テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

Seeburg、 247

2010-08-31 13:53:24 | Weblog

  今日手掛けたのはSeeburgの247でお話では60Hz仕様の為回転数が低く、また他にも演奏
終了後レコードが戻らない(動作がそこで止って仕舞う)。  また選局を誤ることが有ると云う
ものでした。   この種のジュークボックスの修理に付きましてはこちらのホームページからお
問い合わせ下さい。

先ずは60Hz電源を用意し回転数の問題は無くなった。

演奏終了を検出するリードスイッチ用のマグネットが無くなっていた。幸い部品取りの物をもう一
台お持ちだったのでそこから外し、近くの100円ショップで瞬間接着剤を購入して好結果を得た。 
左のツィーターから音が出ていなかったがアンプに問題がある様で簡単には直りそうになかった。 
またアンプ部分は国内で以前手が加えられていたが可也乱暴な方法で固定されていた。 合計
10数曲を選んで演奏させてみたがこの間に選局ミスは全く見られ無かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AMI Cadette DX (CMM4-25D)

2010-08-28 14:42:10 | Weblog

 

   今日手掛けたのはAMIのCadette DX (CMM4-25D) で1960年代末~1970年代初頭の物と
想われる比較的小型のジュークボックスでEP盤を使ったモノラル機でした。  メインアンプに
は真空管、プリアンプはトランジスタと云うハイブリッドタイプです。  この種のジュークボックス
の修理はこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

メインアンプ(7868p-p)とプリアンプを繋いでいる上の画像に見られるコードの束を動かすと
音量が変化し、どうもメインアンプ側のコネクタに問題が在りそうだった。

下の画像からは見えないかも知れないが電解コンデンサの幾つかが液漏れ(容量抜け)を
起こしており交換を要する。 (片端から白い泡状の物が漏れ出している)

プリアンプは半導体使用で、こちらも電解コンデンサが気になったので交換した。

使われているコネクタは国産にはピッタリの物が無く、仕方なくピンを外し一本一本研磨した。

コンデンサを交換し、コネクタ部分の接続も確認した。 近々組み込んでみよう!

8月29日 サテ後は組み立てるだけと意気揚揚ご依頼主のお宅に向かった。 片方のスピー
カーのコーンの破れが気になったので先ずはその修復に取り掛かった。

組み立てたものの音量が少ない。 回路を追う中でキャビネットの一番下にウーハーが組み込
まれていることが分かり、上の画像のスピーカーはメインでは無く、中音と高音を担当している
ことが途中入れられていた簡単なネットワークから判明した。 音量以外にも音量調整がCW
で最大とならず、CCWで増したりと可笑しな現象が時々見られた。   現場ではこれ以上取り
組んでも進展は望めそうも無かったので今日も持ち帰ることになった。

この機種の少し後のモデルのサービスマニュアルをお持ちだったのでお借りして来た。 全半
導体のしかもステレオモデルの物だったのでそのままと云う訳には行かなかったが可也の部
分を知ることが出来た。 回路を細かく調べた結果トランジスタQ6とQ7の電極の電圧が異常
でこれらに問題が有りそうだった。

結果としてはQ6(シグネティックス S300 B7101)がオープンとなっており、低周波の小信号
用なので手元に有った2SC1684で置き換え好結果が得られた。  しかし回路図には入力端
は記されていたが出力端が記されておらず戸惑った(本来のマニュアルならこの辺りは問題
無かった可能性が有り改めて本来のサービス・マニュアルが望まれた)が、音量調整が可笑
しくなった理由が少し分かって来た。 

8月30日 朝から伺い十分なパワーが得られ喜んで頂けた。 良かった!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

McIntosh、 MX-110

2010-08-27 13:57:18 | Weblog

  今日お預かりしたのはMcIntoshのMX-110でこれまでに何度か手掛けたFMのカバレッジの
改造だが動作を確認したところ電源スイッチの機能、及びパイロットランプに問題が見られまた
ステレオインジケーターが機能していなかった。 この種のチューナーの改造、修理に付きまし
てはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

8月30日 ステレオ・インジケーターが点灯しない問題はランプのドライブに使われているトラン
ジスタのhfeが減少した結果と想われたが同一の物は無く  (手元に在った回路図が初期の物
だったからか実際とは可也相違していた)38KHz検波増幅用真空管で回避した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

QUAD の FMチューナー + マルチプレクサ

2010-08-27 13:54:08 | Weblog

 

8月30日 チューナー本体及びマルチプレクサの動作確認を行い問題が無い事を確認した。下の
画像からはセンターメーター代りのネオンランプが+-共に点灯しており=センターを示している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ セリカLB 用カーラジオ(昭和48年)

2010-08-24 16:27:23 | Weblog

今日お預かりしたのは神戸工業製の昭和48年製トヨタ セリカLBに使われているカーラジオで
先日煙が出て電源が入らなくなったと云うお話の物でした。 この種のカーラジオの修理に付
きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

焦げていたのは0.数オームと想われる捲線抵抗だが不思議なことにこの抵抗には回路が
繋がっておらず(以前誰かが回路を変更した)今回の煙が出た症状とは無関係と想われる。

問題無く機能しており修理のしようが無いが使われているケミコンはそろそろ
交換した方が良い時期になっていることは間違い無い。

8月25日  回路を調べたところ焦げていた抵抗は終段のエミッタバイアス用で可也の電流が流
れたことが想像出来るが終段のトランジスタが熱暴走したことは考え難く想像では露出している
コレクタがシャーシに接触したのでは無いかと想えた。 何れにせよ改造を加えたり、回路をいじ
った場合にはその旨ご連絡頂かないと必要の無いところで時間を費やすこととなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Howard Miller の電気時計

2010-08-20 16:21:34 | Weblog

今日お預かりしたのは米国Howard Miller製の大きな電気時計でお話では1時間で15分程
遅れると云うものでした。 この種の電気時計の修理に付きましてはこちらのホームページ
からお問い合わせ下さい。 

8月26日 頼んでおいた電源が届き早速動作を確かめてみた。 仕様上は周波数
精度は±0.1%なので1時間で±3.6秒となる。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY、 ICR-120

2010-08-19 16:19:14 | Weblog

 ICR-90の修理が上手く行ったので先日修理を諦めたICR-120に取り掛かった。  しかし普段
パソコンのキーボードとマウスパッドを置いている猫の額程のスペースで(冷房の有る部屋)の
修理なので小さなラジオの修理が精一杯かも知れない。   この種のラジオの修理に付きまし
てはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

これまで軽視していた出力から低周波入力えのNFB回路を診てみた。 結果RCフィルター
を形成していると想われる10Kが断線していた。  ただ今回の物は約2.5mmと小さく迷った
が容積では4倍程の1/10Wサイズの物で置き換えた。

上手く動作し始めたので筐体に組み込んだが何故か低周波?での発振がみられ再度
分解し回路を診てみる必要が有るが今日は疲れたのでまたにしよう!

8月20日 電源のデカップリングの問題かと想像したがどうも通常考えられる部分で
は無い様だった。 結果から申し上げるとSEPP出力に上の画像の様なコンデンサを
加えることで発振は停止した。 対処療法だがこれで暫く使ってみよう。

8月21日 昨日からICR-90とICR-120のスピーカーを確かめてみた。  ボイスコイルが内部で切れ
ているものは最早自分では手が出せないが3台の内1台は何とか直せそうだったので普段使って
いる0.08φのポリウレタン線では無くもう一回り細いスズメッキ線で挑戦してみた。  幸い上手く繋
げたので接着剤で固定し多分後2時間程で使える様になるだろう。   しかし今回のコーンは紙で
は無くプラスチックフィルムの様な感じで熱に弱く接続が難しかった。

スピーカーの修理が上手く行ったので組み込んでみたが音声出力が無い。 上の画像のイヤ
フォン・ジャックも導通を確認した上で使ったのだが再度分解し内部を診て見た。 多分接触不
良と考え接点部分を磨き再度組みたて好結果を得た。  この2日で何とか2台が活き返った!
しかしこのイヤフォン・ジャックに使われている0.4φ程のピアノ線はバネ材としては問題は無い
が半田付けが何ともやり難い。

8月22日 3台目に取り掛かったが先ずスピーカーの引出し線の片方が溶けて無くなっていた。
何とか頑張って直したが後は明日以降に取り組もう。

8月23日 3台目も動作する様になった。 同一モデルを纏めて修理するのは
効率が良いのは間違いないが流石に細かい作業で疲れて来た!

8月23日 サテ4台目はどの基板を使うか上下の画像にある2枚を比較してみたが1枚は以前サン
ドブラスターで表面を研磨した際に一部のパターンまで研磨して仕舞っていたので下の画像の左
の物で作業を進めた。 一応動作したものの歪みが多く調べたところ今回もNFB用の抵抗が断線
していた。

4台目も良好に動作する様になったがサテ、5台目以降をどうするか........

8月24日 5台目は幾つかの問題を含んでいたが最も大きな問題はパターンのクラックで一見
繋がっている様に見えたが実際には繋がっておらず一度諦め掛けたが好結果を得られた。

8月25日 ついに6台目として先日サンドブラストで研磨し過ぎた物に取り掛かった。
パターンが無くなっている部分が多く難航したが非常に高感度の結果が得られた。
これで目下手元に在る全てのICR-90/ICR-120のレストア(一部は基板のみ)が終
わった。

8月27日 ICR-90/120は全て目を通したと想っていたがもう一台見付った。 VCが
固着しており、多分内部で電極が腐蝕し容積が増したのだろう。 他にVRの擦動子
が浮いている様で使えなかった。 このVRも手に入るなら問題は無いが直径10φの
小型VRは無く、何とかならないかと修理を試みてみた。

下の画像の中央の擦動子が変形しているのがご覧頂けるか自信は無いが何とか修
正出来VRも使える様になった。 何とか7台目も動作してくれ連続試験を開始した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt, Frankfurt?

2010-08-18 13:05:17 | Weblog

今日お預かりしたのはBlaupunktの4バンド、カーラジオでFMを日本バンドに改造する
ご依頼を頂いた。 名板が無くなっていたが多分Frankfurtと想われる。 この種のカー
ラジオの修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三菱 6P-125 (昭和37年) 2台

2010-08-15 16:24:45 | Weblog

ネットオークションに出品していた6P-125が落札されたので補充をした。 しかしこのモデルを
これまでに何台手掛けたか?  多分30台位になると想うが何故かこのモデルのCRTは輝度が
高い。 この種のテレビの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

8月16日 ついに暑さに負け冷房の効く隣りの部屋で作業をすることにした。 ランニングの結果
チューナーの接触に問題が見られたので分解し接点部分のクリーニングを行い好結果を得た。

8月17日 もう1台に取り組んだ。 映像増幅と輝度調整が機能しておらず、症状から-64V電源
が出力していないことが想像出来たが予想通りこのラインのリード線が切れていた。 一部のケ
ミコンを交換し略良好な結果が得られた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY、 ICR-90

2010-08-11 14:30:00 | Weblog

久し振りにICラジオに取り組んだ。 仕事場にはエアコンが無く暑い中細かい作業とならない
ことを祈っていたが幸い配線数本の問題で解決した。 後は数日間連続運転を続けてみよう。
この種のラジオの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。
*このブログにメッセージを頂く場合(返信を要する場合は)メールアドレスも記して下さい。

しかし内部の基板を表に出すだけでもパターンや配線が切れるので神経を使う。 

8月13日 外部電源での連続試験が良好だったので今日は電池を内部に組み込み引き続き
連続試験を続けた。 多分後2日連続で動作させ問題が見られなければ当面問題は起こらな
いだろう。

8月17日 内蔵の電池を略フルに放電させ(完全に放電するまでは機能しない)この機種が動作
しなくなるまで連続試験を行ったので昨日は自作の充電器での充電を行った。 今日は最終的な
試験をと取り掛かったがどうも様子が可笑しい。 通電2-30分で歪みが大きくなった。 充電が不
十分だったのかと端子電圧を測定してみたが2.54Vと十分な値だった。  折角ネットオークション
で落札頂いたのにとガックリ落ち込んで仕舞ったが気を取り直し内部を調べてみた。 当初終段
のSEPPを担っているトランジスタの問題かと考えたが実際は想いもしなかった出力から音声
入力にNFBを掛けている抵抗の断線だった。 

その後2時間程連続運転を行ったが問題無く機能していた。  問題の抵抗の構造を知らないが
炭素皮膜とリード線の結合強度は余り強くないのだろう。  しかしこの機種だけでは無くICR-100
でも時間経過と共に歪みが増したり、音量が低下する物が有ったが原因が分からず修理を諦めた
物が何台か有るがそれらをもう一度見直してみよう。

8月18日 部品屋さんに寄ってから仕事場に着き早速NFB回路の抵抗を加えた。 下の画像の
中央寄り左上に見えている白いリード線の下に見えている抵抗でこれまで1/10W(約3.2mmx
1.7φ)の物と想っていたが実際は1/4W定格とのことで驚いた。 連続動作試験と平行して電池
の充電も再度開始した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AWC (Antique Wireless Club) のミーティング日程

2010-08-09 15:15:42 | Weblog

AWCの今後のミーティング日程は次の通りです。 会場は世田谷区立 玉川台区民センターで
時間は午後1時~4時です。 お申込みはその週の水曜日までに小生宛て(こちらのホームペ
ージ
から)にお願い致します。 8月14日、9月11日、10月16日   ●先頃ラジオの収集を始めた
と云う様な方でも、子供の頃ラジオを作っていたと云う様なラジオ少年、少女も大歓迎です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ、ラジオの修理【強化】月間

2010-08-09 14:54:56 | Weblog

暑い日が続いておりますが、暑さと共にテレビ、ラジオの修理のご依頼が減っており今でしたら
直に取り掛かれますので修理をお考えの方は是非この機会をお見逃し無く。 お問い合わせは
こちらのホームページからお願い致します。 ●平日でしたら直接お持ち頂くことも可能です。

先日、松下の昭和33年製テレビ T-14C1T(下の画像)のレストアを担当させて頂きましたが、
ご依頼主からはその後二度非常に良好に動作しており日を追ってますます調子が良くなると
のお褒めの言葉を頂戴致しました。 修理屋冥利に尽きるお言葉でした!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blaupunkt の Frankfurt 4台

2010-08-03 17:02:36 | Weblog

Blaupunktの1960年台末頃から1970年代中頃までのFrankfurt4台のカバレッジの変更の
ご依頼を頂いたので早速取り掛かった。 この種のカーラジオの修理、改造に付きまして
はこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帝国電波 RP-106

2010-08-03 16:59:11 | Weblog

1970年頃の物と想われる帝国電波(クラリオン)製の7石カーラジオでFMに改造出来ないかと
云うお話だったがダイアルポインターの駆動が後年のダイアル糸を使った方式なら融通がきい
たのだが残念ながら諦めた。   この種のカーラジオの修理,、改造に付きましてはこちらの
ホームページからお問い合わせ下さい。

製造後可也の年月が経過しており先のことを考えるとケミコンは交換しておいた方が無難なの
で切れていたパイロットランプ共々交換した。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加