アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

ブログ開設10周年記念 巻頭言と人気記事の紹介

2016年09月25日 07時49分29秒 | 当ブログと私の生い立ち
 この間、私事であわただしかったので、なかなか記事に出来ませんでしたが、実は今年の8月30日で、このブログも開設10周年を迎えました。ブログ開設前に、今のブログ名と同じタイトルでHP・掲示板中心に運営していた頃も含めると、13年ぐらいになります。それを記念に、今までのブロガーとしての歩みを振り返る為に、最初の記事(いわゆる巻頭言)と、今まで話題になった記事をここに集めてみました。

(巻頭言)

ブログ開設宣言 2006年08月31日 23時03分08秒 | 当ブログと私の生い立ち

(前略)
 911テロと北朝鮮・拉致問題によって、日本も世界も変わりました。
 「テロとの戦い」という事で、アメリカは一方的にアフガニスタンやイラクに攻め込み、民間軍事会社を使って多数の市民を令状もなしに拘束・虐待しています。
 日本でも、「北朝鮮のテロと戦う」という口実の下で、改憲・有事法制や海外派兵が声高に唱えられ、「過去の戦争・植民地支配は正しかった」「日の丸・君が代を尊重するのは当たり前」という風潮が広まっています。
 その右傾化の風潮の陰で、労働者の権利は切り縮められ、正社員は派遣・請負などのアウトソーシングに置き換えられ、失業・過労死・自殺が増えています。弱肉強食の格差社会の下で、「失業者はイラクへ行け」で最後には徴兵制など、真っ平ゴメンです。
 その一方、北朝鮮では、金正日体制の下で人権侵害や食糧飢餓が広まり、多くの人々が中国・韓国に脱北を図っています。中国でも、「世界の工場」の美名の下で、低賃金労働者が外資系の「スウェット・ショップ」でこき使われています。
 拉致問題にもイラク戦争やリストラ問題にも心を寄せる事の出来る感性を磨く事、日本・北朝鮮・中国・アフガン・イラク民衆の、「どれかを生かすために他方を切り捨てる」のではなく、共に人権を享受出来る道を探る事こそが、今求められているのではないでしょうか。
 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!
 搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!
 アフガン・イラク戦争や米国の一国覇権主義に反対し、北朝鮮や中国の人権抑圧を終わらせ、『平和・民主・人権の東北アジア』を実現するにはどうすれば良いか、一緒に考えていきたい―これが、当ブログが追求しているテーマです。(後略)

(人気記事トップ10)

第1位
反原連のネトウヨ・封建オヤジ体質
2012年08月25日 07時10分34秒 | 福島原発震災・脱原発 B!5 イイネ!89

 反原連(首都圏反原発連合)が毎週金曜日に首相官邸前で行ってきた反原発デモ。大飯原発再稼働反対に的を絞った素人同然のデモが、当初の数百人から今や十数万人を集めるまでに成長し、とうとう野田首相と会見を行うまでになった。その一方で、日の丸を黙認しながら労働組合の旗は下せと言ったり、デモ参加者から逮捕者が出ても選り好みしてまともに救援に取り組まなかったりなど、反原連幹部の恣意的な発言や行動も目につくようになった。
(中略)
 そんな折り、「週刊ポスト」8月31日号に反原連幹部の一人Misao Redwolf(ミサオ・レッドウルフ)氏の単独インタビュー記事が載った。自由報道協会代表の上杉隆氏によるインタビュー記事だが、その内容を見て驚いた。記事の中で展開されているミサオ氏の価値観が、まるでネトウヨや橋下・石原のそれと瓜二つだったからだ。主張こそ、前者の反(脱)原発に対して後者は新自由主義者や右翼で原発・核武装にも賛成(容認)と違うものの、その論理展開の仕方が余りにも似通っている事に今更ながら呆然とした。以下、記事の中から幾つか特徴的な箇所を抜き書きする。文中の「上」が上杉隆氏、「M」がミサオ氏の発言である。(後略)

第2位
高野山を再び戦争の基地にするな!
2014年09月11日 06時07分24秒 反ヘイト・ネオナチ B!2 イイネ!69

 安倍が祝辞を送ったA級戦犯の慰霊碑が高野山の奥の院にあると聞き、先日の公休日に早速行楽がてら見て来ました。
 まずは、2014年8月27日付朝日新聞の関連記事「首相、A級戦犯ら法要に哀悼メッセージ「祖国の礎に」」から引用します。
(中略)
 その戦犯慰霊碑(昭和殉難者法務死追悼碑)が上記の写真です。高野山奥の院の中ほどにある「英霊殿」という施設の隣にあります。通常の参拝路入口「一の橋」よりも終点の「奥の院前」バス停で降りて裏参道から入る方が近道です。
 慰霊碑には建立の由来なども書かれているのですが、昔の文章で今の私には一体何が書いてあるか理解できないので、前述「追悼碑を守る会」のホームページに載っていた2004(平成16)年の式典挨拶から、その由来について言及された部分を次に引用します。
(中略)
 この挨拶の内容を要約すると、おおよそ次のようになるのではないでしょうか。
 「ここに眠る英霊たちは、祖国を守る一心で自らの命を投げ打ったのに、戦争に負けたとたんに、一方的に戦争犯罪人にされ、濡れ衣の罪を着せられて殺された。でも、その尊い犠牲のおかげで、アジア諸国は欧米の植民地支配から解放され、戦後日本も経済大国としてよみがえる事が出来たのだ。皆も、この英霊のおかげで今あるのだから、ずっとこの英霊たちを弔わなければならない」と。
 でも、おかしいとは思いませんか?そんなに「アジアを欧米の植民地支配から解放した」と言うなら、何故、その前に、日本の植民地だった台湾や朝鮮の独立を認めなかったのですか?何故、「日本は植民地統治で良い事もした」とか、「当時アジアを植民地支配していたのは日本だけではなかった」とか、言い訳ばかりするのですか?言い訳なぞせずに、「まずは隗(かい)より始めよ」で、自分から解放の模範を示せば良かったのではありませんか。なのに「日本は良い事もした」「当時は他国も植民地支配していたではないか」とか。こんな物は「他にも強盗(侵略や植民地支配)している奴が一杯いるのに俺もして何が悪い」という「居直り強盗」の屁理屈でしかない。(後略)

第3位
夏!脱原発 !! ゲバラと君が代 !!! サウンドデモ参加報告
2011年08月01日 07時05分08秒 | 福島原発震災・脱原発 B!30 イイネ!63

 先日告知していた上記7月31日大阪の脱原発集会・デモに行って来た。「ナツダツゲンパツ」と銘打ったこの企画は、「せっかくの夏なのに、海も山も食べ物・飲み物も放射能に汚染されてしまって、何処にも行けねえ・何も食えねえ!」「このまま黙っていていいのか!個人でも何か出来る事はあるだろう!」とのノリで、個人でも気軽に参加できるカーニバル形式の、歌と踊りの集会・サウンドデモとして取り組まれたものだ。
(中略)
 いよいよゴールの難波に入る手前で一悶着あった。街宣トラックの音楽が、いつの間にかロック調から河内音頭に変わったと思ったら、今度はやにわに「君が代」を流し始めた。シュプレヒコールも、今までの「原発やめろ、東電は嘘をつくな」から、「私たちは右でも左でもない只の普通の市民です」「右の人も左の人も反原発の人は是非デモに参加を」「君が代を(強制ではなく)普通に歌わせろ」「私たちはこの国が好きなんだ」というものに代わっていた。それに反発したデモ参加者の一人が主催者に食ってかかっていたのだ。
 私はその場面を見て複雑な気持ちになった。デモ主催者の言いたい事も分かる。一旦原発で大事故が起これば国民全員が被曝してしまう。そうなれば右も左も、原発推進派も反対派もないだろう。国を愛するという事は、何も時の権力や体制に媚びへつらう事ではない。寧ろ愛するが故に反体制の立場に立つ事だってある筈だ。恐らくそう言いたいのだろう。
 でも、ちょっと待って欲しい。これが政治とは全く無関係のワールドカップの応援なら、私は何も言わない。でも、仮にも脱拝金(それはアンチ弱肉強食という事で脱資本主義・反帝国主義にも繋がる)や戦争反対、路上解放(表現の自由)を掲げてデモしているのだろう。そのデモが、実際に戦前の日本で、「蟹工船」「女工哀史」の搾取に支えられ、台湾・朝鮮・中国侵略の精神的支柱となり、戦争反対の声もパーマネントの自由も押し潰し、天皇の為に死ぬ事を特攻隊員に求め、彼らから生きる権利まで奪った「君が代」を、無批判に賛美して良いのか。デモ主催者・参加者には在日三世や台湾のカップルもいた訳だろう。その人たちが「君が代」を聞かされてどう思うか、デモ主催者は考えなかったのだろうか。(後略)

第4位
曽我村長こそ真の愛国者 エセ愛国のクズ橋下こそが非国民
2012年06月17日 20時24分12秒 | 反ハシズム・弱い者虐め イイネ!41

 長野県の伊那谷に中川村という人口5千人余りの村があります。今年2月に村ぐるみで反TPPデモに取り組み、ネットでも話題になった所です。そこの村長、曽我さんという方ですが、この6月に村議会で、「国旗掲揚の際に何故礼をしないのか」と質問されて、こう答弁したそうです。
(中略)
 せっかく今の憲法で平和や人権の理想を掲げながら、現実にはそれを踏みにじるような政治ばかり行われてきた為に、せっかくの理想も画餅に終わってしまっている。そのくせ、自分たちの不作為を棚に上げて、国民にばかり愛国心や誇りを持てと「日の丸・君が代」を強制してくる。
 これでは本末転倒じゃないか。本当に国民に愛国心や誇りを持ってほしいと思うのであれば、「日の丸・君が代」を強制する前に、憲法の理想実現めざして努力するのが筋じゃないか・・・。
 まことに格調の高い、堂々とした答弁ではありませんか。私は寧ろ、この様な答弁を堂々と述べる事が出来る曽我村長こそが真の愛国者であり、それを攻撃する石原・橋下やその他の保守改憲派こそよっぽど「反日」「非国民」ではないかと思いますね。(後略)

第5位
右翼系教科書のトンデモぶりを改めて思い知らされた
2015年06月03日 19時32分05秒 | バカウヨ・アホノミクス批判 B!25 イイネ!26

 ひょうんな事から、大阪市教委が、市内のいくつかの図書館や区役所で、来年度に使用する学校教科書の展示会を開催中である事を知りました。開催期間は6月初めから7月中頃まで。開催場所など詳しい事は、「「つくる会」系教科書を子どもたちに渡さないために!」というブログの、次の記事を参照して下さい。
(中略)
 早速私も、今日の公休日に、大阪市内の西長堀にある市立中央図書館に行って来ました。教科書展示コーナーは1階の受付横にあり、小・中・高の主要科目の教科書が開架棚に並んでいました。そこには、右翼団体「新しい歴史教科書をつくる会」(略称:つくる会)系出版社2社のうちの、育鵬(いくほう)社版はなく自由社版だけがあったので、自由社の「新版 中学社会 新しい歴史教科書」を手に取り、幕末の頃から現代の項目を中心に、ざっと目を通しました。
 その自由社版教科書の感想ですが、余りの酷さに今更ながら驚きました。もうアホらしくて何も書く気が起らなかったぐらいです。(後略)

第6位
拡散:アベ政治を許さない!!7月18日(土)午後1時きっかりに同じポスターを全国一斉に掲げよう
2015年07月10日 21時31分20秒 | 戦争法・集団的自衛権NO! イイネ!35

以下、澤地久枝さんのHPより転載。
(中略)
アベ政治を許さない!!
7月18日(土)午後1時きっかり
同じポスターを全国一斉にかかげよう
(中略)
 要するに、7月18日午後1時にみんなで一斉に、「アベ政治を許さない」というポスターを掲げる事で、
 (1)普段は集会やデモに参加出来ない人でも、誰でも参加出来る形で意志表明する。
 (2)自分自身の意志で掲げる事で、自分達自身の問題である事を明確にする。
 (3)ひとりひとりの声は小さくても、それが集まれば大きな力になる事を示す。
 (4)それによって、戦争法案の強行採決を阻止する事を目指す。
という事だと思います。
 私は、当日は仕事で会社に出勤しますが、多分昼休みの時間帯になると思うので、何とか職場内で会社の目を盗んで掲げたいと思います。

第7位
人権不在の道徳教育なぞクソ食らえ
2014年02月25日 23時28分25秒 | 反改憲・戦争協力 イイネ!24

 この4月から小中学校で道徳を正式な教科として教える事になったそうです。それまでも道徳の授業はありましたが、正式な教科として教えられていた訳ではありませんでした。だから正規の検定教科書もなく、「心のノート」という副読本を教科書代わりに使っていただけでした。その4月から使われる「私たちの道徳」という教科書の内容が文部科学省のHPでも公開されていますので、是非ご覧下さい。どれだけ下らない教科書かよく分かります。
 もう建前論のオンパレードです。例えば、小学校低学年の最初の単元で、「早寝早起き、朝ごはん」という事が強調されています。確かに「早起きは三文の得」と言います。夜更かしするよりも朝早く起きる方が、頭もシャキッとするし勉強も仕事もはかどります。朝ごはんも欠かさず食べた方が良いに決まっています。でも、今の格差社会の日本では、そんな事が出来る家庭ばかりではないのです。
 両親とも共働き、両親とも非正規雇用で、夫婦合わせても年収2~300万円行くか行かないかというカツカツの生活で、場合によっては母子家庭だったり、親が失業中だったり、生活保護受給者だったりで、学資も満足に払えない、学用品も満足に買えない親の子どもが、そんな生活なぞまともに送れる訳がないでしょうが。ひょっとしたら、両親の勤め先がブラック企業で、朝早くから夜遅くまで働かされていて、休日も出勤させられていたとしたらどうでしょう。下手すれば食事する時間すらなかったりする。「一体いつ寝てるの?」という状態の親子に対して、こんな建前論だけを振りかざされても、何の役にも立たないでしょうが。
 本当に本心から「早寝早起き、朝ごはん」が大事だと思うのであれば、ブラック企業で酷使されている親やその子供を、更に追いつめるような、こんな虐めみたいな事なぞせずに、ブラック企業的な働き方をなくす事の方が、はるかに実効性があるのではないですか。それこそが真に道徳的な態度ではないでしょうか。(後略)

第8位
参考:赤木智弘「『丸山眞男』をひっぱたきたい」(抄)
2007年02月23日 10時45分02秒 | 反貧困・新自由主義 B!22 イイネ!1

「『丸山眞男』をひっぱたきたい」31歳フリーター。希望は、戦争。(赤木智弘)
(前略)
 バブル崩壊以降に社会に出ざるを得なかった私たち世代(以下、ポストバブル世代)の多くは、これからも屈辱を味わいながら生きていく事になるだろう。一方、経済成長著しい時代に生きた世代(以下、経済成長世代)の多くは、我々にバブルの後始末を押付け、これからもぬくぬくと生きていくのだろう。なるほど、これが「平和な社会」か、と嫌みのひとつも言いたくなってくる。
(中略)
 不況直後、「ワークシェアリング」などという言葉はあったが、いまだにそれが達成される兆しがないのは、誰も仕事を若者に譲らないし、譲らせようともしないからだ。若者に仕事を譲ろうとすれば、誰かの生活レベルを下げなければならないのだが、それは非常な困難を伴う。持ち家で仲良く暮らしている家族に、「家を売って下さい。離婚してください」とは言えないだろう。一方で最初からシングルでアパート暮らしの若者に、結婚して家を買えるだけの賃金を与えないことは非常に簡単だし、良心もさほど痛まない。だから社会はそれを許容する。
(中略)
 若者にしてみれば、非難の対象はまさに左傾勢力が擁護する労働者だ。だから若者たちはネオリベ政府に「労働者の利権を奪い取って、おれたちに分けてくれ」と期待してしまうのだ。小泉前首相が「郵政職員26万人の既得権を守って、何の改革ができるか!」と叫んで若者の支持を集め、衆院選で圧勝したことは記憶に新しい。
 確かに、右傾化する若者たちの行動と、彼らが得る利益は反しているように見える。たとえば一時期のホリエモンブームなどは、貧困層に属する若者たちが富裕層を支持するという、極めて矛盾に満ちたものだった。小泉政権は改革と称して格差拡大政策を推し進めたし、安倍政権もその路線を継ぐのは間違いない。それでも若者たちは、小泉・安倍政権に好意的だ。韓国、中国、北朝鮮といったアジア諸国を見下し、日本の軍国化を支持することによって、結果的にこのネオコン・ネオリべ政権を下支えしている。
(中略)
 だが私は、若者たちの右傾化はけっして不可解なことではないと思う。極めて単純な話、日本が軍国化し、戦争が起き、たくさんの人が死ねば、日本は流動化する。多くの若者は、それを望んでいるように思う。(後略)

第9位
戦争を待望するワーキング・プア
2007年02月23日 01時57分36秒 | 反貧困・新自由主義 B!16

 雑誌「論座」1月号に掲載された赤木智弘氏の論考『「丸山眞男」をひっぱたきたい』の内容が、ブログ界で話題になっていると言う。何でも、自分自身がワーキング・プア(以下、WPと略す)である事をダシにして、「若者WP切り捨ての上に立つ平和なんてウザイ、いっそのこと戦争でも起こってくれた方が自分たちはのし上がれる」なんて言説を、誌上で展開しているらしい。
 そう聞き及び、当該雑誌が手に入らぬまま、氏の主宰する「深夜のシマネコBlog」その他のネット媒体を見ると、やはりそれらしき事が書かれている。何だ結局こいつは、自分自身がWPである事を免罪符に、被害妄想に囚われて、自分より下の弱者を貶めて日頃の鬱憤を晴らしているだけじゃないか。そういう今流行のネットウヨの一種だと思っていた。
 そして今日、その当該論考の原文を初めて入手した。そして読んでみて、もっと根深い問題が提起されている事を知った。以下、当該論考の内容について考えてみた。(後略)

第10位
橋下の沖縄レイプ発言を許さない
2016年05月25日 23時35分49秒 | 辺野古・普天間・米軍再編 

 今日、夕方6時から7時まで、大阪・淀屋橋の米国総領事館前で、沖縄の米兵による女性暴行殺人事件に対する緊急抗議集会が行われ、私も飛び入りで参加してきました。
(中略)
 前述したように、私がこの集会に飛び入り参加しようと決断したのは、下記の橋下「風俗活用」発言がきっかけです。
「(以前に)風俗の活用でも検討したらどうだ、と言ってやった。まあこれは言い過ぎたとして発言撤回したけど、やっぱり撤回しない方がよかったかも。きれいごとばかり言わず本気で解決策を考えろ!」
「朝日・毎日新聞をはじめとする自称人権派が米軍基地の存在を問題視している。ちょっと待て。日本人の殺人事件の比率と比較をしたのか。外国人だけと殊更批判するのであれば、自称人権派がいつも叫ぶ移民差別の流れになるぞ」(以上、地元紙・琉球新報の記事から引用)
 橋下の事ですから、以前にも言った前段の「風俗活用」発言を公式には撤回した後も、本音では全然反省していないだろうなと思っていましたが、まさか事件発覚後にまた同じような事をツイッターでつぶやくとは思ってもみませんでした。しかも、それに留まらず、沖縄を軍事占領支配した米軍を少数派の移民にすり替え、加害者をまるで被害者であるかのように言い募る厚顔無恥まで、後段でさらけ出してしまっています。
 米軍基地のない大阪では想像も出来ないでしょうが、沖縄では毎年のように米兵によるレイプ事件が起こっています。それが米軍占領時代も、沖縄が日本に復帰してからも、ずっと続いて来ました。その中にはもみ消された事件も多い。犯人が米軍基地の中に逃げ込めば、治外法権で日本の警察は手も足も出ないのだから。だから、日本人の犯罪発生率と比較する事自体がそもそも無意味。
 このような米軍による事実上の植民地支配の下で、レイプや強盗殺人などの基地犯罪が、構造的・系統的に繰り返されてきたのです。差別されてきたのは一体どっちやねん?米兵ではなく沖縄県民でしょうが!それを、移民差別の問題にすり替え、加害者と被害者の関係を逆転させ、白を黒と言いくるめるような詭弁(きべん)がまず許せません。
 そして、「風俗活用」についても、一見高給に釣られて自分から風俗嬢になる事を志望しているように見える女性も、実際は食い詰めた末に、他にまともな就職口がなく、今やデリヘルが「最貧困女子の駆け込み寺、福祉施設」と化してしまっている中では、もはや風俗嬢を選択する他ない現状を、一体どう捉えているのか?
 本来なら、そんな事で苦しむ事がないように、貧困や格差問題に取り組むのが政治家の仕事ではないのか。それを、あろう事か、その植民地支配や貧困搾取の上にあぐらをかいて、「代わりに風俗嬢でも当てがって置けば良い」とは、一体何という言い草か。これでは、沖縄が丸ごと橋下にレイプされたようなものじゃないですか。こんな政治家を、演説がうまいとかイケメンだからという理由だけで、大阪の人間はよくも知事や市長にして来たものです。このままでは、大阪府民として沖縄の人々に顔向け出来ません。だから、せめてもの罪滅ぼしに、今日の集会に参加したのです。

 以上が、自分のブログの中で、上位10人気にランキングした記事です。自分で言うのも何ですが、昔は「硬派」な記事を一杯書いてきたのですね~。
 その一方で、こんな「軟派」な記事も書いています。何の変哲もない地元心霊スポットの探索記事であるにもかかわらず、ランキング順位こそ低いものの、書いた後も数年間に渡ってアクセス数上位を保ち続けた記事です。

番外編
旧生駒トンネルにまつわる怪談話
2007年09月01日 01時19分46秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ イイネ!6

●夏の最後は心霊スポット散策で締めくくり
 今日の休みは、心霊スポットとしても有名な旧生駒トンネルを散策してきました。心霊スポットの探索を思い立ったキッカケは、ブログ更新の合間にホンの息抜きで見ていたオカルト・サイトのインターネットです。それで暑気払いを兼ねて、近場でそんなに金もかからず、尚且つ新アフガン板の作風にもマッチした所をという事で選んだのが、この旧生駒トンネル。以前見た映画「パッチギ」第一作に、主人公の日本人高校生が在日の母親から「生駒トンネル誰が掘ったか知っているか!」と言われた場面があったのも思い起こしながら、訪ねる事にしました。(後略)

 以上で、この10年間の記事から代表的な物(と自分で勝手に判断した物)を紹介しました。これ以外にも、職場のレポートや自分の日常生活に関する記事もあるのですが、そこまで書いていると、字数が余りにも膨大になるので、今回は割愛します。
 我ながら10年間もよく続いたなと思います。それが文章力・表現力の上達となって結実し、プレゼン表彰やサブリーダーへの昇格という形で、仕事にも反映されるようになりました。
 その一方で、10年前はイラク反戦や北朝鮮問題など、何だかんだ言ってもまだ自分の生活には直接関係ない事を話題にしていたのが、今や改憲や格差問題、親の介護など、自分に直接関わって来る問題を話題にしなければならなくなった所に、切迫感をひしひしと感じる様になりました。
 次の10年後には、自分は一体どうなっているのだろうか?もうブログも自由に書けなくなっているのではないか?それどころか、ひょっとしたら、もうその頃には自分は生きていないのではないか?マジでそう感じるようになりました。そんな事にならないように、これからも出来る限りブログを更新して行こうと思っています。今後とも宜しくお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族会議で立てこもりスト終息

2016年09月21日 22時32分05秒 | 当ブログと私の生い立ち
家族という病 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎


 年寄りほど、「家族愛」や「親子の情」をやたら美化する人が多いように思う。
 しかし、家族って、そんなに良いものだろうか。
 確かに、サザエさんのような家族も、決して少なくはないだろう。
 しかし、それとは正反対の、「姥捨て山」や娘の身売り話も、決して少なくなかったはずだ。
 それは何も昔に限った話ではない。
 現代の「派遣切り」や過労死も、昔の「女工哀史」や「蟹工船」と全く同じじゃないか。
 現代の貧困家庭やDVも、昔の「姥捨て山」や丁稚奉公、娘身売りの悲劇と全く同じじゃないか。
 しかも、「家族愛」を美化する年寄りに限って、「派遣切り」等の被害者を「怠け者」と叩く傾向にある。
 貧困で進学をあきらめた女子高生に対して、「もっと節約できるじゃないか」「努力が足りない」とか。
 ブラック企業でうつ病を発症して生活保護に頼らざるを得なくなった人を、「怠け者」と罵倒したり。
 そのくせ、生活保護不正受給の何倍もの年金損失を出した政治家の不始末は、見て見ぬ振り。
 労働者を過労死やうつ病発症に追い込んだブラック企業の搾取も、見て見ぬ振り。
 何の事は無い。
 そんな自分の卑怯さを、「家族愛」や「親子の情」といった美辞麗句で覆い隠し、オナニーにふけっているだけだ。
 最近やたら目につくようになった「日本人凄いデスネ」系のテレビ番組と同じように。 

 数年前にお袋が亡くなってから、親父はささいな事で、私と衝突するようになりました。
 衝突のきっかけは、いずれも、ほんのささいな事です。帰宅メールの仕方や、おやつのさつま芋を食べるか食べないかといった、他人から見たら取るに足らない事で、たびたび衝突するようになったのです。
 そして、最近では、私がまだ未婚である事に対しても、「お前は『のんべんだらり』と生きてきたから、いまだに独身なのだ」と、たびたび人格攻撃まがいの嫌味まで加えられるようになりました。
 しかも、「いい加減独り立ちしろ」と言ったかと思えば「何も急に出て行く事ないじゃないか」と言ったり、「今後は夕飯は外で食べてきてくれ」と言ったかと思えば「今日は食材が余っているので家で食べてくれ」と言ったりと、親父の言う事がコロコロ変わり、そのたびに私が親父の言動に振り回されるようになりました。
 そんな中で、9月12日の早朝出勤前に、親父から「近所の人と結婚してはどうか?」と言われ、私が「何故そこまで結婚にこだわるのか?」と返した途端に、「アホウ!もう60近くにもなって、まだそんな事を言っているのか!」と、言い合いになってしまいました。それを機に、これまでの経緯も手伝って、とうとう私は実家を飛び出してしまいました。勤務先には通常通り出勤しながら、最初の数日間はカプセルホテルやネットカフェに泊まったりしていました。
 その後、実家を飛び出してから3日目に、兄貴から、「それならウチで泊まったらどうか?」と誘われ、それから18日まで、兄貴の家に居候させてもらいました。
 それが、これまでの大まかな経過です。その時に親父と交わしたメールのやり取りも、前々回前回の記事で取り上げていますので、詳しい経過はそちらを参考にして下さい。

 その経過を踏まえた上で、今後私がどうするのか、家を出るかどうかを決める家族会議が、9月18日の日曜日に、兄貴の家で開かれました。
 会議は、兄貴の司会で、親父と私が、それぞれの思いをぶちまけ、それを兄貴と兄貴の嫁さんが汲み上げる形で、進められました。

 親父の言い分をまとめると、次のようになります。以下は、あくまでも親父の立場からとの想定なので、親父は「ワシ」、私は「お前」となります。

●兄も妹も、無事伴侶を見つけて実家から巣立っていく中で、次男のお前だけがいまだに独身という事で、お前を幸せにしてやれなかった事を、親として残念に思う。
●お前の事を「のんべんだらり」となじったのも、「お前も、もう少し、しっかりせえよ」という、一種の「はがゆさ」から出た発言に過ぎない。決して、親の見栄や嫌味で言った訳ではない。お前を見下したり差別したりなぞ、誰がするものか。
●独り立ちや夕飯の件で、話が二転三転したのも、どうすればお前が結婚相手を見つけられるか、色々気を揉む余りに、そうなってしまったのだ。
●「独り立ちしろ」と言ったのも、転居先で新たな出会いが生まれるきっかけになればと思って、言ったまで。実は、ワシがまだ働いていた時にも、通勤電車の車内で、倒れた傘を拾ってあげた事でお近づきになった女性がいた。その女性に、ある時、冗談で「息子と結婚してくれへんか?」と言うつもりが、うっかり「息子」を飛ばして言ってしまった為に、「ワシと結婚してくれへんか?」と受け取られてしまうエピソードがあった。一歩間違えればストーカー扱いされかねない、そういうエピソードだったが、その女性は、「あなたと同じような歳になるまで、私が生きていられるかしら?」と、洒落た返事で返してくれた。世の中には、そういう出会いもあるのだ。
●「独り立ち」については、上記の理由以外に、「夕飯の用意が煩わしい」というのもあった。しかし、その煩わしさも、お前が夕飯を、社内食堂等で済ますようになった事で解消された。
●ところが、その結果、話が二転三転してしまい、かえってお前やその同僚・関係者の方に迷惑をかけてしまった事については、素直に謝る。
●それに対して、お前が「別に結婚する気がない」と言うのであれば、「それでも結婚しろ」とまで無理強いするつもりはない。なぜ、その気持ちをはっきり言ってくれなかったのか?
●それを「未婚者や非正規労働者を見下している」だの「差別している」だと捉えるのは、余りにも被害者意識に凝り固まった考え方ではないか?

 それに対して、私も言いたい事はいくらでもあります。

●未婚者も既婚者も、チョンガーもバツイチも所帯持ちも、人間としての値打ちは何ら変わらないはずなのに、何故それを「はがゆい」と思うのか?その点について、親父は全く無自覚なのだが、それこそ差別心の現れじゃないか。人間を個人として捉え、平等に人権を尊重するのではなく、あくまでも所帯持ちかどうかで区別し、家族単位でしか物事を捉える事が出来ないのだ。つまり、親父にとっては、個人は所詮「家族の駒」でしかないのだ。その発想そのものが封建的だと、何度も指摘しているのに、何故分からないのか?
●別に独り立ちなぞしなくても、今のままでも、ブログを通して、地元の母親大会関係者と繋がりが出来たりもしている。今、下手に転居してしまったら、その繋がりも疎遠になってしまうじゃないか。親父とたった二人で無人島に住んでいるのでもない限り、独り立ちと出会いとの間には、何ら相関関係はない。
●赤の他人の女性に、少し傘を拾ってあげた位で、いきなり「ワシと結婚してくれへんか?」なんて声をかけるか?たとえ息子想いから出た言葉だとしても、それは幾ら何でも行き過ぎだろう。自分の思いだけで、相手がどう思うかについては思い至らない。そういう自己チューな押し売りを、「息子想い」の一言で免罪されたのでは堪らない。
●「夕飯の用意が煩わしい」なら、無理に自炊にこだわらなくても、自分の分だけ買って食べればそれで良いじゃないか。「買い物がシンドイ」と言うが、家から50メートルも歩けばスーパーもコンビニもあるのだ。そこで一人用の食材や惣菜も一杯売っているのだ。「安売りの時にまとめ買いしておきたい」と言うが、一人や二人分だけまとめ買いした所で、節約の効果なんてほとんど無い。逆に、冷蔵庫の中が狭くなったり廃棄する分が増えたりして、時間と手間のロスや光熱費が逆にかさむだけだ。
●「なぜ、その気持ちをはっきり言ってくれなかったのか?」だと?「何が何でも独身を通すつもりはないが、さりとて何が何でも結婚にこだわるつもりも無い。今は、結婚よりも仕事やブログの方が私にとっては重要だ。それらを犠牲にしてまで結婚する気はない」と、今までも折に触れて言ってきた。親父の所帯じみた、辛気臭い、保守的で封建的な考え方そのものが、私は大嫌いなのだ。その説明も終わらないうちに、人の事を「のんべんだらり」だ何だのと決め付けて、自分の家族至上主義の封建的な価値観や生き方を散々押し付けてきておいて、今更何を言っているのか?
●「家族を守る為に」社畜として選挙のたびに企業ぐるみ選挙で与党に投票させられた挙句に、ブラック企業に酷使され過労死させられても泣き寝入り。そんな桎梏(しっこく=手かせ足かせ)でしかない「家族」なら、むしろ最初から無い方がマシだ。

 その話し合いの中で、親父と交わしたメールの個々の文言が槍玉に上げられ、親父が「ワシはそんな事は言っていない!」と声を荒げる一幕もありました。
 例えば、親父が私の事を「のんべんだらりと生きてきた」と決め付けたのに対し、私が次のように反論したくだりに対して。

昨日、所長からサブリーダーに昇格の内示があった。雇用形態は依然として非正規のままだが、ホンの少し(20円)だけ時給が上がる。プレゼンで発表した業務改善の実践が評価されての事だ。
たったこれだけの昇給でも、きちんと評価されたら嬉しい物だ。
ところが親父と来たらどうだ。「何だこんな物」と貶(けな)すばかりで、「60近くにもなって未婚」としか見ない。それでよく「俺は差別者なんかじゃない」と臆面もなく言えるな。それだけでも立派な「差別者」じゃないか。(以上、9月13日に交わしたメールより引用)
http://blog.goo.ne.jp/afghan_iraq_nk/e/df2fe6e3914b68ba333f9f491d94b81f

 親父の「のんべんだらり」発言への反証として、私がプレゼン表彰の事を言った時に、「何だそんな物。お前には、たったそれだけしか自慢できる物がないのか!」と、親父は、はっきりとそう言いました。そうでなければ、私が、わざわざここで取り上げたりなぞしません。
 それに対して、普通の人なら、たとえ細かに一字一句まで覚えていなくても、「そう言えば、そんな事を言ったな」位は覚えているものです。それを「全く何も言っていない。ワシは、この時ただ黙っていただけだ。普通なら、当然褒めて然るべき場面なのに、ここで下手に息子を褒めて天狗にしては行けないと、変に勘ぐってしまい、ついつい黙ってしまったのだ。そういう点では、ワシも至らなかった。しかし、幾らなんでも、こんな事は言っていない。それはお前の勘違いだ。そういう点では、お前も被害者意識に凝り固まってしまっているではないか!」と。

 つまり、これは私の捏造(ねつぞう)だと言うのです。誰が、捏造でこんな事を言うか!誰が、捏造の為に、わざわざ家を飛び出したりするか!
 年寄りは、昨日言った事と逆の事を今日平気で言ったり、自分の都合の悪い事はすっかり忘れて、都合の良い事だけを覚えていたり、よくするものですが、これなぞも正にそうでしょう。
 「普通なら、当然褒めて然るべき場面なのに、ここで下手に息子を褒めて天狗にしては行けないと、変に勘ぐってしまい」云々も、余りにも不自然な物言いです。別にそんなに勘ぐらなくても、素直に喜んでくれたら良いのに。別に褒めて欲しいとは思いませんが、何もわざわざ勘ぐらなくても良いじゃないですか。それを、ことさら勘ぐろう、敢えて息子の揚げ足を取ろうとする所に、妙に不自然さを感じてしまいます。

 これにはさすがに、兄貴や兄嫁も、「親父は軽い気持ちで言ったので、実際には言ったのに覚えていないのかも知れない。決してワザとシラを切ろうとしているのではない」と、私と親父の間に割って入って来ましたが。「被害者意識に凝り固まってしまっている」も何も、実際にこの間の経過を見れば、親父こそが加害者で、私は被害者なのは一目瞭然ではないですか。私から親父に何か嫌がらせをした事は一度もありません。常に親父の発言が発端となっているのです。
 そのくせ、自分はここまで人の事をけなしておきながら、自分に対しては、例えば「ワシの蒸したさつま芋が要らないなら、ただ要らないと言うだけでなく、明日食べるわと言う位の優しさが、お前には無いのか?」と。私にはそこまで要求するのです。「自分に甘く他人にだけ厳しい」ダブルスタンダード(二重基準)も、大概にせえよと言いたいです。 

 でも、そんな事を言い出せば、お互い「売り言葉に買い言葉」で終わってしまいます。元はと言えば親父の発言から全て始まった事ですが、今回は私の方も、親父に対抗する為とは言え、他人が聞いたら眉をしかめるような事も、かなり言ってしまっています。
 問題の本質はあくまでも、上記に上げた私と親父の結婚観の行き違いにあり、その後のメールのやり取りについては、そこから派生した「オマケ」でしかない。その本質を脇に置いて、オマケ部分についてばかり議論しても仕方がない。
 私がメールの中で言及した、正規雇用と非正規雇用の格差拡大から来る晩婚化や少子化の問題も、それはあくまで社会一般の出来事であって、私と親父には、間接的な影響はあっても直接関係は無い。ここでは、そんな一般論ではなく、あくまでも、私と親父の関係を今後どうするかについて、議論を深めるべきだ・・・。

 そういう兄夫婦のジャッジもあって、「何が何でも独身を通すつもりはないが、さりとて何が何でも結婚にこだわるつもりも無い。今は、結婚よりも仕事やブログの方が重要だ。それらを犠牲にしてまで結婚する気はない」という私の思いを親父が尊重し、私の方も、親父の親心から来た思いを必要以上に曲解して決めつけたりはしない、という結論になりました。
 また、転居や夕食の支度を巡って、話が二転三転した事についても、全ては結婚観の行き違いから来ている。「外で食べて来てくれ」と言ったり「家で食べてくれ」と話がコロコロ変わったのも、別に買い物自体が疎ましいのではなく、いちいちメニューを考えなければならないのが煩わしいだけなのだ。その一方で、「たまには自分の手で美味しい料理を作って食べてみたい」という気持ちもある。一見、相反するようだが、主婦にはそれが良く分かる。しかも、親父は料理を作り慣れていないから、余計それが強く出るのだ・・・という事に、最終的に落ち着きました。

 現実的に考えても、私は毎日、朝の6時半や7時から、夕方4時や5時まで仕事です。その後、社内食堂で夕飯を済ませ、家に帰るのは7時過ぎ。そこから、ネットのニュースを見たりメールをチェックして、入浴を済ませたらもう夜9時を回っています。翌日も早朝から仕事なので、もう寝なくてはなりません。平日はブログ更新もままならないので、更新はたいてい休日です。その休日も、ブログ取材を兼ねて、集会やらデモにも自分の方から出来るだけ参加するように心がけています。そんな中で、婚活に割ける時間やエネルギーは、そんなに多くはありません。
 それなら一層の事、少なくとも今の会社を退職するまでは、無理に婚活なぞせずに、自分のやりたい事にエネルギーを注いだらどうか。退職して時間の余裕が出来てから、婚活を再開すれば良い。それで、仮に出会いが無くて独身で終わっても、別に自分の人生に納得しているなら、それでも良いではないか。世の中には、自殺したり一家路頭に迷ったりする人も少なくないのに、無事に暮らせるだけでも儲け物だと思わなければ。婚活に焦って結婚詐欺に遭う位なら、まだ納得ずくの人生を送れる方が、よっぽどマシではないか・・・と、兄も言っていました。

 これで、私と親父は、再び実家で今まで通り同居する事になりました。当初は、私からのメールがよっぽどこたえたのか、親父自身も「もう元のさやに戻るのは無理だ」とメールで言っていたくせに。
 兄貴も、最初のうちこそ私に同情して、「俺も親父は余りにも頑固だと思う」「親父が余りにも頑固な為に、ウチではDVが絶えなかった」「余りにも家族喧嘩が絶えなかったので、もう喧嘩は止めてと、両親の前で俺が泣き叫んだ事もあった」と言っていたのに。やはり兄貴も、次男の私が親父と同居を続けて欲しいようです。そうしなければ、今度は長男の自分が、いよいよ親父の介護をしなければならなくなりますので。
 それに加えて、兄貴の家も、実は兄貴には所有権は無く、親父の名義になっているのだそうです。余り私に加勢し過ぎて、親父を怒らせてしまうと、下手すれば兄夫婦も親父から出て行け呼ばわりされかねないのです。それを兄貴は恐れたのでしょう。私なら、たとえそんな場合でも、地上げ屋みたいに占有権を主張して、とことん抵抗しますが。

 しかし、これでもう親父も懲りた事でしょう。余り親父風吹かせて、私に偉そうに言おうものなら、本当に私が家を飛び出してしまう事が、これでやっと分かったようです。もうこれで、私の事を「のんべんだらり」と決めつけたりはしなくなるでしょう。実際、この一件があって以来、親父の私に対する態度がガラッと変わりました。
 しかし、人間の性格は、そう簡単に変わるものではありません。いつ何時、また別の口実を付けて、親父が私にちょっかい出してくるか分かりません。ゆめゆめ警戒だけは怠らないでおこうと思っています。
 これだけを読んでいると、「高齢の親に対して何て冷淡な」と思う人も、ひょっとしたら居られるでしょう。そういう人は、実際に親父みたいな人と同居してみたら良いのです。そうなった時に、果たして同じ事が言えるかどうか?加害者は一体どちらか?年寄りや親なら、何をしても許されるのか?
 
 そして、私と親父で、仲直りの握手をした後、家族一緒で、近所の鰻(うなぎ)屋に夕食を食べに行きました。全て兄貴のおごりです。関西ではほとんど食べる機会がない、江戸前の背開きの鰻重を堪能した後、タクシーで親父を最寄り駅に送り届け、私と兄夫婦はそこから徒歩で兄貴宅に帰りました。まだ乾いていない私の洗濯物が残っていたので、後一日、私は兄貴宅に泊まる事になっていたのです。
 ところが、兄貴宅に帰り着くやいなや、私の携帯が無い事に気が付きました。私は携帯を、いつもGパンの前ポケットに入れているのですが、それが丸々無くなっている事に気づいたのです。
 私は、大慌てで、兄貴宅からタクシーを降りた所まで、捜索に出かけました。兄貴も、家族一緒に食事をした鰻屋さんに、携帯を忘れていないか電話をかけてくれました。ところが、どちらも出て来ず。
 後残るのは、タクシーの後部座席に落とした可能性です。タクシーの座席はフカフカしているので、他の席よりも身体が沈み込んでしまいます。その時に、Gパンの前ポケットから落としたかも知れないのです。それなら、タクシーの中で直ぐに見つかりそうなものです。しかし、実際にはタクシーの床やシートはクッションに覆われている為に、たとえ携帯を落としても音はほとんどしません。シートの下に潜り込んでしまったら、もうお手上げです。車庫に帰所後の点検でも、タクシードライバーが見つけるのは、ちょっと難しいかも。

 もう、その日は、携帯の販売店で利用一時停止の手続きをした後、警察に遺失物届を出しただけで終わりました。
 そして、月・火曜日と二日間様子を見て、今日水曜日の公休日に、わざわざ大阪市鶴見区のタクシー協会まで出向いて、乗車したタクシーの特定をしてもらおうとしましたが、そこでも紛失届の受理だけで終わってしまいました。その後、どこからか拾得の連絡がないか待ちましたが、どこからも連絡が入りませんでした。
 これでは、自宅パソコンのインターネット以外には、もう何も外部と連絡が取れません。最初は、公衆電話がまだある程度、撤去されずに残っているだろうとタカをくくっていたのですが、もうどこにもそんな物はありません。ここまで携帯電話に生活全体が依存していたとは、思いもしませんでした。もう、いつまでも電話無しではいられません。背に腹は代えれません。明日にでも携帯の販売店に出向いて、同じ電話番号で携帯を再購入する事にします。
 それにしても、交友関係の住所録バックアップを取っていなかったは迂闊(うかつ)でした。家族の連絡先については、きちんとバックアップを取っていたのですが。まだ職場の同僚については、職場で携帯の電話番号を聞き出す事が出来ますが、プライベートな知人関係については、相手から電話がかかって来ない限り、こちらからは連絡の取りようがありません。ひょっとしたら、親父の悪口を書き過ぎて罰が当たったのかもw。携帯紛失前に親父とのメール会話をパソコンに保存しておく事が出来たのが、せめてもの幸せですw。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

無期限スト決行中

2016年09月14日 07時30分55秒 | 当ブログと私の生い立ち
 前回記事の続きです。この記事から入られた方は、前回記事からご覧になられる事をお勧めします。まだ親父とのバトルは継続中です。この記事もネットカフェから投稿しています。

●親父→私(送信時間未表示)
Re:メールしても、時間がながくなるだけ~、親子の間で話した方が、誤解なくてよいのでは~

●9月12日(月)22:45 親父→私
Re:いつまで、こだわっているのか、~早く帰ってこい 待っているぞ

●同日(送信時間未表示、多分上記の後しばらくしてから送信したと思う) 私→親父
幾ら二人で話し合っても、また前回の繰り返しに終わるだけ。
親父が本当に反省し、二度とパワハラをしないと私に約束するまで、自宅には帰らない。
今の様子では、何がパワハラや人権侵害なのか、自分の一体どこが封建的・差別的なのかも、親父には全然理解出来ないと思うけど。

●同日(送信時間未表示) 親父→私
××(私の名前)も考えがあれば、その都度言ってくれたら良いし、ワシも考えあれば言う。
互いに、助け合っていけば~いいじゃん
何と言っても、親子二人じやん
今夜帰ってくるか~待ってるぜ

●9月13日(火)6:17 私→親父
やかましい。
今も、「話し合おう」と言いながら、いざ議論になると、こちらは具体的事例も上げて反論しているのに、そちらは「勝手に憶測するな」と一方的に終了宣言して、印象操作に逃げ込んでるだけじゃないか。
言い訳も、上辺ばかり取り繕って、既に論破済みの物を何度も繰り返すばかりで。
そんな話し合いなら何度しても無駄だ。
もう「歳相応」と言う言い方で、自分の封建的な価値観や生き方を一方的に息子に押し付けたり、パワハラまがいの恫喝で息子の人権を踏みにじったりしないと、口約束なんかではなくメールの文章できちんと確約しない限り、一切家には帰らない。

●同日8:08 親父→私
Re:××(私の名前)の考え方、生き方も、色々あらう~
今後互いに、尊重して、助け合って生きて行こう

●同日20:24 私→親父
(長文になるので数回に分けて送信する)
何が「60近くにもなって」か?何が「歳相応」か?「所帯持ち」がそんなに偉いのか?
昨日、所長からサブリーダーに昇格の内示があった。雇用形態は依然として非正規のままだが、ホンの少し(20円)だけ時給が上がる。プレゼンで発表した業務改善の実践が評価されての事だ。
たったこれだけの昇給でも、きちんと評価されたら嬉しい物だ。
ところが親父と来たらどうだ。「何だこんな物」と貶(けな)すばかりで、「60近くにもなって未婚」としか見ない。それでよく「俺は差別者なんかじゃない」と臆面もなく言えるな。それだけでも立派な「差別者」じゃないか。

そもそも、「歳相応」の「相応」の基準は何か?昔は定年間際の昇格なんて考えられなかったよな。その一点だけで見ても、「相応」の基準なんて、時代によって幾らでも変わるんだよ。
それを折角、天皇主権で帝国主義の戦前と、曲がりなりにも民主主義で平和主義の戦後との対比で、分かりやすく説明してやったのに。まだ、そんな事言っているのか。(続く)

●同上 私→親父
(前の続き)
結婚の件でもそうだ。
総務省の労働力調査による最近のデータでは、未婚率も雇用形態で大きく異なる。正社員では3割の未婚率も、非正規雇用全体では7割、中高年だけに限っても6割が未婚だ。
その主な原因は非正規雇用の不安定な低収入にあるが、それだけではない。同じ非正規でも直雇用と派遣・請負・下請け等に分かれ、それぞれ仕事も勤務場所も勤務時間も休日もバラバラで、仲の良い友達同士以外は互いの名前も分からないのでは、従業員同士の交流なんて生まれようもないじゃないか。
それを親父は、「学校の勉強サボったから赤点取ってしまった」程度にしか理解できず、個人の能力だけではどうにもならない部分にまで、個人の自己責任だけに問題を矮小化(わいしょうか)し、時代遅れの「歳相応」基準から外れるからという理由だけで、俺の事を「のんべんだらり」と決め付けたのだ。
そして、努力している部分にまで、「たったそれだけしかお前には自慢出来る物は無いのか」と決め付けたのだ。俺の他の仕事ぶりや職場の状況も知らないで。
これが「決め付け」でなくて一体何なのか?これが「差別」でなくて一体何なのか?誰が「何でも社会や政治の所為にした」?社会や政治とは無関係に個人として努力している部分にまでケチ付けておいて。よくもそんな厚顔無恥な事が言えるな。(続く)

※注:
 上記の「総務省」云々のくだりは、あくまでもネット記事からの引用です。孫引きだけでは何なので、念のために、私の方でも総務省のHPに当該データがあるか確認しましたが、探し出す事が出来ませんでした。しかし、内閣府HPの「平成26年版男女共同参画白書」のページに、同種のデータが掲載されていましたので、そちらを参考資料として記事冒頭に掲げておきます。

●同上 私→親父
(前の続き)
「親をアンタ呼ばわりするな」だと?自分の時代遅れで封建的な「歳相応」基準だけで一方的に決め付けて、息子の人権を踏みにじり差別するような「毒親」は、「オマエ、アンタ」呼ばわりされて当然じゃないか。
今はもう、士農工商エタ非人の江戸時代や、天皇陛下万歳で女性や子供の人権も認められなかった戦前とは違うのだ。
そんなに「アンタ」呼ばわりされるのが嫌なら、偉そうに親の権力を振りかざすより先に、そうされないように努力するのが筋だろう。(続く。次の段落で終わる)

●同上 私→親父
(前の続き)
「それぞれ生き方、考え方の違いもあろう。今後はお互い尊重し助け合って」だと?今まで散々、人を差別しておきながら、今頃になって、そんな都合の良い綺麗事(きれいごと)で誤魔化そうとしても無駄だ。
それより前に、既にメールで送信済の俺の次の質問に、きちんと文書(メール)で答えろ。
①親父の「歳相応」基準に見られる様な、封建的、差別的で時代遅れな価値観や生き方を、もう二度と俺に強要しないか?
②パワハラまがいの恫喝・暴言を吐いて、俺の人権を踏みにじったり、もう二度としないか?
もはや「結婚の是非」なんてどうでも良い。結婚したければすれば良いし、したくなければしなければ良いだけだ。問題はそんな所にあるのではない。「早く結婚するに越した事は無い」なんて口では言いながら、実際には家庭の中でパワハラし放題の、親父の存在そのものが問われているのだ。
家に帰るかどうかは、その返答を見て判断する。
但し、たとえ家に帰ったとしても、はっきり言って、今はもう親父、アンタの顔も見たくない位なのだ。少なくとも数日間は、最低限の実務連絡以外は俺に話し掛けないでくれ。やれ「飯は家で食え」とか「メールしろ」とか、細々とした事まで一々俺に指図しないでくれ。
他人が買い物するのではない。親父が買い物するのだ。今はもう少量パックの食材も幾らでも販売している。その気になれば幾らでも計画的に購入できる筈だ。(終わり)
(追記)
予想以上に遅くなってしまったので、どちらにしても今夜はもうどこかサウナかビジネスにでも泊まる。

●同日 親父→私
Re:
サブリダの発令良かったね
今日昨日のメール見た。
残念だが、一緒に住むのが、どうもムリな様に思う
これから先のこと~何かと相談したいと、思う

●9月14日(水)1:25 私→親父
どの道、今後の事は相談して決めなければならないと思う。
しかし、俺はもうアンタの顔も見たくないと言ったのだ。それに、二人だけであれこれ決めても、また親父の心変わりの所為で話をコロコロ変えられたのでは堪らない。
ここは兄夫婦にも証人&調停役として参加して貰う。この間やり取りしたメールの文章も、討議資料として相談(調停)の場に配布させて貰う。もはや、事態をここまでこじらせておきながら、まだ「世間体がどうの」とか「臭い物に蓋」等の「甘え」が通用するとは、親父もよもや思っていないだろう。
その条件でなら、兄の家で今後の事を話し合っても良い。元はと言えば、今回の件も全て親父に原因があるのだから、親父から兄貴に話をして日程調整するのが筋だろう。

●同日7:06 親父→私
Re:
もう、もとにもどる話にはならんだろう。
みんな寄って決めたら良いのかな。
わしから△△(兄の名前)に話す。

(追記)
職場読者の皆様へ
上記の親父とのメール会話の中で、私のサブリーダー昇格の話が出て来ますが、この話については、決して読者(後述)以外には口外しないようにお願いします。まだ、あくまでも内示だからという事で、所長からも口外しないように、釘を刺されていますので。ちなみに、今の職場の読者は、杉本さん、小杉君、戸塚君、武内さん、庄内さん、岩本さんの6名です。(いずれも仮名だが、分かる人には分かるw)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

親父バトル再燃 遂に無期限スト突入!

2016年09月12日 22時05分38秒 | 当ブログと私の生い立ち
 このブログも、この8月30日に開設10周年を迎えたので、記念記事の下書きに取り掛かっていたのですが、それは後回しにします。実は、また親父とのバトルが再燃し、遂にプチ家出に踏み切りました。いわば抗議の無期限ストライキに突入です。この記事もネットカフェから投稿しています。今回も、親父とのやり取りをメールに残していますので、まずはそこから引用します。

 その前に、バトル再燃までの経緯をまず説明しておきます。
 昨夜は、親父から「自分の大学同窓会が同窓生とその子息を対象に婚活サークルを運営しているので、お前の名前も申し込んでおくが良いか?」と私に聞いてきたので、私は「別にそれで良いよ」と言って寝ました。
 そして、私はいつも仕事柄朝が早いので、翌日の今日も早朝4時半に起きて1階に降りて来たら、何と親父が応接間で、電気をつけっ放したままソファーに座り込んでいました。そこで私が、洗面所で顔を洗いながら、「何だ、親父、寝ていなかったのか?」と聞いたら、やにわに親父が近づいて来て、「もうSさんと結婚したらどうか?」と、いきなりそんな事を言って来たのです。
 Sさんと言うのは、近所に住んでいる、目の不自由な独身女性の整体士です。年齢は私より少し下ぐらいだったと思います。親父や亡きお袋はSさんとも付き合いがあった様ですが、私は今まで一度もその方と喋った事はありません。そんな、ほとんど一面識もない方と「もう結婚したらどうや?」なんて言われても、びっくりするだけじゃないですか。そこで、私がいぶかしく思いながら、何気なく「何故そこまで結婚に拘(こだわ)るのか?」と聞いた途端に、また親父のヒステリーが始まったのです。
 「アホウ!お前、自分はもう歳いくつになったと思っているのか?60歳近くにもなって、まだそんな『のんべんだらり』とした事を言っているのか!」と言ってきたので、私も、「またその『のんべんだらり』かよ」と思いながら、「いくら所帯持っていても、精神年齢がガキで仕事も出来ない奴だって、いくらでもいるじゃないか。そんなに所帯持ちが偉いのかよ!」と言い返したら、「そんな問題じゃないだろう!」と、また喚きだして。
 もう出勤時間が迫っていましたので、その場ではそれ以上深追いせずに、通勤の始発電車の中で、下記のメールを親父に送りつけてやりました。(以下、文章はそのまま引用しますが、読みやすくする為に改行を施しました。また、メールの合間に必要に応じて、私のコメントや補足説明を入れました)

●9月12日(月)5:23 私→親父

何故息子の結婚にばかり拘るのか?結局は親の見栄じゃないか。
本当に息子の事を思うなら、独身だからとか貧乏だからと言った理由で、息子個人を詰(なじ)ったり見下したりはしない。
それを見下すと言う事は、自分の世間体ばかり気にしているからだ。だから、息子を自分の所有物と見なして、自分の思い通りにならないからと言って、息子に八つ当たりするのだ。
たまたま観たテレビ番組で、そんな自分本位の親の特集をやっていたけど、その特徴10箇条に親父は全部見事に当てはまる。
やっぱり、世間体(外見)や地位や財産の有無で人間を見下し差別しているじゃないか。だから親父は封建的だと言うのだ。
幾ら親子でも、そんな人権蹂躙(じゅうりん)は許されない。

その後、兄貴にも下記のメールを送りました。

●同日5:49 私→兄貴
今朝4時半に起きたら、親父がまだ寝ず昨夜と同じ様に1階の応接間に座っていた。
「何故寝ないのか?」と聞いたら、また昨夜みたいに結婚の事ばかりあれこれ詮索してきた。
それで「何故そんなに結婚の事ばかりあれこれ拘るのか?」と聞いた途端に、「お前、もう歳幾つになると思っているのか!」と急に怒り出した。
そこで俺も、そんな事で一々親父に気を使わなければならないのでは堪らないので、先程、通勤車内から下記の写真とメールを親父に送り付けてやった。
もう鬱陶(うっとう)しいので今日は家に帰らないかも知れない。兄貴からも親父を説得して欲しい。
(以下、上記と同じメール文と添付写真を付記)

●同日7:19 親父→私
Re:そんなメール送る時間はロス

●私→親父(もう仕事中だったが、余りにもウザイので間髪入れず返信)
だったら、そんな無駄な言いがかりを付けて来るな。

●親父→私(送信時間未表示。昼休みの時間帯には表示されていた)
Re:ばかたれ

●同日12:56(昼休み中) 私→親父
もうこれ以上、あんたのパワハラに耐えるつもりはない。
あんたの封建的、差別的な考え方や態度が改まらない限り、今日から当分家には帰らない。9月22日の墓参りにも参加しない。あんたの大学同窓会主宰の婚活サークルの会費も払わない。

●同日16:28 親父→私
Re:
・おやじに、「あんた」は、ない。
・結婚するなら、早い方が良いと思っているだけ、~結婚しない考えなら、その様になぜ言わぬ
・××(私の名前)を見下しているつもりは毛頭ない~独断で物事を判断するな
・世間体を気にしているつもりは毛頭ない~勝手に憶測するな
・思い通りにしたい→××の考えをなぜ言わぬ~人を物となぞ思っていない
・見下げている~被害者意識も、いい加減にしろ
・地位財産で人を差別~何を独断で、決め付けて、言っているのか~いい加減にしろ、そんな幼稚な考えは毛頭ない
以上で、オヤジの考えを言ったつもりだが、もの足りなかったら、言ってくれ~

(私のコメント)
 ほらほら、また言い訳に回り始めました。

>結婚するなら、早い方が良いと思っているだけ、~結婚しない考えなら、その様になぜ言わぬ

 それだけなら、ここまで揉めたりはしません。今はもう「結婚の是非」が問題ではありません。「結婚至上主義」の己の価値観を、自分以外の人間にも強要するのは、もはや立派な人権侵害だと言う事を、親父が全く理解できないのが問題なのです。

>××(私の名前)を見下しているつもりは毛頭ない
>世間体を気にしているつもりは毛頭ない
>思い通りにしたい→××の考えをなぜ言わぬ~人を物となぞ思っていない
>地位財産で人を差別

 全部その通りじゃないですか。これがその「論より証拠」です。(以下、以前の記事から引用)

(「象牙の印鑑を持てと言ったのは縁起物だから、名刺を持てと言ったのも営業に回れば必需品だから」と言い訳したのに対して)
 物流の現場で働いている中高年の非正規社員が今さら営業職に配置転換される可能性なんて、誰が考えてもありえないじゃないですか。仮にそうなったとしても、わざわざ自分で名刺なぞ用意しなくても会社の方で作ってくれます。もし自営業に転職するようになって自分で印鑑や名刺を用意しなければならなくなったとしても、そんな物、後で幾らでも用意できます。まだ、その予定もないうちから、そんな細かな事まで、なぜ親父に指図されなければならないのか?「今は象牙の捕獲が禁止されているので、時代遅れな物言いである事は承知している」なら、わざわざ、そんな意味もない事を言う必要はありません。
 実際は、印鑑や名刺で外見を取り繕いたいだけなのです。「親の見栄」以外の何物でもありません。本当に息子の事を思うなら、たとえ息子が印鑑や名刺を持っていなくても、それで引け目に感じる事なぞありえません。ところが、そこに引け目を感じるのは、裏返せば、その事で私や他の非正規労働者の事を見下している、差別しているからに他なりません。そこをメールで私から突かれたので、こんな取って付けたような見苦しい言い訳を始めたのです。

 次の「外見や地位や財産の有無で人を差別した覚えはない」と言うのも嘘です。その証拠に、「(業務改善のプレゼン表彰に対して)たったそれだけしかお前には自慢する物がないのか」「(私の給与明細を見て)たったそれだけしか給料貰っていないのか?」という形で、私や他の労働者の事を実際に差別しているじゃないですか。
 本当に「他の先進国と比べて日本の最低賃金が低過ぎる事も知っているし、問題だと思っている」なら、なぜ、今までそんな政治しかして来なかった自民党や、その自民党・安倍政権と似たり寄ったりの準与党「維新の党」をずっと支持してきたのか?体制べったりの物の見方や発言しかできないのか?言っている事が矛盾だらけです。
 それは「年相応」という言葉に最もはっきりと表れています。「もう30歳を過ぎたら、独立・結婚して所帯を持って、子供ももうけて社内で出世して」という、自分中心の保守的な物の見方しかできず、その封建的な価値観や生き方を一方的に私に押し付けているだけなのです。そして、それを「親子の情」という「お為ごかし」な表現で取り繕っているだけなのです。少子高齢化や格差社会の拡大によって、そんな昔の総中流時代のモデルなぞ、とっくに崩壊してしまっているのに。

 この他にも一杯証拠があります。
 例えば、別に私の方から怒鳴ったり喚いたりした事は一度も無く、別に防音性皆無の仮設住宅に住んでいる訳でも無いのに、応接間で話し合いをするたびに「隣近所に聞かれたら世間体が拙いので窓を閉めろ」と、やたら世間体ばかり気にして。本当に自分が正しいと思い、正々堂々と議論しようとする気があるなら、別に少しぐらい近所にもれ聞こえたって一向に構わないはずです。そんなに近所迷惑が気になるなら、親父も怒鳴ったりせずに落ち着いて議論すれば良いのです。ところが実際は、窓を閉め倒して、密室で隠れてこそこそ暴言。「近所迷惑」との言い訳は、それを誤魔化す為の口実にしか過ぎません。
 親父の言い訳は、まるで、従軍慰安婦問題や集団的自衛権、核武装についての安倍政権の言い訳にそっくりです。仲間内の集まりでは、「従軍慰安婦なんてただの商売女だ」とか、「核武装も憲法違反ではない」と言いながら、野党や外国の前では「戦争で女性の人権が侵害された悲劇を21世紀に持ち越さない」「非核三原則や憲法の平和主義は変えない」と、いかにもしおらしく装って、その場しのぎの嘘で誤魔化す、醜い言い訳そのもので。

 それで、散々パワハラで自分以外の意見を押しつぶしておきながら、「何故そのように言わぬ」「勝手に決め付けるな」とは(呆)。「被害者意識もいい加減にしろ」とは、むしろ私が親父に言い返すべき言葉です。

●私→親父(16時半過ぎの小休止の時間に送信、但し送信時間は未表示)
「別に独身に固執する気もないが、さりとて急いで無理に結婚する気もない。相手が見つからないなら別に独身でも構わない」と、今まで折に触れて言って来た。
それを、こちらの説明も終わらないうちから、頭ごなしに決め付けて、上から目線でどなり散らしてきた癖に。今頃になって「何故それを先に言わない」なんて言われても通らない。そんな状況の中で話し合いなんか出来るか。
今朝のSさん(メールでは実名)の娘さんの件も、付き合う前から「もうSさんと結婚してはどうか?」なんて言って。相手に対しても失礼だと思わないのか。まるで(最初の安倍内閣の時の)柳沢元大臣みたいに、女性を「産む機械」みたいに見なして。だから封建的だと言われるのだ。
いつも自分から先に嫌がらせみたいな事ばかり言っておきながら、今になって被害者面(づら)するな。

●親父→私(送信時間未表示)
Re:メールしても、時間がながくなるだけ~、親子の間で話した方が、誤解なくてよいのでは~

(私のコメント)
 誰がもう親父なんかと二人で話すものですか。以前にもそうやって話し合って、親父もある程度、表面的には反省した素振りを見せながらも、結局、本性は全然変わらなかったじゃないですか。
 そんな事しても、またぞろ破綻済みの言い訳で、上辺だけ取り繕うとするだけです。
 今度話す時は、そんな安倍流の「ゴマカシ話法」なんかじゃなく、兄夫婦や妹夫婦も同席の上で、「言った言わぬ」の水掛け論でウヤムヤにされないように、このメールのコピーも証拠物件として配布した上で、今までの親父の行状を全て提示して、とことん白黒決着付けるまでやらなければ意味がありません。もはや、親だから年寄りだからと言って大目に見る事は出来ません。人権侵害の糾弾に、親も年寄りもありません。

・・・という訳で、当分家には帰りません。数日はネットカフェやカプセルホテル、外国人観光客向けの民泊ホテルに泊まりながら、数日経っても親父の態度が改まらないようなら、次は家具家電付きの家賃日払いアパートに引越し、やがてURの旧公団住宅をまた借りるつもりです。既に、勤務先の所長にも、私の家庭事情や親父とのトラブルの経緯について、かいつまんで話し、当面は仮住まいを続けざるを得ない事や、格安の賃貸物件があれば紹介して欲しい旨のお願いをしています。この際、もはや選り好みなぞしていられません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なにわB級グルメ探訪もただの懐古趣味で終わらせてはならない。

2016年09月08日 02時36分31秒 | なにわB級グルメ探訪

 公休日に所用で大阪市内まで。ランチは西成・天下茶屋の下町洋食・とたん屋のサービスランチで。他の客はほとんどこれより少し大振りのメガ盛りオンザライスを注文していたが、このサービスランチも割とボリュームが。
 この下町洋食店はご飯の量が多い事で有名で、「ガツ飯系」雑誌にもよく取り上げられている。ハンバーグ、トンカツ、エビフライにパスタやサラダ、スープまで付いて850円。これは結構お得。


 夕食は難波千日前の食堂しみずでお袋の味を堪能。チェーン店よりも割高な難点も、おかずの選択を工夫する事で何とか切り抜ける事が出来た。
 大衆食堂では自由におかずを選べるが、見栄えの良いおかずは大抵値段が張る。下手すれば直ぐ千円以上になってしまう。それを防ぐには、造り等の高価なおかずを避け、卵焼きや冷奴、じゃこ卸し、納豆、味噌汁等の、比較的安価なおかずや、焼き飯や丼物中心に注文すれば良い。
 今日のメニューでも、これだけ注文しても、たった750円。脂の乗った秋刀魚にボリュームたっぷりの冷奴、じゅん菜入りの味噌汁も、チェーン店では絶対に味わえない。

 下町洋食の流れを継ぐ「とたん屋」も、大衆食堂の雰囲気を残す「食堂しみず」も、残念ながら今のご時世では次第に淘汰されゆく運命にある。幾ら「庶民の味だ」「健康志向だ」と言っても、やっぱり1円でも安い店に客は流れる。そういう廉価販売が出来るのは、資本力や宣伝力にたけた大手のチェーン店に限られる。
 そういう大手チェーン店は、得てして原材料費の無理な切り詰めや、生産者への買い叩き、従業員を酷使したりしているものだが、そういう「影の部分」は客にはなかなか見えない。過労死や食中毒事件が起こってから、ようやく問題が明るみに出るが、それも、ほとぼりが冷めればまた元の木阿弥だ。
 私のように「昔ながらの庶民の味」を求める人も確かに一定いるが、それ以上に「安けりゃあ何でも良い」という人の方が多い。それに、たとえ今は「昔ながらの味が良い」と言っていても、今より更に生活が切羽詰まって来ると、人間どうしても「安けりゃあ何でも良い」という方に流れてしまいがちだ。「悪貨は良貨を駆逐する」のたとえ通り。
 それでも、繁華街の難波にあって吉本帰りの客や外国人観光客も来る「食堂しみず」は、まだ経営を続けていける可能性があるが、下町・天下茶屋の地元客が中心の「とたん屋」は、今後更に経営が厳しくなるだろう。

 この流れを変えるには、経営者の個人的努力だけでは、もうどうにもならない。まず、私たち消費者自身が、「安けりゃあ何でも良い」という発想から抜け出さなければならないし、国や自治体も、消費者・国民の生活支援や格差是正に、もっと本腰を入れなければならない。
 ところが、国のやっている事はどうだ。アベノミクスと称して、株価対策にばかり力を入れ、日銀債券や年金資金を投入してまで株価を買い支えて来た。これらの原資は全て国民の税金だ。株なんて買えるのは、経営者や大企業に勤める正社員だけだ。その一方で、労働者の実質賃金は低下の一途をたどっている。社会保障費は年々値上がりするが、肝心の給付は切り下げられる一方だ。年金なんて、その最たる物だろう。株価バブルで有効求人倍率は上がったが、求人内容は非正規の低賃金雇用かブラック企業の名ばかり正社員求人ばかり。何の事は無い。国民から搾取した税金で、大企業の経営を買い支えているのだ。これでは、「タコが自分の足を食う」ような形で、その場しのぎの対策でお茶を濁しているだけじゃないか。
 そして、グローバル化(国際化)やEPAと称して、海外から出稼ぎ目的の外国人を、留学生や技能実習生と偽って雇い入れ、安い賃金で違法に長時間こき使ったり、TPPと称して、海外から農薬まみれの農産物や粗悪品の医療薬をどんどん輸入して、国内産業を衰退させ産業空洞化を推し進め、「安かろう悪かろう」を更に推し広げるような事ばかりしている。これでは、ブラック企業の「すき家」や「ワタミ」の様な「悪徳」大手チェーンばかりが栄え、「とたん屋」や「食堂しみず」の様な「良心的」個人経営のお店は、ますます寂れる一方だ。
 その現実から目を背けて、選挙で与党の自民・公明や準与党の維新に投票したり棄権したりしながら、テレビの安上がりなB級グルメ番組で自分を慰め誤魔化し、「昔は良かった」「和食が一番」等とほざく「偽善者」や「ニセ愛国者」の何と多い事か。「三丁目の夕日」を懐かしんでいる暇があるなら、それをぶち壊す政治に早くストップをかけろ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロレタリアト雌伏の時

2016年09月04日 21時45分41秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ


 しばらくしていなかった競馬を、またボチボチやり始めました。再開早々、先々週の札幌記念と先週のキーンランドカップを的中させ、幸先の良いスタートとなりました。今週も普通なら新潟記念(GⅢ)の馬券を買う所ですが、今回は私が密かに期待している「ある馬」が、遂に日曜メーンレースに出走して来ると聞き、重賞は見送り、オープン特別・丹頂ステークスの馬券を買う事にしました。
 労働者階級を意味するプロレタリアートに由来するプロレタリアト(牝5歳・小島厩舎所属)こそが、「ある馬」です。中山準メーンのグッドラックハンデを初め、準オープンの活躍で穴党の注目を集める様になった馬です。今回の丹頂ステークスも、小回り平坦コースの札幌競馬場で開催されるレースで、どちらかと言えば、コーナーを先行する逃げ馬の方が有利とされます。追い込み一辺倒のプロレタリアトにとっては、決して得意なレースではありません。それでも、最初の格上挑戦レースとなった前走の札幌日経オープンも、着順こそ8着だったものの、勝ち馬に4馬身差余りにまで迫りました。元々、どのレースでも大抵最速の上り時計をマークするほど、勝負根性のある馬です。それに加え、今回は50キロの軽量ハンデしか課されていません。「馬名の良さ」もさる事ながら、この地力をもってすれば、たとえ格上挑戦のオープン特別でも、何とかなるのではないかと思い、3着狙いで買ってみる事にしました。
 結果は、やはりヤマカツライデンの逃げ切り勝ちに終わりました。2着にも終始2番手につけたタマモベストプレイが入り、典型的な前残り決着となりました。プロレタリアトは、4コーナー付近で若干追い上げたものの、最終的に7着に留まりました。やはりオープン特別の壁は厚かったようです。何とか、秋のエリザベス女王杯(GⅠ)に出走して、出来れば勝って欲しいものです。世の労働者階級を励ます意味でも。



 こんな事を書くと、今のご時世「競馬にまで政治の話を持ち込むな」と言われるかも知れません。しかし、私に言わせれば、政治も普段の生活の延長でしかありません。「もっと給料上げてくれ」「もっと労働条件を良くしてくれ」と要求するのも、既に立派な政治的行為です。それを橋下徹みたいに、あたかも選挙で当選した政治家だけに許される特権のように捉え、「一般庶民には縁遠い」という風潮がはびこってしまったら、有権者としての権利を放棄する事にもなりかねません。
 それに、スポーツも決して政治と無縁ではありません。それが証拠に、本来は「平和の祭典」として祝われるべきオリンピックも、現実には政治宣伝の場として散々利用されてきました。ベルリン五輪をナチス宣伝に利用したヒトラー然り、わざわざリオまで出かけて行って醜いパフォーマンスに明け暮れた安倍晋三然りで。その一方で、それに抗い、外国人選手への人種差別に抗議するサポーターの運動や、メダルをはく奪されてもベトナム戦争への従軍を拒否して黒人としての誇りを貫いたモハメド・アリ、ソ連のチェコ侵略に抗議の声を上げ続けた体操選手チャスラフスカの例もあります。その中で、ヒトラーもモハメド・アリも、味噌もクソも一緒くたにして、訳知り顔で「スポーツに政治を持ち込むな」と言う事で、一番得をするのは誰なのか?
 私が競馬でプロレタリアトを応援するのも、ただのゲン担ぎです。それを他人にまで強制するつもりは毛頭ありません。その反対に、ちょっと競馬でゲン担ぎをした位で、一々「政治の話を持ち込むな」と言われるのも、私にとっては心外です。政治も生活の一部であり、政治を身近なものにする為には、むしろ普段の日常生活も、もっと政治と関連付けて捉える位でないとダメだと思います。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

本土の商業メディアが黙殺する沖縄現地からの報道

2016年08月31日 21時57分12秒 | 辺野古・普天間・米軍再編
 前回記事でも取り上げた沖縄の基地問題ですが、最近は本土の商業メディアは、ほとんど報じようとしません。たまに報じても、読売・産経のように、警察・公安情報の請け売りや、官邸・自民党筋からの単に反対運動の揚げ足取りとしか思えないような記事ばかりで。それは、読売・産経のような御用メディアだけでなく、朝日・毎日のような、今までどちらかと言うと左派・リベラル系と目されてきたメディアも同様です。その結果、どの新聞・テレビを見ても、同じような当たり障りのないニュースや、どうでもよい三面記事ばかりが目に付くようになってしまいました。これでは、新聞の購読部数やテレビの視聴率が年々低下するのも当然です。選挙の投票率が低下するのも当然です。そこまでしてまで、よっぽど安倍政権の目が怖いのでしょうか。それでは、もはや政府広報や昔の大本営発表と同じです。そこにはジャーナリズム精神のかけらもありません。
 その中で、地元・沖縄の地方紙や一部の本土地方紙、共産党機関紙の赤旗など、一部の限られたメディアだけが、今も沖縄のニュースを細かく伝えてくれています。そのニュースの中から一部を紹介します。

以下、地元紙「琉球新報」の記事より

高江の警備「過剰」 翁長知事、抗議排除を批判 2016年8月26日 05:02

 翁長雄志知事は25日、県庁で定例記者会見を開いた。米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)工事の現場で市民と機動隊のもみ合いが続いている状況について「機動隊を500人とも800人ともいわれる形で動員すれば、過剰警備であることは間違いない」と指摘した。県外の機動隊員が、翁長知事が任命権を持つ県公安委員会の要請で派遣されている点について「その意味では大変忸怩(じくじ)たるものがある」と述べた。
 政府が参院選の翌朝に移設工事を再開したことにも触れ「(国は)県民に寄り添い、しっかり話し合いをする姿勢とはほど遠い」と政府姿勢を批判した。
 機動隊派遣を巡る県公安委員会の判断に関連しては「公安委員会の在り方は公正公平、独立性も含めて中立の要素を持っていると認識している」とも述べた。
 ヘリパッド建設に伴う森林伐採や赤土流出防止については「森林伐採や赤土の問題などは法律条例の問題にも関わってくる。法治国家なのだからしっかり対応してほしい」と国に注文した。その上で「県はオスプレイの配備撤回も求めている。これも丁寧な説明がなければ、信頼関係という意味ではおかしいのではないか」と語り、改めてオスプレイの配備撤回を求めた。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-344510.html

強固「金網の壁」設置 ダンプ10台で砂利搬送も 北部訓練場ヘリパッド工事 2016年8月27日 12:30

 【ヘリパッド取材班】東村から国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡って、通称「N1裏」から100メートルほど離れた所に25日に設置された金網を、ヘリパッド建設に反対する市民らが26日午前に一部撤去した。防衛局は同日午後、同じ場所へ金網をさらに強化して再設置した。金網は4~5メートルの木の板で内側から覆われ、有刺鉄線を張り巡らせるなど、厳重な壁のようになっている。
 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「あまりにも厳重なゲートができており、常識では考えられないことが起きるのでは」と国側のさらなる強硬な動きを警戒した。
 沖縄防衛局は26日午前、新たなヘリパッド建設地の一つであるN1地区ゲートにダンプカー約10台分の砂利を搬入した。市民らは同日早朝、建設作業に携わる作業員の車両を約2時間止め、進入を遅らせた。
 さらに東村高江から国頭村安波にまたがる県道70号の複数箇所で工事車両が通れないよう市民らが車を道路に止める行動を展開した。機動隊員らが市民らの車を移動させ、工事車両の通行路を確保した。
 抗議中の女性(39)=うるま市=が投げた小石が警察車両に当たり、警察が事情を聴くため女性を近くの交番へ移動させた。午後には解放された。女性は取材に、道路脇の雑木林の方向へ投げたら警察車両に当たったとして意図的ではなかったと主張した。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-345445.html

72歳女性頭打ち搬送 高江、公務執行妨害疑いで男性逮捕 2016年8月24日 13:29

 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設工事で24日、建設に反対する市民らの抗議行動中に1人が逮捕され、1人がけがをした。
 名護署によると24日午前6時50分ごろ、東村高江の県道70号で警備中の警察官の腹部を蹴ったとして男性を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。男性は建設工事の作業員が乗った車両に対する抗議行動中に逮捕された。現場では「蹴っていない」などとして不当逮捕を主張した。
 けがをした女性(72)は午前10時すぎ、N1ゲートとメインゲートの間で、砂利を搬入するダンプカーに抗議している最中、警察とのもみ合い中にあおむけに倒れた。プラカードを掲げていたため、倒れた時、地面に後頭部を強く打ち付け出血した。午前10時40分ごろ、救急車で病院に搬送され、治療を受けた。
 女性によると、抗議行動中、警察が女性の前で抗議していた男性を押したため、後方にいた女性も男性に押される形で倒れたという。
 沖縄防衛局はこの日、10時5分から10時28分の間にダンプカー10台で砂利をN1ゲートに搬入した。23日と異なり、東村方面から国頭村方面に向ける南側のコースで運ばれた。市民らは約60人で抗議したが、警察に囲い込まれ動きを封じられた。【琉球新報電子版】

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-343437.html

以下、地元紙「沖縄タイムス」の記事より

米軍ヘリパッド工事に自衛隊ヘリ投入を検討 村道使用拒否で沖縄防衛局 2016年8月28日 09:47

 沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド建設で、沖縄防衛局が機材搬入のために自衛隊ヘリコプターの使用を検討していることが分かった。27日、複数の防衛省関係者が明らかにした。市民らの反発に加え、東村の伊集盛久村長がH、G地区につながる村道の工事車両の通過を拒否しているため工事の大幅な遅れが避けられず、早急に進めるために機材空輸の検討に入った。(政経部・大野亨恭)
 ただ、米軍が管理する施設内での飛行は日米合同委員会合意が必要。さらに、ただでさえ反対意見が強い工事に自衛隊ヘリを投入すれば住民のさらなる反発は必至で、防衛省関係者は「自衛隊機使用のハードルは高い」との認識を示した。
 工事関係者によると、使用を検討しているのは自衛隊のCH47輸送ヘリ。ショベルカーなどの重い機材をCH47で空輸し、小型クレーンなどの軽めの機材を民間のヘリで運ぶことを検討している。
 防衛省筋によると、空輸は工事着工前に一時検討したものの、重い機材をつり下げて輸送できる民間の機材が国内に数機しかなく、賃料も高額なため見送る方針が固まった。
 だが、伊集村長がH、G地区への村道使用に反対したことで防衛局は機材搬入ルートの見直しを迫られ、N1地区表の通行路(通称・Fルート)から新たなルート建設を検討したが相当の時間を要するため空輸の再検討に入った。
 本紙が入手した防衛局が県へ今年7月に提出した環境影響評価検討図書では、来年1月までに全工事を完了させるため、必要に応じてヘリを使用すると明記。具体的には「工事の初期段階」でG地区に2回、H地区近くの作業ヤードに18回の合計20回程度の使用を予定するとしている。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/59455

警察官が抗議する市民に「ばか」「気持ち悪い」 沖縄・名護署 2016年8月25日 09:26

 24日午前、沖縄県東村高江周辺のヘリパッド建設に反対する男性の逮捕を受け、名護署前で抗議する市民2人に対して、男性警察官2人が別々に「ばか」「気持ち悪い」と発言した。警官による言葉や物理的な暴力の訴えが増えている。
 警官1人は名護署の敷地内に入った50代女性を排除。記者の前で女性が「恥ちらー(恥知らず)」、警官が「ばか」と3回ののしり合った。
 もう1人の警官は顔をスマートフォンで撮影しようとした40代女性に対して「触らんで、気持ち悪いから」と言う場面が動画で録画された。
 40代女性は高江での抗議行動の最中、警官に「ばばあ」と言われたことがあるという。「暴力があっても証拠さえ残らなければ許されるという土壌が警察の中にあるのではないか」と語った。
 50代女性も高江で路上に倒され、膝で押さえ付けてきた警官に「おまえなんか殴る価値がない」と言われたと訴える。「県警は辺野古で暴力に慣れてしまっている。最初はおとなしかった他府県の機動隊もそれを見て徐々に暴力的になっている」と危惧した。
 警官ともみ合いになった末のけがが増えているほか、10日には20代女性のTシャツが警官によって破られたこともあった。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/59026

車いす87歳女性「傷深く、肉見えた」 高江の強制排除で5針縫うけが 2016年8月23日 09:54

 沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは22日午前9時半ごろ、県道70号の高江橋に車約20台を道幅いっぱいに並べて封鎖した。機動隊が市民や車を排除し、工事用トラック10台が北部訓練場内に入った。市民らはトラックが通過するまで、約2時間にわたり機動隊のバス2台の間に押し込められた。
 市民と機動隊のもみ合いで、名護市辺野古の島袋文子さん(87)が小指を切って5針を縫うけがをし、男性(63)が機動隊員の膝で胸を押さえつけられて打撲を負った。2人は救急車で搬送された。
 市民による県道70号の封鎖は、高江橋のほかに2カ所でもあり、その都度機動隊に排除された。車はタイヤを浮かして車を移動する道具を使い、1台ずつ動かし、トラックが通る車幅を確保した。市民らは「工事強行やめろ」などと建設反対を訴えた。
 県道70号では警察による交通規制も行われた。

■「触るな!」と怒鳴られ負傷

 島袋文子さん(87)は高江橋の近くで機動隊員に右腕をつかまれ、強く振り下ろされたため、右手小指を機動隊バスのどこかに強打したと話す。「傷が深く、肉が見えた。血が止まらなかった」。右腕には機動隊員の指が残したというあざが赤黒く残った。
 島袋さんによると、機動隊バス2台の間の「監禁場所」に押し込められようとしたため、車いすに乗ったまま右手でバス後部の取っ手をつかんで抵抗していた。後ろから機動隊員に「触るな!」と怒鳴られ、けがに至った。「県外の機動隊員のようだった」という。
 利き手をけがして包丁もつえも持てず、既に生活に支障が出ている。それでも、「戦(いくさ)で左半身を焼かれても生き延びた。これくらいでひるんではいられない」と気丈に振る舞った。
 胸を打撲した男性(63)は、高江橋を封鎖する車の間でほかの市民3人と縦1列に座っていた。男性や目撃者によると、前の人の両肩を押さえていたところ、前の人を引きはがそうとした機動隊員が男性の胸に靴を置いて踏ん張った。男性の抗議を受けて膝に変えたが、男性は完全に横たわり、押え付けられた状態が2~3分続いた。
 男性の胸には夕方になっても赤い打撲痕がくっきりと残っていた。「息苦しさもあり、骨が折れたと思って救急車を呼んでもらった」と振り返り、「機動隊はずっと暴力的だったが、きょうはあまりにもひどかった」と憤った。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/58718

以下、共産党機関紙「しんぶん赤旗」の記事より

機動隊がテント内撮影 沖縄・高江 抗議する市民押しのけ 伊波参院議員が現地調査に 2016年8月31日(水)

 沖縄県東村高江の米軍北部訓練場周辺で30日、米軍ヘリパッド=オスプレイパッド(着陸帯)の建設工事が本格化することを警戒し、市民による抗議行動が続きました。沖縄防衛局は工事を急ぐため、9月以降はN1地区とH地区、G地区の工事を同時に進める方針を示しています。
 資材搬入に抗議する市民を機動隊が強制的に排除し、午前10時すぎに砂利を積んだダンプカー10台とトレーラー4台がN1地区ゲートに進入。午後2時半には「N1裏」のテントに60人以上の機動隊が押し掛けて内部をビデオカメラで撮影し、市民が「テントに入るな」と詰め寄るなど緊迫した状況になりました。
 この日、伊波洋一参院議員(無所属)が調査に訪れ、抗議行動を支援する土木建築の専門家から、工事で懸念される環境への影響について聞き取りました。
 調査を終えた伊波氏は「住民の声や自然環境への配慮を無視して工事が進められています。専門家の知見を生かして政府を追及したい」と述べました。
 29日からテントに泊まり込んでいる那覇市の下地勝博さん(69)は「重機を使って貴重な自然が破壊されている現状に怒り心頭です。工事を止めるため、座り込みを続けたい」と語りました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-31/2016083104_01_1.html

着陸帯阻止 集中行動へ 沖縄県民会議 毎水・土は高江に 2016年8月31日(水)

 沖縄県の政党や労組、市民団体でつくる「基地の県内移設に反対する県民会議」は29日、幹事会を開き、東村と国頭(くにがみ)村にまたがる米軍北部訓練場のヘリパッド(垂直離着陸機オスプレイが使用する着陸帯)建設阻止に向けた集中行動に取り組むことを決めました。
 9月から毎週水曜日と土曜日を集中行動日として、資機材の搬入口となっているN1ゲート前に集合し、抗議行動を展開します。最初の行動日は9月3日(土)です。
 県民会議は「これ以上の沖縄の基地機能強化を許さず、やんばるの自然を守り、高江地域の安心・安全な生活を取り戻すため、最後まであきらめることなく建設阻止の行動につなげていく」としています。
 現地からは「辺野古新基地建設の反対運動では、毎週水曜、木曜の集中行動で工事中止にまで追い込んだ。高江でも週2回工事を止めれば辺野古と同じ状況をつくれる」と意気込む声が上がっています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-31/2016083104_02_1.html

主張 オスプレイとF35 沖縄・本土一体の基地強化ノー 2016年8月31日(水)

 沖縄本島北部で無法な米軍基地の増強が次々と図られようとしています。北部訓練場(東村、国頭村)では、住民らが強く反対する侵攻輸送機MV22オスプレイなどのヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)建設工事の再開が強行されています。伊江島補助飛行場(伊江村)では、最新鋭ステルス戦闘機F35Bや特殊作戦機CV22オスプレイなどの訓練場の拡張工事が始まりました。名護市辺野古の米軍新基地建設や、本土の米軍基地へのF35BやCV22の配備計画に連動した動きです。深刻な基地被害を新たに強いる、沖縄と本土一体の基地機能強化は許されません。

軽減どころか大幅負担増

 機動隊を大量動員し、反対住民を強制排除して無法な工事が7月に再開された、東村高江のヘリパッド建設工事―。防衛省沖縄防衛局が工期短縮のため、環境にも配慮し1地区ずつ工事を進めるとしていた当初の計画を改変し、3地区同時に実施しようとしていることが明らかになり、沖縄では怒りの声が上がっています。北部の自然豊かな「やんばるの森」の破壊をさらに深刻にする大問題です。
 ヘリパッド建設工事は、北部訓練場の「過半」を返還する代わりに、4地区6カ所にヘリパッドを新設するという計画です(うち1地区2カ所は完成)。政府は「沖縄の基地負担の軽減」になると宣伝しています。しかし、この計画は「約51%が使用不可能な北部訓練場を日本政府に返還する一方、新たに利用可能な訓練場所を開発する」(米海兵隊太平洋基地司令部の報告書「戦略展望2025」)というのが実態です。
 海に近い地区(G地区)のヘリパッドは、完成すれば、日本政府が米軍に新たに提供した訓練水域とつながり、これまではできなかった、海兵隊による陸海空一体の上陸訓練が可能になります。
 日米両政府が辺野古に建設を狙う新基地には、海兵隊のMV22の部隊が配備され、敵地への上陸侵攻作戦で使用する強襲揚陸艦が接岸可能です。LCAC(エアクッション型上陸用舟艇)も駐機できます。北部訓練場のヘリパッド建設と辺野古の新基地建設が直結していることは明白です。
 米軍が今月、伊江島補助飛行場で、海兵隊のF35BやMV22、米空軍のCV22などの離着陸訓練を行うため、強襲揚陸艦の甲板を模した着陸帯(LHDデッキ)を2倍に拡張する工事に着手したのも重大です。横田基地(東京都)にCV22(17年から10機)、岩国基地(山口県)にF35B(17年に16機)を配備する計画に伴うものです。
 北部訓練場と新基地ばかりでなく、伊江島補助飛行場までも一体化し、海兵隊などの海外“殴り込み”訓練が実施される―。「基地負担の軽減」どころか、基地負担の大幅な増強に他なりません。

たたかいをさらに広げて

 F35Bの配備に伴い、沖縄本島中部の嘉手納基地(嘉手納町、沖縄市、北谷町)での格納庫拡張や、辺野古の新基地予定地と重なるキャンプ・シュワブ(名護市、宜野座村)など「中部訓練場」の訓練空域拡大が計画されているのも看過できません。北部訓練場のヘリパッドはCV22の使用も想定されています。
 米軍基地の強化を許さない沖縄と全国のたたかいをさらに発展させていく必要があります。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-31/2016083101_05_1.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の高江こそが明日の日本だ

2016年08月31日 13時40分53秒 | 辺野古・普天間・米軍再編


 この前の日曜日に、大阪・天満橋のエルおおさか(府立労働会館)で開かれた沖縄・高江の講演会に行ってきました。
 講演会を主催したのは、「辺野古に基地を絶対につくらせない大阪行動」という団体です。今までもJR大阪駅前などで、沖縄・辺野古への基地移設に反対してビラまきなどをやって来た団体です。この団体の事は私も今まで何度かブログなどで紹介して来ました。
 最近はマスコミもオリンピックやSMAPの解散騒動ばかり取り上げ、沖縄の事なぞほとんど取り上げないので、「今の辺野古や高江の動きを知る良い機会だ」という事で、急きょ参加する事にしたのです。
 ちょうど同団体も加入する共闘組織の結成2周年という事で、沖縄の歌を歌ったり今までの活動を振り返ったりした後、沖縄から来られた北上田毅(きたうえだ・つよし)さんの講演が行われました。
 この北上田さんというのは、沖縄の辺野古で、普天間基地の移設工事を止める為に、抗議船の船長の一人として活躍されてきた方です。「チョイさんの沖縄日記」というご自分のブログで、日々の活動を紹介しておられます。沖縄の基地反対運動にとっては、なくてはならない人のうちの一人です。



 ここで、まず高江の紹介をしておきます。沖縄本島北部の東村(ひがしそん)にある高江は、山原(やんばる)と呼ばれるジャングルに囲まれた人口150名ほどの集落です。本島南部にある県庁所在地の那覇市から来るには、自動車でも片道3時間ぐらいかかるそうです。(ちなみに沖縄では、行政区画の村も「むら」ではなく「そん」と発音します)
 この自然豊かな高江は、周囲を米軍の北部訓練場に取り囲まれています。米軍がゲリラ戦の訓練を行なう場所で、ベトナム戦争の時期には集落全体がゲリラ戦の標的とされた事もありました。「標的の村」という映画に、その当時の事が詳しく描かれています。私も地元の上映会で、この映画を見て、その感想をブログに書きました。最近では、安倍首相夫人の昭恵さんも、この映画を観た後、知人と一緒に高江の座り込みテントをお忍びで訪問した事で、ちょっとした話題になりました。
 現在、その高江で、集落を取り囲むようにして、米軍のヘリパッドが6ヶ所も作られようとしています。ヘリパッドとは小規模なヘリポートの事ですが、飛来するのが、彼の悪名高いオスプレイです。オスプレイは、回転翼が離着陸時にはヘリコプターモードに、飛行中はプロペラ機モードに変わる事で、即応性に優れているという触れ込みで、米軍や自衛隊が本格導入を検討しています。しかし、モード切り替え時に事故が多発する事から、別名「未亡人製造機」とも呼ばれ、米本土では住宅地上空の飛行が禁止されている機種です。離着陸時の騒音も半端ではなく、6ヶ所のうち2ヶ所のヘリパッドが稼動しただけでも、既に騒音で逃げ出す住民が出ています。そんなヘリパッドを、住民にはろくに知らせないまま建設しようとしているので、もう20年ぐらい前から、住民や支援者が訓練場のゲート前にテントを張って、抗議の座り込みを続けています。それに対して、安倍政権は全国から警察官や機動隊、民間の警備業者を総動員して、座り込みの排除やテント撤去を強行しようとしているのです。





 しかし、このヘリパッド建設強行には様々な違法性が指摘されています。講演会場で配られた上記の地図を基に、その違法性について説明していきます。

(1) 県警・機動隊の私物化
 現在、国は全国から500名を超える警察官や機動隊員を沖縄・高江に動員し、高江の座り込みを阻止しようとしています。しかし、都道府県警を統率できるのは、本来は各都道府県の知事しかいないはずです。沖縄・普天間基地の辺野古移設反対を掲げて当選した今の翁長(おなが)・沖縄県知事が、同じ沖縄・高江の米軍基地拡張に賛成するはずがありません。では、なぜ、国は全国から応援部隊を増強できるのか?実は、形式上は沖縄県公安委員会の要請によって行われたとされる応援部隊の増強も、その予算が国から支給されている事が最近明るみになりました。実際は、国が沖縄県の頭越しに、勝手に他県に応援要請をしていたのです。沖縄の高級ホテルに滞在して豪勢な食事を堪能しながら、住民弾圧に明け暮れる他府県(その中には大阪も含まれる)の警察官・機動隊員の滞在費に、私たち国民の税金が違法に使われているのです。これを「私物化」と言わずして一体何と言うのでしょうか?

(2) 県道の不法占拠
 国が米軍ヘリパッドを作ろうとしている北部訓練場を縫って、県道70号線が北に延びています。沖縄本島最北端の国頭村(くにがみそん)と他の市町村を結ぶ唯一の生活道路です。そこを国が、工事車両を通すために、ここでも沖縄県の頭越しに、違法に通行規制を行っているのです。工事車両が通る間は、他の車両は一切通過できません。今や、工事車両は「警備員に守られて運ばれる世界一高価な砂利」「大名行列」と皮肉られる有様です。
 しかも、生活道路の公道でありながら、別に犯罪捜査の必要もないのに、警察が恣意的に検問を行い、工事車両だけを通して住民の通行を禁止する。そして、反対運動を「犯罪者」呼ばわりし、憲法で保障された住民の請願権を踏みにじっているのです。これが、果たして法治国家のする事でしょうか?

(3) 村道の違法使用
 北部訓練場内の道路はほとんどが農道ですが、一部は村道となっていて、地元の東村が管理しています。上記の地図でも、県道70号線から分かれて新川ダムに至る区間が村道になっています。東村の村長は工事の村道使用を今も拒否しています。本来なら、村道を工事車両が通る事はできないはずです。

(4) 国有林の違法伐採
 北部訓練場内には国有林が広がっていて、世界遺産の「やんばるの森」として、天然記念物の希少生物ヤンバルクイナやノグチゲラの貴重な生息域となっています。工事の際も、一定以上の大きさの樹木を伐採するには、沖縄森林管理局の許可が必要です。工事区間の一部で、その許可を取らずに国有林の伐採を行っていた事が明らかになりました。

(5) 過積載ダンプのダム堰堤通過
 6ヶ所のヘリパッド建設予定地(上記地図の赤丸を付した場所。今はその中のN1、H、Gの3地区で工事が行われている)に入ろうとする工事用車両は、新川ダムの堰堤を必ず通過しなければなりません。ところが、ダムの堰堤には10トンの重量規制がかけられているので、本来なら土砂や工事用資材を満載したダンプは通過できないはずです。ところが、実際は重量ダンプが我が物顔に通行しています。これでは、いつダムが崩壊しても不思議ではありません。正に危険と隣り合わせの杜撰(ずさん)な工事です。
 その危険解消の為に、上記地図の北(上)の方のN1ゲート(この前座り込みのテントが強制撤去された)からN1裏(ここでは今でも座り込みが続けられている)に延びる旧林道の拡張工事や、工事用モノレールの設置、自衛隊ヘリでの資材搬送などが計画されています。旧林道とは名ばかりの獣道の使用や、人力で支柱を埋め込んで作るとされるモノレール建設は、実際はあり得ないので、最後の自衛隊ヘリによる緊急搬入が、最も可能性が高いと言われています。

(6) 基地拡張工事に伴う赤土流出
 先述したように、工事予定地の北部訓練場は、米軍のゲリラ戦訓練場であると同時に、希少生物の生息域でもあります。工事に際しては、国有林伐採の許可や、沖縄県の赤土流出防止条例に違反しない事が求められています。わざわざ、取って付けたような工事用モノレールの設置まで考えなければならないのも、ひとえに、この貴重な自然が残されているからです。ところが現実には、工事が最優先なので、ジュゴンの生息域が脅かされている辺野古と同様の事態が、高江でも繰り返されようとしています。

 私も高江の事は既に知っていましたが、まさか、これほどの違法行為を国が行なっていたとは思いませんでした。
 元はと言えば、沖縄の北部訓練場も普天間基地も、米軍が占領期間中に、「銃剣とブルドーザー」で住民から土地を奪い、勝手に線引きして造成した物です。条件付きではなく無条件で沖縄県民に返還すべき物です。ところが、当時の自民党政権(橋本龍太郎内閣)は、1995年の米軍兵士による少女暴行事件で、全県ぐるみの基地撤去運動が盛り上がった際に、それをSACO(沖縄に関する日米特別行動委員会)合意で「条件付き返還」の話に巧妙にすり替え、実際は老朽化した基地の返還と引き換えに、最新鋭の基地を作ろうとしてきました。よく言われる「普天間基地の辺野古移設」も、実際は「移設」なんかではなく「新基地建設」なのです。
 高江のヘリパッド建設も、北部訓練場内の中で、使用価値の低い山がちのジャングルだけを返還し、重要部分は継続使用できるようにする為のものです。その為に、宇嘉(うか)川河口の水域を米軍に提供して海兵隊の上陸訓練も可能にし(上記地図の青色部分)、垂直離着陸機オスプレイも使用できるヘリパッドを作ろうとしているのです。

 しかし、悲惨な沖縄戦を体験し、戦後も米軍占領下で基地の重圧に苦しめられてきた沖縄県民には、そんなマヤカシは通用しません。だから、辺野古でも高江でも、もう20年以上も座り込みによって、新基地増設を阻止してきたのです。
 その結果、今や米国の政権内部からも、沖縄からの基地撤退を容認する声が上がり始めています。ところが、あくまでもSACO合意に固執する安倍政権は、工事をせかす米政権内部強硬派の目を気にして、中国脅威論なども煽りながら、反対運動弾圧に血眼になっているのです。
 現在、普天間基地の辺野古移設を巡って、国と県が訴訟合戦を繰り返しています。県が前知事の移設承認を取り消したのに対し、国がそれを無効にしようと、行政不服審査法の手続きを悪用して、国が県を訴えるという前代未聞の事態になりました。今は裁判所の和解案に沿って、国地方係争処理委員会で審査が続いています。
 もし、ここで仮に同委員会で国よりの審査結果が出ても、実際に国が移設を行うには、公有水面埋立法に基づく設計変更や、県から岩礁破砕許可をもらったり、流入河川の流路変更申請をしなければならないのです。工事に伴う赤土流出防止条例に基づく県との協議も必要です。もはや北朝鮮やアフリカの独裁政権と変わらない姿となった安倍政権でも、これらの手続きをことごとく無視する訳には行きません。もし、国が辺野古移設や高江のヘリパッド建設強行に固執し続けても、泥沼のような裁判闘争に絡み取られて身動きが取れなくなるだけです。
 それ以外にも、台風の来襲や、辺野古の海底で新たな遺跡や希少生物が発見されたり、高江でも天然記念物の野鳥ノグチゲラの繁殖期に入れば、そのたびに工事中断を余儀なくされます。追い詰められているのは住民や県ではなく、むしろ国の方なのです。

沖縄タイムス記者も拘束 高江で取材中、機動隊聞き入れず(2016年8月21日 14:28 沖縄タイムス)
 20日、沖縄県東村の高江橋で機動隊が市民らを排除する様子を取材していた本紙記者ら報道関係者も拘束され、バスとバスの間に押し込められた。「記者である」ことを訴えたが最終的に聞き入れられず、取材活動を制限された。
 本紙記者は午前10時26分すぎ、排除の様子を取材していたところ、機動隊4人に囲まれた。背中を強く押されながらバスとバスの間に連れて行かれ、すでに拘束されていた市民ら15人と一緒に押し込められた。
 県警に「取材中である」ことを訴えると、一度は解放された。だが午前10時41分すぎ、別の機動隊に再び拘束され、バスとバスの間で身動きが取れず、取材活動を制限された。他社の記者も同じく拘束された。
 小口幸人弁護士は、記者の拘束について「主権者が知るべきことを報道する権利を侵害する行為で許されない」と話した。交通を妨げるなど、排除される理由がなかった中での拘束に「法律に基づいた行動だとは思えない」と述べた。
 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「マスコミを萎縮させることにつながりかねない行為で、あり得ない」と語気を強めた。
 県警警備2課は、バスとバスの間に市民や記者を拘束したことについて「危険防止や安全確保のため。取材を規制する目的ではない」と答えた。(以上引用)
注:この他にも、本土では余り報じられない沖縄現地のニュースを、次回記事でまとめて紹介しています。関心のある方は是非そちらもお読み下さい。



 講演終了後はデモにも参加しました。講演会場のエルおおさかを出て、天満橋から梅田新道に出て、御堂筋を大阪市役所前まで総勢200名で歩きました。途中、淀屋橋の米国総領事館前では、警察の過剰警備によるトラブルもありました。赤信号で停止中だったので、デモ隊が領事館に向かって「アメリカは出て行け!」と一段と声を張り上げたのに対して、警備の警察が「早く進め!」と挑発してきたのです。どうやら事なきを得たようですが、ここにも安倍政権の狼狽(ろうばい)ぶりが見て取れました。「参院選にも勝った」という事で、一見強大そうに見える安倍政権ですが、沖縄の基地問題やTPP、年金削減、残業規制撤廃などで、ますます国民との間に矛盾を広げつつあります。追い詰められているのは我々ではなく、むしろ安倍政権の方だという事を、この講演会でも痛感しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ルポ ニッポン絶望工場」に見るベトナム人留学生の労働実態

2016年08月24日 20時11分57秒 | 職場人権レポートVol.3
ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)
クリエーター情報なし
講談社


前回記事の中で紹介した上記の著書について、本の紹介やレビュー(感想文)がAmazonや紀伊国屋等のHPに掲載されているので、それをこちらにも転載しておきます。


内容紹介
新聞・テレビが決して報じない外国人留学生、実習生の真実。コンビニ弁当工場、新聞配達、宅配便仕分け、農業……日本人の便利な生活を末端で支える彼らが絶望し、<謀反>を起こす時、この国の生活基盤は崩壊する!

内容(「BOOK」データベースより)
外国人犯罪者の1/4がベトナム人、“奴隷労働”が支える新聞配達、日本語学校によるボッタクリ、犯罪都市「NY化」する日本、日本への出稼ぎをやめた中国人―新聞・TVが報じない「現代の奴隷労働」

著者について
出井 康博
1965年、岡山県に生まれる。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業。英字紙「ニッケイ・ウイークリー」記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)客員研究員を経て、フリー。
著書には『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)などがある。

目次
はじめに──復讐される日本
第1章 ベトナム人留学生という“現代の奴隷”
第2章 新聞・テレビが決して報じない「ブラック国家・日本」
第3章 日本への出稼ぎをやめた中国人
第4章 外国人介護士の受け入れが失敗した理由
第5章 日本を見捨てる日系ブラジル人
第6章 犯罪集団化する「奴隷」たちの逆襲
おわりに──英国のEU脱退と日本の移民問題

以下、Amazonのトップカスタマーレビュー(感想文)より抜粋

5つ星のうち 5.0
「留学生」と「実習生」という虚飾の下での「現代の奴隷労働」の実態は想像以上であり、日本人として恥ずかしいとも思ってしまった
投稿者 gl510 トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/24

本書では、2007年から「外国人労働者」をテーマに取材を続けているという筆者が、「留学生」と「実習生」という虚飾の下で、彼らがいかに劣悪な環境で働かされているか、そうした環境の裏には何があるのかを明らかにしている。このうち実習生の問題については、マスコミ報道で我々もある程度はその実態を知らされてはいるが、本書で筆者が暴いている「新聞・TVが報じない現代の奴隷労働」の実態は想像以上であり、発展途上国の貧しい外国人を低賃金・重労働でこき使うとともに、そこから抜け出せない構造を作り上げたり、彼らを失踪して不法就労せざるを得ない状況に追い込んでしまう日本を、日本人として恥ずかしいとも思ってしまった。 
筆者はまず、「日本留学ブーム」が起きて留学生が急増しているというベトナムを例に、発展途上国からの留学生の多くが出稼ぎ目的の「偽装留学生」であり、現地のブローカーに騙されて多額の借金を背負って来日した後、留学先の日本語学校などに食いものにされ、借金の返済と親への仕送りのために徹夜の「奴隷労働」に就くことになるという「留学生30万人計画」のもとで起きている現実をルポし、現在、日本で最底辺の仕事に就き、最も悲惨な暮らしを強いられている外国人は、出稼ぎ目的の偽装留学生たちだと断言できると結論付けている。 
実習制度については、我々もマスコミ報道で、その実態が、日本人がやりたがらない3K仕事を発展途上国の外国人にやってもらうだけでなく、実習制度の美名の下に、日本人より遥かに安い給料でこき使う制度となっていることまでは理解していると思う。しかし筆者は、実際の受け入れ企業の金銭的負担は、日本人を雇う場合と比べて大きく変わるわけではないとし、送り出し国や日本の官民のピンハネ機構の存在を明らかにし、そうした搾取が、実習生の不当な低賃金と失踪多発の根本原因になっているとしている。 
筆者はこの二つの問題だけでなく、高齢社会を迎えた日本の深刻な介護士不足を解消するために必要な外国人介護士の受け入れ制度がなぜうまくいかなかったのか、その理由を明らかにするとともに、マッチポンプ的な税金の無駄遣いや官僚の利権構造を批判し、併せて、こうした中途半端な日本の外国人介護士や看護師の人材獲得対策では、今後激しさを増していく国際的な人材獲得競争に遅れを取り、日本に質のよい人材は来なくなると危惧している。 
筆者は『おわりに』で、現状の制度は、嘘と建て前のオンパレードであり、外国人労働者、留学生の受け入れ政策について、一から見直すべきだとし、日本で働く外国人に、この国で、いかなる役割分担を求めるのか。どうすれば優秀な外国人を日本に迎え入れられるのか。長期的な方針と戦略を立てるのは今しかないと結んでいる。


5つ星のうち 5.0
本書は、外国人労働者について、いろんなことを考えさせてくれます!!
投稿者 直いい親父 トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/24 

移民先進国の欧米諸国と比較すると、わが国の移民政策は大きく遅れていて、
欧米先進諸国から、そのことを指摘されることも少なくありません。
しかし、日本で暮らす外国人は、昨年1年間で11万人増加し、過去最高の223万人に達しています。
そして、増加する外国人の約半数は、「実習生」或いは「留学生」として日本にやってきています。
また、日本政府は、2020年までに「留学生」の総数を30万人にするとの目標を立てていて、
外国人留学生の数は今後も増加するものと思われます。
一方、わが国では、新聞配達、コンビニの弁当、サンドイッチの製造工場、宅配便の仕分け、農業、
などのいわゆるきつい単純労働は、働くものが少なく、その部分を「実習生」「留学生」が任っているのが現実なのです。
簡単に言うと、わが国では、単純労働での来日が認められていないので、「実習生」「留学生」がそれを担っているということです。
もう一つは、やはり労働力不足が深刻な介護業界。
政府は、フィリピンをはじめとする外国人介護士の導入でその問題を解決しようとしましたが、
国家試験が日本語で出題という理由などで、外国人にはむつかしすぎて、当初の目的を達せないでいます・・・・ 
これには省庁間の対立があったようです・・・・。
そして、わが国に来る外国人も、当初は中国人、次いで日系ブラジル人、
そして、現在は、ベトナム人、フィリピン人が主流になってきています。
また、これらの外国人が、多額の借金をせをって来日していています。しかし、日本での賃金が見込みより少ないうえに、
日本語学校でぼったくられ、ブローカーに搾取され、犯罪に走るものも出てきているというのが現実です。
さらに問題なのは、彼らが日本嫌いになることです。
日本では、移民政策をとる代わりに、「実習生」「留学生」を単純労働につかせているというのが実情のようです。
労働力不足を移民で解決しようとしてきた欧州先進国ですが、ここにきて、テロの温床、続発という事態に見舞われています。
さらには、移民問題などで、英国がEU離脱ということを招きました。
わが国の「実習生」「留学生」を単純労働につかせるという政策は、いずれ欧米の指摘で大問題になると思われます。 
わが国は、現在の新聞が毎日宅配される、コンビニでいつも新鮮な弁当が購入できる、
宅配便が安く早く届く、などの利便性を維持するか・・・当然移民を大量に受け入れることになります・・・・、
あるい値段が高く、かつ不便な日常に我慢するか、そのどちらかの道を選ばなければいけないという問題に、 
近々直面することになります。
本書は、外国人労働者についていろんなことを考えさせてくれます!!


5つ星のうち 4.0
周りで正体不明の外国人が増えている謎が解けた
投稿者 カスタマー 投稿日 2016/8/7

8/7の朝日新聞書評を見て、書店で購入しました。
電車に乗っても、自宅周辺でも、欧米人でも中国人でもブラジル人でもない外国人が増えているのが気になっていました。
日本人の借り手のいない近所の古い安アパートは、いつしか中東系(トルコ?)とおぼしき男性たちが集まるようになっていました。
さまざまなルートで日本にやってくる外国人が増え、その背景で犯罪まがいの詐欺、ピンハネ、搾取が行われている実態を詳しく調べ、書かれたのが本書。とくに今いちばんひどい目に遭っているのが、ベトナム人留学生たちだとは初めて知りました。
コンビニ弁当も、新聞も、彼らがいないと作る人がいない、届ける人がいないという状況になっていたとは…。
地域コミュニティにも参加しない、言葉も通じない、社会にも当然溶け込めない。そんな彼らが自身の待遇、日本社会の扱いに不満を抱き、反社会的行動に走ったら…。
移民の是非云々の問題ではなく、彼らはすでに「そこ」にいます。具体的に社会の一員として彼らが「普通に」暮らしていける仕組みを早急に整えないと、日本人自身のリスクとして跳ね返ってくると、怖くなりました。
少なくとも、本書で内幕がバラされている官僚の天下り先を作るためとか、そこがピンハネ行為をしているとか、ありえない。


5つ星のうち 4.0
奴隷労働に支えられているニッポン
投稿者 パール601 投稿日 2016/8/21

一般の日本人が全く気が付かない場所で働いている、外国人たちのルポです。
以前は中国人や日系ブラジル人が多かったが、最近はベトナム人が多いそうです。
しかし彼らはかなりあくどいやり方で日本に連れてこられている。
研修生、留学生とは名ばかりで、単純労働の現場に放り込まれています。
日本人がこういった人たちについて耳にするのは、せいぜい犯罪を犯したときぐらい。
なかなか彼らの現状については知りえません。
著者は日本で誰もやりたがらない仕事を、奴隷労働の彼らが支えていると指摘しています。
しかも日本の官公庁自体が、こういった貧しい国の人々を搾取していると述べています。
またマスコミなどもこれらについて報道することは無い。
弱者の味方だと自称する朝日新聞が、ベトナム人の新聞配達人を不当に働かせている現場が生々しく描かれています。
著者は単純労働を担う外国人を、もっとちゃんとした形で受け入れるべきだと説いています。
確かに人手不足を解消するには外国人の手を借りなくてはいけないかもしれない。
しかし私はそう簡単に筆者の言う通りに移民政策を進めるのは危険だと思うなあ。
日本人でもブラック企業に勤めている人はたくさんいるのに、外国人を優遇するのは無理だと思う。
欧米の移民政策がそれほど優れているとはとても思えません。
貧しい外国人がかわいそうなどと言う安易な論理で、日本に永住させるのはどうかと思う。
今は確かに人手不足かもしれないが、それがどのくらい続くのかわからないことです。
10年も経てば今度は人余りに戻るかもしれない。
著者が憂慮しても、今の日本の官公庁のやり方はむしろ現実的な方策なんじゃないかな。

https://www.amazon.co.jp/dp/4062729563?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

留学生には一切責任がないのか?

2016年08月21日 09時44分08秒 | 職場人権レポートVol.3


 今職場で働いているベトナム人留学生の扱いに手を焼いています。
 私の勤務時間帯には、2人のベトナム人が一緒に働いていますが、2人とも日本語がほとんど喋れません。
 1人は全く喋れず、もう1人もあいさつ程度の会話しかできません。当然ながら、2人とも文字は平仮名・カタカナすら全然読めません。

 ベトナム人のバイトが来た当初は、まだそこまで酷くはありませんでした。
 大抵の人は平仮名・カタカナは読めましたし、漢字を読める人も少しはいました。
 その当時も、会話は片言で意思疎通に苦労しましたが、まだ日常会話は何とか交わせていました。
 その中で、私がベトナム人用に作った全文振り仮名付の作業マニュアルが、役に立ったりもしていました。
 ところが、最初の頃にやって来たベトナム人達は、次第に欠勤が目立つようになり、今では主だったメンバーは全員クビになってしまいました。

 今働いているベトナム人達も、基本作業は一通りこなせます。
 日本語が通じないのに、なぜ仕事をこなせるのかというと、先輩のベトナム人から、仕事の手順を口づてに教わったからだと言われています。
 業務内容自体も、基本的には商品に張られた出荷先番号や出荷個数の数字を見て、商品を出荷していくだけなので、別に商品名や宛先の漢字が読めなくても、数字さえ読めれば何とか仕事はこなせるのです。
 ところが、日本語が全く通じないので、作業内容が変更されたら、もう対応が取れなくなります。応用が全然ききません。
 作業手順の変更、置き場所の移動、レイアウト変更、新しい備品の導入等があるたびに、それをベトナム人に伝えるのが一苦労です。
 また、彼らがこなせるのは最低限の基本作業のみなので、それ以外の付帯作業・事務作業や、ラベル補充等の雑用は、全て日本人のバイトだけでやらなければなりません。

 それに対して、現場の社員は見て見ぬ振りです。新しいベトナム人バイトが来ても、現場の日本人バイトに丸投げするだけで、自ら率先してベトナム人に仕事を教えようとは全然しません。現場の社員自身が、バイト管理や作業管理、在庫管理について、今まできちんと教育されて来なかったので、そのツケが今になって一挙に噴出している状況です。日本人のバイトもろくに管理・指導できなかった社員が、外国人バイトの管理・指導なぞ出来る訳がありません。
 さすがに管理職サイドともなれば、一定問題意識を持って、ベトナム語のマニュアル作成等も進めてくれているようですが、今の状況ではいつになったら整備されるのか見当もつきません。
 そういう状況なので、ミスやトラブルは日常茶飯事で、今までなら考えられなかったようなミスもあちこちで起こるようになりました。
 仕事の質も、完全な「やっつけ仕事」になってしまっていて、ゴミは散らかり放題で、業務改善にまでとても手が回らないのが現状です。

 当初は仲間だと思っていたベトナム人留学生バイトも、ここまで質が落ちて来ると、もう正直言って、やっかい者扱いせざるを得なくなります。
 人手が足りない時は、そんなベトナム人でも猫の手も借りたい程ですが、日本人バイトだけでとうにか回せるようになると、もう「お荷物」にしかなりません。ベトナム人バイトを丸投げしてくる社員に対して、「たった時給900円しか給料もらっていないのに、なぜ外国人の通訳みたいな事までさせられなければならないのか?」と食って掛かり、ベトナム人バイトを突き返した事も、実際何度かありました。

 これは一体誰が悪いのでしょうか?
 勿論、一番悪いのは、そんないい加減な労務管理しかして来なかったウチの会社やその社員です。
 しかし、ベトナム人留学生バイトも、日本で働く以上は、日本語の日常会話ぐらいは喋れるようになってから来るべきではないでしょうか?

 ベトナム人留学生の多くが「偽装留学生」である事は、今や公然の秘密です。
 実態はただの出稼ぎ労働者でしかないのに、今の法律(出入国管理及び難民認定法、略して入管難民法という)では外国人は単純労働には就かせられないから、形だけ留学生という事にして、形だけ日本語の授業を受けさせているのです。外国人留学生は、学費支払いの為に、週28時間以内に限って就労が認められていますが、現実には、たったそれだけの労働では、とても食べてはいけません。それを承知の上で、留学生を受け入れる国や留学あっせん機関(いわゆるブローカー)も、留学生に日本語を教える専門学校も、受入先企業も、留学生を使い捨ての労働力として、低賃金で酷使しているのです。

 出井康弘(いでい・やすひろ)さんの著書「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社プラスアルファ新書)には、そんな事例が一杯出て来ます。
 留学生を風呂・トイレ共用のタコ部屋みたいな所に何人も住まわせて、月数万円もの家賃をぼったくる。そうして、日本語学校で形だけの授業を受けさせて、バカ高い学費を徴収する。留学生はそこで初めて騙された事に気付くが、今さら母国に帰った所で、渡航に要した数百万円もの借金を返すアテもない。国も受入先企業も、その実態を薄々知っていながら、「いくら日本人を募集しても全然来ないから」という口実で、入管難民法や労働基準法、最低賃金法に表向き違反していない事を好い事に、知らん顔。
 安倍政権に至っては、「留学生30万人計画」と称して、今まで以上に留学生の受け入れを進めようとしています。でも、その実態は、留学生を一人の人間、有為の人材と見なすのではなく、単なる「使い捨ての駒」としか見ないものです。昔の「蟹工船」「女工哀史」や今の「派遣切り」「ブラック企業」と同じです。その結果、留学生の中には、せっかく夢を抱いてやって来たのに、次第に日本に失望し、借金逃れの為に不法就労に手を染め、犯罪者やテロリストの手先になり下がってしまう者も少なくありません。

 2001年に中国人留学生の不法就労あっせんの罪に問われて学長が逮捕された旧・酒田短大(山形県)の例でも、少子化や過疎化の影響で学生が集まらなくなった地方の私立大学が、外国人留学生を大量に入学させ、大学の授業も受けさせずに東京で掛け持ちのアルバイトをさせていました。仮に学生に授業を受けさせていたとしても、授業も卒業証書も形だけです。肩書こそ大卒や専門学校卒でも、実際は日本語も満足に喋れない、そんな外国人留学生が、各地の配送センターや新聞配達店、ドラッグストアやコンビニ等で目につくようになりました。
 また、外国人の就労に際しては日本語能力試験N5レベル(平仮名・カタカナが読めて簡単な会話が出来る程度)の語学力が求められるはずですが、実際にはカナも読めないアルバイトも大勢います。これでは、いくら全文漢字にルビ付きの作業マニュアルを作っても意味がありません。小学生程度の語学力もない人に仕事を教える事なぞ出来ません。 

 だから、一番悪いのは、留学生を食い物にしてきた、これらの国や企業やブローカーですが、他方で、留学生自身も、外国で働く以上は、最低限その国の言葉を喋れるようになってから、来日するのが筋ではないでしょうか?たとえ「ブローカーに騙された、言いくるめられた」という実態があるにせよ、その甘言を無防備に受け入れてきた留学生自身にも、一定の責任があるのではないでしょうか?そもそも、異国で働き生活する以上は、その国の公用語を覚えようとするのは、最低限の常識でありマナーではないでしょうか?「外国にさえ行けば、たとえ、その国の言葉が喋れなくても一かく千金」なんて甘い話なぞ無い事ぐらい、少し考えれば分かりそうなものを。
 私は、右翼が扇動するような外国人排斥の主張には決して組するものではありませんが、他方で、留学生に対しても、「もう少し仕事という物を真面目に捉えて欲しいし、日本語もある程度喋れるようになって欲しい」と言う事を、今回敢えて書かせてもらいました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加