


ちょっと贅沢かな 


パソコンが直ったところで写真をのせましょう

ベランダのパイナップルです

きれいでしょ 


コメント

この会社に入って二年

2007年08月19日 23時30分32秒 | お仕事
もうじきこの会社に入って2年経ちます


短期アルバイトとして時給830円でスタート

慣れない製造業


同時期に入った人も後から入った人もあらかたやめてしまいました


毛色の変わった人が入ったと珍しがられちょっと浮いているのは感じていましたが

真面目さを買われて半年ちょっとで時給が850円に上げられ


1年8ヵ月後にサブリーダーに抜擢されて社員になることが出来ました


時給は870円


実に順調に進んでいるように見えますが

内実はかなり厳しい 


よく続いているもんだと我ながら感心してしまいます


この連休どこにも出かけずに家にいて

あまりにも楽なのにびっくり

ちょっと忙しすぎる毎日だったんだなと実感した次第


定年まで4年足らずとはいえこんな毎日が続くのかと思うと

気が重くなります


かといって仕事を辞めてダンナと顔を突き合わす毎日というのも

相当にしんどいのも事実でわがままなのは十分承知ですが

独りになる時間が欲しい 


こっそり有休取っちゃおうかなと画策していたら

サブリーダー仲間の人にくぎをさされてしまいました


「サブリーダーは忙しいんだから有休なんか取ってる暇はないのよ」

えーっ そんなぁ 







コメント

オレだけど事故ったんだ…

2007年08月17日 01時12分09秒 | 雑記
突然の息子からの電話


「オレオレ詐欺だと思った?」

そんなことより事故の様子の方が気になります 


車に自転車でぶつけたとのこと

「一方的に俺が悪いんだ」


保険が使えないか確認の電話でした


「家を出た段階で保険は使えなくなるから自分で入りなさいって言ったでしょ」

「やっぱダメか」

どうやら怪我はない様子に一安心


ちょっと待ってよ

なんか覚えがある


そうだ息子が小学生の時にも同じ事やっている


外から帰ってきたと思ったらこそこそ部屋で何かやっていて様子がおかしい

そっと覗いてみたら手を怪我しているのです

いつもなら大騒ぎするのに怪しい

問い詰めると自転車でぶつけたとのこと


慌てて外に出てみるとミラーの壊れた車のそばに人がいました

どうやら走行中の車に息子が突っ込んだようです

幸い団地内だったので車はスピードを出していなかったので大事故にはなりませんでしたが

息子が一方的に悪いので修理代を弁償したことがあったのです


それと全く同じじゃん

小学生の頃から成長してないってこと?


あの時は団地保険に入っていたからそれですんだけど

もう成人して家を出ていたら家族の保険は使えないって念を押しておいたのに

めんどくさがって何にもしていなかったようです


幸い大難ではなく小難で済んだけど

ちっとも変わっていない息子に心配の種はつきません


本人は夏のボーナスが手付かずだから大丈夫とのんきなこと言ってるけど

早く結婚でもしてしっかりして欲しい~






コメント

庄太 ~遠き故郷の空~

2007年08月16日 00時13分10秒 | マンガ
今日注文してあった本が届きました

「庄太」上巻 勝川克志著 さんこう社 1995円(税込み) 


著者サイン入りの立派なマンガです


春に出た「少年幻燈館」と同じ昭和30年代の岐阜の片田舎が舞台の

腕白な少年の日常を描いた物 


懐かしくてちょっとおセンチになりつつも庄太クンにはハラハラひやひや 

お値段からも分るように子供向けというよりも

上の年代向け…


一気に読むのがもったいなくて

じっくり何度も読み返したくなります


皆さんにオススメ


下巻が今から待ち遠しい 






コメント

「SAYURI」を観ました

2007年08月15日 00時35分59秒 | 映画
こんだけ蒸し暑いと洗い物が一番 

上履き、しまいこんでベタベタの食器等々

ついでに引出しの中、リサイクルのポリ袋 

日頃気になりつつも後回しになっているところを順番に片付けました


日中一番暑い時は一休みで「SAYURI」を観ます


賛否両論意見はいろいろありましたが結構面白かったというのが感想です


なんといっても大後寿々花が秀逸

ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」の女の子です

渡辺謙や工藤由貴に負けていない達者な英語のセリフ

健気で可愛くてそれだけで見せてくれます


着物の着こなしや微妙な髪型はちょっと気になるものの

チャン・ツィイもコン・リーも日本人をこなして健闘していますし

結構やるもんですね


芸者と花魁,舞妓さんがごちゃ混ぜなのはご愛嬌

日本人の私だって良く解っていないんですもの



コメント

夏は別居

2007年08月14日 00時13分26秒 | 雑記
毎日蒸し暑い日が続きます


何をしても滴り落ちる汗は目に染みて大変なことになっています


こんな暑さに弱いのがダンナさま

エアコンがんがん効かせた仕事部屋に閉じこもって

たまにこっちの部屋に出てくると「暑い、暑い」と文句を言います


私は冷房が苦手なので暑さ対策はもっぱら扇風機頼り


スーパーに買い物に行っても野菜売り場から精肉コーナー辺りで

おなかがごろごろ言い出し鮮魚コーナーで我慢できなくなって店外へ飛び出すありさま


デパートでも二時間も経つと外に出て

「あー あったかい~」


当然我が家にはエアコンは置けません


でもダンナはエアコン無しでは生きていけない人

仕事場を自宅に戻した時点でこの一室は死守したわけです


となると一緒の部屋にいるのはお互い辛い

必然的に別居と相成るわけです


ひとりでいるのが好きな私は苦にならないけど

甘えん坊のダンナは両方の部屋を行ったり来たり

まあご苦労様なことです

世間の皆様はどうお過ごしなのでしょうか






コメント

連休第一日目

2007年08月13日 01時53分50秒 | 雑記
夕べは夜更かししたため目がさめたら七時五十分

私は休みだけど娘は仕事


キャーッ寝坊だーッ 


娘をたたき起こして出社させたら結局そのまま洗濯掃除と家事に明け暮れました

まあたまっている家事をしなくては誰がしてくれる訳じゃなし


店晒しになっている仕事を片付け


一息入れたところで「フラガール」を観ました

蒼井優ちゃんが可愛いし、松雪泰子も好きな女優さん

それなり楽しめました

やはり見所は皆さんのフラダンス

女優根性はすごいなと感心して見入ってしまいました

話では知っていても私の子供の頃こういう生活があったという炭鉱の大変さ


それをカラッと描いて、プロジェクトXにしないところが

ちょっと物足りないかも


女の子中心の物語にしてあるんだからしょうがないかな

でも話が全部読めちゃうって言うのは寂しい限り



連休一日は田舎に孝行しに行かなきゃならないから

実質二日、どこも出かけられないのならせめて

今晩は近所の温泉に行って帰りは回転寿司でもつまみましょうか


皆さんおでかけなのか温泉はがらがら 

ダンナと一緒なのでそんなにのんびりは出来ません

娘とだったら垢すりしたり1時間以上浸かっていられるんだけど…



それなりに楽しんでお寿司とビールをたらふく戴き

帰宅しました


夜はたまっているカタログをじっくりチェック

付箋を貼って注文は最後の夜にでもするつもり


クレィジーケンバンドスペシャルライブを見ながら

のんびり過ごしました

コメント

やっと夏休み 映画三昧

2007年08月12日 17時54分16秒 | 映画
本来11日から15日までの夏休みが休日出勤と相成って

一日遅れの夏休みが始まります


明日からと思うと嬉しくて でもたいしたことは出来ないから

とりあえず夜更かししてのビデオ三昧

たまっていたドラマを見て 

さあお楽しみの映画は


映画は「イベリア 魂のフラメンコ」 


ただのフラメンコ映画ではありません

ドキュメンタリー?バレエ?コンテンポラリー?ミュージカル?

ストーリーもなくただひたすら音楽とフラメンコ 


ちょっと感動物です

従来のフラメンコとは異にする洗練されたもの

これはDVDに焼いてもらって愛蔵版にしなくちゃ 


ちょっといい気分のまま続いてみたのは 


「グムエル 漢江の怪物」


この選択は自分でも呆れますがペ・ドウナのファンなので好きなもの繋がりと言うところでしょうか


これは… 

なんと言う変わった映画でありましょうか

のっけに出てくる怪物はエイリアンっぽいけど逃げ惑う人たちを襲うところなどは

ちょっとハリウッド物や日本のと違って斬新ですごいと思いました

韓国物でもCGはいい感じ あまり泥臭くなくて仕上がりもかっこいい


オンナの子も可愛くて感情移入できるし父親役もさすがうまいなと思ったんだけど


なんだかよくわからない広がり方に戸惑いました 


所々笑っちゃう面白さはあるんだけど話しがとっちらかって

伏線?と思ったものも何にもなさずオンナの子も死んでしまうなんて


割り切れない展開でした


ペ・ドゥナはかっこよかったけど…


日本ではヒットしなかったのもなんとなく分ります


さあ明日はどう過ごしましょうか



コメント

仲良し姉妹が羨ましい

2007年08月11日 18時58分18秒 | 雑記
先日阿佐ヶ谷に行くために国分寺線に乗り換えたところ

前の座席に知人が乗っていました


奇遇に二人とも大盛り上がり

彼女の連れは別れただんな様のお姉さんだそうな

離婚したあともだんな抜きで仲良し姉妹をしているのだそうです



うちのダンナの方は父方に妹が二人、母方には三人の妹がおります

弟のお嫁さんも三姉妹の末っ子と回りは仲良し姉妹が勢ぞろいです


私といえば弟が二人

つまんないの 



うちの娘達もすべてにおいて正反対の二人ながら仲良し 



コタツの中で姉が妹にちょっかいを出しています

足で突っついているのです

「やめて」

それでもしつこく突っつきます

「足でさわんないでよ」

「足じゃないよ。手だよ」

「前足じゃん」

でも仲良し



姉ちゃんと妹の関係は本当にいいものですね



コメント

不思議なこと

2007年08月10日 01時28分24秒 | 雑記
先日のブログ「最後はどしゃ降り」はその前日に投稿した物の書き直しでした

前日に「最後はどしゃぶり」を書き上げて投稿

ところが翌日チェックするとそれが見当たらないのです

確かに書いたはずなのに変だなと

また思い出しながらもう一度投稿しなおしたのが「最後はどしゃ降り」


意味分ります?


どこを探しても見当たらなかったのがなんと1988年1月1日に入っていたのです

私がブログを始めるはるか前に投稿されていたことになるわけで

まるでタイムマシンにでも乗せられたような不思議な出来事でした


なぜこれが分ったかといいますと「ページごとアクセス解析」で

私のどの記事に訪問してくださった方が何人いらっしゃるかをチェックしたところ

「最後はどしゃ降り」と「最後はどしゃぶり」の二つに訪問してくださった方が

何人もいらしたことで発覚した次第


特別なことをした訳でもないのに過去に投稿されてしまったこと

またなぜそんな古いところを覗きにこられた方が何人もいらしたのか

不思議なことばかりです


ネットの世界は私のようなど素人には魔法の箱なのかもしれませんね


ちょっと恐くなってしまった一件でした



だんなは脳天気にネット友達とブログでコメントを交換

家にまで遊びにこられた方もいらして

そんなに信じちゃっても大丈夫なのかしらと

当方ひやひや 



どうなることやら




コメント