緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

「カトパンと結婚させろ」と結婚相談所に来る金持ち男の共通点

2017年03月21日 20時11分46秒 | 日記





























「カトパンと結婚させろ」と結婚相談所に来る金持ち男の共通点




なぜか金持ちに多い「カトパン」との結婚願望

 前回、前々回と尊敬婚の素晴らしいカップルの話をしたが、お金を持っている女性はそこまで大きな勘違いをせず、新しい結婚スタイルを見つけ始めている。

 一方で、お金を持っている男性のなかには、いまだに勘違いをし、婚活の際もおぞましい要求をしてくる人もいる。

 ある日、40代の大阪在住の年収3000万円男性が、私のもとを訪れ、こう言った。

「カトパンと結婚したい」

 カトパンとはもちろんアナウンサーの加藤綾子さんだ。

 理想ならまだわかるが、それが本気なのだ(じつは、金持ち男のカトパン指名率は高い)。

 35歳を過ぎると、自分がどういうレベルなのか客観的に見られなくなる人が多い。

 特に、見た目に気を遣う独身男性はぐっと減る。きっと、周りに身なりについて指摘してくれる女性が少ないからだろう(爪の間にアカが溜まっている男性の多いこと!)。

 そういう男性に限って相手に10歳以上年下の女性を希望する。若い女性が相手なのだから、身だしなみのだらしなさを理由に断られることも多いのだが、自分は「稼げてイケてる」と思っているので、断られたのがなぜなのか、わからないようだ。

 せっかくなので、究極のカトパン男の話をしよう。






自分の年収は5億円妻への生活費は月30万円

 学歴証明など他の書類は一切持ってこず、年収(年商ではない)5億円の収入明細を持ってきて、「入会させろ」とやってきた。

 そしてずばり、「何でもいいから俺とアナウンサーを結婚させろ」と言うではないか。

 あちこちの結婚相談所を回り、「その辺のアナウンサーではなく、キー局のアナウンサーと結婚させろ」と言って回っていたら、「植草さんならなんとかなるのでは」と聞き、マリーミーにやってきたらしい。

「金はいくらでも出すから」としつこく繰り返すのだが、私だって人身売買のような真似は絶対にできない。

 無理だと突っぱねて帰らせても、別の日にまたやってきて同じ要求を繰り返す。

 とはいえ、結婚したい人をぴったりの結婚相手に出会わせるのも私の仕事だ。そんな気持ちから、「私の会員たちのなかにはたしかにアナウンサーもいるが、ほかに何か条件はないのか」と彼に聞くと、耳を疑うようなセリフを言った。

「稼げる女がいい」

 5億円も稼いでいるのに、「自分は稼げる女しか認めない」というのだ。

 気になったので、結婚した後に妻に渡す生活費はいくらくらいか、と尋ねてみると、返事は「月に30万円(年360万円)」。

 豪邸もキャッシュで買っているし、生活費なんて食費くらいだから月30万円もやればおつりがくるはず、とのこと。残りの4億9640万円はどうするつもりなのだろうか(ちなみに、結婚相談所への入会金も会社の経費にしようとしていた)。

 5億円カトパン男は、このようなやり取りののち、いつの間にか現れなくなった。


「カトパン男」はなぜ共通してセコいのか

 こうしたカトパン男たちの共通点は、意外かもしれないが、こうした「セコさ」にある。

 稼いでいる人ほど「費用対効果」にこだわり、みんなに見える部分となる「豪邸」や「高級車」を買うことはあるのに、見えない部分はとことんケチる。ごはんも割り勘だったり、自分の服はユニクロでしか買わなかったりするものだ。

 生活費も思ったほど妻には渡さないということも多く、裕福な男性と結婚しながら苦労している女性も少なくない。

 配偶者の位置づけも微妙なところだ。たとえ稼いでいたとしても、その男性が必ずしも女性に対してお金を使うとは限らない。女性を持ち物の1つくらいにしか見ていないからだ。

 結局はカトパンと結婚できた自分をアピールしたいだけなのである。

「カトパンと結婚したい」と本気で言っている男性がいたら、いくらお金持ちであろうと、女性は全力で逃げていただきたいものである。

(結婚相談所マリーミー代表 植草美幸)




















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【まじめに働くのが馬鹿馬鹿... | トップ | 龍馬伝 坂本龍馬の真実<維... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む