希望屋 ~ren_ka ci=set~



"つなぎトンボ"って北海道弁?!

アクションゲームサイド vol.01

2012年10月02日 20時36分39秒 | ▼マンガ・本

絶望的に体調回復中のren.です。
うん、やっぱり、この「ジャイロゼッター」の決めフレーズは、ちょっとおかしい(w

そういえば、今日から「空から日本を観てみよう」が、BSジャパンで復活ですね。
でも、BSスカパーで「F1居酒屋」をやっているので、残念ながら観られない。
森脇さんは普通に呑んでるし、中島さんは普通に食ってるし(w

 

● アクションゲームサイド vol.01
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/6b/15aeb7b859de6c7504d423ea91e06826.jpg?random=d2e8172e0779a5ff68e36da7a40d9e64 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/68/d8/af8d0ae8a4203820147136757f6ec72d.jpg?random=1bedd6012c63921cf7bda1690e4a3eed

単独ジャンルによるゲームサイド、今回はアクションゲーム版。
買おうか迷っていたのですが、特集がワルキューレといわれては、買うしかない(w

表紙はアーケード版「ワルキューレの伝説」メインビジュアル。
裏表紙はCD「交響詩 ワルキューレストーリー」限定版付録の画集からの一枚。
このCDは、私も予約して買ったのですが、届いたのが画集無しの通常版でもめたという思い出があります(w
結局、数日後に取り寄せてもらいましたが。
でも、引越しの際に飾り箱は捨ててしまったんですよねぇ、潰れちゃって。

特集記事では、FC「ワルキューレの冒険」から、AC・PCE「伝説」、SFC「サンドラの大冒険」はもちろん、携帯電話アプリゲーム各種、そして小説版、コミック各種、画集まで網羅して説明されています。
……さすがにこういうのは扱われていませんでした ↓ (w

● 「ワルキューレの冒険外伝 二人の女神」 杉森健/電波新聞社VGC
● 「ワルキューレの伝説 舞い降りた女神」 尾崎克之・かんなたかし/双葉文庫
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7e/18/57a8999781b9f4cb87856d4c71a91ed2.jpg?random=77a087b0318cda0c71ab556956a57c14 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/4c/59844a629ffef6bb753ea0f53b8ba8ff.jpg?random=4706610660dbb0148d1622cf3c336a0e

インタビューは、アプリ「栄光1・2」のプランナー・渡邉俊太郎さん、同・作曲の平井克明さん。
そして、シリーズほぼすべての作曲・原曲の川田宏行さんは、他タイトルも含めたロングインタビュー!
そういえば、過去のゲームサイドで、冨士宏さんのインタビューってあったかな?

ワルキューレというキャラクターが、他ゲームに多く起用されるようになったくらいから、私はほとんど触れなくなってしまいました。
「ローザの冒険」は、PCも持っていないのに、東京の友人に頼んで買って送ってもらったり。
私が遊びたいゲームジャンルではなかったというのも要因ですが、なんだか「ワルキューレが出ているから」とそこまでして追いかけるべきでは無いという想いもありまして。
一種の信仰みたいなゲームとキャラクターでした。

まあ、私が信仰していたのは、ブラックワルキューレだけどね(w

 

FCゲームのコーナーは「ガンデック」。
当時は中古ショップで、このブルース・ウィリス風のパッケージが一際目立ってました。
「ゲームセンターCS」でも有野課長がチャレンジしていましたね。

パソコンゲームのコーナーは「ジェノサイド」。
我が札幌が誇るメーカー・ZOOMの作品ですねぇ。
今でも公式サイトで、「ジェノサイド」や「ファランクス」などの壁紙がDLできます。
そういえば、友人がZOOMにあこがれて、就職はかなわなかったけれどもコネとして活動していましたっけ。
今、どうして、何をしているのかなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しましま動画(原宿) | トップ | ドールマスターぱられる/童貞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。