勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

硫黄島からの手紙(2006年)

2006年12月09日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル 硫黄島からの手紙

---感想---
父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。

『父親たちの星条旗』と同様、映画は色をかなり押さえ気味。うっかりすると、モノトーンかとも思ってしまうかも。また、映像もリアル。銃撃されるシーンのみならず、手榴弾で自決するシーンは、爆発するところもかなりリアルに描いています。これまでの映画には、あまりなかったかと思いますね。

渡辺謙以外は、映像オーディションで選ばれたそうですが、二宮和成が良いですね。ただのジャニーズとは思えません。イーストウッドをして”天才”だそうですが、天才は言い過ぎだとしても、かなり良い演技をしていました。ちょっと彼の実年齢と、想定されている役柄の年齢との差がありそうなところが気になりますが。それと、加瀬亮演じる清水との関係もちょっと変かなと。加瀬(清水)の階級は上等兵(星三つ)で、二宮(西郷)は一等兵(星二つ)のようでしたが、なぜにタメ口? 階級は上等兵のほうが上のはずなんですが。ちょっとそのあたりのことが変な気がしました。

西中佐(バロン西)を演じた伊原剛志も良いです。ただ、西中佐の最後はわかっておらず、また遺体も発見されていないので、映画のような最後であったとは確認されていません。

あとは主演の渡辺謙。やっぱり良いです。彼だけは、イーストウッドから直接依頼が来たそうです。さすがハリウッド俳優ですね。知米派のすばらしい人柄であったと伝えられる栗林中将を見事に演じきっています。インタビューで「天皇陛下万歳というシーンでは、戦争に英雄はいないと言う事を伝えるため、押さえ気味に、無念の感情を込めて演じた」と言っていましたが、その演技の意図は十分通じたと思います。劇中で読まれた手紙は、実際に栗林中将が家族に送ったものです。ちなみに、栗林中将の最後もわかっていません。映画のように階級章を外して突撃を行って戦死したと伝えられていますが、階級章がないため遺体も発見されていません。

日本公開前に、全米批評家協会賞最優秀作品賞を受賞したとのニュースが入りました。英語以外での映画での受賞はかなり稀だと思います。これは、アカデミーも期待できますね。見れば、いい映画であることはわかります。

英語版HP:Letters From Iwo Jima from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/アメリカ
監督 クリント・イーストウッド
出演 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江

[2006/12/09]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (79)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 007/カジノ・ロワイヤル(2006年) | トップ | 閲覧ランキング »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (やわらか映画~おすすめDVD~)
2006-12-10 00:03:23
トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2006-12-12 20:31:30
海外での評価も良いようで、これをきっかけに多くの海外の人たちに観てもらいたい作品ですね。
史実が平和な現代に住む私達に伝えるものは大きく重いです。
はじめまして (ひな)
2006-12-12 23:36:31
はじめまして。TB&コメント失礼します。ひなです。
ブログ内拝見しました~全体的にシンプルでとても見やすいブログですね。映画のストーリーも良くまとめられているし、感想も共感できます。とても良い映画でしたよね。海外の評価もたかいようですし、1人でも多くの人に観ていただけたらよいですよね。
また遊びに来ます。更新頑張って下さい~
Unknown (ケント)
2006-12-29 17:43:29
こんにちは、ケントです
またTBさせてください。
戦争映画というよりヒューマン映画です。
いつもどこでも弱者たちが犠牲になるのですね。
そんな強いメッセージが聞こえました。
ただ二宮クンのため口は、現代流で最初は歯車が噛み合わない感がありましたね。
私のブログへのTB、ありがとう! (亀さん)
2007-01-26 19:56:05
こんばんわ!亀さんです。
私のブログへのTB、どうもありがとう!
私達のブログは、今年還暦の団塊の世代3人が共同で運営する珍しいブログです。
時々訪れてコメント下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

79 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
硫黄島からの手紙 (悠雅的生活)
余は常に諸氏の先頭にある。
『硫黄島からの手紙』 (Sweet* Days)
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は ...
「硫黄島からの手紙」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  先週試写会で見てきました。   「硫黄島からの手紙」     「父親たちの星条旗」に続く、 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作の第二弾です。     
劇場鑑賞「硫黄島からの手紙」 (日々“是”精進!)
「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました日米双方で約3万人もの戦死者を出した硫黄島戦を、日米双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による硫黄島プロジェクト第2弾。圧倒的不利な局面にありながら、米軍に立ち向かった日本兵たちの闘いを、指揮を ...
硫黄島からの手紙 (きらくに、きままに・・・)
本日より公開です。 行ってきました、MOVIX利府。 見た映画は『硫黄島からの手紙』   クリント・イーストウッドによる硫黄島シリーズ、第2段。 最初の『父親たちの星条旗』も見ていないのですが・・・ 敗戦濃厚の日本、本土からの援軍もなく、少ない兵力で死 ...
硫黄島からの手紙 (Akira's VOICE)
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
硫黄島からの手紙・・・最悪のプロジェクトを生きる (システムエンジニアの晴耕雨読)
今日からの封切りの映画「硫黄島からの手紙」、朝一番の上映を心待ちに見に行きました。渡辺謙さん、伊原剛志さんらの顔写真がある宣伝ポスターは目にしていましたが、あまり興味湧いていなかったのですが、一昨日になって栗林忠道中将役を渡辺謙さん、バロン西こ ...
映画「硫黄島からの手紙」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を ...
硫黄島からの手紙 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定 (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、 ...
硫黄島からの手紙 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:渡辺謙      二宮和也      伊原剛志      加瀬亮 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島 に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ ...
今、硫黄島が熱い! 2 (諸葛川)
反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 ハリウッド映画にして初めて誤解に満ちた日本の描写がほとんど ...
硫黄島からの手紙 (ちわわぱらだいす)
見てきました~。 久々のキャナルシティでした。 てか。。。すごく多くて(ノ゜?゜)ノびっくり!! デスノートのときは本当にすごかったけど。。。空席が無い! 今日はあちこち空いているものの、うさぎは前から2列目という 場所の悪さ。。。 ま、いいけどね。 ...
[映画・ア行] 硫黄島からの手紙 (「やわらか映画~おすすめDVD~」映画ブログ)
[映画・ア行] 硫黄島からの手紙 今回の映画は、「硫黄島からの手紙」です。 (今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画~おすすめDVD~」からの転載であり、本家では、公開後に加筆する予定です。) 本作「硫黄島からの手紙」は、日米双方の視点から、「 ...
「硫黄島からの手紙」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
今日公開になった「硫黄島からの手紙」を観てきました。 第二次世界大戦の最大の激戦地となった硫黄島の戦いを アメリカ側と日本側の双方の視点を描いた戦争映画2部作。 10月に封切られたアメリカ側からみた 硫黄島の戦いの映画「父親たちの星条旗」に続く硫黄島 ...
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
硫黄島からの手紙 (☆★ななこぉのけせらせらブログ☆★)
「硫黄島からの手紙」を鑑賞。
硫黄島からの手紙 (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺 謙(栗林忠道中将)    二宮和也(西郷)    伊原剛志(バロン西)    加瀬 亮(清水)    中村獅童(伊藤中尉) 日米双方の作品を見て、あらためてクリント・イーストウッドって ...
「硫黄島からの手紙」 (気まぐれ961部隊!)
奇しくも真珠湾攻撃の日と同じ12月9日・・・。映画「硫黄島からの手紙」が公開されました!
「硫黄島からの手紙」映画感想 (Wilderlandwandar)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作、「硫黄島からの手紙」を見てきました。
硫黄島からの手紙 (ネタバレ映画館)
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
硫黄島からの手紙 (Diarydiary!)
《硫黄島からの手紙》   2006年 アメリカ映画 - 原題 - LETTER
硫黄島からの手紙 (ぷち てんてん)
私は実は見る前、非常に気が重かったのです。もちろん、見終わっても重い映画でしたが・・ただ、私の勝手な思いだったのですが、日本側を描くという事で「泣きの場面」を見せ付ける邦画のイメージを持っていたのですね。しかし、「父親たちの星条旗」を見ても「ミ ...
「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ
硫黄島からの手紙 Letters From IWO Jima (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志主演 2005年、硫黄島発掘調査団は洞窟の中から多くの手紙を見つける その中には 60年前に硫黄島を連合軍から死守しようする 日本軍の兵士達が本土の家族に託した 届けられる事のない手紙でした 1944年 栗林陸軍中将が硫黄島 ...
『硫黄島からの手紙』と『父親たちの星条旗』と『クリント・イーストウッド』(…とスティーブン・スピルバーグ) (男のこだわりブログ)
たった今、今日公開された『硫黄島からの手紙』を観てきた。レイトショーだったので、ほかほかのレビュー。 この秋、先に公開された『父親たちの星条旗』と、こ2作品で、クリント・イーストウッドの“硫黄島2部作”と言われている。 最近の若い人は、クリント ...
『硫黄島からの手紙』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島?? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を、あな ...
12.10 の出来事 (ニュース☆もう新聞紙は要らない)
興収50億突破へ「硫黄島からの手紙」公開    クリント・イーストウッド監督(76)の連作映画第2弾「硫黄島からの手紙」が9日、初日を迎え、全国400スクリーンで公開された。配給関係者によると、各地で満員の観客動員は、先に公開の連作第1弾「父親たち ...
『硫黄島からの手紙』(クリント・イーストウッド監督) ****1/2 (The MouvieBuff Diaries by 佐藤睦雄)
手紙という心に届くツールが効いた 美しい戦争ドラマ (c)2006 Warner Bros.Entertainment Inc. and DreamWorks L.L.C.  美しい戦争ドラマだ。手紙というパーソナルに心に届くツールが効いている。手紙の文面をとおして、太平洋戦争期の硫黄島の戦いに挑んだ ...
硫黄島からの手紙 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
          公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 141min 監督:クリント・イーストウッド 主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童 【あらすじ】戦況が悪化の一途を ...
『硫黄島からの手紙』 (風の色を見に)
日本の士官にも、このように人間味にあふれ、論理的な思考でものごとをすすめてゆく人がいたのだということにどこか安堵する自分がいます。 ですが、それでもなお、彼らのような人間でさえ、理不尽で無意味な結末に自ら突き進んでいかなければならなかったのはなぜ ...
硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA (銅版画制作の日々)
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しか ...
硫黄島からの手紙 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界が忘れてはいけない島がある。61年前、日米両軍は硫黄島で戦いました。 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期 ...
それぞれの硫黄島。 (ひょうたんからこま)
『硫黄島からの手紙』(2006年・アメリカ/141分)ワールドプレミア試写会にて鑑賞。11月15日(水)19:00於:日本武道館(公式サイト)プレミアでの鑑賞から日が経ちましたが公開も明日に迫ったので、そろそろ感想を書くことにします。以下ネタバ ...
硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima (我想一個人映画美的女人blog)
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日 ...
硫黄島からの手紙&硫黄島~戦場の郵便配達~に感動! (ジャンプを230円以上に味わう)
渡辺謙さんに酔いました。酔いしれました。 彼氏の20代最後の誕生日が12/11だったので、台場のメリディアンの エグゼクティブルームを予約し、いちゃつくつもりでしたが、金曜の夜から 熱が・・・まずい!!でも楽しみにしてる彼がいるから頑張らねばと勇んだの ...
映画「硫黄島からの手紙」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最 ...
脳天がズキズキ痛む程、泣きじゃくった。。。 (YOU-kiss)
クリント・イーストウッド監督作品、硫黄島2部作の第2弾、“硫黄島からの手紙”。 第1弾は先日試写会で鑑賞したのですが、どーしても日本版が観たかったので映画館へ行ってきました。 (公式サイトはこちら ) アメリカverの“父親たちの星条旗“は ...
硫黄島からの手紙 (シネマでキッチュ)
今年は映画を通して“戦争と日本人”ということにまともに向き合わされた一年だったわ。 「男たちの大和」では庶民の側からの戦争が、「出口のない海」では学徒からの戦争がそ、して「硫黄島からの手紙」でアメリカからみた硫黄島で散った日本兵たちの戦争が描かれ ...
今度は逆の視点!『硫黄島からの手紙』(2006年18本目) (ON THE ROAD)
   クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二部作目だ。 一部がアメリカ側の硫黄島戦にまつわる話を描いた「父親たちの星条旗」で こちらが日本軍を描いた作品となっている。 (あらすじと内容は硫黄島からの手紙 - goo 映画を参照してください) あ~二 ...
Letters From Iwo Jima(2006,U.S.) (The Final Frontier)
映画DEデートの予定だったけど,あちらさんの仕事の関係で私一人で鑑賞してまいりました。・・・一作目「父親たちの星条旗」を観たときからある程度覚悟はしていたけれど,やっぱり一人で観てよかった。これ,誰かと一緒に観たら凹みすぎてきっと立ち上がれなかっ ...
真・映画日記『硫黄島からの手紙』 (CHEAP THRILL)
12月10日(日) 11時前に起きる。 パンを食べたり身支度をし、 11時40分には外出。 上野の東急系列の映画館で『硫黄島からの手紙』を見ることに。 午後1時前に着く。 すると、階段に列が出来てるではないか? さすがは人気作。 なんとか中通路の席が取れ ...
「硫黄島からの手紙」  Letters from Iwo Jima (俺の明日はどっちだ)
「私が観て育った戦争映画の多くは、どちらかが正義で、どちらかが悪だと描いていました。しかし、人生も戦争も、そういうものではないのです。私の2本の映画も勝ち負けを描いたものではありません。戦争が人間に与える影響、ほんとうならもっと生きられていたで ...
硫黄島からの手紙 (だめ男のだめ日記)
「硫黄島からの手紙」監督クリント・イーストウッド出演渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江内容戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が、本土防衛の最 ...
『硫黄島からの手紙』 (映画館で観ましょ♪)
2006年の「今年の漢字」は【命】でした。 その【命】を考えさせられる映画です。 戦場の場面 。 『父親たちの星条旗』で観た場面を反対側から見ることになります。 攻め入る側と迎え撃つ側。 海からと陸
硫黄島からの手紙を観ました。 (THE脂肪)
イースドウッドの硫黄島2部の「硫黄島からの手紙」を観ました。実は数年前亡くなった義理の祖父が数少ない硫黄島帰りなんです。ですから、祖父の姿をダブらせながら鑑賞となりました。水も食料も絶たれ援軍も来ずの状況で敵の圧倒的な物量で一気に攻めてくるアメ ...
【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
映画「硫黄島からの手紙」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最 ...
硫黄島からの手紙 (そーれりぽーと)
『父親たちの星条旗』のエンドロール後に流れた予告編で大泣きしてしまった『硫黄島からの手紙』 絶対ロードショー当日に観たくて、社員旅行先で宴会の2次会を抜け出して観てきました。 ★★★★★ 今年、★の数を5つ付けた映画は数本有りますが、この映画の為 ...
★「硫黄島からの手紙」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
『硫黄島からの手紙』in箕面 (☆えみたんの日記帳☆)
昨日は本当久しぶりに映画観て来たぁぁ~~鍊 涙そうそう以来観てないから・・・相当間があいてるぅ~~嶺 本当ならもっと映画観に行きたいんだけど、なぁ~んかなかなか時間がなくて行けてなぃんだぁ~(涙) んで、今回はあの『硫黄島からの手 ...
ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
硫黄島からの手紙 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途を ...
映画「硫黄島からの手紙」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将 ...
硫黄島からの手紙 2006-70 (観たよ~ん~)
「硫黄島からの手紙」を観てきました~♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング     ...
硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り ...
硫黄島からの手紙 (充実した毎日を送るための独り言)
今日、硫黄島2部作のもう一方の「硫黄島からの手紙」を見てきた。「父親たちの星条旗」は、戦争の残酷さと生き残った者(英雄)たちの葛藤や苦しみが描かれていたが、「硫黄島からの手紙」には戦争シーンのみで生き残った者のその後が全く描かれていないが特徴だ ...
硫黄島からの手紙(映画館) (ひるめし。)
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。
「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
硫黄島からの手紙 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  米軍側から描いた『父親たちの星条旗』を観たときは、暗い画面で、戦闘服を着た同じような顔付きの米国人を覚えられるはずがなく、最後迄観るのがかなりしんどかった。       だが日本側からの描写である本作には、やはり心の琴線に触れるシーンが ...
硫黄島からの手紙 (頑張る!独身女!!)
この前、テレビ放送された「硫黄島~戦場の郵便配達~」は女性から見た戦争、そして家族。そして映画「硫黄島からの手紙」は男性から見た戦争、そして家族。両方を見たらそんな風に思いました。
硫黄島からの手紙 (いろいろと)
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
硫黄島からの手紙 (メルブロ)
硫黄島からの手紙 上映時間 2時間21分 監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 松崎悠希 中村獅童 評価 8点(10点満点) 会場 渋谷ピカデリー  今年最後の映画鑑賞です。昨年のラスト鑑賞作品は「男たちの大和 ...
【劇場映画】 硫黄島からの手紙 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地 ...
◆映画・硫黄島からの手紙 (映画大好き☆)
硫黄島からの手紙を観て来ました。 久しぶりの映画館・・・。 クリント・イーストウッドの作品は考えさせられるけど、 とっても重く、後味が悪く、苦手; 話題にはなっていたので 観たかったけど、避けていたかもしれない。 夫と正月そうそう映画を観に ...
硫黄島からの手紙 (スーパーヅカン)
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします!! たくさんお休みさせていただきましたので、これからまたガンガン行きたいと思います(≧∇≦)b さて早速、 年始1発目は『硫黄島からの手紙』です。 製作 ...
硫黄島からの手紙 (こころね*)
ほぼ日刊イトイ新聞でコラム12/10分を読んで、どうして「わたしはただのパン屋です。」というキャッチフレーズを考えたのかがとても気になって、早速観てきた。 涙発生最速記録大更新!w 私は二宮くんの「僕は墓穴を掘っているんでしょうか?」っていうナレー ...
【映画】「硫黄島からの手紙」評 (われおもふこと)
鳴り物入りの映画でもある作品で、是非とも見てみたいと思っていたのが、今回観た「硫黄島からの手紙」―――だ。これは、ご存知の通り、クリント・イーストウッドが日米双方の視点から描いた、硫黄島二部作の二作目だ。この、両軍双方からの視点で、一本づつの ...
硫黄島からの手紙 (とにかく、映画好きなもので。)
 そこにいた兵士達は、必ず生きて祖国の地を踏む事は無いという覚悟を持って戦場に赴いた。  日本本土から約1250Kmの地にある硫黄島。上陸したアメリカ兵たちは異様な臭いと焦土、暑さに苦しめられながら日本軍の砲撃を受けた。  5日 ...
硫黄島からの手紙 (Yuhiの読書日記+α)
 先日、ゴールデングローブ賞の外国語作品賞を受賞した、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見てきました。第二次世界大戦中に起きた硫黄島での戦いを、日本側の視点で描いた作品です。 戦争ものは苦手だったのですが、「父親たちの星条旗」を ...
映画「硫黄島からの手紙」を見ました! (団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常))
     ―「散るぞ悲しき」と「硫黄島からの手紙」― 先日、梯久美子「散るぞ悲しき」について、読後感想を書いたら、何人かの方から、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見るように勧められました。 そこで、先日書いたイオン浦和美園SCの中にあ...
Letters From Iwo Jima (硫黄島からの手紙) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2007年1月27日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を
「硫黄島からの手紙」88点。 (mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ)
「父親たちの星条旗 | 硫黄島からの手紙」hp  黒く乾いた島で、戦死した日本人たち。日本の平和のために命が散る。
『硫黄島からの手紙』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...
映画レビュー#46「父親たちの星条旗」&「硫黄島からの手紙」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(2006、アメリカ、日本) 監督:クリント・イーストウッド(許されざる者、ミスティック・リバー) 脚本:ポール・ハギス(ミリオンダラー・ベイビー、クラッシュ)ウィリアム・ブロイレス・JR(ジャーヘッド)、アイ...
映画「硫黄島からの手紙」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「硫黄島からの手紙」に関するトラックバックを募集しています。
硫黄島からの手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書...
【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/ase/} さて、先ずは近況報告から。 今週の夜勤は昨日の金...
【映画】硫黄島からの手紙 (風の吹くまま 気の向くままに ~ blow with the wind ~)
硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD](ワーナー・ホーム・ビデオ)売上ランキング:3,001アメリカで見た感想映画史に残る『金字塔すばらしいAmazonで詳細を見る楽天市場で探すmade by pettanco 鑑賞メモより。 映画「硫黄島からの手紙」を観て来ました。 私は硫...