勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ザ・ウォーク(3D) / The Walk

2016年01月24日 | 洋画(アメリカ系)
フランスの綱渡り芸人フィリップ・プティの自伝を下にした作品。自伝がベースであるためか、主人公フィリップの視点で物語が進みます。なので、自分に都合がわるい所は省かれているかも。

ジョセフ・ゴードン=レビットは、フランス文学に傾倒していたことがあるためか、フランス語を話すことができるそうです。この作品では、その特技を遺憾なく発揮し、(日本人の耳には)フランス語(に聞こえる言語)あるいはフランス語訛りの英語を駆使しています。

物語は、ひとりの無謀な若者が、自信の名声と自信を得るためにワールドトレードセンターの北棟と南棟の間に綱を渡して綱渡りをするまでを描いただけ。“だけ”と言ってしまうと身もふたもないですが、そこは名監督のロバート・ゼメキス、きちんと物語を仕上げてきていますね。でも何と言ってもこの作品は、物語もさることながら映像です。

今回は3Dでみましたが、この作品は3Dで見た方がいいんじゃないでしょうか。世の中には3Dの映画が数多ありますが、3Dの効果を見せ付ける為に無駄にモノの先端を強調するような映像が多かったりします。でもこの作品では、そう言う無駄で無意味な演出は不要。先端強調の映像が皆無とは言いませんが、ワールドトレードセンターの411m上空からの眺めだけで十分です。言うほど高さの恐怖は感じません。って言うか、全然怖くないのです(笑)。まぁ、映画だって判りきっていますからねぇ。それでも、高い建物の映像は中々素晴らしかったです。

物語の舞台が、1970年台ということで、ニューヨークのイエローキャブは、非常に懐かしいアメ車です。いや、イエローキャブだけじゃなくて、すべての車がですね。これ、集めるの大変だったんじゃないでしょうか?

フィリップ・プティは、この“業績”によって、ワールドトレードセンター展望台のパスをもらったそうです。その期限は“forever”だそうですが、それってやっぱりワールドトレードセンターへのオマージュですよね。

タイトル ザ・ウォーク / 原題 The Walk

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ロバート・ゼメキス
出演 ジョセフ・ゴードン=レビット(フィリップ・プティ)、ベン・キングズレー(パパ・ルディ)、シャルロット・ルボン(アニー・アリックス)、クレメント・シボミー(ジャン=ルイス)、ジェームズ・バッジ・デール(ジャン=ピエール)、セザール・ドムボイ(ジェフ、ジャン=フランソワ)、スティーヴ・ヴァレンタイン(バリー・グリーンハウス)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エージェント・ウルトラ / Ameri... | トップ | 99分,世界美味めぐり / Foodies »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ザ・ウォーク」 (日々“是”精進! ver.F)
天空を、歩く… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601240000/ <期間限定!お得!クロネコDM便ご選択で送料無料!>■予約■SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【...価格:5,790円(税込、送料別) フライト(Blu−ra...
ザ・ウォーク (3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4.5点】(14) 3D効果で久しぶりに胃が浮いてしまった(爆)
『ザ・ウォーク』 身体が自然に反応する、そんな映画 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』のロバート・ゼメキス監督の最新作。  今回は試写会にて一足先に鑑賞させていただいたのだが、劇場公開は本日23日から。  主役のフィリップ・プティにはフランス語の堪能なジョセフ・...
ザ・ウォーク (3D) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WALK】 2016/01/23公開 アメリカ 123分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール 地上411メートル/ワイヤー幅2.2センチ STORY:1974年。フランス人の大道芸人フィリ...
「ザ・ウォーク」高いよ〜!恐いよ〜!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ。「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。最初に言っておきますけど、高所恐怖症の...
「ザ・ウォーク」@ソニーピクチャーズ試写室 (新・辛口映画館)
 私は映画.com独占試写会で作品を拝見した。客入りは8割位。3D字幕版が上映された。
【映画】ザ・ウォーク (アリスのさすらい映画館)
ザ・ウォーク(2015)アメリカ 原題:The Walk 監督:ロバート・ゼメキス 脚本:ロバート・ゼメキス/クリストファー・ブラウン 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ ベン・キングズレー / シャルロット・ルボン /ジェームズ・バッジ・デ...
【cinema】『ザ・ウォーク』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
2016.01.14 『ザ・ウォーク』試写会@ソニー・ピクチャーズ試写室 cocoで当選。いつもありがとうございますこれは見たかった! JGLことジョゼフ・ゴードン=レヴィット好きとしては見なきゃね(笑) でも、JGL出演作であるということ関係なく見たいと思ってた。ということ....
ザ・ウォーク(3D字幕)/THE WALK (我想一個人映画美的女人blog)
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化! 2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれたが本作の 監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一....
いや〜もうやめて〜ってくらい体感するよ。(^_^;)〜「ザ・ウォーク」TCX3D (ペパーミントの魔術師)
この映画は、ストーリーより映像ありきで最初から見に行ってるんで 高所恐怖症のくせして3D鑑賞。しかもくずはのTCXだから結構大きめのスクリーン。 いや〜すんごい迫力でした。 矢が飛んでくるシーンは思わずよけた。(爆) 冒頭のシーンからして、モノクロだの、....
ザ・ウォーク〜仰げばあの世が見える (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Walk。フィリップ・プティ原作、ロバート・ゼメキス監督。ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・ ...
ザ・ウォーク (とりあえず、コメントです)
ワールド・トレード・センターの間を綱渡りで歩いたフィリップ・プティの姿を描いたドラマです。 東京国際映画祭のオープニングにもなっていたので、公開を楽しみにしていました。 とにかくリアルな映像が高さを物語っていて、よく分からないけど凄い人だなあと しみじみ...
ザ・ウォーク 3D字幕 (♪HAVE A NICE DAY♪)
わー凄い!これは劇場で3Dで観る映画ですね! これは、劇場で観るのと観ないとじゃ面白さも半減しますね ドキドキ感も。3D映像が素晴らしかった フィリップ・プティさんの夢は二つのビル ワールド・トレード・センターの 屋上と屋上にロープを張って空中で歩くこと....
『ザ・ウォーク』 (こねたみっくす)
高所恐怖症にはあまりにも怖すぎる青春映画。 膝がガクガク震えてしまいました。作り物の映像だと分かっていても、スクリーンを見続けることが苦痛になる映画でした。 映画を見続 ...
「ザ・ウォーク」:ぞわっとし、手に汗握る緊張感 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ザ・ウォーク』は、2009年日本公開のドキュメンタリー『マン・オン・ワイヤ
ザ・ウォーク/夢を叶える傲慢さ (映画感想 * FRAGILE)
ザ・ウォークThe Walk/監督:ロバート・ゼメキス/2015年/アメリカ 見えるのは、足元だけ。 TOHOシネマズ新宿、スクリーン7 L-13、3D字幕で鑑賞。『マン・オン・ワイヤー』は未見です。 あらすじ:綱を渡るよ。 大道芸人フィリップ(ジョゼフ・ゴードン=レヴ...
ザ・ウォーク (Akira's VOICE)
その歩み、威風堂々。  
映画「ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説である大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション『マン・オン・ワイヤー』は未読。 また、本作...
ザ・ウォーク (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story)との字幕が出ます。  次いで、黒いタートルネックを着た本作の主人公フリップ・....
綱渡り〜『ザ・ウォーク』 【2D字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THE WALK  1974年。パリの大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット) は、NYに地上110階、高さ411メートルのツインタワーが建設されることを知 る。ワイヤー・ウォークに魅せられていた彼は、ツインタワーにワイヤーを張 り、そ...
『ザ・ウォーク(THE WALK)』ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ザ・ウォーク』THE WALK監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィットベン・キングズレーシャルロット・ルボン、他物語・1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(
ザ・ウォーク(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年4本目です。 【あらすじ】 パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸人になっていたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ニュ...