テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

我等があつまり UMEX

2009-01-31 11:15:17 | Weblog

CG(コンピューター・グラフィックス)関連の技術者が中心となってスタートしたサロン
UMEX(Utopien Media Explorers)の277回目の集まりが昨夜、五反田で開催された。
既に23年が経過したが幸いこれまで毎月の集まりを休んだことは一度も無く、健康
に感謝しなければならないが、このところ女性軍の参加が少なくご興味の有る方は
小生宛てご連絡頂きたい。 (このブログにコメントを頂く形でも、またこちらのホー
ムページ
からご連絡頂く形でも結構です)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

K-20 【怪人二十面相・伝】

2009-01-30 15:10:50 | Weblog

入院や腰のトラブルから中々観に行けなかったこの作品も近くの映画館での上映
が今日までだったので昨日は少し無理をして行って参りました。 こちらから貸し出
したテレビ3台の内実際に目にしたのは2台でしたが、他に知人のところから貸し
出した21インチの街頭テレビに使ったのが上の画像のツマミです。 このテレビを
上海に運ぶに当り若干手を加える必要があって成城の撮影所を尋ねましたがその
時に付いていたのが上の画像の一番下に在る矢型のツマミで、これでは余りにか
わいそうと上の二つに替える様お話したのでした。 この映画のパンフレットの後ろ
にBUSHのTV22が明智邸のテレビとして掲載されておりました。

因みに今回貸し出したテレビは何れもレストア済ですが、ブラウン管が暗い静電
偏向の物、或いはメタルバックが施されていない物だったので、画像は何れもCG
画像の嵌め込みで、先のAlways 【三丁目の夕日】の第一話とは異なっております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY, ICR-100 ( 2台)

2009-01-28 16:50:30 | Weblog

  先日オークションに出品していた電池管ポータブルラジオを落札頂いた方からICR-100を
2台持っているが如何かとのお話を頂き古い国産の電池管ポータブルと交換して頂いた。
2台の内の見た目まともな方から取り掛かったが残念ながら肝心要のIC, CX 901が壊れて
おりこれはどうにもならない。 下の画像の物がこのICR-100の基板。

もう1台、ボリュームのツマミが取れていた方はICは生きていたが、周波数変換のトランジスタ
が死んでいた。   このトランジスタとVCを交換し、暫く動作していたが直ぐに動作しなくなり調
べたところ局発コイルのエミッタ側の巻線が断線していた。   どうもコアを調整した際に切れて
仕舞った様だ。 伺ったお話では動作するとのことで落札したものの届いた物は動作していな
かったとのお話であった。 無論これらが出品された際のことは分からないがICやトランジスタ
が急に壊れると云うのも考え難い。 今回は残念だったが部品取りとして使わせて頂こう。
この種のラジオの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

*VCの下に見えているのが壊れていた周波数変換用トランジスタ。 ダメモトで局発コイルの
修理に取り組んだが昨日手掛けた7mm角の物に比べ更に小さな5mm角なので難しかった。 
使われていた線材も手元に有った0.08mmよりも二回り程細かったので0.05mm辺りと想われ
る物が使われていた。 今日は時間切れとなり組み上げてはいないが明日にも動作を確かめ
てみよう。

1月29日 上の画像の右上が切れている局発用コイル。  下の画像がその中身で右横に置い
た爪楊枝でその大きさがご想像頂けると思う。 爪楊枝の下が今回使用した0.08φのポリウレ
タン線。

組み込んだところ周波数は定かでは無いが短波帯を受信していた。 何かミスが有ったかと一瞬
思ったがコアを調整した結果中波帯を受信し始めた。 再度のコイルの断線を気にしてコアを上の
方に置いていたことが受信周波数を可也高くした仕舞った様である。 試みに元々使われていた
VCに替えたところ動作せず、容量を測定したところアンテナ側200P、局発側90Pと本来の値依り
可也大きな値となっていた。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松下 R-42  (再)

2009-01-26 17:48:21 | Weblog

以前レストアを担当させて頂いた松下のR-42が先頃動作しなくなったと戻って来た。 届いた
物の真空管226と227が外れて中に転がっていたが近々取り掛らせて頂こう。 この種のラジ
オの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

1月27日 回路を当り始めたところどうも上の画像の左下、電源トランス、チョーク、平滑用
コンデンサが纏めて収められているユニット内部でカラカラと音がしており開けたところ半田
付けが1ヶ所外れていた。  しかし未だ他にも問題が在る様で、227のプレートには10V程
しか加わっておらず、結果から申し上げれば再生検波227-低周波1段目226間の段間トラ
ンスの1次、2次間の絶縁が壊れ、10K程度しか無いのが原因だった。  以前は低周波1-2
段間のトランスが断線していた為交換したがヤハリこの当時(昭和初期)の物では限界だっ
たのかも知れない。 近々秋葉原に出掛け探してこよう。 下はアルミケースの中にパラフィ
ン漬けにしていた2個のトランスの内の一つ、今回絶縁不良を起こしていたインターステージ
(感じとして巻線比5:1程度)用トランス。

2月1日 昨日ヤット秋葉原に行け1:3のトランスを買って来た。  この種の低周波トランスの中
には巻線比こそ1:3だが、巻数(インダクタンス)が少なく使い物にならない物も見られるので
注意が必要。 元々の物に比べると容積は可也小さくなるので少し詰め物を加えアルミケース
に収めた。 元々の物は直流抵抗で1KΩ:5KΩ(1:5)であったが今回の物は約350Ω:1KΩと
巻線比もインダクタンスも少ないが現在普通に購入出来る物の中ではインダクタンスの大きい
物なのでこれ以上の贅沢は云えない。 サテ、シャーシーに収め、動作しだしたがヤハリ以前
の様な音量は得られなかった。 最も使われている227-226-112A等の真空管も劣化している
可能性が有るので明日にもgmを調べてみよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラウン (CROWN) TR-680

2009-01-26 17:46:17 | Weblog

今日お預かりした二台の内の一台でお話しでは電源が入らないとのことで単純な問題と想像
していたが、実際はボリュームの摺動部分が裏側で繋がっておらず、従って音がでず。 また
IFTの2段目(7mm角)の一次側が断線していた。  ボリュームも同じ物が手に入るなら何の
問題も無いがそれは叶わず、これらだけでも可也の作業となるので先に進むか否かご依頼主
に伺ってみよう。   この種のラジオの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合
わせ下さい。

1月27日 お話しでは小学生の時に入手したがその時既に壊れており一度も受信した
ことが無いとのことで、ならばと先に進ませて頂いた。 

先ず断線しているIFTを分解してみた。 使われていたのは0.08φ程度のポリウレタン線で幸
い巻き終わり側で断線していたので1ターンほどき繋いだが、ご想像頂けるかと想うが可也
神経を使う作業となった。 これが10mm角のIFTだと可也やり易いのだが!

内部のコアは直径(外形)3mm程で長さ5mm程。 画像が暗く恐縮です。

次ぎにボリューの修理に取り掛ったが2番(センター)端子は全く何処とも繋がっておらず、調
べた結果フォーク状の金具が開いて仕舞いセンターに在るシャフトに触れて無いことが分った。
これから先が難航したが結果可也良好に触れてくれ好結果が得られた。 他にアンテナ・コイ
ルのリードの断線も見られたがIFT、及びトラッキングの調整で可也の感度が得られた。 電池
ホルダーの片方のスプリングが無くなっていたが半田を盛り実用上は問題は無かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SABA, Freiburg Vollautomatic 125

2009-01-23 17:30:45 | Weblog

 

ドイツSABAのFreiburg  Vollautomatic 125 Stereoでこれまでに国内で手掛けたラジオ
としては2番目の大きさとなる大型(70x45.5x31cm)、4バンドラジオです(ラジオと云ってもそ
の音質等から最早オーディオ装置と呼べそうな物です)。   一番の特徴は自動選局機能で、
回路図には目を通しましたが(これまでにも可也の自動選局機能付きの物を手掛けましたが)
何故これで自動選局が出来るのか未だに理解出来ておりません。  この種のラジオの修理、
改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

 ラインナップはEC92-EC92-ECH81-EF89-EBF89-ECL80-EABC80-EF86(x2)-EBC91
-EL84(x2)-EM84のマジック・アイを含めた13球。  但しステレオと云ってもFMは時代
からしてモノラルのみです。  キャビネットとスピーカーはお預かりしませんでしたがツ
イーターを含む合計5つのスピーカーが前面を覆っておりました。

1月26日 下の画像の上部がFMのフロント・エンドで下が自動選局用のモーター。 この画像
からは見えてないが音量もリモ-ト・コントローラーで可変出来そこにも同様のモーターが使わ
れている。

フロント・エンドの内部で3段のスラグ同調が採用されている。 上部にみえている沢山の接点
はバー・アンテナとアンテナ・コイルの切り替えスイッチ。 しかしコリコリに凝っている!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt, Dervy w/Mounting bracket

2009-01-23 17:27:48 | Weblog

 

これも今日お預かりした一台でBlaupunktのピクニックラジオDervyの1960年頃のモデルです。
本体は特別珍しい物ではありませんがこのラジオの純正マウント(マウンティング・ブラケット)
は稀少で、電圧及び極性はジャンパー切り替えで6、9、12Vまた-/+シャーシーが選択可能
です。 この種のラジオの修理、FMのバンド変更等の改造はこちらのホームページからお問
い合せ下さい。

1月27日 これまでにこのマウントを見た事が無く、手元に在ったDervy US22570用の資料
からバッテリー電圧、及び極性はジャンパー切り替えと知ったが、お預かりした物はもっと古
い物なのか何処を探してもこれらジャンパーは見当らなかった。 もしやと本体もバラバラに
してみたが本体側にもその機能は無かった。 調べて分ったことはマウントには外部スピー
カー用のコネクタとアンテナ・コネクタが在るのみだった。 FMのカバレッジ変更は上手く行き
想ったより高感度であった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt, Frankfurt

2009-01-23 17:26:00 | Weblog

 

今日お預かりした数台の中の1台で1960年代中頃と想われるBlaupunktのFrankfurtで
ツマミのデザイン等からVW用として使われていた様想われます。 来週にも取り掛らせて
頂きましょう。  この種のカーラジオの修理、改造に付きましてはこちらのホームページ
らお問い合わせ下さい。

1月27日 FMのカバレッジの変更を行い、MWの問題に取掛かったがスライドスイッチに依る
バンド切替の接触不良で幸い好結果が得られた。  FMにRFアンプは無いが比較的高感度
で安心した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Philco, Predicta "Debutante" 1960

2009-01-22 18:58:40 | Weblog

 

今日お預かりしたのはPhilcoのPredicta H3408、DebutanteでシャーシNo.11L43から
1961年製と想像出来ます。(記憶ではPhilcoの経営が躓いたのは1961年末なのでPhilco
プロパーとしては際後期の製品と云えます。  *その後もFordの傘下でPhilco・Fordとして
同様の製品は作られておりましたが。   試みに通電してみましたが、若干の雑音が出るだけ
でラスターは出ず、水平出力6DQ6のプレートが真っ赤に光っておりました。 サテ、久々の
Philcoですが明日以降頑張らせて頂きましょう。

1月24日 劣化が考えられるコンデンサ類を交換し通電したが相変わらず高圧は出ず
従ってラスターも出なかった。

1月25日 調べたところチューブチェッカーではgmも良好だった水平発振の6CG7が何故
か点灯していない。  細かく調べたところ何と5番ピンがグランドに落ちていない。  この基
板を外すのは大事なのでリード線で結んだがこの様な問題は初めての経験だ。  上の画
像でプリントパターンの様に見えるのは実際は印刷でこの部分にパターン(銅箔)は無い。

 結果高圧は出始め、ラスターも出たが垂直振幅は2/3程しか無く、また音声も、映像も全く
出ない。 またまた回路を追ったところ3KΩ/7Wのセメント抵抗が断線しており+140Vライン
に電圧が出ておらず、これではチューナー、VIF、ビデオアンプ、SIFが動作していなかった。

映像も音声も出たが垂直振幅はアレコレやってみたが2/3以上にならず、垂直出力6DR7
の出力側のプレートはほんのり赤くなっていた。 まだまだ道のりは遠そうだ!

1月26日 垂直振幅以外にも音量と、ボリュームの変化のし方に問題がみられたので先に
これらを調べてみた。 今回の機種の資料は無いが一つ前の10L43はRider'sのVol.26に網
羅されていたのでこれを使ったがどうも殆ど違いは無い様だった。 余談ながら次ぎのVol.27
(1960年?)が知る限りRider'sの最後のマニュアルで、重たく使い勝手の悪い物に代って
機種毎にファイルで用意されているSam's Photofactが持て囃される様になっていった。
 調べた結果はボリュームえの接続が逆で、おまけに音声の入力がトーンコントロール用の
端子に接続されていた。

回路図を持ち帰りアレコレ机上で検討した結果、残されているのは垂直出力の入力に使わ
れているCR各2個から成る複合部品で、思いきって外したが33Kは41K、68Kは121Kに増
加していた。 下の画像の右が外した複合部品、プリント基板上は交換した個別のCR.。

それでも垂直振幅は殆ど変化せず、最後に発振段のプレート抵抗を交換したが1.8Mが何と
19Mに増加していた、これでは振幅は出ない。  ヤット垂直振幅がまともになったが水平の
センタリングに問題が在り、センタリング・マグネットの出番となった。  可也gmの下がってい
た6DR7は交換しなければならないが他の通常劣化の早い、水平出力/周波数変換/高圧整
流等の真空管をどうするかご依頼主に伺ってみよう。

2月2日 先週末秋葉原で垂直直線性調整用のボリュームを買って来たので今日組み込んで
みた。   前の巻線型可変抵抗(レオスタット)はトータルで1.5KΩの物だったが構造が脆弱で
修理中に壊れて仕舞った。 実験結果からは約610Ωで好結果が得られたので600Ω+100Ω
のボリュームを使った。 シャーシー等鉄製なので穴開けは楽では無かった。 下の画像の右
下が新たに設けた100Ωのボリューム。

他に脚が2箇所無くなっており適当なピラスチック製の脚を付けた。 またシャーシーを本体
内に組み込んだところ高圧のケーブルの一部がヒビ割れていてそこからスパークしていた。

一連の作業が終わったので最終的な動作試験を行い好結果が得られたので終了とした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャープ TV-300 昭和28-29年 (再)

2009-01-21 13:49:18 | Weblog

 

  腰の調子が少し良くなったので重いこのテレビのレストアを開始した。 シャープの
一号機 TV3-14T と同一の回路と想われる本機だがオリジナルの6チャンネル・チュ
ーナーは12チャンネルの物に交換されていたがこれは寧ろ当然。 他に整流管5U4-
Gは5AR4に、高圧整流管1X2-Aが1S2に替えられていた。  電磁収束型のブラウン
管は松下の MW36-49 になっていたが多分本来は若干フェイス・プレートの大きい
14CP4辺りが使われていたと想像出来る(別の同時代の同社モデルには14CP4が
使われていた)。  しかし驚いたことにコンデンサ類は当時の物で、お使いになって
いた方のお話では6-7年前まで使っていらしたとのビックリする様なお話を伺った。
 この種の物のレストアで迷うのが部品交換でオリジナルは残したいがそれでは直
ぐに故障してしまうことは目に見えておりサテ、どこまでやるか!この種のテレビの
修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

電源回路の40μ+40μ/350WVのケミコンからは電解液が漏れていたが殆どのCR
が当時のままと云うのが本当に信じ難い(6-7年前までそれで動作していた)。

1月22日 思い切ってペーパーコンとケミコンは全て交換する事にした、但し外、或いは
後ろから見えないシャーシ内部のみとし、ブロック型のケミコンは実際は使わないのです
がそのままとしました。 以前は全てアキシャル・タイプのコンデンサを使ったのですが今
回は耐圧を確かめながら最近のラジアル・タイプの物も使ってみました。

1月22日 コンデンサ類の交換を行いながら気付いたのは水平出力のカソード抵抗100Ω(本
来は200Ω)の断線と、垂直同期回路の1MΩ(本来は1.5MΩ)が片端は数回捩ってありました
が一方はラグ板のところ2回軽く巻き付けただけでこれで良く動作していたものです。 その後
通電し水平出力6BQ6の真空度が極端に低下しておりヒーターは点灯せず、単に発熱するだ
けでした。 6BQ6を交換後映像も出始めたのですが隣接(上側)チャンネルとの混信が可也
見られました。

A

他にも垂直同期が甘く、AGCは全く機能しておりませんでした。 その性か一部のチャンネル
ではVIFの発振と想われる様な画像も見られました。 この為AGC回路を調べたところ昔交換
されたチューナーのIF出力回路に問題が有りました。 本来この部分はMIXのプレートから直
列共振回路を経てVIFの1段目にハイ・インピーダンスで入力されるのですが使われていたチ
ューナー(松下NR-311Q 使用球6BL8/9A8、6CW7/7AN7 ヒーター並列でトランス用、直列
でトランスレス用に使い分けられるモデル)ではIF出力はトランスを使ったロー・インピーダンス
で、しかもグランドに落ちているので当然AGCは働かないのであります。 VIFの入力にトラン
スを設ける方法もありますが、先ずはチューナーのIF出力を改造してみましょう。 と ここまで
来たところで先週から打ち合わせていたPhilcoのテレビが沖縄から届き、一時休戦と致しまし
た。 下の画像は見難いのですが分解したチューナーNR-311Qの内部です。

1月30日 昨夜机上でチューナーの改造方法を検討した通りに改造した結果が
したの画像です。 しかしチューナーを交換した際に内部の回路も一部改造され
ていましたがどうせならキチント改造して欲しかった! サテ、一部のチャンネル
に隣接局との混信が見られ、特性も芳しくないので調整したいところですがそれ
は後日に回しましょう。

1、8、10Chに関しては良好な結果が得られたが他のChに問題が見られた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B&O (Bang & Olufsen) Beogram 4002

2009-01-20 18:09:20 | Weblog

今日お預かりしたのはB&OのBeogram 4002で、お話しでは回転が不安定となり、焦げ臭
い匂いの後全く回転しなくなったとのことでした。 受取った物は確かに焦げ臭い匂いが残っ
ていたが動作チェックを行っていた間に匂いが新たに発生した感じは無かった。  匂いからは
電源トランス、或いはモーターが怪しまれたがどうもこれらでは無さそうでした。 この種のプ
レーヤの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

内部を細かく見てみたが焦げ臭い匂いの元となった様な部分は見当らなかった。 

ターンテーブルを駆動しているモーターの回転に不規則な変動が見られたので分解し
接点を磨いてみた。 結果回転はスムーズになったが別の問題が見付かった。

レコードの回転に合せ、針の位置は当然変らなければならず、この機種ではトーン・アーム
の角度をフォトセンサーで検出し、ある角度以上になると横方向に移動させる回路が動作
する様になっており事実その機能は動作していたがトーン・アームは動かず、従ってキチン
トした音になって無い。  一つ考えられるのはスタイラス(針)の先端が丸くなって仕舞って
いてレコードの溝をキチント捕捉しておらず、結果角度検出が出来ていないことが考えられ
る。 スタイラスを交換してみたいところだが残念ながら手元には無くサテどうするか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt, Frankfurt TR (再修理)

2009-01-20 17:59:10 | Weblog

 一昨年10月に修理を行った物が時々FMが聞こえなくなるので診て欲しいと送られ
て来た。 どうも電源電圧が低いのが原因では無いかと想い、電圧を徐々に落として
行ったところ5.9V辺りまでは問題無かったが5.8VになるとFMバンドの82MHz辺りか
ら上が受信出来なくなった。  サテ、メーカーでは通常6V車の電源電圧を7Vに想定
し、調整を行う様記されているが、こちらでは通常6.3Vで試験を行っておりアイドリン
グ状態でもこの位の電圧はあるのではないかと想うのだが? ご依頼主に伺ってみ
よう。  この種のラジオの修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問
い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AWCのミーティング日程

2009-01-19 17:24:54 | Weblog

AWC(Antique Wireless Club)の今後のミーティング日程です。今月は24日、
2月は14日、3月は21日です。 会場は何れも世田谷区 玉川台区民センター、時間
は午後1時~4時。お申し込みは開催の週の水曜までに小生宛てお願い致します。 
画像は今日修理を行った松下の昭和31年11月発売T-1481です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松下 T-1481 (昭和31年11月)

2009-01-19 17:21:04 | Weblog

今日お預かりしたのは最初にレストアを手掛けたのを含めると修理3回目となる松下の昭和
31年11月発売のT-1481で、この時期の11チャンネル仕様です。 今回は大きなノイズの後
画像にノイズが混入し、その後音声出力が無くなったと云う症状でした。  届いた物の出力
トランスが断線しており同様のトランスに置き換え、若干周波数がズレていたので全チャンネ
ルの微調整を行いました。 RF-VIF-SIFに使われている真空管が全般に傷み始めているの
で次ぎの機会にはそれらも何本か交換することになりそうです。   この種のテレビの修理に
付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

この時期のブラウン管は未だメタルバックが施されておらず後年の物に比べるとコントラスト
も輝度も低いのですがそれは致し方ありません。  後にはヨーロッパ・オリジンの真空管が
幅を利かせる松下さんのテレビですが未だこの時期は米国オリジンの物を使う用意もされて
おり、ブラウン管もジャンパー切替で300mAと600mAの物が使える様になっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事退院

2009-01-17 12:09:50 | Weblog

当初一泊二日と聞いていたが入院後の説明では三泊四日が標準とのことで話しが違うと二泊
三日にして貰い先ほど我家に戻って参りました。 来週は松下の昭和30年頃のテレビやマッキ
ントッシュのFMチューナー、PhilcoのPredicta(17インチモデル)が来る事になっており頑張り
ましょう。 しかしインターネット環境が有るなら何処に行っても困らないのですがマアたまにはノ
ンビリする様神様が時間を作ってくれたのかも知れません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加