宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

たまねぎ播種機実演会を開催しました

2014年08月26日 14時36分09秒 | ゝ蚕儚弯靴房茲蠢箸犒弍賃里琉蘋・支援
 平成26年8月19日に,加美町でたまねぎの播種機実演会を開催し,生産者など約30名が参加しました。この実演会は,クボタアグリサービス株式会社とみのる産業株式会社などの農機具メーカーと一般社団法人全国農業改良普及支援協会の協力を得て,JA加美よつばと共同で開催したものです。
 たまねぎの育苗方法は苗床でおこなうものとセルトレイを利用するものとの2種類がありますが,セルトレイで育苗すると,移植作業に移植機を利用でき,また移植後は苗床育苗よりも活着しやすいなどのメリットがあります。また,多くの生産者は根鉢が崩れない様に糊付けを行ってから移植をしていますが,今回は移植時に糊付けが必要ない省力的な培土を利用しました。
 参加した生産者からは,今後セルトレイを利用したい,糊付け作業が不要な培土を試してみたいとの声が聞かれました。
 大崎農業改良普及センターでは,今後もたまねぎの軽労・省力化技術の確立を目指し,機械化一貫体系の検証を行っていきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0229−91−0726   FAX:0229−23−0910

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名刺を使って相手の心をつかみま... | トップ | 「生育良好」〜美里管内の大豆栽... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む