宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

たまねぎ収穫機・ピッカー・調製機実演会を開催しました

2014年07月07日 17時31分29秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 平成26年6月24日にたまねぎ収穫機・ピッカー※・調製機実演会を開催し,生産者など約50名が参加しました。この実演会は,クボタアグリサービス株式会社,株式会社ニシザワ,株式会社キュウホーなどの農機具メーカーと,一般社団法人全国農業改良普及支援協会の協力をいただき,JA加美よつばと共催で行いました。
 たまねぎは大崎圏域の重点振興品目に指定されていますが,高齢化による担い手不足などを背景として,作付面積が減少しています。今後,栽培面積を拡大するためには,現在,手作業に頼っている作業を,機械化することにより軽労・省力化することが必要です。今回実演した収穫機・ピッカー・調製機を利用すると,作業時間を大幅に省力化できることがわかりました。
 生産者からは,「次作は収穫機やピッカーが利用できるように畝立てをしたい。」,「調製機は作業が楽になるのでぜひ使ってみたい。」などの声が聞かれました。
 大崎農業改良普及センターでは,今後もたまねぎの軽労・省力化技術の確立を目指し,機械化一貫体系の検証を行っていきます。
 
  ※ピッカーとは,掘り起こしたたまねぎをコンテナに拾い込んでいく機械です。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班 
 TEL:0229-91-0726    FAX:0229-23-0910
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JA仙台の営農指導員を対象とした... | トップ | 平成26年度みやぎ農業未来塾視... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む