勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

父親たちの星条旗(2006年)

2006年10月28日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル 父親たちの星条旗

---感想---
第二次世界大戦末期の硫黄島の攻防戦が舞台。その中でも、有名な擂鉢山に星条旗を掲げた5人のアメリカ兵に関しての、アメリカ側の視点でのその後のエピソードです。日本側の視点から描かれる『硫黄島からの手紙』が年末に公開されます。

擂鉢山の星条旗が、厭戦気分の漂っていたアメリカの戦意高揚に役立ったのは想像を待ちませんが、写真に映っていた兵士たちが英雄に祭り上げられ、戦費捻出のための国債購入キャンペーンに借り出されていたとは知りませんでした。まぁ、国の為政者が考えそうなことではありますが。英雄に祭り上げられた三人の苦悩が良く描かれており、それを通して、戦争の凄惨さを見ることが出来ます。また、英雄として扱われても差別がなくならないインディアンの無念さも良く判ります。それと、国債購入キャンペーンで食事をするシーンが有るんですが、その場に写真の姿をかたどったアイスクリーム(?)らしきデザートが出て、それにチョコクリームやラズベリークリームをかけるんですが、それを見たアイラが侮辱されたような表情を見せたのが印象的でしたね。よく判る気がします。

擂鉢山に星条旗を掲げようとしているこの有名な写真が、二枚目の取り直した写真であると言うのは実は有名な史実です。第二次大戦にまつわるアメリカの写真にはそうしたものが多く、これも有名な、マッカーサーが幕僚を従えてレイテ島に上陸しようとしている写真もそうです。これに関しては、当初、マッカーサー本人はズボンが濡れるのを嫌がったのですが、いざ写真を見てみると勇壮に見えるので、そのまま使ったと言う話もあります。

製作にスピルバーグが絡んでいることもあり、かの『プライベート・ライアン』で用いられた、何となくモノトーンチックな映像としてみることが出来ます。また、その経験がフィードバックされたのか、上陸シーンや戦闘シーンはかなりリアルです。また、映画のエンドロールには、当時の実際の写真が使われており、映画に出演している人物本人の写真も出てきます。

英語版HP:Flags of Our Fathers from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/アメリカ
監督 クリント・イーストウッド
出演 ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル

[2006/10/28]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洋画鑑賞100本達成 | トップ | トゥモロー・ワールド(2006年) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
インディアン (kossy)
2006-10-29 09:03:52
彼の辛さが伝わってきました。

飲みたくなる気持ちもわかります。

もうちょっと中心に添えてもよかったですよね。
チーフ (にら)
2006-10-31 20:23:28
酒場前での乱闘、戦友の母親を無言で抱きしめ泣き崩れるところ、そして、汽車に乗って去るところ・・・戦後、小さな国旗をポケットから出して写真撮影に応じるところ・・・
他にもありますけど、アイラには印象的なシークエンスが多かったですね。

てなわけで、TBありがとうございました。
こんにちは (カオリ)
2006-11-09 13:30:13
私自身、ストロベリーソースにはショックを受けました。この落差、温度差に。
アイラはアメリカ国民のなかでもマイノリティーであり、英雄として祭り上げられながら侮蔑される辛い立場だったと思います。

TBさせていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「父親たちの星条旗」 (いもロックフェスティバル)
映画『父親たちの星条旗』の試写会に行った。
試写会「父親たちの星条旗」 (日々“是”精進!)
昨夜は、ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「父親たちの星条旗」の試写会に出席してきましたクリント・イーストウッド監督による戦争大作”硫黄島二部作”の第1弾。歴史的に有名な報道写真”硫黄島での国旗掲揚”に写された英雄たちを主人公に、米軍史上最 ...
『父親たちの星条旗』 (**Sweet Days**)
監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他 STORY:太平洋戦争以来、最も多くのアメリカ軍の犠牲者が出ていた硫黄島の戦い。その壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲げる写真が話題になる。そして、その写真に写っている、ジ ...
「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておく ...
■週末の学び10/27「硫黄島」~父親たちの星条旗-硫黄島からの手紙~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
超話題作です! いよいよ封切りです。
父親たちの星条旗 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:ライアン・フィリップ      ジェシー・ブラッドフォード      アダム・ビーチ      ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本 ...
父親たちの星条旗・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一枚の有名な写真がある。 太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。 1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞
父親たちの星条旗 国際映画祭 (メルブロ)
父親たちの星条旗 上映時間 2時間12分 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 評価 7点(10点満点)  東京国際映画祭のオープニングで鑑賞。 ...
父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers (我想一個人映画美的女人blog)
クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本! と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。 +スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/} ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていた ...
温度差がすごい 「父親たちの星条旗」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_suki/} 父親たちの星条旗 東京国際映画祭オープニング作品。 靴を衝動買いした後、観てきました。 まずは、上映後の舞台挨拶の模様を少々。 レイニー・ギャグノン役のジェシー・ブラッドフォード、アイラ・ヘイズ役のアダム・ビーチ、そ ...
父親たちの星条旗 (ネタバレ映画館)
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
父親たちの星条旗 (だめ男のだめ日記)
「父親たちの星条旗」監督クリント・イーストウッド出演ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、バリー・ペッパー、ポール・ウォーカー内容第2次世界大戦の重大な転機となった硫黄島の戦いで、米軍兵士たちはその勝 ...
父親たちの星条旗 (★試写会中毒★)
満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリ ...
父親たちの星条旗 (気まぐれ961部隊!)
クリント・イーストウッドの硫黄島二部作「父親たちの星条旗」を観てきました。 (日本側の視点で描いた作品「硫黄島からの手紙」は12月に公開されます!) 公開初日。館内は満席!! しかもエンディングが流れても席を立つ人がゼロ!←コレはエンディング ...
父親たちの星条旗 (eclipse的な独り言)
 ちょっと、イーストウッドが鼻についてきました。「ミシシッピー・リバー」、「ミ
父親たちの星条旗 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
父が最後まで語らなかった硫黄島。息子がたどり着いた、その真実とは?・・・・日本の硫黄島で撮られた一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えたことを。 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いた ...
父親たちの星条旗 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                評価:★9点(満点10点) 2006年 132min 監督:クリント・イーストウッド 主演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード     アダム・ビーチ ポール・ウ ...
『父親たちの星条旗』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親たちの星条旗』は、 歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ "摺鉢山にアメリ ...
映画「父親たちの星条旗」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。 ...
父親たちの星条旗 2006-59 (観たよ~ん~)
「父親たちの星条旗」を観てきました~♪ 太平洋戦争の末期、硫黄島へ向かうアメリカ海兵隊。5日で終わるはずの戦闘が、攻略するんに5倍以上の日数を要するほどの徹底抵抗にあった。ちょうどアメリカ本国内では、長引く戦争に対する嫌悪感が噴出し始めていた ...
父親たちの星条旗 (Flags of Our Fathers) (communication 101)
硫黄島の戦いの現場、個々の米兵や日本兵の視点を描いているというより、星条旗を掲げているこの写真の6名の登場人物を中心に、戦場、そして戦後の人生を追うストーリー展開。 6名の人物について、戦場と戦後の様子を繰り返し繰り返しフラッシュバックしながら ...
「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ
『父親たちの星条旗』 (ねこのひたい~絵日記室)
今回、旗を立てるのは、硫黄臭漂うハートブレイクリッジか。3度目のオスカーか。
父親たちの星条旗 (悠雅的生活)
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
父親たちの星条旗 (欧風)
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが
【劇場映画】 父親たちの星条旗 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦末期、後に硫黄島陥落のモニュメントとなった、“摺鉢山にアメリカ国旗を掲げる5人の海兵隊員と1人の海軍兵士の写真”のエピソードを基に、アメリカ側の視点で描く。その写真は、長引く戦争に疲弊したアメリカ国民の士気を上げるた ...
父親たちの星条旗 (とにかく、映画好きなもので。)
   硫黄島をアメリカと日本、両方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督のアメリカ側視点の作品。  あの写真はあまりにも、鮮烈すぎた。  スクリーンに現れるだけで、ハッとしてしまう写真。冒頭から一葉の写真が披露される。これは ...
人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと
FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』 (銅版画制作の日々)
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日 ...
【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
勝っても負けても戦争に英雄などいない!【父親たちの星条旗】(2006年15本目) (ON THE ROAD)
映像技術の進化とともに映画が変わりつつあるような気がする。 いや新しい力が生まれつつあるというべきかも。 この前観た『ワールド・トレードセンタービル』に続き、 今回も観終わった後にそんな印象を受けた。 あらすじなどは、 こちらの『父親たちの星条旗 ...
「父親たちの星条旗」は言っている。 (やまたくの音吐朗々Diary)
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」 ...
父親たちの星条旗(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド) (CINEMANIAX!)
【新宿ミラノ座】 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国 ...
★「父親たちの星条旗」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
『父親たちの星条旗』と教育基本法 (再出発日記)
監督:クリント・イーストウッド出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ力作である。冒頭近く小山を三人が上って言って旗を立てる、突然開ける教場の満員の大歓声と、花火。そこは硫黄島ではなく、アメリカ本土だった。三人の兵 ...
父親たちの星条旗(06・米) (no movie no life)
原題 Flags Of Our Fathers ― 「Show the flag」と米国からわが国が言われたことはまだ記憶に新しいだろう。 flagとは「国旗」、米国ではすなわち「星条旗」のことである。 クリント・イーストウッド監督作品、「硫黄島2部作」の第1作。 米国から見た硫 ...
【映画】「父親たちの星条旗」評 (われおもふこと)
今話題の日米双方の視点から描いた「硫黄島二部作」の第一作目である「父親たちの星条旗」http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/―――を、見てきた。先ずは、米国側から見た硫黄島の戦いである。ストーリーとしてはこんな感じ↓↓ウィスコンシン州で葬儀 ...
父親たちの星条旗 (k.onoderaの日記)
硫黄島にジョン・ウェインはいなかった… というお話。 観終わってしみじみ考えると、やはりひたすらにイーストウッドらしい戦争映画だった。 『ブロンコ・ビリー』に代表される、彼のダメ男路線の作品なんだよね。 ダメ男と言
「父親たちの星条旗」試写会 (Thanksgiving Day)
中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でやるような金属探知器によるボディチェックまでされたの ...
父親たちの星条旗 硫黄島の激戦 (映画館(こや)の木戸はあいている)
戦争映画、その中でも内容のある作品だと思いました。硫黄島、アメリカ兵からすれば、
「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
「父親たちの星条旗」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も ...
父親たちの星条旗 (2006) FLAGS OF OUR FATHERS  132分 (極私的映画論+α)
太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。
映画~父親たちの星条旗 (きららのきらきら生活)
 「父親たちの星条旗」公式サイト3日連続試写会の第一弾はこちらの作品でした☆「硫黄島2部作」の第一弾、"アメリカからみた硫黄島"。。。"硫黄島の戦い"1945年2月16日から約1ヶ月もの間繰り広げられた日米の攻防戦。太平洋戦争末期の激戦であり、 ...
父親たちの星条旗 (利用価値のない日々の雑学)
「ミリオンダラー・ベイビー」で、本当は凄い人なのじゃないかと自己の考え方を大きく変えたこのクリント・イースト・ウッド監督作品は、その筆者の「思い入れ」を更に強いものにしてくれた。この作品、「ミリオン~」のイーストウッド(敢えて「ミリオン~」のと言 ...
「父親たちの星条旗」 (共通テーマ)
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた
父親たちの星条旗 (Yuhiの読書日記+α)
 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を見に行ってきました。硫黄島での戦いをアメリカ側、日本側の両方から描く2部作の第1弾になります。 実は私、「戦争もの」には全く興味はないし、怖いシーンがあったらイヤなので、ずっと敬遠してきたので ...
父親たちの星条旗(映画館) (ひるめし。)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
『父親たちの星条旗』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によっ...
父親たちの星条旗 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ~♪  確か教科書に...
【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、西日本総合展示場まで行ってみました{/cars_red/}{/dododo/} 結構な入場者...