宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大崎地域農村生活研究グループ連絡協議会が食育推進研修会を開催

2015年09月25日 18時33分09秒 | ⑦地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 平成27年9月7日,大崎地域農村生活研究グループ連絡協議会は「平成27年度食育推進研修会」を開催しました。
今回のテーマは,”地場産野菜とトマトケチャップを活用した料理”で,講師には鳴子温泉大正館の矢内料理長を招き指導を受けました。食材にはJA加美よつば管内で生産された加工用トマトを使った濃厚な味わいのトマトケチャップと,生活研究グループ員が栽培した旬の野菜を活用しました。
 メニューは,①鶏のソテー,②炊き込みご飯,③鰺のトマトソースかけ,④ふわふわ卵の吸い物の4品で,いずれもトマト風味の料理でした。
 参加者からは,「プロの料理人から教わる鰺のさばき方が大変参考になった。」,「トマトケチャップを使った料理の幅が広がって良かった。」「地域の食育推進に力を入れたい」等の意見があり,次回も開催してほしいという要望がありました。
今後も,農村生活研究グループ員への研修等を通じて,農村女性の魅力がさらに発揮されるよう各種支援を実施してまいります。




<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  地域農業班
 TEL:0229-91-0726 ,0727   FAX:0229-23-0910
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねぎ先進地視察研修会で共同調製... | トップ | 農業マイスター達と金のたまご達... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む