希望屋 ~ren_ka ci=set~


"シフォンケーキ"が"シンフォギア"に見えてしまう病気。

今日のいろいろ雑記

2014年08月30日 20時11分57秒 | ▼雑記

夏の断末魔。
どうも、ren.です。
今日は最高気温が27度まで上がったのですが、湿度は40%を切るほどのカラカラ具合という洗濯日和でした。

まだ体調が万全でないためか、ものすごく眠い。
我慢していると頭が痛くなるし。
これって、私が酒を飲んだときの症状だなあ。
まったくアルコールは摂取していないのに……自惚れという名の、自分酔いか?(w


昨夜、newニンテンドー3D・3DSLLSが発表されましたね。
機能が拡張された上に、LLですら18千円というのに驚き。
"ハードは2万円以内に押さえる任天堂"の復活ですね(w

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろ雑記

2014年08月29日 20時21分17秒 | ▼雑記

まだ微熱のあるren.です。
今日は気温が上がったせいもあって、ちょっと寝苦しい。
まあ、とりあえず起きていて問題はないです。

PS3「Z.O.E. HD」をクリア。
そういえば、元々PS2で出たときには「MGS2」の体験版がついてきていたんですよね。
というか、むしろそっちの方が目当ての人が買ったソフトでした。

なので、「Z.O.E」本編はあっさり目だし、最後は尻切れトンボで終わってるんでしょうか。
幸い、人気があったのか続編である「ANUBIS」が発売されたわけですけれど。
そのうち「ANUBIS HD」も遊びましょう。はいだらー!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スプリンターセル コンヴィクション

2014年08月28日 19時37分08秒 | ▼ビデオゲーム

微熱があるren.です。
やはり昨日の一件は、風邪の初期症状だった模様。
遅れてやってきた夏風邪(w

さて、今日は先日クリアしたこちら。

● 「スプリンターセル コンヴィクション」 XBOX360(2010)UBI
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/11/3c/4316894b04bd4c74653788e4cd350fda.jpg?random=9c5b034c16aec274aac26cf0649dcacd

トム・クランシー原作のゲームでは、今までなぜか縁がなかったシリーズ。
いや、なぜかって、中古が見当たらなかったからだけど(w

▼ Splinter Cell Conviction スプリンターセル コンヴィクション

これを観てわかるとおり、プレイ音声だけを聞いた私の家族が、映画を観ていると勘違いするほどの声優陣。
主人公の最強(元)潜入工作員、サム・フィッシャーは玄田哲章。
協力者で湾岸戦争以来の親友、コステは若本規夫。
"氷の女王"ことグリムは田中敦子。
そして、最終目標であるサードエシュロン現局長、リードは小山力也。
他にも白石涼子、江川央生、小形満らが参加しており、日本語版が優秀なトム・クランシーシリーズの中でも特に豪華かも。

物語は前作「二重スパイ」から引継ぎのようですが、私のように知らなくても問題ありませんでした。
簡単に訳せば、前の職場である政府秘密組織"サードエシュロン"が、サムの娘・サラの死を偽装した疑いがあり、その真相を探るうちに政府転覆の計画を知ることになる……という感じ。

ゲームはいわゆる"ステルス・アクション"。
物陰に隠れながら、敵を倒し&やり過ごしステージをこなしていくというもの。
目的地を指定してボタンを押すだけで、サッサッと姿を隠すことが出来るので、まったく難しいことはありません。
そんなわけで見た目ほどTPSじゃありません(w

敵を射撃以外の方法で倒すと、"マーク&アクション"の権利を得ることが出来ます。
これは敵を武器固有のロックオン数だけマーキングし、ボタン一発で次々と射殺するというもの。
このシステムがこのゲームで最も重要なものといえます。
天井にぶら下がり敵をマーク→真下の敵にダイブアタック→それによって得た権利でM&A……など、この行動の順番を考えるのは、ちょっとしたパズルアクションですし、また、それが無理なく行えるシステムになっています。

ただ、行動の大半がボタンひとつで行えるため、いくつかの行動が化けてしまうこともたびたびあります。
最もよくあるのが、窓を開けようとしたのに、飛び込んでぶち割ること。
大きな音がすると敵が集まってくるため、確実に蜂の巣にされます(w
まあ、落ち着いて行動しろということなのかもしれませんが。

何箇所か、意地悪な敵の配置や増援のタイミングがあってリトライを繰り返しましたが、試行錯誤すればいくつかの解法を得られるのが相変わらず面白いです。
個人的にはトム・クランシーシリーズにはずれなし。
とりあえず難易度・ノーマルでクリアしたので、最高難易度・リアルに挑戦中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三角山 登山?

2014年08月27日 20時42分03秒 | └お出かけ

どうも、ren.です。
今日は札幌の人気低山、三角山に行ってきました。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4a/72/4435b08f1d35624372477cffb5c1916d.jpg?random=705af27d42dc3b9493b0d6f208070fcd

……が、登山口に到着したとたん、お腹が痛く。
トイレに行ったものの、どうもおかしい。
登山道を少しだけ登りましたが、これはいかんと帰宅。

帰ってしばらくしたら、思いっきり悪寒と頭痛が始まって寝込みました(w
どうも、ここのところの気温の変化で、体調を崩した模様。
今はなんとかおさまりました。

まあ、サイクリングとしてはいい距離だったし、登山口でも風が涼しくてよかったし、また行きます。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4a/00/fbe5d63effb15ca00f03ec5fd7b73758.jpg?random=58c6af3318d2b5556ff222d1156be0dd

……うん、機を見て(w

あ、とりあえず、先日買ったドイターのデイパックの効果はかなり感じました。
自転車で走っていると本当に背中に風が通る。
おかげでまったく背中がベタベタしませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマノススメ 新特装版

2014年08月26日 19時31分40秒 | └映像ソフト

先日買ったPS3「Z.O.E HD」を遊んでみたren.です。
新OPで「はいだらー!」しましたが、ちゃんと各作品では当時のOPやムービーも収録されていますね。
個人的に「Z.O.E」のCG人形アニメが好きだったので安心しました。
でも、PS2版の映像をトリミングしているだけなのか、画質は微妙ですね。
まあ、元のPS2版が十分にきれいなゲームだったので、ゲーム中も画面が広くなった以外は違和感は感じません。

つか、久しぶりにやると、フラグの立て方を忘れているなぁ。
「ANUBIS」よりも、かなりやりこんだのに。

● 「ヤマノススメ 新特装版」
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/18/a3c6318aaad3ca1313e62b4c7952ff98.jpg?random=e525b014bc119e9d441cd53cfb49662e

1期がようやくDVD化されました。
放送当時はBDしか発売されず、その強気なんだか弱きなんだかわからない姿勢に歯噛みしたものです。
今回は2期放送記念ということで、定価も3000円(+税)とお得になり、インフォメーション映像には2期の番宣PV、さらに「国民的○○グランプリ」のCMも収録……いるか?(w

改めて1期を観ると、あおいもひなたも今とは微妙に声の演じ方が違いますね。
あおいはヒネてるし、ひなたは「~ぜ」口調が多い。
あと、ひなたの髪の分け目が肌色なので、Z字のハゲに見える(w
記憶以上にかえでとここなは顔見せ程度の登場だったんですね。
ということは、2期のほのかも、3期に向けて登場はわずかだったりして?

ようやく観る事ができた十三合目ですが、さすが特典映像だけあってシャワーシーンの素っ裸っぷりに驚いた(w
さすがに、ここなは未登場でしたが。
冒頭のかえでのよじ上る姿も見事な動きでした。

さて、2期の円盤はどうしようかなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014 F1 ベルギーGP

2014年08月25日 21時01分26秒 | └F1

寒い!!
どうも、ren.です。
もう、窓を開けたままで、タオル無しでは寝ていられない。


さあ、昨夜のベルギーGP。
期間中は安定のスパ・ウェザーではありましたが、決勝はフルドライ。

というわけで、最も注目が集まったのは、夏休み明けも相も変わらずメルセデスの2人のギスギス。
最前列スタートの2台は順位を入れ替え、ハミルトンが前に。
ベッテルを差し返して2番手となったロズベルグでしたが、2周目のレ・コンブで「ボクがメルセデスを一番うまく使えるんだ!」(意訳、後に発言を撤回)とばかりに追いすがった際に接触し、フロントウィングでハミルトンのリアタイヤをカット。
ロズベルグ自身もウィング交換で順位を落とし、ハミルトンにいたってはタイヤ片がフロアを叩き続けたためにダメージ。

ハミルトンは最終的にガレージインでレースを終えましたが、実際にはPUのマイレージの節約のためともっぱらの噂。
まあ、確かにレース中に「エンジンの音、聞いて?聞いて?」は演技くさい無線だった(w
一方加害者のロズベルグは数周後に今のデブリであろうワイヤーをアンテナに引っ掛けてしまい、目の前にフラフラ。
ネットでは"ニコじゃらし"と呼ばれていて、然りと感心。

なお、マッサもこのデブリがフロアに引っかかったとのことでタイムロス。
13位という結果に。

ま、今回のチームバトルは、あまりどちらが悪いとか関係がないような気が。
ワールドチャンピオンを賭けているチームがやるレース内容じゃなかった。
極端に言ってみれば、チームの責任。
ドライバーのメンタルケアやフォローもチームのやることだと思う、ってロンが言ってた(を
つか、こんだけ悪条件が重なっても2位なんだから、やっぱりメルセデスは強い、強すぎる。

そんなゴタゴタを追い風としたのはリカルド、ボッタス、そしてフェラーリとマクラーレンの4台。
リカルドが先行し、ライコネンが次に着けていましたが、マシン性能差もあってボッタスがパス。
後に2台ともロズベルグに抜かれてしまいました。

結果、「やってやったぜ!」の磐石のリカルドが優勝。
2位はロズベルグで、川井ちゃんいわく「これで優勝までしたら後ろ指差されるぞ」。
3位はエディ・ジョーダンに「表彰台の常連だね」といわれたボッタス。

表彰式では、ロズベルグとボッタスへの酷いブーイングが。
つか、何でボッタスまで?(を
それに対してごまかさずに「観客はちゃんと祝福するべきでしょ!めっ!」とたしなめるエディ、かっこいい。


面白かったのはラスト3周の5位争い。
ベッテル、アロンソ、マグヌッセン、バトンによる壮絶な四つ巴バトル。
競い合いに巻き込まれたエリクソンは怖かっただろうなぁ(w

戦いを制しての5位"戴冠"はベッテル。
マグヌッセンを抜くときのラインは、さすがの貫禄でした。
続いてはマグヌッセンでしたが、「アロンソを押し出した」という裁定により20秒加算となり12位に脱落。
まあ、レースゲーム的なダーティラインを感じましたからねぇ。
6位にバトン、7位にアロンソと、フェラーリとマクラーレンはかなりの健闘でしたね。

ケータハムのマシンに乗ったロッテラーは3周目辺りでリタイヤ。
マシントラブルだったようですが、可夢偉の夏休みを延長させてまでの器用だったので、心境複雑。
同時にマルドナドもリタイヤしていたので、ぶつかったのかと思った(w

その他の結果はこちらで。


次回は2週間後のモンツァ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろ雑記

2014年08月23日 20時11分16秒 | ▼雑記

フォーミュラEの番宣特番を観ていたren.です。
……ぶっちゃけ、亜久里と右京の対談と、琢磨のテストランくらいしか観るところなかったねぇ。
ディカプリオがチームオーナーだー やら、セナの甥っ子がー やら、エコがー やら、音がー やらと、レース自体に関しての売込みがあまりなかったねぇ。

いやま、音に関しては、やっぱり驚くけどね(w
走り出しの音が、ほんとにラジコンと同じなんだもんなぁ。


ガンダムビルドファイターズトライ」の新PVも観ましたよ。
おー、ホビーハイザックさんだ!(w

あと、よく見るとサザキ君の妹もいますね。
セカイのあれは、やっぱり「この女を知っているか!?」なんだろうね。


昨夜の「アオイホノオ」。
まさか、赤井のあれ実写でやるとは思わなかった。
つか、山賀妹はリアル16歳らしいじゃないか。
ひでードラマ(w

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろ雑記

2014年08月22日 21時03分32秒 | ▼雑記

雷が鳴り始めた札幌から、ren.です。
雨も雷も嫌いじゃないけど、最近悉く続く雨被害を思うと浮かれてもいられませんわな。
つか、雷雲の所為か、CSの映りが悪い。

なんだか、今年も暑中見舞いを書いているうちに、残暑見舞いのシーズンになってしまいました(w
そんなわけで、もうちょっとかかりそうです。

そんなわけでネタなしにつき、ごめん、ドロン。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナノ☆ダイヤ ブラキオサウルス

2014年08月21日 20時22分20秒 |  └ダイヤ・ナノブロック

出かけて空を見上げたら、これを見つけたren.です。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7f/0e/81bdf9019c66af9b5e6d2fde9fdd3302.jpg?random=450bfb2b625e805acaf26e75db24a8f4

おぉ、スヌーピーJ号だ!

……あれ? 記憶とスヌーピーのポーズが違う。
今年は飛行士姿じゃないのか。
twitterをやっていたら、この写真を応募できるんだけどね(w


さて、今日はこちら。

★ nanoblock ブラキオサウルス

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/35/30/1832c296a80a8bf100eea69a877d8d02.jpg?random=6acac83f9c86c315866c96f033e1ecdb

ミニシリーズの恐竜シリーズの中で、唯一の骨格標本。
難易度は4で、完成には40分程度、ポーズ付けに30分ほど(w

写真では黄土色っぽく見えますが、実際には薄肌色。
骨格標本らしい色ですが、個人的には化石っぽいキャラメル色にして欲しかったかな。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/30/32/80eebee7c58d97c05a92bb384b41ec26.jpg?random=d439b755c8b5b71e0ec8776465913f29

完成すると結構大きめで、全長(頭から尻尾までを直線にした長さ)は25cmほど。
首はもちろん、各脚も可動しますし、尻尾も横には曲げられるので、色々ポーズをとらせられます。
ただ、全体的に1ポチ固定が多いので外れやすく、そのためにポーズ付けには時間がかかってしまうのです。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5d/eb/b0e5518fe6bb76ec260158ef0d34be56.jpg?random=d1551dad56c6080d4ae2b0e514962cac

胴体部分のアップ。
中には背骨に沿って2ポチ1列分の透明ブロックによる補強があります。

肋骨の本数はディフォルメで減っていますが、斜辺ブロックの隙間があるため、なかなかそれっぽいです。
ただ、根元1ポチ固定箇所が組み立てでもポーズ付けでもネックになります。
爪楊枝などでしっかりはめ込むといいでしょう。

脚の根元はボールジョイント。
後ろ足には1×2ボールジョイントが使用されています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/23/55/c1f879c10c01c7bd67d8a41b6013b18b.jpg?random=a733781bc02abc8718340bd6b15c9ee6

首にも贅沢に使われているのでお得。

脚自体は面取りブロックで構成されているので、ひざも曲がります。
つま先は1ポチ固定なので、ずれやすいです。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/74/42/c9013776aa0b247fdc8746e460849727.jpg?random=c9d8379948acbba51ee5830d988ffa53

簡素ながら、ちゃんとそれっぽい頭蓋骨。

いつもならブログ紹介後は分解してしまうのですが、気に入ったからしばらく飾っておこう(w

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろ雑記

2014年08月20日 20時40分13秒 | ▼玩具

どうも、ren.です。
どうやら、札幌は本当に夏が過ぎたようです。
今後はひと雨ごとに秋に近づいていくのでしょう。

でも、世の中恐ろしい雨もあったものです。
広島の土砂崩れは、なんと傷ましい光景か。
被災した皆様の心中、お察しいたします。


さて、昨夜放送されていた「ガメラ2」を見ていて、ふと思い出したものがありました。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/8e/8afcaad632d4bc161571bc9e30faf160.jpg?random=ff71cd1574e7d3cda6b38aa7adb1e60c

先日掃除をしたときに、こんなものが出てきました。

約10cm四方の飾り板にとりつけられたガメラの頭のレリーフ。
裏をひっくり返してみると……

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/67/4a/1f299a592aedfc0052daaa010da3f9da.jpg?random=0b86145bb5cd656d9ca99b15b3f325e7

……あ、思い出した。
同梱されたペーパーにも書いてありましたが、ガメラ3部作のDVDボックスの全プレですね。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/07/c3/b12bcb1a61cc7d3f1641cddcbd8ac578.jpg?random=fc216317089f0ac2fa631ce7302e8eb2

そう大きいものではありませんが、とてもよく出来ています。
ただ、本当に板に貼り付けてあるだけで、スタンドも吊り金具もついていないので、飾り様がない(w

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/69/fd/ec66bb80397b57258b28e273f8ffa632.jpg?random=967426c1b5114ed22fa246870cb1d48f

まあ、せっかくのものなので、またしまいこんでおこう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろ雑記

2014年08月19日 19時52分19秒 | ▼雑記

雨が体調にダイレクトに作用してしまったren.です。
頭とお腹が痛いの痛くないの……痛いんですけど。

先日買ったXbox360「スプリンターセル コンヴィクション」をチェックがてら、ちょっと遊んでみました。
……主人公・サムのcv.が玄田哲章さんじゃねーか!

▼ Tom Clancy's Splinter Cell Conviction 日本語トレイラー

なんか最近、アニメやら特撮やらゲームやらで、妙に玄田さんに縁があるなぁ。
ちなみに、若本規夫さんも出ているので、こちらも先日挫折した「EOE」といい、予想外のところで聞く。
というか、他にも小山力也さんとか田中敦子さんとか、トム・クランシーシリーズの中でもっとも声優が豪華ですね。
担当者の趣味が丸出しとも言う(w

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しましま動画(GINZA)

2014年08月18日 20時03分39秒 | ▼映像作品・番組

なんとなく指笛に挑戦したren.です。
……出来なかったよ(w


この週末はコミケだけでなく、ニコ動では「第13回MMD杯」がたけなわでした。
私もずいぶんとチェックしましたので、とりあえず気にいったものをいくつか貼り貼り。

▼ 【第13回MMD杯本選】Русские Витязи ММД

今回の”MMD空軍"の中から、恒例の曲芸飛行動画。
タグやコメントにもあるとおり、ロシア空軍展示飛行チーム”ロシアンナイツ"こと"ルースキエ・ヴィーチャズィ"。
横風で機体が流されている感じに心を奪われました。

 

▼ 【第13回MMD杯本選】東方ギリシャ神話短編録~パンドラの箱

東方キャラを使ったギリシャ神話のエピソード集。
両方の元ネタを知っていると、キャスティングの妙もわかります。

▼ 【第13回MMD杯本選】サナエさん

「幻想郷に行ってしまったため消えてしまった早苗さんは、尾ひれがついて都市伝説になっている」という内容の曲「サナエさん」のMMDPV。
マイリスト数も伸びていますし、何らかの賞に入るのは確実の動画。
ホラーマニアの友人も絶賛していました。

▼ 【第13回MMD杯本選】鬼ごっこ

もうひとつ、ホラー動画。
今回はテーマに「ホラー」がありますが、むしろそのためにネタ動画が多いという(w
そんな中、ストレートな恐怖ドラマにゾクリとしました。


▼ 【第13回MMD杯本選】バットマン VS スーパーマン 【Dawn of Justice】

というわけで、大オチ。
にしたって、エコノミーでない画質だとまるで実写のごとき無駄なリアルさ(w

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマノススメ 7巻

2014年08月16日 20時12分13秒 | ▼マンガ・本

ショートホールでバーディーが出せないren.です。
「みんゴル」の話。
このシリーズのショートホールって、アンジュレーションや風向きがやたら難しくない?

● 「ヤマノススメ 7巻」 しろ/アーススターコミックス
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5c/aa/441d11bcdebe558fa4b7c6c59539f7da.jpg?random=9e66ecad6efa83119cbc50121881983b

アニメにあわせたんだろうけれど、2ヶ月で新刊には驚いた。

秋シーズンになり、来年の富士登山リベンジに向けて体力づくりをはじめるあおい。
いきなり低山縦走やトレイルランを始めるあたり、若いっていいわ(w

人間関係では、あおいとひなたが本格的な喧嘩。
まあ、些細なきっかけで始まり、あっけなく仲直りするところはライト。

そして、どんどん周囲の影響を受けているここな。
性格がねじれてきたほうがかわいいとは思う(w

ほのかはポエムページのみの登場。
冬場には樹氷を撮りに行ったりするのかな。


さて、私も夏といえるうちに登山に行ってこよう。
今年の秋は山の紅葉狩りにも行きたいな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニャンコロカムイ 2巻

2014年08月15日 20時01分19秒 | ▼マンガ・本

窓を開けているとむしろ寒かった札幌から、ren.です。
Tシャツ姿で寝ようとすると、寒さで目が覚めるほど。
夏風邪ってこういうひき方じゃないと思う(w

● 「ニャンコロカムイ 2巻」 樹るう/バンブーコミックスWINセレクション
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5f/ef/52d77266d9022c79be0f9e2cc318c5e3.jpg?random=cc6cb6ada2ec0bbb2af0211c58e45c9f

夫の足にさりげなく膝を絡ませる嫁、エロい。

今回も、web雑誌「まんがライフwin」に連載されたもの+あとがき。
あと、カバー下にはまめちしき。

前巻からの引きで、"戦う文化神"オキクルミと互角の力でけんかする"最強の人間"ポイニャン。
原典では係わりのない二人ですが、うん、似たもの同士だわ(w
特に後半のチセ(家)作りでのあれこれは、カムイオトプシよりも兄さんらしい。

ポイニャンが猫になってしまった理由。
コタン(村)の富をめぐっての村間での争いはそこそこあったようです。
特にトパット゜ミ=夜襲に関する話は多く残されています。
前巻のエントリで話題にしたイペタム(人喰い刀)は、このトパット゜ミに縁がある話でもあります。
知らずに村人の欲の皮を引っ張る役目となっていたポイニャンですが、このカムイオトプシもそんなつもりはさらさらなさそうだ(w

巻頭カラーの嫁取り話は、本当に原典がこんなだからねぇ。
まあ、長い話の中でポンヤウンペは他の女の子にも粉かけたりしてるけど(w
それでも、「幻魔大戦」のサイオニクス戦士みたいなキャラに成長したのは彼女くらいか。

ちなみに、オキクルミカムイが受けた3つの試練の最後のひとつは「シモネタ(艶笑話)で笑わないこと」。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GODZILLA ゴジラ

2014年08月14日 20時38分23秒 | ▼映像作品・番組

風が通るとむしろ寒いレベルの札幌から、ren.です。
部屋中の紙が舞い上がるし(w
ドアを閉めても十分涼しく、現在の室温は26度。
本当に夏が過ぎてしまったようなすごしやすさ。


さて、私もようやく観てきました。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/64/f5a7140fde8848df4f7757b9861e73cd.jpg?random=fcf4194ca5d80cf5d81494017943c991

パンフの一部抜粋。
まだ全部読んでいないので、今後感想が変わる場合もあります。
とりあえず、さらっとエメゴジをディスってる佐野史郎さんに笑った。

▼ 「GODZILLA ゴジラ」予告3

ネタバレにならない程度にお話しましょう。

観てきたのは2D字幕版。
やはり、渡辺謙の「・・・ゴジラ」が聞きたくてね。
それにしても、やっぱり役名の芹沢猪四郎は、ニヤリではなくプッと吹き出してしまうなぁ(w

まず一言で表すなら「面白かった」。
ただ、「予想以上だった?」と問われると、「うーん……」。
まあ、変にハリウッドライクにされていない、ちゃんとした"ゴジラ映画"だったからなんでしょうね。

ゴジラの造詣は、足元(特に指の短さ)は気になるものの、ヌルッとした巨大感はなかなかでした。
やはり怪獣映画は少しスクリーンの下気味の席から見上げるのがいいですよね。
動きも細かな首の動きや尻尾ののたうち方はCGらしさを感じますが、モーションは着ぐるみ特撮をインスパイアしただけあって、ちゃんと「中身のあるゴジラ」という感じがして満足しました。
最近のTVCMでネタバレされている■●▼●も、下半身のプリッとしたお尻がスーツっぽくて、また操演でわしわしと動いているような感じには思わずうなりました。

動きといえば、日本の特撮では弱点である"吹っ飛びビル破壊"が見事でした。
どうしても操演でぶら下げると、振り子の軌道になってしまう違和感がありますからね。
ただ歩いて通っただけでも基本的に「ビルは壊しておけ」というスタンスも、正しい怪獣映画ですね(w

残念だったのは、「パシフィック・リム」でもそうでしたが、ゴジラの登場シーンが夜や悪天候ばかりなこと。
やはり、まだピーカンの青天下での巨大生物というのは、まだCGの泣き所なのでしょうか。
思えば、あの「ジュラシックパーク」でも恐竜が激しく動くシーンは夜や荒天時、そして室内でしたね。
あとは、やっぱりゴジラの"立ち位置"が微妙なことと、モナーク機関などの面白い設定が活かされきっていないところか。

音響のいい映画館で見られたため、ゴジラの咆哮も迫力満点でした。
1声目には、しっかりと最後のしゃくりあげる残響音も響き、しかもそれがいつまでも耳に残るような演出は暗闇で破顔してしまうほど(w
ただ、そうしたSEが迫力満点な半面、音楽やせっかく日本人がしゃべっているモブ声が聞こえづらいのは残念でした。

音楽はOPとスタッフロールではっきりと聴けますが、メインテーマはよく聞くと速いスピードですが伊福部昭さんの「ゴジラのテーマ」のフレーズがストリングスで繰り返されているんですね。

▼ ゴジラ テーマ 【'1954 足音・SE付きVer.】伊福部 昭 (GODZILLA)

あと、「三大怪獣 地球最大の決戦」みたいなトランペットの高音とか。
実際にモチーフとして使用しているのか確信はありませんが、気づくと「おっ」と思わせる仕掛けでした。

とにかく、全体的に「日本の"ゴジラ"のあのシーンやこのシーンをハリウッドが本気出してやってみた」という感じが前面に出ていて、やる気を感じる映画でした。
なぜか怪獣が出現している場所に停止信号も無く通りかかる電車とか、身を潜めていたら怪獣の顔がにゅっと出るところとか。
今の日本では色々な意味で作るのが難しい怪獣映画を維持してくれるのが、日本特撮ファンの海外監督というのはありがたいながらも皮肉なもんです。

ネタバレになるかもしれないけど、パンフレットの広告ページにもある「ド迫力咆哮 DXゴジラ2014」。
ギミックのためにフォルムを台無しにしているところあたり、むしろ漢気すら感じる(w
ソフビはちょっと欲しいけど、すでにプレミア化し始めてるのね。
なんだそりゃ。
さすがに再販してくれるよね、バンダイさん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加