勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

プロデューサーズ(2005年)

2006年04月08日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル プロデューサーズ

---感想---
1968年の映画「プロデューサーズ」のリメイク。この作品は舞台にもなっていて、そして2001年のトニー賞において新作ミュージカルが受賞可能な13部門の内、なんと12部門で最優秀賞を受賞している。舞台版の初代オリジナル・キャストであるネイサン・レインとマシュー・ブロデリックが主演を演じている。

いやぁ、バカバカしくて良いですね。ニューヨークの観客の目は肥えているので、実際に初日で打ち切りと言う舞台もありますが、そのようなショービジネスの世界を皮肉っている作品ですね。

ネイサン・レインとマシュー・ブロデリックが『最悪』を目指して探したシナリオが、ナチものだったので、アメリカに於いて、あんなにナチのマネをしても良いのか?とある意味ハラハラしました。まぁ、ドイツではないので、問題は無いのかもしれないですが、それでもナチシンパと見られるのは人に寄っては致命的なダメージなることもありますからね。

笑えます。面白い映画です。見ても損はしないかと思います。あ、それから、エンドロールは最後まで見たほうがいいと思いますよ。

英語版HP:The Producers from Yahoo!
1968年英語版HP:The Producers from Yahoo!
Broadway:Producers

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2005年/アメリカ
監督 スーザン・ストローマン
出演 ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル、ロジャー・バート

[2006/04/08]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロークバック・マウンテン... | トップ | LIMIT OF LOVE 海猿(2006年) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (猫野トクコ)
2006-04-09 01:04:13
ワタシもTBさせて頂きますね。



100本達成、おめでとうございます



ものすごい見てますね。

また、参考に寄らせて頂きます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『プロデューサーズ』 (*Sweet Days*  ~movie,music and etc...~)
CAST:ネイザン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン他 トニー賞12部門授賞のブロードウェイ・ミュージカル作品の映画化。 かつてブロードウェイの王様と言われた演劇プロデューサーのピアトリックス(ネイザン・レイン)は、老女のパトロンから資金を集
映画「プロデューサーズ」 (いもロックフェスティバル)
エンドロールが終わったあとに拍手が起きた試写会というのも珍しい。 かくいう私も
ふくちゃんの映画日記 その17 (ふくちゃんの懸賞日記)
「プロデューサーズ」 オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  本物のミュージカルを観ているような面白さ。 {/book/}公開年:2006年  監督:スーザン・ストローマン  出演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン 他 {/book/}最低
プロデューサーズ THE PRODUCERS (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック ウィル・フェレル、ユマ・サーマン主演 1959年ニューヨーク、マックス・ビアリストックはthe king of Broadway と呼ばれるほど名うてのプロデューサーだったのですが 今では開幕と同時に閉幕の言葉が出るほど落ちぶれています
「 プロデューサーズ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : スーザン・ストローマン  脚本 : メル・ブルックス 主演 : ネイサン・レイン /マシュー・ブロデリック /ユマ・サーマン       公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/ 1968年に、メル・ブルックス監督・脚本で製作された映...
二度目の「 プロデューサーズ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : スーザン・ストローマン  脚本 : メル・ブルックス 主演 : ネイサン・レイン /マシュー・ブロデリック  /ユマ・サーマン       中川晃教公式HP公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/ 「HoledMeTotchme!」一時期は「キン...
「プロデューサーズ」 (てんびんthe LIFE)
「プロデューサーズ」よみうりホールで鑑賞 昨年夏、ブロードウェイのオリジナル版が日本初上陸、ほぼ同じ時期にジャニーズV6のイノッチと長野くんの演じる舞台があり私はこちらを鑑賞。半年ほど前のことなのでストーリーはわかっていました。始まると同時にそうそうこ
プロデューサーズ (猫野トクコの生活)
最後の最後まで笑える!ミュージカル好きな人、とにかく笑いたい人は必見です!
プロデューサーズ / The Producers (我想一個人映画美的女人blog)
{/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} 1968年アカデミー賞脚本賞を受賞した、 メルブルックス脚本の映画「プロデューサーズ」 その後2001年にブロードウェイでミュージカル化、ト
プロデューサーズ(試写会) (Movies!!)
ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン出演。スーザン・ストローマン監督作品。 1959年、ニューヨーク。かつてはブロードウェイで栄光を極めたものの今やすっかり落ち目のプロデューサー、マックス。ある日、そんな彼のもとに会計士のレオが帳簿を調べ
映画の域を超えた ミュージカル映画「プロデューサーズ」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「オペラ座の怪人」「シカゴ」を超えたと言われている 「プロデューサーズ」の試写会に行ってきました。 本当に映画を観ていると言うよりも ミュージカルの舞台を生で見ている感覚になり 曲が終わるごとに 何か拍手をしたくなりました{/hakushu/} 主演の「ネイサン・レイン
■プロデュサーズ~史上最低のミュージカル (AKATUKI DESIGN)
今日は池袋のサンシャインシネマで映画鑑賞。 「オペラ座の怪人」「シカゴ」を超えトニー賞12部門、史上最多受賞の”プロデューサーズ”を鑑賞してきました。 ブロードウェイ・ミュージカルの完全映画化だそうです・・・ --- 史上最低のミュージカルをプロデュースする
プロデューサーズ (映画評論家人生)
試写 ブロードウェイであろうがオリジナルであろうが、久しぶりのミュージカル映画がやってきた。試写は好きではないが、「ネイサン・レイン」と聞いて、どうしても浮き足立ってやってきた。 ストーリー、構成、
『プロデューサーズ』 2006・4・9に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『プロデューサーズ』   公式HPはこちら ●あらすじ 1959年、ニューヨーク。ブロードウェイで、今やすっかり落ち目のプロデューサーのマックス(ネイサン・レイン)小心者だけど夢はブロードウェイのプロデューサーの会計士のレオ(マシュー・ブロデリック) そん
映画館「プロデューサーズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
マシュー・ブロデリック、懐かしいなぁ~!青春アイドル、その後はサラ・ジェシカ・パーカーの旦那って感じだったけど、コレで完全復活かしら~!? まさに、エンターテイメント!という作品でしたねぇ! つい最近、ミュージカル版の「プロデューサーズ」も日本でやっ...
プロデューサーズ (俺の話を聴け~!)
面白かった。久々にずっと笑いながら観てた。楽しい134分だったな~。エンディング曲を聴きながらスタッフロールを眺めてたら、最後に御大メル・ブルックが出てきて、さらにお得感倍増。これから観に行く方はくれぐれも途中で席を立たないように!初めはちょっと大袈裟なコン
バッド・テイスト@プロデューサーズ (憔悴報告)
なんだか、おもしろいんだかつまらないんだかよく分からない映画である。 思い切って「つまんねー」と言ってしまっていい気もしないでもない。 ただこれだけは断言しよう。 『プロデューサーズ』はゲテモノである、間違いなく。
『プロデューサーズ』 (みみの部屋)
http://www.cinematopics.com/cinema/works
プロデューサーズ (Polka dot movie)
公式サイト ストーリー 落ち目の舞台プロデューサー、マックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)と小心者の会計士レオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)は、必要以上に資金を集め横取りするために、失敗間違いなしの最悪の駄作をブロードウェイで上演
★プロデューサーズ@品川プリンスシネマ:4/19 Wed. (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
映画鑑賞が趣味になってからまだ1年も経っていない私は、自分が見る映画はほとんどのジャンルが未だに新鮮に映る。 『ハリー・ポッター』を見てはCGが作り出したファンタジーの世界にウットリし、『プロミス』を見れば「こりゃすごいわ!」とワイヤーアクションに驚く。 .
プロデューサーズ (とにかく、映画好きなもので。)
 1959年のニューヨーク。  落ちぶれたブロードウェイのプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の事務所に会計士のレオ(マシュー・ブロデリック)が帳簿を調べにやってくる。  会計帳簿を見たレオはショーをわざとこけさせ、粉飾決済で儲ける.
プロデューサーズ (八ちゃんの日常空間)
それより何より、本当に「楽しかった」。 面白かった、と言うのともちょっと違う。「楽しい」のだよ!これに尽きる。 こんなに楽しめた映画は本当に久しぶり。 しかも王道で、古き良きアメリカのミュージカル映画という感じもする。サウンドもビックバンドだからだろう。
『プロデューサーズ』  (映画館で観ましょ♪)
プロデューサー(ネイサン・レイン)と 会計士(マシュー・ブロデリック)の2人が主役の ミュージカル映画です。 大きなユマ・サーマンも可愛くて楽しくて、今までとは違う役柄を演
プロデューサーズ (Alice in the Theater)
本日二本目そしてこの映画は2回目の鑑賞です。前回は睡眠不足のために面白さよりも怒りが先行したのですが、万全の体調で見るとやはり面白かったです。特にゲイのヒトラーにやられました。 アカデミー賞に輝くメル・ブルックス監督・脚本による1968年の傑作コ ...
プロデューサーズ (のほほん日記)
プロデューサーズ (PLANET OF THE BLUE)
映画は結構見てたんですが、更新することができなくて^^; 先月見た映画ですが、書こうかと思います。 ストーリーは・・・。    1959年、ニューヨーク。    マックスは、以前ブロードウェイの王様と称されるほどの、    演劇プロデューサ ...
映画「プロデューサーズ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Producers 華やかなブロードウェイのイメージに、悲哀に満ちたプロデューサーと虐げられた会計士が出会い、優しくて楽しいハッピーエンドの幕が上がる。 We can do it、me and you!・・何がって?・・そう、それは二人の男の友情だったよね。 ...
「プロデューサーズ」■何故、「春の日のヒトラー」か? (映画と出会う・世界が変わる)
「プロデューサーズ」の中でマックスとレオが目標実現の為に何故、「春の日のヒトラー」を選んだかというと、それは脚本の出来が悪かったわけではないはずだ。彼らが注目したのは、あくまでもその内容。ヒトラーを無邪気な人間として彼とナチを讃えたという点にこ ...
プロデューサーズ (夢見る小悪魔)
<最低>のはずが、<最高>の傑作に―   それはブロードウェイの神様のイタズラ。 詳細はコチラのオフィシャルサイトにてプロデューサーズ◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆いやはや何ともおバカな映画で ...
【洋画】プロデューサーズ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力1/テンポ1/合計30) 『評論』 個人的
プロデューサーズ (The Producers) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スーザン・ストローマン 主演 ネイサン・レイン 2005年 アメリカ映画 134分 ミュージカル 採点★★★ 野球や格闘技などのスポーツにしろ、コンサートにしろ、生で見るのが一番面白い。テレビにはテレビの面白さはあるし、確かに野球やプロレスを見に行くと「 ...
SPARKS A G☆ G☆ (映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●)
「プロデューサーズ」  『プロデューサーズ』 AGE↑ ☆ AGE↑ でゴーっ!な スノッビーなアメリカ白人のどうしたってぬぐえない根深い ヨーロッパへのコンプレックスがうっすらと垣間見える、 BAKAでポップ、ガウジャス...
プロデューサーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『<最低>のはずが、<最高>の傑作に- それはブロードウェイの神様のイタズラ。』  4/8公開のコチラの映画を試写会で観て来ました♪いやぁ~最高に楽しませてもらっちゃいましたよぉ~♪1968年にメル・ブルックス監督のオリジナル版の映画があって、その後2001...