希望屋 ~ren_ka ci=set~



"晴れ時々雪"しか並ばない週間天気予報に存在価値はない

バラエティも~にん 3 巻

2010年03月31日 19時42分45秒 | └竹本泉
3/31、もう今期も終わりなのね。
どうも、ren.です。
色々とあった1年でしたが、成長はしていない(w

とまれ、明日は4/4、エイプリルフール。
各所のサイトが四月バカ企画をやる日です。
毎年、円谷プロダクションとアイレムの企画を楽しみにしています。
なお、当ブログでは、特に何もする予定はありません(w
どっきり嘘記事もやんないよ。


 ● 「バラエティも~にん 3巻」 竹本泉 芳文社/KRコミックス
   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/55/09/20f57662d6b081d0b6bf232d28dc2beb.jpg
続々続刊な「てけてけ」に対し、こちらは最終巻。
竹本さんも「自動書記で描いている」と冗談を言っていますが、本当に変な話だった(w
「よみきりもの」系でも、かなり投げっぱなしなオチの話がありましたが、この作品は遠投にも程があった。
まあ、そのシュールさが面白かったのですけれどね。

作中にタイトルがない構成なので目次を見てみると……
 #45 ケーキにマシンガン
 #47 きぐるみっくす
 #49 ちょっとCMみたいだったりなかったり
……この辺りって、もしかしたら、竹本作品のタイトルのセルフパロディ?

ところで#49、「へたれていた電池を居間で休ませたら復活」というネタ。
電池が消耗してしまってたら休ませても直らないだろうし、それだけでは充電もされないと思う。
まあ、突込みを入れるだけ野暮というものですけれど(w

それにしても、ここ近年の竹本作品には、必ずといっていいほど「赤道祭り」が登場しますね。
類似品では「夏至祭り」なんてのも。
これは長距離航海の客船やヨット、遠洋漁船などが赤道を越える際に、お祝いとして実際に行なわれるイベントですけれど、ここでの出典はたぶんアニメ「母をたずねて三千里」。
竹本さんは名作劇場が好きですからね。
この時期、DVD化や再放送があったんだったっけかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てけてけマイハート 8巻

2010年03月30日 19時54分37秒 | └竹本泉
ちょっと風邪ぎみなren.です。
気だるさや鼻水よりも、口の中がやたら出血してるのが辛い。
なにを食べたり飲んだりしても、痛い痛い。


 ● 「てけてけマイハート 8巻」 竹本泉 バンブーコミックス
   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5f/dc/d7c5c6c62700703feb212af4a6d9e35b.jpg
ゆるゆる新婚生活も、8巻目突入。
実際の時間だと、もう何年もたちましたが、作中ではまだ3年目くらいかな?
いやま、十分"新婚"は過ぎた気もするな(w
結婚騒動が3巻で、クリスマスを2回やってるから。
でも、ドラクエIXネタがあるところ辺り、タイムパラドックス。

そんな変わらぬ吉田夫婦をさておき、なみこがまさかの結婚&妊娠。
ただのサブキャラだと思っていたのに、ここにきてのスポットライト。
……そういえば3巻以来、くるみや池田君の顔をみていない気がする(w

それにしても、妊娠話やら、子供の催促やら、こんなに生々しい話になるとは。
竹本作品で"月のあれ いつあったの?"なんて台詞を見る日がくるとは、誰が思っただろうか(w
まあ、掲載雑誌的には間違ってないんだろうけれど。
でも、最近は「まんがライフ」もずいぶんと、様相が変わったしなぁ。
そういえば「のんのんじー」の連載時に「こんなの竹本泉じゃない!」と目を伏せていた友人は、今どうしていることやら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のえふわんざっき オーストラリア

2010年03月29日 17時43分48秒 | └F1
ちょっと近所に買い物に出かけたら、耳が削げそうに寒かったren.です。
晴れてはいるのですが、ここ最近も夜に雪が降って積もって、昼には融けるを繰り返すような毎日ですので、逆に気化冷却で寒くてたまらないんですよねぇ。
融けて乾いた道には、一冬分の埃が積もっていて、車が通ると巻き上がるし。

まあ、その昔にまだスパイクタイヤが使われていたころは、さらに車粉公害(スパイクタイヤが舗装道路で削られたり、削ったりで生まれる微細な粉塵による大気汚染)がありましたから、それに比べればまだ清潔なのかもしれないけれど。
この時期は北海道で最も汚い季節です。


さて、この週末はF1オーストラリアGPでした。
FPの頃から雨降りに悩まされた今大会。
決勝も雨交じりの中、スタートしました。

スタート直後、1コーナーでいきなりバトンと接触したアロンソがスピン。
そこにミハエルが巻き込まれ、2台が後逸。
さらに別の場所では可夢偉がフロントウィングの脱落でコントロールを失い、ヒュルケンベルグを巻き添えに大クラッシュ、2台ともリタイヤ。
あ~あ。
まあ、ケガがなくて何より。

すぐにセーフティカーが導入され、そのコンボイ走行によって次第に走行ラインは乾いていきました。
再スタート後、7周目にバトンがドライタイヤに履き替えるギャンブルを敢行!
バトンはしばらくウェットに悩まされるも、直後に他チームも続々とピットに殺到。
結局このギャンブルが勝利の鍵となり、バトンが優勝を飾りました。

しかし、レース中盤まではヴェッテルがトップを牽引。
予選から好調の彼が、バーレーンの屈辱を晴らすものと思われました。
……が、26周目。
マシントラブルにより挙動を乱し、砂の海へと沈んでしまいました。
原因はブレーキディスクの破損か、ホイールナットの緩みだったとみられます。
前回に続き、マシンの信頼性によって奪われた勝利。
なんだか、レッドブル移籍後のベッテルは"不運のヒーロー"となってしまったように感じます。

2位にスタートダッシュが成功したクビサ。
3位に堅実ながら一歩届かなかったマッサ。

我らがウィリアムズはヒュルケンベルグは前述の巻き込みで露と消えましたが、バリチェロはグリッド一を守る8位入賞。
とはいえ、他チームのトラブルをうまく生かせなかったということでもあります。

その他の結果はこちらで。
ごらんのとおり、10台がリタイヤ。
まあ、その大半が中堅以下のチームが潰れただけ。
ヴァージンが全滅以外は、それぞれ1台を失った感じですね。
それだけに、巻き込まれ事故でリタイヤしたヒュルケンベルグが不憫。
相手が可夢偉なだけに、怒りのぶつけようのない私も不憫(w

チェッカーフラグと優勝トロフィープレゼンターは、ハリウッド俳優のジョン・トラボルタでしたね。
なんでだかはしりませんが(w

次回、マレーシアGPは、もう今週末。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のえふわんざっき

2010年03月27日 19時42分58秒 | └F1
昨夜はフジテレビCSで「ニュース速報は流れた」一挙放送を観ていたren.です。
うん、これはやっぱり面白かった。
この番組のために新規契約した人も多いらしいですよ。
また再来週に一挙放送をするようなので、今度は録画しておこう。


先ほどの、F1オーストラリアGPの予選が終わりました。
そうだ……今回は日本でも昼の放送なんだったっけ。
明日は寝不足で観なきゃいけないなぁw

レッドブル・ベッテルとウェバーがフロントロー。
以下、アロンソ、バトン、マッサ、ロズベルグ、ミハエル。
そして、我らがウィリアムズはバリチェロが8番手、ヒュルケンベルグは15番手。
そんな予選結果

現地は微妙に雨模様。
オーストラリアというと、昔は雨が定番でしたけどね。
中嶋悟の引退レースも雨の中でしたっけ。
まあ、あのころは誰がカレンダーを決めたんだか、雨季の真っ只中にやってたものなぁ(w
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メビウスジャンパー 3巻

2010年03月26日 20時11分36秒 | └小野寺浩二

昨夜は途中から「のりものテレビ」を観ていたren.です。
微妙に子供向け、絶妙に大人向けで面白かった!
どうしようもない雛壇番組より、こういう番組は大歓迎ですね。
にしても、ナレーションが南海キャンディーズ・山里さん、シティボーイズ・大竹とさんとは、不思議な組み合わせ。
それぞれBMWイセッタとメッサーシュミットKR風のキャラクターを演じてました。
その組み合わせもすごい(w

で、番組のCM枠で、いきなりこんなものが流れてビックリ。
  ▼ 復活!メガネクリンビュー
うわぁ、圓鏡師匠だ!!
タイムスリップしたかと思った(w


 ● 「超時空眼鏡史 メビウスジャンパー 3巻」 小野寺浩二/MFコミックス
   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6f/3c/06c0805b2bd32c09772d1c1003c025af.jpg
アカデミック変態マンガ(誉め言葉)、怒涛の最終巻。
さすが、大団円に定評のあるデラコー(w

そもそもは眼鏡の歴史を中心とした漫画だったはずだけど、なんだかいつのまにか世界の萌え歴史漫画になってたような気がしなくもないけれど。
特に日本に舞台の移ったこの巻では、いかに日本人が古代からオタクだったかが(w
特に15話はその傾向が強い。
まあ、北斎が触手モノを描いてたのは常識だよねー(を

佐々木留伊の話は、どこかで聞いたことがあるなと思ったら、あとがきで池波正太郎だと思い出されました。
そうか、この話って実話だったのか。
ずいぶん昔に読んだもので、創作だと思ってた。

笠松お仙の話も、実際こんなだから困ったものだ、日本人(w
そのエピソードに絡んで、眼鏡の鼻当てについて。
そういえば、10数年位前までの鼻パッドは、まだまだ痛かったものだよなぁ。
一日中眼鏡をかけてると、確実にパッドの跡が痛々しく残ったものです。
今使っている物はそういうことがないから、眼鏡はいまだに進歩を続けているんでしょうね。

あと、上記とは特に関係ないけど、パーフェクトシルヴィアちゃんの"先行者"、懐かしいね(w

ところで、この巻を本屋で買ったところ、袋の中にこんなチラシが入ってました。
   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/81/511f63a7ed2e3bd4e19504810b3908e8.jpg
まさかの外部からの総オチ(w

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろざっき

2010年03月25日 19時39分44秒 | ▼雑記
番組改変期のこの時期は、毎度、決定的瞬間系特番が多いですね。
ということを、毎時期話しているren.です(w

相変わらず、無意味にトーク番組化してグダグダ。
たいてい、どうでもよさそうなタレントばかりでてるし。
出演枠を使わなきゃいけない協定でもあるのかしら。

そういう系統の番組ではなかったですが、先日の「Directors TV」は、やはり面白かった。
映像とナレーションだけの番組は、やはりいいですね。
テンポがいいので、目が離せられないし。
まあ、テーマが電車と高速道路という、いかにも私好きするものだった所為もありますが(w
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しましま動画(9)

2010年03月24日 19時23分20秒 | ▼雑記
なんとはなし、気ぜわしいren.です。
しばらく一言更新になるかも。


というわけで、ここ最近、ニコ動で面白かった音楽動画を貼って、お茶を濁す(w


▼ 秋想い~シアワセうさぎ(母)

当方二次創作ボーカル界隈で知らない人がいない、ビートまりおさん。
その母親も、えっらい歌がうまいことが判明。
聞いていてのむずがゆさは、聞く人の母親への業の深さによる(w
それにしても、「フォールオブフォール 秋めく滝」はいい曲だ。


ローリンガール、オリジナル PV

最近のミク曲の中で、一番好きな曲。
出だしのピアノからツボ。
これはPV付きの動画。
ぜひ、コメントを消してごらんくださいな(たまに荒れてるしw)。


▼ 夜鷹の夢

Do As Infinityが歌う、アニメ「ゾイドジェネシス」の主題歌。
実はコソボ紛争で撃墜されたF-177ナイトホーク(だから夜鷹)を歌った反戦歌。
そんなわけで、ゲーム「ACE COMBAT」シリーズの映像が合わされたMAD。


ニコ動には「作業用BGM」というタグのついた動画が多くあります。
選曲も、再生時間も、まさにBGMとしていい物が多いのですが、何せ私のPCは非力。
同時にドローイングソフトを動かすと、落ちます(泣
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DX3・リプレイ デザイア 1

2010年03月23日 19時51分23秒 | └TRPGリプレイ

昨晩はどうも寝付けなかったren.です。
たまにこういうことがあります。
眠いは眠いので、結局、午後に響いてしまうのですけれど。

しかし、寝られないんだから仕方がない。
思わず終盤で積んでいた「ワンダと巨像」をクリアしちゃったよ。
こうして積みゲーをクリアしていくと、なんか死にフラグな気持ちになってしまう(w


昨晩のラジオ「伊集院光 深夜のバカ力」、聞いた人はいるかな?
番組中でなんと、例の"非実在青少年"への表現規制についての話題がありました。
こちらに要点をまとめている方がいます。
いつもの伊集院節ですが、ずばりと言ってくれました。

この問題について私も、まあ、読んだり見たりするだけでなく、自分でも描く立場にありますから、ありていの意見しかもっていませんけれど、そうした意見をもつ者がマイノリティではないと信じたいところ。
伊集院さんの表立った意見は勇気付けられると共に、更にIJ株アップ。


 ■ 「ダブルクロス3rd・リプレイ デザイア 1・星影の魔都」 
              加納正顕/F.E.A.R. /富士見ドラゴンブック
   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5a/b4/40fc94220953d9bb5ec917abb7df13c2.jpg
DX初のファルスハーツ(FH)側をPCとしたリプレイ。
一応は"悪のプレイング"という立場になってますが、ちゃんとDXしてます。
NPCのUGN側が、ちゃんと"もしPCなら"という活躍をしているのも好感。

PC1、女子高生FHエージェント・青峰ミユキに、漫画家・合鴨ひろゆきさん。
PC2、女子高生FHチルドレン・大門寺朱香に、声優・若林直美さん。
PC3、FH精鋭部隊隊長・闇条晃志郎に、DXデザイナー・矢野俊作さん。
PC4、FHエージェント・九鬼に、ラノベ作家・三田誠さん。

ふぃあ通で「小粋な悪者プレイ」と表現されていましたが、まさにそんな感じ。
正義のヒーローより悪役の方がやっていて楽しいという気持ちが、よくわかる。
ほんと、やればやるほど"かわいそう"な境遇が楽しそう(w
まあ、DXのお約束として、特に幸せになれない、思い通りにならないのが、FHの立場ですしねぇ。

にしても、女子高生コンビ以外のPC、NPC勢から、えらく"腐"臭を感じるリプレイ。
特に、九鬼とUGN・真田くんあたりからね。
後編の桐原&阿部コンビなど、数字(801)な読者からは、「あまりにストレートにヤバイ」と大好評です(w
悪とインモラルは隣道?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろざっき

2010年03月22日 20時50分29秒 | ▼雑記
列島中が暴風と黄砂に見舞われた連休。どーも、ren.です。
こちらも黄砂はそれほどではありませんでしたが、3月の記録を更新する突風が続きました。
そりゃ、石狩湾に座礁船も出ようというもの。

時期的には「春一番」といった風情ですが、雪まで戻っちゃなぁ(w


そんな週末、友人達が遊びにきたので、先日買ったDSiウェア「国破れて山河あり」で対戦しようか……と思ったら、これ、全員がソフトを所持していないと遊べない「ワイヤレス通信対戦」じゃないかorz
結局、「スターフォックス コマンド」で遊んでました、とほほ。

このDSにおける「ワイヤレス通信対戦」「ネットワーク通信対戦」、そして「ダウンロード通信対戦」という3種類の通信対戦の名称が、本当にわかりづらい!!
アイコンも似通ってて区別がつきづらい!!
一度DSソフトのパッケージの裏を見てみてくださいな。


ゲームつながりで、1月に買った「GTA3」。
なんか、あっけなくクリアしてしまいました。
まだ、秘密パッケージやスタント、虐殺ミッションなんかは残してますけどね。
それでも、さすがに現行GTAの最初だけあって、内容が少ない。
まあ、「SA」が多すぎなのだという気もしますが(w
そのうち続編を買おう。
そういえば、DSの「CW」の評判はどうなのかな?

余談。
週末に遊びにきた友人に某「東方GTA」動画を観せたところ、興味を持ってくれました。
いまさらGTAの布教もないものだし、方法が邪道かもしれないけれど(w
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひよどり絵にっき

2010年03月20日 19時08分54秒 | ▼同人活動・絵
土曜は毎度来客のあるren.です。
今日は早くにくるので、ちょっと急ぎで。

昨夜の北海道マップ。問題を発見。
1) マップ外につなげない。
2)地中に資源も埋まってない。
つまり、何も作れないということが判明しました(w
こりゃ駄目だ。

もひとつ、昨夜の「新・のび太の宇宙開拓史」、なかなかでした。
旧作映画よりも原作よりの場面が多かったですね。
絵も原作を意識してか、トレス線が強弱のある表現になっていて感心。
スタッフのリスペクトを感じました。
それだけに、やっぱりモリーナのからむシーンは、蛇足くさかったなぁ。

藤子Fさんの原作は私も絵を描き始めた頃、かなり参考にした作品です。
そういう懐かしさもあって、観ながらラクガキ。

   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/81/b59612feed9f68bbfb3597bc46843b15.jpg

この頭身の絵も、久々に書いたなぁ。
バランスとか忘れてるので、ずいぶん変な感じ。
そのうちアレンジして描き直してみよう。

ほんと、ロップル君かわいかった(w
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

各駅ワーキンラブ

2010年03月19日 20時00分06秒 | └A列車で行こう
昨晩はなぜか寝付けなかったren.です。
年に何回か、こういう夜もある。
結局、明け方に寝付けたようで(いつのまにか)、多少寝坊した。


今日テレビ放送している「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」。
個人的に原作、旧作も、と気に好きだった長編ドラえもん。
ロップルくんがえらくおいしそ……もとい、かわいい(w
今回のオリジナルキャラ・モリーナは、今時の広い年齢層にアピールするには、必要なのかな。
あざといっちゃ、あざといね。


さて今日は、久々に「A列車で行こうDS」ネタ。
フリーモードでこんなマップを作ってみました。
もちろん地図を見ながらフィーリングで模写(w

   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/0b/f6998f5fa0412352ba885398a6ad176f.jpg
「試される大地」 -北海道-

高低差は無視。山脈の目立つところだけを表現しました。
川は石狩川と釧路川だけ。
こうしてみると、……ちょっと釧路川はズレたな。

マップ外に線路がつなげられるのは、津軽海峡(一応、青函トンネルが作られるように、地下1階になっている)を渡った下北半島のみですが、スペース的に活用するのは多分無理。
道内は主要路線・幹線はつなげられるはずですが、スケール的にかなりのディフォルメが必要か。

まあ、実際に遊ぼうと思ったら、かなり厳しそうだ(w
一応保存はしているので、そのうち試してみます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろざっき

2010年03月18日 19時27分41秒 | ▼雑記
いまさら「いばらのもり」のDVD化を知ったren.です。
やっほー!

この番組はTEAM NACSのリーダー、森崎博之がメインでやっていたミニ番組。
その後、現在の「ハナタレナックス」につながりました。
「どうでしょう」がonちゃんを有名にしたのなら、こちらはグチを有名に。
あと、モン太君(元はHTBの昔使っていたキャラクター、くん太君)もか。
「オクラホマ」の河野さんも"ダンスチーム"という謎の無口キャラを演じていたり。

ぶっちゃけ、一時期パワーの落ちた「水曜どうでしょう」より面白かった。
しばらく「どうでしょう」DVDも買って無いけれど、このDVDはぜひ欲しい。


そういえば、先日紹介した漫画「テルマエ・ロマエ」。
こんなニュースがタイムリーにも飛び込んできました。

 ▼ 「マンガ大賞2010」にヤマザキマリの『テルマエ・ロマエ』 (日経トレンティネット)

おぉぉ、ヤマザキさん……美人だ!
これはテレビに出ていても不思議じゃないや。

あと、コミックビーム・O村編集長……痩せたなぁ!
なんか、以前は外見からほとばしっていた迫力が消えた?
まあ、中身は変わってないんだろうけどさ(w
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろざっき

2010年03月17日 20時03分28秒 | ▼雑記
今日、初のバイク乗りを見たren.です。
バイク乗り、というか、いわゆる暴○族らしく、バウンバウン大きな音を立てながら走ってましたよ。
いくら最近は融けたり降ったりで道は出てるけど、寒いだろうに。
で、案の定バイクはカワサキ車。
カワ車乗りは気が早いという定説が、今年も実証されました(w


さて、今日は特に話題もないので、最近あったことをだらだら羅列。


先日の話。
私の卒業した美術・デザイン系の専門学校が火事になりました。
生徒の描いた道展入賞作品が被害にあったようです。

なんつか、この学校。私が通っていた頃から変な校舎。
当時から校舎が住宅街に分散していたのですが、現在はさらに増えています。
しかも、数丁離れた場所に。
つまり授業によって、生徒はその校舎間を移動しなければいけないわけ。
雨が降ろうが、雪が降ろうが。それなりに車通りの多い住宅街の道を。
同じ敷地にあるならまだしも、こういう立地の学校もなかなかないと思う。


次~。
先日買ったDSiLLで、DSiウェアを2つほど落としました。

まず、「G.GシリーズWonder Land」、200ポイント。
縦スクロールSTGで目にとまったのは、これくらいだったので。
ショット2種類(移動速度も変化)+ボムというシンプルな内容の弾幕シュー。
モチーフは「不思議の国のアリス」で、チェシャ猫、帽子屋、女王様がボス。
3面ごとに弾幕形状がパワーアップしてローテーションするステージ構成。
内容は違っても、ちょっと物足りない感じ。

もう一つは「国破れて山河あり」。
元はスクエニが携帯電話で配信したアプリゲームですね。
ストーリーは"いかにも"なファンタジー戦記で、美形キャラだらけ(w
道で連なった町へリアルタイムに兵を次々と送り込み陥落させるRTS。
SIMゲーというよりアクションパズルゲームっぽいです。
これを落とした理由は4人までワイヤレス通信が出来ること。
週末にでも友人を巻き込んで遊んでみようと思います(w
今後も面白そうなマルチゲームが出たら、落としてみようかな。


次~。
今夜、フジ地上波で「平野綾だけTV」が放送されますね。
CSでも最終回を迎えますし、またDVDも出るようですからね。
結構面白いですよ。
まあ、観ていて身悶えることもある番組ですが(w

TVといえば先週、「相棒」8期も終わりましたね。
まさか、神部くんが特命係に派遣されたのが、右京さんとの"相性チェック"のためだったとは。
大河内さんも神部君のこと気にしすぎだし、腐女子回路がぐるんぐるん回りましたわ(w

で、後を継ぐのは「臨場」。
おおぉ!2期をやるとは思っていなかった!!
1期も大変面白かったから、楽しみ。
でも、今週は特別編成でなかったのねorz

特別編成といえば「怪談レストラン」放送の潰れっぷり。
局は違いますが、「ヤッターマン」と状況が似てるよなぁ。
実写映画化されるところまでそっくり。
ということは、放送期間が延長される!……といいなぁ(w


今日はそんなかんじ。
どっとはらい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テルマエ・ロマエ 1巻

2010年03月16日 19時02分36秒 | ▼マンガ・本
FireFoxが先日更新され、微妙に使いづらくなったren.です。
まあ、更新されるたびに、そういう経験をしているのですけれどね。
いくつかアドオンが使えなくなったし。
今回もそのうち慣れて……きた頃に、また更新されるんだろうな(w


さて、先日はこの本を買いました。

 ● 「テルマエ・ロマエ 1巻」 ヤマザキマリ/ビームコミックス
   http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/16/38e55b8010a52a05eeca6c7a6a63c026.jpg
堂々とした表紙。
彫像だから問題ないよ(w

去年末に刊行され、各所の書評やテレビ、ブログでも紹介された良作。
私もそれらを見て興味があったのですが、先日、友人に読ませてもらい、やはり評判どおり面白かったので1話で読むのを止め、自ら手にすることにしました。
数日でもう、5・6回は読み返してしまいましたよ(w
すでに第5刷なのも納得。

古代ローマ時代のテルマエ(銭湯)設計士・ルシウスが、ひょんなことから現代の日本の銭湯、家風呂、湯治場など、風呂限定でタイムスリップが出来るようになり、そこでみた風呂施設にカルチャーショックを受けつつも、自分の時代に生かしていくという荒唐無稽なストーリー。

ある意味アカデミックな題材を、軽妙な筆調で描いています。
古代ローマと日本の風呂に対する意識が不思議と似通っているため、違和感を感じさせません。
一種のタイムパラドックスモノなので、シャンプーハットやフルーツ牛乳がローマ時代に存在してしまうことや、ニホンザルを連れ帰ってしまったことが今後、時代の流れの中でどう扱われるのかに期待してしまいます。

しかし、ローマ文明の文化は歴史の中でほとんど失われてしまったという、一つの逃げ道があります。
また、ルシウスのタイムスリップは風呂限定なのが味噌。
一度は銭湯の表に出かけたり、風呂のショールームで文明の利器に触れていますが、柔軟な発想で時代に合わせたアレンジが成されているというのも上手い。
実際、打たせ湯のようなシャワーや、水洗トイレの元祖的なものは、ローマ時代に存在しましたしね。

作者のヤマザキさんはイタリア在住。
Wikipediaによると、ポルトガルに住んでいるとも書かれていますが。
"北海道のローカル番組でレポーター、パーソナリティも勤めた"とありますが、もしかしたら私も見てるのかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のえふわんざっき バーレーン

2010年03月15日 19時38分31秒 | └F1
三度四度、寒さがつのる札幌から、ren.です。
雪解け自体は早くても、これからまだまだ雪が降る予感。
せめて、楽に自転車が使えるようになってほしいわぁ。


さて、昨夜はF1バーレーンGP決勝でした。
今年のOPムービーはCSも地上波も同じものでした。
……なんでミハエルの顔写真は、あんなに怖いものにしたんだろう(w
それはともかく、なかなか見ごたえがある、面白いレースでしたね。

とにかく、観ていてヴェッテルの不運さに涙。
スタートからトップを守りつづけていたヴェッテルが、33周目にスローダウン。
アロンソ、マッサ、ハミルトンに次々と抜かれてしまいました。
なんとも悲しい光景。

無線も悲しかった。
 ヴェッテル 「どうする?何か出来ることはないの?!」
 ピット    「……何も出来ないよ」
どうやら、プラグのトラブルだったようです。

表彰台からは転落してしまいましたが、その後、ロズベルグの追撃は辛くもかわし、4位。
でも、こういう不運に泣くドライバーって、一定のシーズンに必ずいるものですよねぇ。

レース結果はこちら

その他の注目点では、ケガから復帰のマッサが2位。
そして復活の帝王、ミハエルは6位。
ほんと、この二人は違う意味で"鉄人"だわ。

なお、現在の鉄人、我らがバリチェロは10位でポイントを獲得。
コスワースエンジンでは最高位ということになります。
ウィリアムズはヒュルケンベルグも14位完走し、ほっと胸をなでおろしました。

コスワースといえば、新参入チームに目を向けると、これまた哀しげ。
ヒスパニア、ヴァージン、ザウバーが全滅。
ルノー、トロ・ロッソ、ロータスがそれぞれ1台がリタイヤ。
24台中、1/3以上の9台がいいところを見せられず完走を果たせませんでした。
こんなに完走率の悪いレースも、近年珍しい感じ。
無給油レースが17年ぶりに復活したわけですが、そんなところも当時っぽい?(w
まあ、新参チームには仕方がないことですけれど。

それでも、ロータスはもう少しで初レース両車完走だったんですけれどねぇ。
少なくても中継だと、そんな風に見えましたから。
トゥルーリが車を停めたのは、完走後ではなかったのかぁ。残念。

無給油レースといえば、あまりピットの光景に注目が集まらなかったなぁ。
タイヤ交換のみということで、そのピットスピードがどうなるのか、期待していたのに。
マクラーレンイリュージョンやフェラーリマジックは健在なのかな?
……後者は近年の姿をみていると、疑わしいけれど(w
なんか、レッドブルは3秒を目指すとか風の噂に聞いたし。
ま、その辺も今後、映してくれると嬉しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加