たわごと、独り言

テレビ大好き、映画大好き、おしゃべり大好き、あなたは?

相変わらず母に振り回されています

2012年01月28日 18時13分10秒 | 雑記
今日は昨年末受けた 大腸がん検査の生検結果を聞きに行ってきました

予約してあったにもかかわらず30分以上待たされ 持っていった本は読み切ってしまいました

結果は  大腸線種 良性の腫瘍とのこと 大きさも2ミリ以下の小さなものが2個なので様子見で済むそう

「まあ心配しないでも大丈夫」と言うことでホッとしました

来年また検査をして大きくなっていたらその時取ればいいとのことですが

去年直に見てくださった先生のお話では 「また便潜血検査でプラスが出たら大腸内視鏡検査をすればいいから」

その言葉にすがっちゃいます

そんな毎年内視鏡検査は受けたくないですものね


結局午前中は病院でつぶれてしまいましたが 駅まで出たので母に頼まれた買い物をすることに

メモによると「焼き豆腐、牛肉200グラム、金時豆、靴下2足、花」とあります

あまりにもアバウトな注文

いつもの母ならそんな高い肉は買わないけれど念のために確認

「一番いい肉を買ってきて!」 おお!聞いてよかった 

靴下は分からないのでわたしが引きとればいいからと4足購入

その中から選んでもらえばいいや

問題は花 お客が来るから家に飾るの?

やっぱり電話で確認

「お墓に供えるやつよ 」お墓と言っても普通のお墓ではありません

ロッカー式になっていて 手前のカウンターみたいなところにちょこっと置けるくらいのもの

腰の曲がった母が持って行くので ミニブーケにしました

これなら可愛いし、小さな袋に入れてもらえるので持ち運びにも便利

やれやれやっと買い物終了

4足のソックスから気に言ったもの2足を選んでもらい 残りはわたしが引き取りました

花も可愛いと気にいってくれたみたいで一安心


遅いお昼を食べていると母から電話

「靴下ってお出かけ用に履く薄い靴下なのよ 」えっ そういうのを選んだつもりだけど

よく聞いてみるとどうやらストッキングのことらしい

「短いやつで…」

「ショートストッキングね」

言葉が出なかったようでした  違うもの買っちゃったってことなのね

気を使ってその場では言わないで後から言うなんて

やれやれもう一度買い物に行ってきますか


明日の支度もあるのに何度も呼び出され振り回されてしまいます
コメント

日曜日にお客が…

2012年01月27日 20時52分55秒 | 雑記
母からのおねだり

「日曜日に義姉さんの墓参りがあるの  いつもはその後ご飯をご馳走になるんだけど…」

「帰り家に連れてきていい? Mさんの手打ち蕎麦をご馳走したいの!!」


伯父一家に自分の新居を見せたいと言うのもあるらしい

「いいですよ」ダンナは蕎麦を褒められれば悪い気はしないから二つ返事


蕎麦を食べるにはこの時期寒いから何か暖まるものも出した方がいいのかしら

ご馳走食べたその後こちらに足を延ばすと言うことならば 軽食?

メニューを考えて母に打診


「あらお料理屋さんの方の予約はキャンセルしたから家で食べるのよ」

えーっ ちょっとちょっと 話が見えないんですけど

蕎麦を食べに来るんじゃなかったの?


「だってお蕎麦だけって訳にはいかないじゃない なんか考えてよ」

実際お蕎麦美味しいけど食べた後は猛烈寒くって こたつに首まで潜り込むのが現実

寒い中わざわざ来て戴くのに冷え切った身体に冷たい蕎麦じゃ 伯父さん震えあがっちゃう


人数も多いことだしメインは蕎麦なら鍋物にでもすればいいかと腹をくくったけど

悪いと思ったのか母も自分でおでんを煮ると言い出しました


鍋物とおでん それに蕎麦 後はつまめるものを2・3品作ればいいかななんて心づもりしていて

今日母に再確認したところ

「みっちゃんとこの大きい鍋貸してね」「ほらこの間使ってた電気の鍋」

えーっ その鍋使って鍋もの作るつもりだったんですけど

「だって私そんなに大きい鍋持っていないもの あのお鍋ならおでんにちょうどいいと思って」


じゃあわたし何作ればいいのよ~

「あれがいいわ ほら茶わん蒸し」

12人前もの茶わん蒸しなんて 作ったことないよ~


相も変わらぬ母の思いつきに オロオロ振り回されっぱなしです




コメント

ダンナはジジばか

2012年01月25日 23時55分52秒 | ダンナ話
上の娘 まだうっクンが4ヶ月でおとなしく寝ているのをいいことに 母のところでお茶を習うことにしました

大学生のころにちょこっとかじっただけだったのですが

この機会にちゃんと覚えたいとおばあちゃんを口説き落とした次第


ちゃんと月謝を払わなきゃ身につかないわよ 一応念を押したけど「当たり前じゃん」と一蹴

ま、孫の特権と言うやつで一カ月何回来てもいいと 母も大甘


早速昨日お稽古にやってきました

と、なると落ち着かないのがダンナ 「うっクンも一緒でしょ」

帰りに家に寄ってもらってたっぷりうっクンを抱っこ

まったく 人が働いている間 何やってんだか

わたしが仕事から帰った時にはすでに帰宅していて会えずじまい


「いっぱいお話しちゃった」 とにかくうっクン ダンナには極上の笑顔を振りまき

「あお~ん うく~ん… 」ずっとお話していたって

もうメロメロのダンナです


「ともクンにも会いたいな」

仕事の打ち合わせで都内に出かける用事があったので これ幸いと下の娘の家に寄ることを計画

寄り道ったって 打ち合わせ先から娘のところまで40分はかかるじゃない…

娘には「いいけど一人?」と言われ 「お母さんがいないとダメってことか」ダメージを受けていました


でも結局行ってともクンもいっぱい抱っこして堪能してきたみたいですけどね

ジジばかなので いっぱいあやすからか どの孫もおじいちゃんにはとびっきりの笑顔を振りまきます

これには娘達も呆れるほど

だからなおのことうっクンともクンが可愛くってしょうがないんでしょうね



ジジばかぶり満載の写真を得意げに横浜の義母に送りました

折り返し来た返事には

「幸せいっぱいなのはいいけど 八十過ぎの爺さんじゃあるまいし その髭はやめなさい」と、一刀両断



さすがに母親に叱られたのは効いたみたいです

「3月11日から伸ばしたんだから 3月10日に剃るよ…」


別人みたいになったらうっクンともクン笑わなくなったりして
コメント

四か月の指しゃぶり

2012年01月23日 23時12分16秒 | うっくんともくん
相次いで二人の娘からの写真です 


げんこつしゃぶりから徐々に移行して今やしっかり指しゃぶりをするようになった二人


ともクンは指を開いたまましゃぶるので残りの指が鼻の穴に入ったり

吸っているうちに眠ってしまい 指が口から離れるとフェ~ン また慌ててチュバチュバ

とうとうとれないように右手で支えてまたチュバチュバ

偶然? それなりに知恵がついた?



うっクンも遅ればせながら親指チュバチュバ


すぐ要領を覚えて本格的にやっております

最近では指しゃぶりに熱が入り過ぎて おっぱいの飲みが悪くなったと娘はぼやいております



指だけでなく足も気になるし

そのうち足の指もなめるようになるんですよね




下の娘は赤ちゃんの時 指しゃぶりがなかなか止められず 

タコまで出来て揚げ句には化膿して何とか止めることが出来たのを思い出しました

筋金入りの指しゃぶら~ ともクンも心配 



でも指しゃぶりはいい遊びなんでしょうね

少なくともその間は一人でいられるんですもの
コメント

しばらくぶりです

2012年01月22日 19時00分56秒 | 雑記
忙しいからか体調不良のせいかパソコンを開く気になれず ご無沙汰しました


相変わらず右腕は痛いのですが どうやら五十肩〈六十肩?〉ではなさそう

普段はまあ忘れている位ですが右肩が開くような衝撃を受けると激痛が…


そのうち気がつくと喉の前側も腫れています 押すと痛い

つばを飲み込むと痛かったのがだんだん食べ物もやっとの思いで飲みこむほど痛くなってきました

風邪をひいているわけでもないし やっぱりリンパ腺が腫れているのかなぁ

残業を断って耳鼻咽喉科に寄ってみたら その日に限って休診


まあしょうがないかと様子を見ているうちに腫れは引いてきたし痛みも収まってきたので結局そのままに…


来週大腸がんの検査結果を聞きに行く予定だし、デジタルマンモの結果も今日届いて問題無しだったし

気をつけながら 無理しない程度に頑張りますか



母のお茶の生徒さんから娘達に出産祝いの可愛いソックスを戴きました

まるで双子みたいなので お揃いのグッズが増えて可愛いことこの上なし

早速上の娘には取りに来てもらい、下の娘には郵便で送りました

二人とも大喜び

可愛い写真入りのお礼状が下の娘から届きました

おばあちゃんにとお茶のお菓子の他に わたし用にぶぶあられまで入っていて娘の気の使いようがちょっとうれしい

もちろん生徒さん用には「ありがとう」のメッセージ入りのお煎餅とお礼状のカードが添えられていました


お母さんになると あちこちにちゃんと義理を果たさなくてはならないから大変です

ちゃんと教えなかったけど それなりにやっているのを見るとホッとします

何せ当方 非常識人間なので
コメント (2)

完成!ドリームハウス 2012年 新春スペシャル

2012年01月14日 00時50分13秒 | テレビ番組
新春スペシャルって 相当強烈な土地ですね

いくら都心に住みたいからって 格安物件はやはりそれなり

いくら安くてもそこに安心して住むためには基礎工事に莫大なお金をつぎ込むことになって

結局はさほどお得感はないことに


見ていてもハラハラさせられる番組です

どんどんエスカレートしていくこの番組

一体どこを目指しているんでしょう


今回のドリームハウスは三家族五人(施主である独身の長女と両親、妹夫婦)が暮らす家

都内の通勤時間30分と言う便利な場所

しかしその実態は… 4.5mもの高さの風化してぼろぼろの大谷石の崖の上 僅か9坪の土地

土地への入口がないため崖を崩して入口を作らなければならないとは

鉄骨で作った9個の箱を積み重ねて建てられたスキップフロアの家は

苦肉の策なんでしょうね


今回の施主さんを見てなんか納得

三家族が住むなんて言わなければいいのに…

実際は独身の結婚をあきらめた女性が仲良し家族にも頻繁に来てもらえる夢の家?

今 まさしく現在のままで年をとることを想定しないで姉ちゃん貯金をはたいて家を作っちゃう

お父さんとお母さんの部屋も作るからいつでも泊まりに来てね

仲良し妹夫婦だって泊りに来ていいのよ

なんてったってここはわたしの城だもの


そんな姉ちゃんに乗ってくれた家族は偉いと思いました

「そんな無駄なことにお金を使わないで老後のために取って置いたら」

普通の親なら言ってしまうところを「あんたの好きにしなさい」と、暖かい目で見守る両親

ポーズまでとる妹夫婦

普通そこまでしないですよね エライ!!


傍が何と言おうと思うままの家をお造りになったのだから立派です

と、言いつつも実際住んだら大変だろうなと言うのが主婦の実感

これだけ場所まで公開しちゃったら多くの人が知ることになる訳なので

セキュリティの心配とか諸々…

あれだけ窓がいっぱいだとどうやって拭くのかとか

段差あり過ぎなので 掃除機はかけずらいだろうなとか

基本女性の一人暮らし 周りもそれを知っていると思うと 怖いなぁ~


この番組 むちゃくちゃな土地に建てようとする施主か

まともな土地にむちゃくちゃな家を建てちゃう設計家の波乱万丈の家物語


わたし的にはその後が見たい
コメント

節電復活!!

2012年01月11日 23時52分24秒 | 雑記
今日は芯から震えが来るほど冷え込んでいます

節電モードも赤ちゃん里帰り期間はお休みでした

風邪でも引かせては大変と 空調ON オイルヒーターON 電気代には目をつぶり

暖か~くしてあげました


都内と違い確実に3℃は低い  ムコさんなど震えあがっております

電気代昨年よりも1割ほどアップしておりました


帰った後は即効節電復活

寝る時もオイルヒーターなど点けないのですが

羽毛布団って暖かでいいんですけど 布団に入った瞬間が冷たい

体温で暖まるまで丸まってこらえなくてはならない

ダンナなど待ちきれなくて羽毛布団の下に毛布を入れている位

そこで見つけたのが羽毛布団用カバー ふわふわ暖かいカバーで羽毛布団につければ

入った瞬間からぬくぬくです これなら毛布はいらない


そして足元には湯たんぽ
湯たんぽの下のふわふわがマイクロフリースカバー

昨年の計画停電の時に大活躍したものをまた引っ張り出してぽわんぽわん いい気持ち




後はおこただけでいいと思っていたらとんだ伏兵が…


赤ちゃんがいるときには脱衣所にオイルヒーターを移動して暖をとっていたのですが

もうやめにしたらダンナから寒いと苦情が出たのです

一回暖かいのを味わうと寒さがこたえる見たい

だからと言ってオイルヒーターは重いので移動が面倒


しょうがない 上の娘にプレゼントしたプラスマイナスゼロの電気ストーブを買いました

遠赤外線なので暖まるし 何より軽くて移動が便利

娘も便利していると絶賛なので色違いです


さあこれからもっと寒くなっても万全です
コメント

今年のお年賀のお菓子

2012年01月09日 13時39分35秒 | うまいもん
お年始にはいかないのでお年賀も関係なかったけど

やはり娘達が結婚したら お相手のご両親へのお土産にお年賀を用意しなくてはなりません

両家ともざっくばらんな家風なので


「お中元やお歳暮みたいなやったり取ったりは無駄だから止めましょうね」


彼ママの言葉に賛同 おっしゃる通り本当にお中元もお歳暮もやり取りしないで済ませていたのですが

なぜかお年賀だけはいつも気を使ったものをくださる

去年は高価な羽子板 今年は松竹梅のこもかぶり

こちらは地元のお茶などを用意しましたが 今年は放射能が検出されたりした物があったりしたのでひかえました


思案の末選んだのが日本橋屋のお菓子です

ダルマと招き猫の取り合わせ

パッケージを開けると中から小さなダルマと猫が出てくる趣向

可愛いからいいかなと両家分用意したら Kクンご両親宅には里帰りが再来週になることが判明

あらそれじゃ賞味期限過ぎちゃうわ


一つ宙に浮いちゃったので 母にお年賀代わりにあげました

お茶のお稽古のお菓子にでも利用してもらえばいいかなと思って


母は大喜び ひとつお味見用にわたしにおすそ分けしてくれました

猫の方はまだ開けていないのでだるまの方だけ

中は羊羹 柚子風味の柔らか羊羹はさっぱりした水ようかんとの中間ほどの味わいで美味しかった


彼ママの方は娘に託して渡してもらいましたが おまけに付けた地元の落花生の方が喜ばれたって

300円もしない手炒りの野暮ったい でもお味抜群の落花生

ま、喜んでいただけたならそれも良し



Kクンご両親の方は頭を悩ませられます ケーキ、クッキーなどは全部手作り しかもプロ級

「ゼリー、ババロア類は嫌いだからね」と娘には念を押されているのでその辺はパス


と、なると 


カルディでガヴァルニーのトリュフチョコ がいいかな

さすがにチョコまでは手作りしていないでしょうし

美味しいもの大好きなご両親ならきっと気に入ってくださるでしょう


美味しいもの探しはまだまだ続きます
コメント

2011年秋のドラマ総括

2012年01月08日 17時47分14秒 | テレビ番組
忙しくって録りためてあったドラマもなかなか見ることも出来ず

見たとしても感想アップまで力及ばずでした

やっと時間が出来たので見ることが出来たので…


視聴率的にはトップだった「家政婦のミタ」

そんなに評判になるほど面白いとも思えなかったのですが 割とサクサク見させられたかな?

ダメダメお父さんがそのダメダメぶりが人間臭く、自分に対してまっ正直なのが

困ったチャンながら目が離せなかったのが要因

最後のミタさんの笑顔がパーっと明るくきれいなのが印象的でしたね

でももう一度見たいかと聞かれると ウ~ン…


「11人もいる」クドカン久々のヒットでしたね

好きじゃなかった加藤清史郎くんや広末涼子がハマって魅力的だったのが印象的

他にも芸人の光浦靖子もいい感じだったし

毎回予想を裏切る話の持って行き方には やられた感満載

これはもう一度見たいと素直に思いました


「専業主婦探偵~私はシャドウ」 深田恭子の魅力だけとも言えるこのドラマ

桐谷健太が意外な可愛らしさで わたしのハートをわしづかみなのは計算外でした

それにしても藤木直人ってこんなにつまんない人だったっけ

石田ゆり子との話にしてもかったるくってもうちょっと何とかならなかったのかしらとイライラ

これ面白かったのかな 後になって思うとなんだかなではありましたけど

これはこれでいいのかな?



「蜜の味」 これは完全にだまされてしまいました

少しは面白くなるかと思ったのに 最後まで突っ込みどころ満載

最後の方3話くらい見る気も起きなくてほったらかしてあった位

これ理性的な彩〈菅野美穂〉の視点で書けばもうちょっと何とかなったんじゃなかったかと…

暴走気味の則杉〈溝端淳平〉もなんだかなぁだったし佐野史郎も暴走しないんですもの

結局ヒロインに感情移入できなかったのが敗因かな

一途と言えば聞こえはいいけど 高校時代のなんてことないふれあいを思いこみで押しまくり 

別にそれほどの感情も持っていなかった雅人(ARATA)がずるずる押し切られて

人生誤っちゃうのも同情できない

最後海外の医療に身を投じても悲壮感もなければ達成感もない まったくどうしようもない結末


「あなたさえいればわたしは幸せ」直子〈榮倉奈々〉の言葉も一方的に聞こえます

時間損した…



「妖怪人間べム」杏がカッコよくってついつい見ちゃったけど 話はさほどのもんじやなかったかも

まあマンガだからねって その割に最後までしっかり見たんですけど


「深夜食堂2」 これが予想外の期待外れ いや期待が大きすぎたのかな

前作よりもバージョンアップしてセットも立派になったし

食堂から出ての話も多かったけど 裏目に出ちゃった感が

エピソードもまあ新宿裏だからしょうがないのかもしれないけど

薄幸の美女が実は… まあ男のロマンなんでしょうけど

あ~あ 食べ物に絡めた前作が懐かしい

音楽はよかったけどね 結局はゲスト次第?


1話でリタイアした「僕とスターの99日」「秘密諜報員エリカ」「謎解きはディナーのあとで」

見る気も起きなかったのが「南極大陸」「HUNTER」


冬ドラマも1話に関しては予約録画したけどどうなるのかな




コメント

早々と再会です

2012年01月08日 02時26分05秒 | うっくんともくん
元日に帰っていった下の娘 あれやらこれやら忘れ物

まだ一週間だけど上野の書展に行くダンナにもって行ってもらう段取りをとりました


折角行くなら地震で半分位食器が割れ不自由している様子なので

我が家で余っている食器も持っていってもらうことに


お昼はどうすると言う話になったのでいなり寿司を作ってそれも持たせることにしました

他にも唐揚げとかポテトサラダとかいろいろ用意したら

ダンナ一人じゃ持ちきれないって…



しょうがない 結局わたしも付き合うことになってしまいました




一週間ぶりに会うともクンまた重くなったみたい

いっぱい抱っこしていっぱい写真をとって 楽しませてもらいました

むこさん持っていったものぺろりと完食 作りがいがあること

行って良かった

娘曰く「お父さん一人だったらどう相手しようかと思っていたからお母さん来てくれて助かった…」


小さい時はお父さん無しじゃいられない子だったのにね

ともクン 夕方から予防注射があるんですって

お昼を食べたら早々に引き揚げました


ダンナは上野の書展に わたしは新宿のデパートでお買いもの


ダンナへのクリスマスプレゼントのセーターを買うのが目的です

もちろんセール品狙い

感じのよいメリノウールのセーターが見つかったので 即お買い上げ

予算オーバーだけど ま、いっかぁ~

それから上の娘にねだられていた誕生日プレゼント 柳宗理の食器を探しましたが 置いてない…

デパート廻ったけどどこも置いてありません

でもカタログをくれたのでそれで気に入った物をネットで注文することにして一件落着


そんなこんなで帰るときにはもうくたくた


ダンナからのメールで待ち合わせてお食事でもして帰ろうかと思ったけど

まだそんなにお腹も空いていないので駅でお寿司を買って帰りました

以前のダンナだったらそんなこと許してもらえなかったけど

随分優しくなったものです


ま、ともクンいっぱい抱っこしてご機嫌だったのかな



留守中来たら気の毒なので出かける旨を上の娘にメールしておいたのに

「夕飯食べに行っていい?」

のんきなお返事が…

お~い出かけるって言ってるのに

後日にしてもらったけど相も変わらず我がまま娘です


下の娘は「このまま一緒に帰りたい」と甘ったれたこと言ってダンナを喜ばせておりましたし

ちょっと甘やかして育ててしまったかしら

反省の日でもありました



コメント