テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

●B&O, Beolit 800

2008-01-31 18:03:36 | Weblog

今日久々に手にしたのはデンマーク、B&O(Bang & Olufsen)のBeolit 800で長波、中波、短波、
FMの4バンドで中々良い音がします。 まだFMが88MHzからなので近々日本バンドに改造してみ
ましょう。   この種のラジオの修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ
下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●松下 R-42

2008-01-31 17:53:29 | Weblog

2月8日 電源トランスを含むユニット内には他に(巻線)抵抗も二つ入っており226と112Aのカソー
ド?バイアスを作っているがこの抵抗も断線していた。 ボロボロになったゴムの被覆を慎重に取り
エンパイア・チューブに置き換えた。 断線しているチョーク、コンデンサ類も替え再度組立てたので
外から見たところはオリジナルのままの様に見える。 次いでトランスの交換を行い外からも、シャ
ーシー内部を見てもオリジナルの状態と略同様の形に仕上がった。

 

切れていた巻線抵抗の抵抗値を足していくと約2KΩであった。 ここはカーボン抵抗に替え様。

ボロボロのゴムの被覆をエンパイアチューブに替えた。

このまま外から見えると問題だが幸いケースが被さり外からは最近の部品が見えなくなる。

組上げたシャーシー内部、見た目は製造時と殆ど変らない。

 

 

2月4日   断線している1:3のAFTと電源のチョーク(30H?)をシャーシー内の適当な場所に固定し
修理をするか、元々の形、つまりAFTは2個が格納されていたアルミケース内、またチョークは電源
トランスが入っているケース内に夫々戻すかご依頼主に伺ったところ後者が選ばれ(てしまっ)たの
で今日はストーブで加熱してアルミケースから何とかAFT2個を引っ張り出したり、トランスを分解し
たりでテンヤワンヤでした。 昔何台かRCAのラジオラ24、25、26等スーパーの第一世代で使われ
ていたカタコーム(こちらは松脂とパラフィンのコンパウンドの様な物で固められており、庭先でガス
コンロを使い溶かしていると娘にまたお父さんがラジオを修理していると云われたものでした)の修
理を思い出しました。 道のりは可也遠そうです!

左の電源トランス・ユニット、中央の金属製の箱の中身がコンデンサ(x5個?)。

コンデンサを取り出したところ。 どうも松下の名板が付いており(モデル227)ますが
製造は日本無線が担当した物の様です。

 

2月1日 回路図は以前松下さんから頂いた様記憶しているがサテ何処に仕舞ったか。今日は部品
単位で良し悪しを見てみました。 真空管は112を除く3本は何れも使えそうで、またスピーカー、電
源トランスも問題無さそうです。問題が有ったのは低周波トランスの2段目の1次側とチョークが断線。
低周波の各カソード?(フィラメント)バイアス用の抵抗断線 と云う様な具合でした。低周波トランス
2個は一つのケースの中に格納されており、同様チョークも電源トランスと同じケースにコンデンサ数
個と共に格納されている為直ぐには見られません。

低周波トランス2個が納まったユニット。 ピッチでは無く、パラフィンの様な物が充填されている。

豆コンの指示機構が外れていた。しかし豆コンの容量(帰還量)を示す機構が付いているのは珍しい。

今日お預かりしたのは松下のR-42(4球2号型受信機)で本来227-226-112-112Bのラインナップ
ですが112のところに80が入れてあり、また回路も一部直されておりましたので112が無く、仕方無
しに227-226-112Bの3球に改造した模様です。 各部の詳細は未だですが先ずは回路図を探して
みましょう。 この種のラジオの修理に関しましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●松下 CR-112AY (昭和40年代)

2008-01-29 20:23:26 | Weblog

今日お預かりした松下のCR-112AYは昭和40年代の物と想われるトランジスター・カーラジオで
電源のヒューズが飛んで仕舞うと云う症状でした。 幸い程なくその謎が解けました! この種の
カーラジオの修理に関しましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●NEC  NT-61 (昭和32年頃?)

2008-01-29 17:50:04 | Weblog

今日手にしたNECのNT-61は昭和32年頃に発売されたと想われる全て同社製、偏平型トランジス
ターを使用した6石ラジオです。 この機種が発売された頃は未だ高周波特性の良いトランジスター
の歩留まりは低く、周波数変換用としてはSONYの2T73等も可也使われておりました。 今回の物
はST172-ST162(x2)+ST302(x3)と全てNECの偏平型で纏められており希少な1台と申せます。 
 動作を確かめた際、実際に受信出来たこともありましたが、どうもバリコン、それとデカップリングの
ケミコンに問題が有りそうです。 暫く忙しい日が続きそうですのでこのままオークションに出品する
ことに致しました。 この種のラジオの修理に関しましてはこちらのホームページからお問い合わせ
下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●英国製のトランジスターラジオと真空管式ラジオ

2008-01-29 17:40:37 | Weblog

2月11日 少しずつ手を加えていた4台の修理を今日は一気に進め全てが動作する様になった。
上の物は Eveready の Sky Queen で1953年に発売された電池管4球の中波+長波のポータブ
ル・ラジオ。 真空管のライン・ナップはDK96-DF96-DAF96-DL96、電池は1.5V+90V。 90Vの
電池は入手が困難なので9Vを直列に使うアダプタとACアダプタも用意してみましょう。

今日熱心な英国製品のコレクターの方からお預かりした4台のラジオは全て英国の物で1950年代
から1960年代末頃の物でした。チト今日は手が回らず近々取り掛からせて頂くことになりそうです。 
この種のラジオの修理に関しましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

Dansette, Chorister で1964年製の7石トランジスター・ラジオ。 中波+長波の2バンド+ルクセンブ
ルグの放送受信用にバンドスプレッド(選局し易い様に)機能付き。 電池は単三x6本。

McMichaelのM108BTは1962年に発売された6石トランジスタラジオで、中波+長波の2バンド、電
池は9V(006P)です。

HackerのAutocrat, RP33、1966年製の9石のトランジスタラジオ、中波+長波の2バンドで車でも使
えるピクニック・ラジオ。 電池は単三x12本

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●マッキントッシュ MR67

2008-01-29 17:32:03 | Weblog

1月30日 昨夜別の機種、MX110の回路図が見付かったので電源回路を見てみたがどうも今回の
物は電圧が低いのではないかと考えはじめた。  電源回路は以前可也手が加えられていたがそれ
らを全て外し組み直した。  電源の電圧はそれまでの105V程度から160V程度に上がり動作し始め
FMのカバレッジの変更に移り好結果が得られた。 

今日取り掛かったのはマッキントッシュのFMステレオ・チューナーMR67でお話ではFMのカバレッ
ジを日本バンドに変えるだけで良いとのことであったのですが、実際に届いた物は殆ど動作してお
らず、先ずは修理が必要です。 前の持ち主が改造?或いは修理を試みたのか電源部がいじられ
ておりどうもその辺りが怪しいのですが、先ずは回路図を手に入れるところから始める必要が有り
そうです。 この種のチューナーの修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合
わせ下さい。   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●SONY ICF-1210 (AM/FM超小型ICラジオ)

2008-01-28 18:57:38 | Weblog

 

今日お預かりしたのはSONYのICF-1210でAM/FM 2バンドの超小型ICラジオです。 全く動作しな
いとのことで先ずはお送り頂きましたが、内蔵の電池以外にボリュームの機構的な問題が在りまし
た。 摺動接点と中央の端子間に導通が全く無く、絶対ではありませんが、中央の端子の先で摺動
部分と接触しているところが磨り減って仕舞い導通が無くなったのでは無いかと想像致しました。 
仕方なく細いリード線で接続し好結果を得ましたがここまで壊れているボリュームも珍しく、10φの同
一形状のVRが在れば何の苦労も無いのですが!  この種のラジオの修理に関しましてはこちらの
ホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●(米)Delco製1970年代のカーラジオ

2008-01-27 14:04:12 | Weblog

先日ポルシェ356SC用のBlaupunkt製Frankfurt TR を修理した愛知県のガレージからご依頼を頂い
たのはDelco製と想われる1970年代のカセット付きAM/FMカーラジオで1970年代後半~1980年位
のトランザム、カマロ等に使われていた物とのことでした。 カセットはモーターのブラシが片方欠損
しており残念ながら修理は諦めました。 FMを日本バンドに改造し、AM共々4出力を確認致しました。
改造途中驚かされたのは、FMは局発にしか共振回路が入って無く他は全て非同調で構成されてお
りました。 特に感度が悪いとは感じませんでしたがヤハリそれなりの感度でした。   この種のカー
ラジオの修理、販売に関しましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●BOSCH プログラム・カーアナライザー MOT-350

2008-01-25 17:34:18 | Weblog

 

1月28日 昨日の夜遅くに問題点が見付かり、今朝早速修理に取り掛かった結果
好結果が得られました。  ヨカッタ!

1月27日 当初モニターに問題が在るのだろうと考えていたがそうではなく信号源側の問題と分り
昨日から回路を追える部分は追ってみたがハッキリせず、家に持ち帰り調べを続けた結果何とか
夜中に怪しげな部分を見付けた。 明日ここを直し上手く行けば良いのだが。それと使われている
フランスSAFT製のメモリーバクアップ用電池の端子電圧2.65Vも気になった。 果たしてこの電池
の定格は何ボルトなのだろうか? インターネットで同社の電池の所を見てみたが最早1989年10
月製の40RF304に関する記述は見付からなかった。

アストン・マーチンのラゴンダに使われているブラウン管モニターの修理に伺った修理工場で新たに
ご依頼頂いたのはBOSCHのカーアナライザーで可也の金額で購入した物が先日壊れてしまったが
メーカーでは最早修理不可能と云われて仕舞ったとのことでした。 自分にとっても初めての物なの
ですが何とか頑張ってみましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●マランツ 8Bの出力トランス

2008-01-22 19:28:41 | Weblog

 

2月21日 今日待ちに待った回路図がヤット届いた、これで前に進める!

1月24日 アレコレご依頼主とお話したところ『回路図なら在る』とのお話にそれなら最初からご用
意頂ければ可也時間を短縮出来たのですが。 残念、到着を待つことに致しましょう。

先頃ご依頼頂いたのはマランツの8Bに使われている出力トランスの巻き直しで、今日1次、2次の
巻線を見てみたが1時側と想われる方に6本、2次側と想われる方に7本のリードが出ていた。 
この機種の回路図が有れば話しは早いのだが残念ながら無く、想像の域を出ないが多分何本かは
NFBの為の物では無いかと想われる。 確かラックスの物でも2重にNFBを掛けている物が有った様
記憶している。 サテ、念の為、直流抵抗と、インダクタンスを計ってから先に進もう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●松下 クーガー101(RF-1010) と RF-HS90

2008-01-21 19:24:56 | Weblog

1月30日 諦め掛けていた松下のRF-HS90に取り組んでみた。 (ご依頼主には壊してしまう可能
性があるがとお断りしておきました)  FMもTVも問題無く動作することからマイクロプロセッサもPLL
も動作しているハズと考え、AMで外部から局発の周波数を加えてみたところビートが聞こえたので
先ずアンテナ回路の問題ではと考えたが予想が的中し好結果が得られた。 しかしLCDのディスプ
レイが動作しなくなり慌てたがこれも何とか正常にもどせ胸を撫で下ろした。 疲れた!

 

1月28日 音量調整のボリュームの接触不良が激しく交換したいところですが同じ物は手に入ら
ず、仕方無しに分解し何とか好結果が得られましたが、しかしこの機種の構造は可也分解し難い
物でした。 

今日お預かりしたのは以前昭和30年代のテレビを修理した方からのご依頼の松下、クーガー101
(RF-1010)と最近のポケットラジオRF-HS90の2台で、開梱し輸送中のトラブルが無い事を確認し
た、近々時間が出来たら取り掛からせて頂こう。  ところでRF-1010は音量調整VRに問題が在る
とのお話しでこれは同様のVRに置き換えるか、最悪分解し一部を交換すれば何とかなるだろうが
問題は近年のRF-HS90で、マイクロプロセッサを使い、周波数の設定にはPLLを使っており回路の
複雑さはRF-1010等とは比べ物にならない。  他方金額的には若い方が半日~1日アルバイトを
すれば買える程度で、昔の様に給料一月分、或いは入学祝いにかねてから欲しかった物をプレゼ
ントして貰ったと云う様な物とは大きく異なっており、まともに修理代を計上すると買った金額以上
となって仕舞うことも少なくない。 サテ、そこまで費用を掛け修理するお考えか伺ってみよう。
この種のラジオの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東芝 14EM、 昭和34年

2008-01-19 18:58:17 | Weblog

1月27日 6SG7のソケットを交換し、垂直の時定数を決めている1MΩも交換し動作試験を行った
昨日の結果は略3時間の最初の1時間で4回垂直同期を調整し直したがその後の2時間では1度も
いじらなくて済んだので大きな問題とは思わないがそれでももう少し改善出来るのではないかと今
日は積分回路(CRの複合部品)を交換(抵抗2個+コンデンサ3個)してみた。 結果は50分の試験
中一度も再調整を必要としなかった。 これにて一件落着! 【疲れた】

1月26日 垂直発振+同期分離を担っている6CG7のソケットが気になったので思い切って交換し、
垂直のタイミングを決めている抵抗(1MΩ)も念の為交換した。 作業場の横で実際に動作させ変化
を見てみたが最初、温度上昇に伴い垂直同期のツマミを再調整する必要があったが、温度が安定
してからは調整は不要となった。 サテもう少し確認し、発送しよう。

 1月21日 ブラウン管の輝度が気になり一応の部品交換が終わったところで通電してみた。 
下の予備の物に比べ若干輝度は落ちる(約2割程?)がまだまだ使えるレベルだった。

予備のブラウン管での動作状態。 新品と略変わらない輝度でした。 サテ、細かい部分の調整と
真空管(垂直発振+同期分離)6CG7がソケット部分で確実に接触していない様なのでこれを何とか
しなければなりません。 

1月20日 本格的に取り掛かる前にこの時代のテレビ(特に東芝さんの物)に多い、トランスの断線
を確認しながら埃を払いました。 幸い巻き直しに時間を要するトランスの断線は見られませんでした。

今日お預かりしたのは昭和34年5月発売の14インチ真空管式テレビ東芝14EMで来週早々取り組
ませて頂く予定です。 先ずは無事に配達されたことを確認致しました。 この種のテレビの修理に
関しましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。 先日このブログを見た方から、そち
らのホームページのURLを教えて欲しいとの問い合わせが有り唖然としましたが、こちらのホーム
ページとはリンクさせており上の色の変わった(ホームページ)部分をクリックして頂くだけでこちら
のホームページにジャンプします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●(英)Dynatron, Commodore (1961年)

2008-01-18 19:20:54 | Weblog

1月30日 FMとLWが動作しないので返品したいと昨日戻って来た物に今日電源を入れてみたが
何の問題も無く動作した。 一体どうしたことか? 明日も何度か時間を置いたりして確かめてみ
よう  しかし解せない!

今日ご注文頂いたのは(英)Dynatron製のCommodoreで1961年8月に発売された英国製のFM
付きの物としては最初期のモデルです。 FM+中波+長波の3バンドでアンテナが何とも可愛らしいデ
ザインです。 以前動作確認をしてから時間が経っているので動作を確かめたところ動作せず、分解
し可也細部まで動作を確かめたところで電池の電圧が可也下がっていることを見付けました。つまり
何も壊れていなかった訳であります。  馬鹿でした!  この種のラジオの修理、販売に関しましては
こちらのホームページからお問い合わせください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●Becker、 Mexico + Grand Prix

2008-01-18 19:09:40 | Weblog

今日お預かりしたのは共にベンツに使われている Becker の Mexico と Grand Prix で自動選局
機能付きの高級機種です。 MexicoはFMのバンドを日本仕様にする改造でこれまでにも多く改造
して参りましたましたので何の問題も無く済みました。   次の Grand Prix は何故か回路に電源が
入らず(初めての経験でした)不思議でしたが程なく原因が見付かり事なきを得ました。  この種の
ラジオの修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●Philcoのバーバーポール (1958年) 2種

2008-01-15 23:07:22 | Weblog

2月8日 同期分離の9BR7を交換し、安定コイルを再調整した結果水平同期も改善された。 念の
為米国の3、4チャンネルを入力し最終確認をしようとしたが何故か動作せず、まさかと思いつつも
日本チャンネルで動作を確認したところ何と日本チャンネルに改造されており驚いた。 修理依頼
を貰った知人の店にどうするか確認の電話をして今回の物が10年以上前、鷹番にある店からの
依頼で自分で修理した物と分った。  世の中には随分と器用な人が居るものだと感心したのが
何と自分だったのでありました(自我自賛で済みません!)。

2月7日 垂直の揺らぎが気になり思いきって電源周りのケミコンを全て交換し揺らぎの問題は解決
した。 また電源スイッチも先のことを考え別の押しボタンスイッチを前面パネルに置いた。 次いで
連続試験に移ったがこれまで気付かなかった水平同期の不安定要素が見られた。 気にしなけれ
ば見過ごす程度だが気付いた以上手を下さない訳には行かないので発送はまた少し伸びそうだ!

1月20日 回路図から目星を付けていた部品を交換してみたが垂直の直線性は改善されず頭を抱
えたが直線性調整VRの変化の仕方に気になる点が有ったので単体で抵抗値の変化を見てみた。
結果片側が略断線していることが分り別のVRを入れ、最良点の抵抗値を固定抵抗に置き換え様
と考えたが幸いVRの反対側を使って上手く動作させることが出来、直線性も改善された。 全体の
揺らぎが気になるがこのテレビが60Hz地域で使われるならこのままでも多分問題無いが、50Hz地
域では問題となるのでご依頼主に聞いてみよう。 また米国で直されていた電源スイッチも信頼性が
低くそうなのが気になった。 下は動いているので若干ボケているが直線性が改善された画像。

この機種はシャーシーをキャビネットから取り出すだけでも可也しんどい!

1月19日 絶縁の劣化していたコンデンサと容量抜けの可能性が有る一部のケミコンを交換し垂直
振幅は一応十分となったのですが上部に直線性の悪い部分が有り、また水平にも若干揺らぎが見
られました。 まだ道のりは可也遠そうです。

1月17日 動作を確認したG4654Mは予想通り垂直振幅が減少しておりました(しかしPredictaの
多くはもっと減少しているのが普通です)。  垂直同期もギリギリだったので明日以降垂直偏向の
修理(他にも問題が見付かるかも知れませんが)に取り掛かります。

1月16日 今日は急がれている左のG4654L(チーク仕上)に取り掛かりました。 4年程前にこちらで
レストアした物で動作させたところ映像には問題が見られませんでしたが音声出力が殆どありませ
んでした。  これまでに可也の数のPredictaシリーズを手掛けて参りましたが音声が殆ど出ないと
云うのは経験が無く、早速回路のチェックに移りましたが結論から先にお話しするとSIFの同調ズレ
でSIF、及びゲーテッド・ビーム検波回路の調整で十分な音量の出力が得られました。 明日は右の
G4654M(マホガニー仕上)に取り掛かりましょう。

 

今日お預かりしたのはPhilcoのPredictaシリーズの中の1台、バーバーポール(これは正式名称で                        
はありませんがこの呼び方が一般的です)で色違いの2台です。 今日は時間が無く症状を確認出
来ておりませんが明日以降取り組んでみます。 この種のテレビの修理、販売に関しましてはこちら
ホームページからお問い合わせ下さい。

バーバーポール2台の後ろに少し見えているのはブラウン管を遠くに置けるPhilcoのタンデムです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加