テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

テレビ4台のその後+DINコネクタ

2009-04-29 13:16:42 | Weblog

先週末、レストア済のテレビ4台をT放送局に納めたが一昨日撮影現場から1台の調子が悪
いので木更津の撮影現場に行って欲しいとのご依頼を頂いた。 4台の内のどのモデルかが
ヤット分かり、また症状は始め同期が取れなくなりアレコレいじった結果ラスターだけになっ
て仕舞ったとのことだった。ならばと昨日はRFから同期増幅までの真空管とダイオード、CR
類、テスター、工具をバッグに詰め込み木更津に向かった。   昭和30年代の商店街が再現
された現場に着き、俄か造りの電気店の奥に案内された(実際は映画館の様だった)。 
 症状は昨日とは違っていて少し前まで普通に動作していたが突然ラスターが消えて仕舞っ
たとのことで早速水平出力の入力側からチェックを進めた。(同期増幅以降の真空管は用意
しておらずハラハラだったが)水平出力のg1の電圧は正常で水平発振に問題は無さそうだっ
た。 次にg2の電圧を見てみたが何故かゼロ。 サテと電源周りを調べ始め直ぐに高圧用ヒュ
ーズ(350mA)の断線に気付き担当の方のDMMからヒューズを外して頂き事なきを得た。 
 ヒューズはオリジナルの物の様なので昭和32年の物と想われ特に大きな電流が流れた様
には見られなかったが断線して仕舞った様である。 このヒューズの負荷側の直流抵抗は十
分高かったので30分程連続運転を行い完了とした。  帰路東京駅行きのバスを使い、終点
から2駅乗って秋葉原に行き頼まれていたDINコネクタを探してみた。上の画像のBlaupunkt、
Derby用は問題無かったが、下のFrankfurt用は6pinで通常のDINの外形寸法13.2φでは無く
12φで6軒ほど探してみたが結局見付らず、ダメ元で1個だけ買って帰った。

しかしダメ元で買った6pinの物が役立った。  コネクタ本体はピッタリでDINの標準型で使われ
ている外側の金属スリーブが無ければ使えることが分かった。 また先端から9mmのところで
スリーブを切断すればこれまた普通に使えることが分かった。    しかし上手く切断出来るか、
手元の金切りノコでは問題が出そうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt, Frankfurt (1960年代中頃)

2009-04-27 16:03:17 | Weblog

今日お預かりしたBlaupunkt製ラジオ2台の内の一台で1960年代中頃の物と想われる長波、
中波、FMの3バンドモデルです。 FMのフロントエンドは始めて見る構造でしたが問題無く
カバレッジを日本バンドに改造出来ました。  この種のラジオの修理、改造に付きましては
こちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt, Derby (1960年代初頭)

2009-04-27 16:00:47 | Weblog

今日お預かりしたもう一台Blaupunkt、Derbyの初期モデルで1960年代初頭の物と想われます。
欧州仕様の物で長波、中波、短波、FMの4バンド。 残念ながら中波と長波が動作しておりま
せんでしたがこの機種のバンド切替は非常にj複雑で事実上修理は不可能と言えそうです。
ただFMと短波は良好でしたのでFMに重きを置くなら特に問題は無いかも知れません。 この
種のラジオの修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY、 5-303

2009-04-26 19:48:06 | Weblog

5月1日 この何日かを5-303、12台の分解で費やし、今日の午後T放送局に渡したが、どう
も誤解があった様で先方は動作するもの12台と考えていた様だった。  こちらは打ち合せ時
からパターンゼネレータからのクロスハッチを何とか表示出来る物が2台も在れば良いと想っ
ていたので急遽2台増やし、合計14台、内日本バンドで動作する物4台となったが動作する
物が1台足らず、急いで1台修理したのが上の画像の物。 加えて日本バンド用のビデオコン
バーターも2台用意することとなり明日まで忙しくなった。 この種のテレビの修理に付きまし
てはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

8-301はその構造から座りが悪く、また数も限られているのでもう一つのラインとして5-303
を始めとするマイクロテレビシリーズを並べてみた。 既にシャーシーを外に出した物も加える
と12台程となるのである程度形になるのではと想像する。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY、 8-301

2009-04-25 15:54:34 | Weblog

 

先日レストアした4台のテレビを昨夜T放送局に無事納めた。 新たにトランジスタテレビを
数台並べたいと云うご依頼が有ったので手持ちの一部を並べてみた。 しかし内部のシャ
ーシーを表に出す形を希望されていたがサテ、シャーシーの座りがイマイチなのでこれで
良いのか迷うのであります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェラーリ365BB用 Voxson製カーラジオ+8トラプレーヤ

2009-04-21 15:16:31 | Weblog

今日お預かりしたのは'74年製のフェラーリ365BBに使われていると伺ったイタリアVOXSON
製のラジオ+8トラックプレーヤで外観は問題無いが内部や底の部分には可也錆が見られた。 
通電したところアンプ部分は一応動作していたがラジオも動作しておらず、8トラックプラーヤ
部分のゴムベルトは既に溶けて仕舞っており道のりは可也遠そうだ! この種のカーラジオ
の修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

調べを進めた結果、検波出力をアンプ入力に直結しラジオを動作させることは出来たが左右の
出力の内左チャンネルは良好だったが右チャンネルの音量が少なかった。 また8トラック用モ
ーターも診てみたが当初グリスが固まって仕舞ったのか重く全く回転しなかったが暫く格闘した
後位置に依っては回転する様になったが3x3ピン、合計9ピンのモーターはこれまでに経験が無
く修復は困難と想われた。 しかし回路図でも在れば可也捗るのだが!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東芝 14EC (昭和32年11月)

2009-04-20 12:23:39 | Weblog

 

14EAの部品の二箇所を順に接着剤で固定しなければならず今日明日はその部分の乾燥
に費やすことになるので4台目の14EC(表面には何故か14EBと記されていた?)に取り掛
かった。 真空管6BQ7A、6J6、6AX4、6GB6、6CG7の5本が欠落していた。   今回の機種
もT科学館の所蔵品なので何時もに増して取り扱いには注意を要する。    この種のテレビ
の修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

今回の機種も電源回路の巻線抵抗が断線していた。 他に出力管4MP12に真空度の低下が
見られ、またチューナーのファイン・チューニング用シャフトとチャンネル・セレクター用シャフト
が固着していた(誤って接着剤をシャフト間に入れて仕舞った感じもする)。 

4月21日 チューナーのシャフトを外してみたところどうもグリースが固まって仕舞った結果
固着した様だ。 分解しグリスアップの後元に戻し、全チャンネルの微調整も行ったが水平
の直線性に問題が見られたので明日はその部分に取り組もう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東芝 14EA (昭和35年)

2009-04-19 16:43:39 | Weblog

 

T放送局向けの3台目、東芝14EA(昭和35年10月発売)に取り掛かった。今回の物は希少な
有線リモコン付の物で電源トランスに加えリモコン用モーターが重量を一層増加させている。
今回の物はT科学館(博物館)から特別に貸出された物で取り扱いには特に注意を要する。

外観は綺麗にレストアされていたが内部は昔のままで当然ながら埃や、ゴキブリの卵等何時
もながらの物を先ず取り払う必要があった。 また何故か真空管6CG7、2本が欠落していた。

断線していた電源の巻線抵抗2本を交換し、劣化が考えられる部品も交換し先ず輝度確認済
のブラウン管で仮に動作させてみた。   一応大きな問題無しに動作しているので次に本来の
ブラウン管に替え動作させてみたが当初全くラスターも出ず最早死んでいるかと考え始めた
頃ヤット光出して呉れ一安心。 明日にも細部の調整に取り掛かろう。 この種のテレビの修
理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッキントッシュ MX-110

2009-04-18 18:30:39 | Weblog

 今日お預かりしたのはマッキントッシュのMX-110の後期モデルでこれまでにも何度か手掛け
ており特に問題無く作業は進みました。 カバレッジを日本バンドに直し、MPXの動作を確認し
たところ良好でした。 この種のチューナーの修理、改造に付きましてはこちらのホームページ
からお問い合わせ下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日立 FY-940

2009-04-17 17:51:29 | Weblog

 

T放送局向けのテレビ2台目、日立 FY-940に一昨日から取り掛かったが可也劣化していた
真空管5本の交換とコンデンサ類の交換で好結果を得られた。 また心配したCRTの輝度も
高く安心した。  明日はこれらを納め来週は東芝の2台に取り掛かろう。  この種のテレビの
修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

下の画像は可也エミ減していた高圧整流管、ダンパー管等真空管交換前の画像で交換後
可也画質は向上した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東芝の電気釜  自動式 RC-10K

2009-04-16 18:31:35 | Weblog

先日テレビドラマ用にテレビを4台修理の為にお預かりした際一緒にお預かりしたのが今回の
東芝の電気釜で当初点いていたパイロットランプが塗装、板金加工後点かなくなって仕舞った
とのお話しでした。 専門分野ではありませんがパイロットランプ位なら何とかなるだろうとお預
かりしましたがパイロットランプは電源スイッチの両端に繋がっておりこれでは点く訳は無く一
箇所配線を変えさせて頂きました。 多分塗装の為一度バラバラにし、後で組み立て直した際
配線を間違えたのでは無いかと想像しますが、リード線の長さが足りずチト解せないのですが。
今回の物はドラマの小道具で実際に使えなくとも問題は無いのですが以前お預かりした米国
サンビーム社のトースターでは本来の動き方を知らず思わぬところで時間を要しました。 それ
と云うのも我々が知っているトースターではパンが焼き上がるとポンと飛び出す(ポップアップ)
のですが何とサンビームの物ではパンはユックリと持ち上がるのでした。 知らないと云うこと
は恐ろしいことです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt, Stuttgart

2009-04-15 22:34:42 | Weblog

  今日お預かりしたのはBlaupunktのStuttgartで1960年代末~1970年代初頭の物と想われる
長波、中波、短波の3バンド、トランジスタ式カーラジオです。 FMを日本バンドに改造して欲し
いと云うご依頼だったが残念ながら元々FMの機能の無い物は改造のしようが無い(最も中身
を全て入れ替えると云うことなら不可能では無いかも知れないが金額的に現実的では無い)。
 FMのカバレッジ(受信周波数帯)は欧米と日本では異なっているが、こちらで行っているのは
欧米の周波数帯を日本のそれに改造することで飽くまでFMの機能を持っている物に限った改
造なのでご注意下さい。 この種のカーラジオの修理、改造に付きましてはこちらのホームペ
ージ
からお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY, ICR-120

2009-04-15 16:50:31 | Weblog

 昨日から久し振りにICR-120のレストアに取り掛った。ICR-100に比べICの信頼性は若干
上がったかと想われるが、使われているPCBは脆弱で、最も狭いところでは幅2mm程しか
無くそこに0.8φ程の穴が開けられているので強度は低く細心の注意を要する。  今回の物
もものの見事にその部分で割れて仕舞い修理は難航した。 稀に殆ど無傷と云う物にもぶ
つかるが短時間の運転で大丈夫と想っても数日連続運転をしないと十分とは云えない。
この機種及びICR-100、-90も同じだが狭い空間に二次電池が組み込まれており、永い年
月放置されると使われている線材やパターンはボロボロになり、また芯線もパターンも酸
化が進み最早半田付けは略不可能となる。 

 上の画像では出力に使われているケミコンのリード、及び電池のマイナス側のリードが断線
している。 この後PCBを外に出す時にPCBを割って仕舞ったり他の配線を切ったりして仕舞
いドロ沼に落ちることとなる。   結局これらを修復するのに6時間程を要したこととなり利益は
ここで略無くなる。 しかしこのシリーズの物の修理は何度やっても慣れない、また近年昔に
比べ視力が低下したことも益々このシリーズの修理から遠ざかる遠因になっている気がする。

4月17日  連続試験も終え出荷と考えていたが今朝電源を入れたところ音量が少ない。  
時間経過と共に音量も増えて来たがこのまま出荷する訳にも行かず再度診る必要がある
がこの種の超小型ラジオの場合神経を統一する必要が有るので目下抱えている急ぎの
修理の後に取り掛かることにしよう。

4月23日 T放送局向けのテレビのレストアが一段落したので昨日午後からICR-120に取り掛
かった。 昨日の夕方上の様に基板を外に出した状態では良好に動作したがその後組込んだ
ところものの見事に動作しなくなった。 今回のICR-120に限らずこのシリーズでは組み込むと
動作が可笑しくなる物が多く組み込む度にドキドキさせられる。 昨日今日だけでも何度取出し
たり組み込んだりを繰り返したか忘れたがお陰でこの作業は大分慣れた。  外に出した状態で
動作を確認し、組み込んで恐る恐る電源を入れたがこれまでに経験したことが無い程の感度だ
った。 毎日の様にラジオの修理を行っているので感度の比較は簡単に出来、殆どの機種では
文化放送(送信所、埼玉県川口市新郷)が窓際に持っていってヤットと受信出来るかどうかと
云う電界強度なのだが何と窓際に持って行かなくとも十分受信出来驚かされた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY, ICF-7800

2009-04-13 22:22:19 | Weblog

 昨日から始めたテレビのレストアが予想以上に時間が掛かって仕舞い今日予定していたICR-
120のレストアが出来ず仕舞いだったが先日お問い合わせを頂いたものの自分では持って無い
ICF-7800が友人のところから届いたので輸送中の問題が無いことを確かめるべく梱包を解いた。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AWC(Antique Wireless Club)のミーティング日程

2009-04-12 22:31:28 | Weblog

 

AWCのミーティング日程は次ぎの通りです。 5月16日、6月13日。  時間は何れも土曜日の
午後1時~4時、会場は 世田谷区立玉川台区民センター でお申し込みはその週の水曜日ま
でにお願い致します。   先頃ラジオの収集を始めた方も大歓迎ですので詳細はこちらまでお
問い合わせ下さい。 小生のホームページえはここからジャンプ出来ます。  またこのブログに
コメントを頂く形でも結構ですがご自身のメールアドレスをお忘れ無く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加