犬鳴豚牧場日誌

大阪泉州地域唯一のブランド豚、犬鳴(いぬなき)ポークの農場日誌です。(有)関紀産業の二代目がお送りする養豚農家ブログ!

珍しくないよ、三元豚は

2011年02月15日 08時08分54秒 | 養豚豆知識
以前居酒屋で食事をしていたら、「三元豚使用!」なんてデカデカと壁に張り紙がしてあった。



知らないって恐いよね~



日本で飼養されている肉豚は約8割が三元豚といわれておりまして、全く珍しいものではありません。むしろ最もポピュラーな品種です。



ではなぜこんなことになるのか。



ブランドポークのなかには「〇〇三元豚」というのが結構あるので、一般の人には三元豚といばなにか希少なものというイメージがあるのでしょう。



ちなみに、品種の説明をしときますと、

ランドレース(L)と



大ヨークシャー(W)の交配で生まれてきたLWという雑種一代目(F1)をお母さん豚に。





そしてデュロック(D)をお父さん豚にします。



そう、生まれてきた仔豚は「LWD」となるわけです。



お気づきですね。LとWとD、三種の雑種ということで、三元豚です。



明日使えるトリビアです!



ブログランキングに参加しています!
↓↓↓ 1日1回、皆様の投票をお願いします!
にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の豚市況 | トップ | 昨日の豚市況 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (大阪のおばちゃん)
2011-02-16 12:48:10
川上さん家のブログ、いつも楽しく
拝見しています
三元豚…ってそうゆう事だったんですね
川上さんのおっしゃられる通り
希少なブランドだと思って買ってみました。

少し賢い消費者になりました
有難うございます

Unknown (川上寛幸)
2011-02-27 12:12:50
コメント返しが大変遅くなりまして申し訳ないです。。。

え~、つまりですね~
黒豚や中ヨークシャーって表示されている豚は間違いなく希少な品種なんですが、それ以外の国産豚はほとんどが三元豚なんです。

ちなみに、うちの豚ちゃんは6割が三元豚で、4割が四元豚です。

コメントを投稿

養豚豆知識」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。