希望屋 ~ren_ka ci=set~




キャラ名よりも声優名の方が非現実的な時代。

テレビミルド物語

2016年11月30日 20時13分27秒 | ▼映像作品・番組

どうも、ren.です。
3DS「テラリア」は感謝祭イベント。
限定ボスのタルコルは、ちょっと画面から出ると消えちゃうのね。
とりあえず、ターキーだけ稼いでおくか。


週末からのTV四方山。

「私モテ」、皮モノのヒロインショーって案外、そのハードさはバカに出来ないんだよなぁ。
七島のお兄ちゃんっぷりと、妹ちゃんのかわいさが際立ったお話でした。

「エグゼイド」、"ジェットコンバット"のジャンルは"空中SIM"……つまり、フライトSTG?
砲身が回ったり回らなかったりするガトリングガンに苦笑い(w

「鉄血」、雪之丞とメリビットの交際は、ちょっと詳しくやろうや(w
ヴィダールは素直にかっこいいMSで、これはプラモが売れそうだ。
そして、そんなあれこれが、全部吹っ飛ぶロリコン事案。

「花丸」、……。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/9e/450219fdd6f7acd0233adfe13df8331d.jpg

「ユーリ」、シスコンにナルシストに、18歳ヒゲ男子。
マッカチンの誤嚥は大事故だけど、それを競技中に知らせるのはどうかと思うね。
まあ、勇利に過去の悲劇があったからなのかもしれないけれど。

「舟」、この辺は映画未収録のエピソード部分ですね。
これをオダジョーでも見てみたかった。

「うどん」、ガオガオ好きだとしても、船にマークはともかく、マスクはどうだろうか、社長。

「トリスタ」、あれだけ情報から隔離されたら、花崎じゃなくてもキレる。
そんな花崎の悪態に、まったく動じない小林。
死なないだけでなく、この不感症具合も彼の抱える問題の発露なんだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏に積乱雲まで

2016年11月29日 20時49分05秒 | └竹本泉

どうも、ren.です。
父は検査結果が出るまで入院するそうです。
入院が決まったときはあわてましたが、今はそこそこに楽観的。

● 「夏に積乱雲まで」 竹本泉/ビームコミックス
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/77/c2/97ca12c33f52737ca11b5e2ac3af5949.jpg?random=413b2cde6223a0a7997b3393d5c62181

新作は1巻完結。
おそらくは月と星の体系魔法が存在する「ちまりまわるつ」を起源とする"魔法モノ"なのですが、舞台は竹本さんのライフワーク的な火星で、いわゆる"それ以外の普通な世界モノ"が、ついに融合したようなお話。
火星をテラフォームするためには魔法が必要で、移住した人間は皆、魔法使いというトンデモ設定。
しかし、これまで竹本さんが描いてきた下地があるため、過剰なほどに説得力がある(w

なお、中書きによると、プロット作業中に「クラスルーム・クライシス」の放送が始まり、舞台が火星の学園というのが被るので、あわてて設定を変更しようとしたとのこと。
しかし、上手く設定を直せず、また「クラクラ」も思ったほど内容が似ていなかったので、再び火星になったのだとか。

主人公は風林火山ネグリッシュ(通称、ネグ)。
友達は、しかすべり・ももことさんばいまる・たし。
……竹本ネーミングも極まってきたなぁ。
追加キャラは、ウンノ・ヒメコ……普通だ(w

体系魔法では、従来の月と星のシンボルステッキ以外に、汎用性のある近代ステッキが登場。
精度はシンボルステッキに劣るというのも、それっぽい。
多分、現代から未来にいたるまでに、改良化されていったのでしょうね。
そして、やっぱり魔法はポポポポポポ……。

魔法モノだからということで、「ちまりまわるつ」であった、1ページごとのオマケカットも復活。
個人的に、有毒生物シリーズとバローズ等の火星SFシリーズがお気に入り。

小ネタとしては、「眼力でキス」でしょうかね。
そういえば先日、「楽園」web増刊に、「トゥインクルスターのんのんじー」の新作が掲載されてましたっけ。
そして、今気づいた。
"トゥインクルスター"のシンボルステッキも、もしかして小ネタか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 F1 アブダビGP

2016年11月28日 20時47分27秒 | └F1

どうも、ren.です。
今週末も友人と映画DVDを観ていたのですが、あまりに面白くなくて全員の空笑いがとまらなくなるという、不思議な現象が発生しましたとさ(w
なお、何を観たかは言わない。


さて、昨夜は今年のF1最終戦でした。
国歌斉唱ではA-10のバレルロールという、なかなかには見ごたえのある演技飛行でした。

トワイライトレース。夕暮れの中をスタート。
いきなりフェルスタッペンがはじき出されるというアクシデントはありましたが、その後、しっかり上位に上り詰めてくるんだから、怖ろしい子。

12周目。
先日に今期での引退発言をしたバトンがストップ。
右フロントのアームが折れたか外れたらしい。
短いラストレースでしたが、何処かさばさばとした笑顔のバトンを観て、色々と胸に去来するものがありました。

16周目。
クビアトがストップ。
その後、なぜか側道を自転車に乗ってピットに戻る姿が、なかなかにシュールでした(w

レースはハミルトンがコントロール。
終盤、スピードを緩めるハミルトンに対して、ピットから「スピードを上げろ」との指示が。
目論見はバレバレで、2位走行中のロズベルグのペースを落とさせて、後方からプレッシャーをかけてくるベッテルを援護し、少しでもポイントを抑えようという作戦ですよね。
まあ、ぶっちゃけ、これで絡んでリタイヤしてくれたら……とも考えたことでしょう。
この行動に対して非難も聞こえますが、個人的にはそのハングリーさとクレバーさは支持したいところです。

結局、ハミルトンは優勝したものの、ロズベルグは2位となり世界王者が決定。
パルクフェルメに入らず、ホームストレートでドーナツターンをして車を降りたのにはびっくり。
3位はベッテルでしたが、今年のフェラーリはポディウムの頂点に立つことが出来ませんでしたね。

さて、このレースで引退となるマッサ。
ブラジルではリタイヤの憂き目に会いましたが、このレースではアロンソを抑えて9位完走。
ランオフを手を振りながら回る姿に、思わず目頭が熱くなりました。
なんだかんだで、愛されるキャラクターでしたよね。

その他の結果はこちら

今年もメルセデスの1強という雰囲気でしたが、ロズベルグとハミルトンの競い合いも、それはそれで面白い1年でした。
ただ、こういうレースは中継での見せ方が大事だなぁ、とも思いましたね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビミルド物語

2016年11月26日 21時02分18秒 | ▼映像作品・番組

どうも、ren.です。
ちょっと気持ちも落ち着きました。


今週のアニメ四方山。

「ニャンボー」、メカニャンボーの質感がいいなぁ。
いまどき、キャタピラロボだけでも貴重なのに、バケットアームとは。

「競女」、なかなか典型的な、胸糞悪いライバル校。
まあ、本編以上にインパクトの強い次回予告は、どうなんだろうとは思う(w

「イゼッタ」、突然展開のスピードが加速した感じで、もしかして1クール勝負作品なのか?
あの石像が持っていたのも、この昔話に登場している杖なのかな。
にしても、瓶入り血液だけであれだけ発動しちゃう遺跡ってのも、なかなか珍しい気がする。
東部戦線や大東亜戦争にあたる戦争が発生していないようなので、アメリカにあたるアトランタが参戦する動機が小さいと思っていましたが、単純に殲滅欲で出張ってきやがるとは(w

「オーブ」、流行だからか、ゼットン星人女体化(違
志賀廣太郎さんは、普通に志賀さんのまんまだったなぁ(w
シチュエーションの割りに、中途半端な展開と終わり方だったのは残念。

「ボカン」、ユーリが流行ってるからガガーリンか(絶違
肝心のロケット描写はテキトーな割りに、その他の航空機関連はやけに細かかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろ雑記

2016年11月25日 19時30分08秒 | ▼雑記

どうも、ren.です。
父親が急に検査入院してしまいました。

どうやら肺炎を再発し、もしかしたら以前より症状が悪くなっているかもしれないので。
まあ、本人は自分で車も運転できますし、歩くも話すも食べるも問題なしなので、まずは検査するだけですから、心配しすぎもいけないのでしょうが。

何はともあれ、今日は疲れたので、これだけで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なのぶろいど ブレイク・ベラドンナ

2016年11月24日 21時17分52秒 | └なのぶろいど

どうも、ren.です。
内地も冷え込んだようですが、こちらも相変わらずの寒さですよ。
まあ、家の中では、ほぼTシャツだけど(w

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/23/d3085f5471fb2ade5e46b7f6d59a668a.png?random=7e98474218cf8557a234ed03ccc16f17

ここのところ週刊「RWBY」となっていますが、今回も前回の続きで、こちらをナノ化。

▼ なのぶろいど 「ブレイク・ベラドンナ」

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/38/36/b2ccffab9f42bc26323d3b7d343f3e8f.jpg?random=c99aaefa97a1a761ba5bcd60e50eeaf0

クールな猫耳ガール。
ファウナス(獣人)で、人権運動グループだった初期の頃からの"ホワイト・ファング"構成員。
しかし、反人間の武闘派となった組織から逃げ出し、自分の戦闘力を生かしてハンターになるべくビーコンに入学し、そこでチームRWBYの一員に。

▼ RWBY "Black" Trailer

Vol.3でアダムも本格参戦か……また、ブレイクが苦悩しそう。
彼女のモチーフは「美女と野獣」のベルだそうですが、まあ、獣人であることと読書家であることくらいか。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/41/10/d5d094c4ac56daa8fb8454fa59c6ca0c.jpg?random=fff0709d20d7bc1567c1e1218dd01a57

チームRWBYの中でも薄着のコスチュームで、細身のイメージ。
なので、頭以外は普段のモデルよりも1ポチ減らした奇数組みしました。
ロングのウェーブヘアの表現に悩みましたが、なかなか満足いく出来になったと思います。

ただ、PVを見返したら、左腕の腕抜きの白いところを入れるのを忘れてた(w
まあ、普段は戦闘スタイルで飾ると思うけど。

それがこちら。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/b4/91a707563033eb9eb6f97b8d73c875d7.jpg?random=a012c997ed5b2106617312d6a7dba7c4

ガムボール・シュラウド(VBCS)は、右手に刀型拳銃と、左手にその鞘にもなる大鉈。
詳しくは後述。

結構、ポーズ付けには苦労しました。
忍者的なかっこよさを出したかったのですが、かなり妥協。
この辺は、まだまだ研究の余地があるね。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/25/d6/be47f8b37a507c0942f80aa1015f16d2.jpg?random=7ab48d2469efd2e00111e91c901695d7

大鉈を逆手に構えた左手は、ほぼワイスと同様の組み方。
角度を付ける為に半固定ぎみなのは、いつものこと。
よい子は真似しちゃいけないよ(w

そういえば足ですが、最初は真っ黒、次はグレーを混ぜてみたのですが、設定画らしきものを見ると、薄く紫のグラデーションがかかっているような描かれ方だったので、紫ブロックを混ぜました。
全体的にモノクロトーンなので、ここに色が入ることはアクセントにもなりましたね。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3f/1c/cd52f5dbef6ed8180631992292d31949.jpg?random=d25f493c0d3ab11e884e2c372dc11863

普段はリボンで隠されていますが、それをはずすと……

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5c/96/7c5b7c4650cb835f5b28adfa7486e9e8.jpg?random=9b6f93caf2e3cef3cc0bdb9bbb1d007b

かわいい猫耳が。
一応は部品を差し替えやすくしてあります。

実はブレイクって、耳が4つあるんだよね(w
ウサギ耳のヴェルベットもそうだから、多分、レムナント(「RWBY」の世界全体)のファウナスには、よくあることなんだろう。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/16/7d/7bd1263d9de8775a9280818703fdeb17.jpg?random=4251f7ec92d6bd1c8603cbf8aa872c69

ガムボール・シュラウドは、取り外して一部を差し替えるとこんな感じ。
拳銃は刀部分を折りたたみ、腕のリボンと繋げることで、鎖鎌の様な利用も可能ですが、折りたたみは差し替えで表現できても、さすがに振り回すのは再現不能。
なお、収納形態は、どうせ背中に着け直せないので、作りませんでした(w

実は地味にルビーとワイスとは胸の大きさ構造に違いがあります。
次に作るヤンは一番豊かなお胸をお持ちですが、まあ、バランス的にブレイクと同程度にするだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビミルド物語

2016年11月23日 21時55分16秒 | ▼映像作品・番組

久しぶりにミルキーキャンディーを食べているren.です。
あー、こんなに薄味だったっけ?
記憶だと、もっと乳臭かった気がしたんだけど。


ここ数日のアニメ四方山。

「花丸」、ブラジルGPで見逃したため、ここからはニコ動で観ることにしました。
待望されていた刀剣男子が現れてどうのこうのという、ちょっとパターンが毎回同じになってきましたね。
最近は戦闘シーンもないことが多いし。
まあ、今回はショタ勢がかわいかったからいいけど(w

「うどん」、いまだ!キックを狙え!目だ!ミラーナイフが宙を切る~♪
……キックはフェイントだし、急所を狙うし、挙句に必殺技を使ってるし、卑怯なコンビネーションである(w
それにしても、ショーでも裸オーバーオールのままなのか。
ばあちゃんのスイカ・アベンジャーは、あれで畑荒らしを撃退すればいいと思う。

「パトレイバー REBOOT」、日本アニメ(ーター)見本市にて公開
そうそう、こういうのが見たいんだよー、というのがつまった感じ。
DD51で牽引されるレイバーキャリアは、「アクヴレ」の指揮車両や「シン・ゴジラ」の○○在来線○○を思いださせます。
それぞれのキャラクターの雰囲気も、旧作をミックスしたような感じなのが面白かったです。
BGMも、なんとなくあの頃の川井憲次さんっぽいですね。
そういえば、隊長が「現場においては臨機応変って昔の隊長も言ってた」と言ってましたが、それっていったのは太田じゃなかったかしらん?
あの後、レイバー隊の隊長になってたの?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JyaJya 21巻

2016年11月22日 20時10分44秒 | ▼マンガ・本

どうも、ren.です。
結局、親知らずをもう一本抜くことになりましたとさ。
じゃあ、いっそ全部抜いてくれー(w

●「JyaJya 21巻」 えのあきら/サンデーGXコミックス
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/64/f9/87f30c95d41066842ddc4c923f11e8cb.jpg?random=2428e624750be79780a9852eed0be1ac

ヤクザがらみの話は、取り合えずなぁなぁにひと段落。
なんか、"誰も悪いやつはいなかった"的な展開にするなら、最初からやんな(w

そこから話題が移行したのは、レナの父親の登場。
まあ、前巻辺りから、ちょっと話題になっていましたが、今巻でコモダが呼んだ隠し玉として走行会の観戦に現れました。
で、なにが問題かというと、どうやら過去に詐欺事件を起こした、ということですが、その真相も今巻で判明。
……これまた、なんだそりゃ、という感じ(w
それで娘を置いて逃げ出したというのは、確かに恥ずかしいことだけど。

ただまあ、これがきっかけで、レナとミヤギの父親同士が妙に仲良くなったわけで、しかもミヤギ父ははっきりと"許婚"宣言をしてしまいましたから、今後は外堀を埋められたご両人のラブコメが進展する……のかな。
だとしたら、この茶番も必要なものか。

なお、走行会の風景は楽しげでしたが、珍しくそこまで深いバイクの話にはならない巻でした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビミルド物語

2016年11月21日 21時08分20秒 | ▼映像作品・番組

どうも、ren.です。
耳を削ぐ寒さに、外を出歩くのが辛くなります。


週末のTV四方山。

「私モテ」、私は九字を「孔雀王」で覚えたなぁ。
近年はそれ以前よりも歴史上の人物をキャラクター化した作品が増えていますが、ほんと、モデルとなった人物はその様子を知ったらどんな気持ちになるのだろうかと思います。
昔、かわいらしいぬいぐるみになったクトゥルフが愛されている状況を、墓の中で知ったラヴクラフトが、内側から蓋に頭を打ち付けているflashがありましたが、いまや「ニャル子さん」だもんな(w

「ろんぐら」、ソロツーはソロツーで、いいものだと思うぞ。

「エグゼイド」、ひたすら九条がかわいそう。

「鉄血」、タカキ退団。そして昭弘とラフタのフラグ。
三日月は言葉を知らないだけで、なんだかんだで思いやり深くなってきているんだね。
オルガはすっかりマクギリスに乗せられて迷走しているけれど、それを自分でわかっているようだから性質が悪い。

「ユーリ」、今回でユーリとヴィクトルのカップリング傾向が、大きく変わりそう(w
相変わらず毎回、ほぼフルサイズの演技シーンが複数人。
ここのところスケジュールが力尽きるアニメが多いだけに、この充実度は観ていて幸せ。

「舟」、むわっ!?
今回の「漢検 漢字辞典」は、縁がなかったからか知らないなぁ。
アーマロイドだったり、ミネバの摂政だったり、特車二課第一小隊隊長だったり、トルメキア第4皇女だったりした佐々木さんの業、是非知りたいです(w


週末に、今度は友人がこちらを借りてきました。

▼ 映画『デッドプール』日本版予告編2

単純にバカ受けしただけでなく、デップーの特徴である"第3の壁の突破"を生かして、時系列をシャッフルしながら、あらましや設定を説明していく映画の流れ自体にも感心しました。
ラストは扉の向こうから、本当に女性用下着姿のサミュエルが出てくるのかと思って、どきどきしたよ(w
友人たちと観ていて、もっとも流行った台詞は、コロッサスの股間を撫でながらの「……パパ?」でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビミルド物語

2016年11月19日 20時13分15秒 | ▼映像作品・番組

どうも、ren.です。
朝、メールがあって、「ポリニアン/エミール」の発売と発送が1ヶ月延期されたと知りました。
今年中に手に入ると思ってたのに、残念。


今週のTV四方山。

「トリスタ」、明智の過去話でしたが、謎は深まるばかり。
花崎の家の事情にも触れられ、次回登場するのが、失踪した兄かな?
何はなくとも、全裸に抵抗のない小林が見所でした(w

「競女」、ニコ動で配信された際に、"語彙が増えて知性が減るアニメ"というタグがありましたが、まったくそのとおりだ(w

「イゼッタ」、コナミ「グラディウス」のオプションかよ。
ああなると、魚雷というより、トマホーク巡航ミサイルだね。
ゲールはどうやら、すでにもう一人の魔女を捕獲しているようですね。
んー……なんか、聞いたことのある展開だぞ(w

「オーブ」、メトロンといえば夕日と逆光。
SSPの電話の呼び出し音が、科特隊の通信機音でしたね。あれ、いいなぁ(w
なんだかんだで、ジャグラーさんが楽しそうで何よりです。

「ボカン」、最後に「孤独のグルメ」の"STAY ALONE"は卑怯すぎるよ(w

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なのぶろいど ワイス・シュニー

2016年11月18日 21時05分16秒 | └なのぶろいど

どうも、ren.です。
おもちゃ棚の掃除以外は特に何事もない日。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/23/d3085f5471fb2ade5e46b7f6d59a668a.png?random=7e98474218cf8557a234ed03ccc16f17

前回に引き続き、「RWBY」から。

▼ なのぶろいど 「ワイス・シュニー」

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5d/6e/bda6da124a0518df9dd962192e7f204e.jpg?random=b6b18c96c46bca6444c2d956dee8b746

大企業令嬢でありながら、ハンターになるためにビーコンに入学したツンデレお嬢様。
チーム分け試験でルビーとコンビとなり、その後も衝突しながらも信頼を築きあう仲。
Vol.2の、なんとかチームの明るいノリに馴染もうと努力している感じが、すごくかわいい(w

▼ RWBY "White" Trailer

曲からわかるように、モチーフは白雪姫。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/d0/2c72cde5c04dc433a6c8e408ae45b1aa.jpg?random=5567220c07398596de1aa7380b62a799

サイズ的に、胸元の開いたセクシーな部分が表現できず、残念。
キャラクターデザインや公式イラストでは、はっきりとしたアイスブルーのグラデーションの衣装ですが、ナノブロックに用意された色だと濃すぎる。
なので本編の色味に近いグレー系統でそろえたところ、かなりイメージに近いものになったと思います。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/57/be/866da0606c349f98790615ca70394d66.jpg?random=60027567fe7e9fcf8ae5f4dbe77b849e

ポニーテールは、あちこちと半ポチずらししてボリュームがある雰囲気にしてみましたが、どうだろう。
一度完成してから、ふとPVを観ていたら、ポニーテールの位置が中心からずれていることに気づき、あわてて直しました(w

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4a/be/e626e0ecf69e178660634df66a07b353.jpg?random=effc67eb6d43abc17d45f61f24509a65

衣装デザインでは上着の裏地が赤いのが特徴ですが、さすがに襟元にちょっと挿し色で入れるのが限界でした。
左目の傷は眼の下に1ブロックだけライトブラウンを入れただけ。
いつもどおり、顔のパーツを差し替え式にしているため構造上、上につけられないんですよ。
瞑った眼にすればつけられるんだけど。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/20/cb/7f8153fa074d1568d520a494de1d741a.jpg?random=9223353b4c9d8eef7b240b15bdecf2f3

チームRWBYの中では、最も高いヒールを履いているので、そこを再現。
1歩地殻中ブロックで作ったヒールを、靴底の1×2ブロックの中央挿しにしたため、他の設置面がポチ位置と合わなくなったため、実はここだけで固定されてます。
するとつま先が浮くので、ちょっと斜めにすれば、さらに雰囲気が出るかと。
また、斜め配置のテストにもなっています。

さて、ここまでは紹介のために非武装立ちポーズにしています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/24/ed/ecc7f22a832ec8417fc33cca2736fee9.jpg?random=4fdd523692f9841daf8173dd4bd5f8ab

彼女の武器であるミルテンアスター(MADR)も、もちろん用意しています。
ポーズ案はいくつかあったのですが、最もバランスのいいものにしました。
全体のバランスをとるために、多少腕が長くなってますが、まあ、ディフォルメキャラってのはそういうもんだ。
でも、この写真のアングル、自画自賛レベルでかっこいい。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/22/24/9d2c93c95c77c17f0b33c38616cd62fc.jpg?random=c2f5483a97d64104e4fca46fde7d7105

もっと作中ポーズにしたいとも思ったんですが、限界でした……。
足元だけは、チーム分け試験のときの足の引き方なんかを意識したんですけどね。
まあ、正眼の構えにしたら、飾るときにケースに入らないし(w

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/04/71/10efc92ff9a9b81dc775755147396b24.jpg?random=72640529cb9c0fac42201a22ef8b510e

ミルテンアスター自体は結構、自信作。
まあ、ブロックサイズ的に、レイピアというよりもランスに見えてしまう辺りはお慰み(w
ダストシリンダー部分は赤・黄・緑・青のクリアブロック。
もちろんシリンダーに合わせて刀身の色を変えれば、戦闘でのダスト使用シーンの再現に。

最初は斜面ブロックで作中フォルムの再現にもチャレンジしたのですが、この1まわり以上に大きくなってしまい、サイズが合わなくて構えさせられなくなってしまいました(w
なお、こうしてはずしておくときは、手に接続したロス分の1×1円筒ブロックを追加します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タヌキとキツネ

2016年11月17日 20時41分58秒 | ▼マンガ・本

おもちゃ棚を模様替えしようと思ったren.です。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/12/80/891ad1b30f5afb3770969e572584e15b.jpg?random=0981f7b544d608f3201f8405ca2310ab

今の棚はこんな感じ。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/18/63/770e24547120c55dcab707accec6986d.jpg?random=c2daba41798dde592656ad92f6ff9f12

反対側。

ちょっとまとまりがなくなってきたのと、ここにナノブロック作品を飾りたくなったから。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/23/c5b343ff5b1a68c39379a1aaf271e221.jpg?random=fd693b9c50fc17e33a26243be010e7de

今はこうやって別のケースで飾ってます。

まあ、年末の大掃除までに考えようか。

● 「タヌキとキツネ」 アタモト/リラクトコミックス
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/d1/ca078c8796dd4f5601b45e68b9272639.jpg?random=cd38f051975623bc381fcf58e43cfa9f

作者さんがtwitterで連載している作品。
ちょっと意地悪なキツネと、それでも友達のタヌキの2・3コマ漫画(基本)。
以前、偶然に目にして、ツボにはまった作品だったので、単行本化は嬉しい。

作品は全てフルカラー。
単行本サイズも変形。
描きおろし50ページを含む100ページ強。
880円(+税)はちょっと、お高い感じがしないでもないけれど、まあ、雑誌掲載作品でもないしね。

押しつぶされても、つねられても、「ぐえー」で済ましちゃうタヌキがかわいい。
無気力で無視を装ってるキツネも、実は友達思いなところがかわいい。
twitterではさらに新キャラか登場したりしていますが、収録されていないということは2巻も出るのかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のいろいろ雑記

2016年11月16日 21時03分12秒 | ▼雑記

どうも、ren.です。
寒いからか、ちょっと体調崩し気味。

最近、なんとなく「AFRIKA」を再プレイしています。
オールAランク取得と、ホーム壁紙用写真の撮影のために。

それにしても、古いゲームほど、TVが変わると綺麗さも変わるね。
こうなると、古いゲームを次々やり直してみたくなる(w
ただ、PS2はコンポジット接続なんだよなぁ。

そういえば、ニンテンドークラシックミニファミコンがかなりの売れ行きだそうで。
HD出力でアーカイブとかを遊ぶと、意外にドット文字って読みづらいよね(w
ブラウン管でにじむことを前提としているかららしいけれど、その説も納得できる。

個人的には、あまり収録作品に興味がないんですよね。
それならば、メガドライブ リミテッドエディションのほうが気になる。
こっちは財産のカートリッジも遊べるしね。
ただ、どうやらTVへの接続はコンポジット接続のみみたいですね。
まあ、音声がステレオ出力できるのは、旧タイプよりも優秀だけど。

でも、値段が高いなぁ。
レトロフリークが買えちゃうものねぇ。
あっちは非正規ハードとはいえ、優秀だもんなぁ。

そんなかんじ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビミルド物語

2016年11月15日 20時46分13秒 | ▼映像作品・番組

どうも、ren.です。
昨夜はウルトラスーパームーンということで、札幌でも観測できました。
雲が流れていたので僅かな時間でしたがね。


週末のTV四方山。
ただ、日曜深夜の放送作品はF1観戦を優先したため視聴できず。

「タイガーW」、みなしごランドと地下訓練施設は原作漫画版ですね。
ミスターXのcv.は初代アニメ同様に柴田秀勝さん。
まったくイメージが変わっていないんだからすごい。

「私モテ」、カップリング戦争。
志麻の過去話をこれだけしっかりやると、この二人が公式カップリングという感じになりますが、さて(w

「鉄血」、アストン戦死。
マッキーに人間らしい隙があって、危なくなったのは意外でしたが。

「うどん」、東京編。
ひろしの性格と行動には、正直嫌悪感しか沸きませんな。
まあ、こういうのがいないと話は動かないんだろうけれど。
それにしても、今の世の中、映像関係の仕事ならSOHOでも十分にこなせる気がするのに、それでも退職の意思を固めているというのは、何か事情があるのかね。

「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」、友人がレンタルしてきたので視聴。

▼ 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」 本予告

今回も濃かったです、色々と。
まあ、ストーリーは前作同様あってないの如しですし、映像の革新さもありませんが、「変態仮面」の映像化としてはパワーアップしてます。
何より、今回も長回し&ワンカメによる殺陣はすごい。戦闘員戦が多いので、その辺が見所です。
あと、前作とは別人としての登場でしたが、ヤスケンはヤスケンで安心しました(w
引きからすると、3作目はヴェノム黒い変態仮面かな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 F1 ブラジルGP

2016年11月14日 20時29分23秒 | └F1

どうも、ren.です。
飼い犬が回復したようで、普通に歩き回って吼えまくってます(w
まあ、さすがに1週間以上、口を湿らせる程度のミルク以外は絶食状態でしたから、ガリガリに痩せちゃったけどね。


さて、昨夜はフルウェットレースとなったブラジルGP決勝でした。
波乱はレコノサンスラップでグロージャンが水溜りで滑り、ウォールクラッシュでリタイヤしたところから始まり、SCスタートからスピン&クラッシュが相次いで2度の赤旗が振られ、3時間に及ぶレースとなりました。

その中には、母国ブラジルGPラストランとなるマッサも含まれていました。
最終コーナーでクラッシュ、図らずもメインスタンド前で車を降りることになりました。
渡されたブラジル国旗を掲げ独り行進、満場の拍手を受けてファンに笑顔を向けるマッサでしたが、ピットに戻るとメルセデス、フェラーリのクルーが出迎えて花道を飾ってくれる中、妻子が出迎えてきたところで、ついに涙に暮れていました。
まるで引退セレモニーのような光景で、私も鼻の奥がつんと痛くなっちゃったよ。

さて、ここで前に出れば王者が決まるロズベルグでしたが、PPから順位を守るハミルトンには喰らいつけず、むしろ背後からフェルスタッペンのプレッシャーを受け続けることに。
優勝はようやくブラジル初優勝を得たハミルトン。
2位のロズベルグとは12ポイントの差に。
そして、このレースでは終始熱い走りを見せてくれたフェルスタッペンが3位。
赤旗やSC、ピットのたびに順位を落とすものの、気づけば必ずロズベルグに噛み付いて、一度は前に出る活躍。

アロンソは終盤、ベッテルとバトル。
その際、前回はフェルスタッペンに押し出されたベッテルが、アロンソをコース外に押し出すことに。
まあ、この路面と、あの状況だと、わざとじゃないとは思うんだけれど、アロンソは憤懣やるかたなしで「次、またやったらぶつかってやる」と息巻いているようです。
でもま、なんとか10位入賞できたのだから、観ている方としてはホッとしたり(w

気になったのはグティエレス。
終盤に電気系トラブルでリタイヤとなった彼が、シュタイナー監督と険悪なムードになっている光景が映りました。
リタイヤに納得いかないことや、来期のシートについてでストレスがあったのか、その態度が監督には気に入らなかったのか。
でも、温厚そうなグティのそんな態度に、ちょっと土器土器。

その他の順位はこちら

次戦はいよいよ最終戦、アブダビ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加