アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

偽りの国民保護なぞ百害あって一利なし

2017年04月26日 13時28分17秒 | 戦争法・集団的自衛権NO!

 安倍政権が、自分たちの点数稼ぎに北朝鮮ミサイル騒動を利用するのは、別に今に始まった事ではありません。しかし、さすがに今回は呆れを通り越して憤りを覚えました。何故かと言うと、内閣官房国民保護ポータルサイトという、国民に避難を呼びかけるサイトを政府が立ち上げたのですが、その内容が余りにも人をバカにしたものだからです。

 同サイトいわく、「国民保護法(武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)に基づき、武力攻撃から国民の生命、身体及び財産を保護し、国民生活等に及ぼす影響を最小にするための、国・地方公共団体等の責務、避難・救援・武力攻撃災害への対処等の措置」を定めたとあります。そして、北朝鮮のミサイルやIS(イスラム国)のテロ等に襲われた場合に、国や自治体や国民はどうしなければならないのか、という事が、事細かに書かれています。それによると、緊急事態が発生したら、緊急津波速報の時と同様に、個人の携帯に一斉に警報のサイレンと速報メール(Jアラート)が流れます。ご丁寧にも、どういう音のサイレンが流れるか、という事まで、解説されています。

 しかし、その内容たるや、まるでお粗末です。要約すると、「速やかに避難しろ」「正確・迅速に情報収集に努めろ」「行政の指示に従い、落ち着いて行動せよ」、たったこれだけの内容なのです。緊急事態と言っても色々あります。自然災害の場合もあれば、先述の武力攻撃やテロの場合もあります。このポータルサイトも、一応は類型別に対策(留意点)が書かれてはいます。しかし、そのどれもが、下記のように、判で押したように、ごく一般的、抽象的な、それこそ素人でも言える様な内容に終始しているのですから、お話になりません。こんな事、わざわざサイレン鳴らしてまで伝えなければならない内容ですか?いたずらにそんな事をしても、余計に不安をあおって国民をパニックに追いやるだけではないですか。

(1) ゲリラや特殊部隊による攻撃の場合
 突発的に被害が発生することも考えられるため、攻撃当初は一旦屋内に避難し、その後状況に応じ行政機関からの指示に従い適切に避難しましょう。

(2) 弾道ミサイルによる攻撃の場合
 攻撃当初は屋内へ避難し、その後、状況に応じ行政機関からの指示に従い適切に避難しましょう。屋内への避難にあたっては、近隣の堅牢な建物や地下街などに避難しましょう。

(3) (敵の)着上陸侵攻の場合
 攻撃が予測された時点においてあらかじめ避難することも想定されます。
 避難が必要な地域が広範囲にわたり遠方への避難が必要となるとともに、避難の期間が長期間にわたることも想定されます。避難の経路や手段などについて行政機関からの指示に従い適切に避難しましょう。

(4) 航空攻撃の場合
 攻撃の目標地を特定せずに、屋内への避難が広範囲にわたって指示されることが考えられます。屋内への避難にあたっては、近隣の堅牢な建物や地下街などに避難しましょう。その後、状況に応じ行政機関からの指示に従い適切に避難しましょう。

(5) 武力攻撃やテロなどの手段として化学剤、生物剤、核物質が用いられた場合

i.化学剤(化学兵器)が用いられた場合
 口と鼻をハンカチで覆いながら、その場から直ちに離れ、外気から密閉性の高い屋内の部屋または風上の高台など、汚染のおそれのない安全な地域に避難しましょう。
 屋内では、窓閉め、目張りにより室内を密閉し、できるだけ窓のない中央の部屋に移動しましょう。
 2階建て以上の建物であれば、なるべく上の階へ避難しましょう。
 汚染された服、時計、コンタクトレンズなどは速やかに処分する必要がありますが、汚染された衣服などをうかつに脱ぐと、露出している皮膚に衣服の汚染された部分が触れるおそれがあります。特に頭からかぶる服を着ている場合には、はさみを使用して切り裂いてから、ビニール袋に密閉しましょう。その後、水と石けんで手、顔、体をよく洗いましょう。
 安全が確認できるまでは、汚染された疑いのある水や食物の摂取は避けましょう。
 行政機関の指示などに従い、医師の診断を受けましょう。
 化学剤傷病者への治療は一刻を争います。あやしいと感じたらすぐに周囲に知らせる、速やかに警察や消防に通報するといった迅速な対応をとった方が、その後の対処も早くなり、救命率の向上につながります。

ii.生物剤(生物兵器)が用いられた場合
 口と鼻をハンカチで覆いながら、その場から直ちに離れ、外気から密閉性の高い屋内の部屋または感染のおそれのない安全な地域に避難しましょう。
 屋内では、窓閉め、目張りにより室内を密閉し、できるだけ窓のない中央の部屋に移動しましょう。
 屋外から屋内に戻ってきた場合は、汚染物を身体から取り除くため、衣類を脱いでビニール袋や容器に密閉しましょう。
 また、水と石けんで手、顔、体をよく洗いましょう。
 行政機関の指示などに従い、医師の診断を受けましょう。
 身近に感染した可能性のある人がいる際には、その人が使用した家庭用品などに触れないようにし、頻繁に石けんで手を洗いましょう。感染した可能性のある人も自らマスクをすることが大切です。
 米国で発生した炭そ菌事件のように不審な郵便物が送られてきた場合には、郵便物を振ったり、匂いをかいだり、中身を開けたりせずに可能であればビニール袋で包み、すぐに警察などに通報しましょう。もし開けてしまって不審物質がこぼれ出たような場合には、掃除をするべきではありません。不審物質を直ちに何かで覆い、その部屋を離れて汚染された衣服をできるだけ早く脱ぎ、手を水と石けんで洗い流してすぐに警察などに通報しましょう。

iii.核物質(核兵器)が用いられた場合
 閃光や火球が発生した場合には、失明するおそれがあるので見ないでください。
 とっさに遮蔽物の陰に身を隠しましょう。近隣に建物があればその中へ避難しましょう。地下施設やコンクリート建物であればより安全です。
 上着を頭から被り、口と鼻をハンカチで覆うなどにより、皮膚の露出をなるべく少なくしながら、爆発地点からなるべく遠く離れましょう。その際、風下を避けて風向きとなるべく垂直方向に避難しましょう。
 屋内では、窓閉め・目張りにより室内を密閉し、できるだけ窓のない中央の部屋に移動しましょう。
 屋内に地下施設があれば地下へ移動しましょう。
 屋外から屋内に戻ってきた場合は、汚染物を身体から取り除くため、衣類を脱いでビニール袋や容器に密閉しましょう。その後、水と石けんで手、顔、体をよく洗いましょう。
 安全が確認できるまでは、汚染された疑いのある水や食物の摂取は避けましょう。
 被ばくや汚染のおそれがあるため、行政機関の指示などに従い、医師の診断を受けましょう。

 以上、内閣官房国民保護ポータルサイト解説用パンフレット「武力攻撃やテロなどから身を守るために」の「武力攻撃の類型などに応じた避難などの留意点」ページより抜粋。 

 しかし、もし北朝鮮がミサイルで日本を攻撃したら、日本本土には10分余りで到達する事になります。そのうちで、ミサイル攻撃の兆候を在日米軍や自衛隊が察知し、関係機関に連絡するまでに、最低でも5分はかかります。そこから緊急警報のメールが一斉送信されるので、国民が実際に避難するのに使える時間は、わずか3~4分間しかありません。たったそれだけの時間で、一体どこに逃げられると言うのでしょうか。

 緊急警報の内容も、第一報は「速やかに避難しろ」「正確・迅速に情報収集に努めろ」「行政の指示に従い、落ち着いて行動せよ」というだけです。そんなメールが一斉送信されてくるのです。いくら「その後に送られてくる行政機関の指示に従え」とあっても、もうその時点で、国民がパニックに陥り、めいめい勝手な方向に逃げ出して、収拾つかなくなるのが目に見えています。それを統率するはずの行政機関も、ただでさえ公務員リストラで役所の人数がギリギリまで削減され、実際に窓口業務を担っているのは非正規雇用のパート・アルバイトが大半だという中で、誰が適切に対処できるでしょう?まともな指示なんか出せるはずないじゃないですか。こんなメールを送りつけられても、余計に混乱をあおるだけです。

 しかも、その内容たるや、上記にもあるように、核攻撃された場合でも「核攻撃を受けた時も火球を見るな、目や鼻をハンカチで覆い、風下を避けて屋内退避、窓をテープで密閉しろ」だけなのです。これでは、「行政なぞ当てにせず、自己責任で自分の身は自分で守れ」と言っているのと同じです。もっとはっきり言えば、「自分で自分の身も守れない奴は、焼け死のうが飢え死にしのうが、政府の知ったこっちゃない」と言う事です。

 ところが実際は、今更言うまでもない事ですが、そんな事は到底不可能です。それは、第二次大戦中に広島に落とされた原爆が、空中で炸裂してから直下の市街地を焼け野原にするまで、わずか10秒ぐらいしか無かった事からも明らかです。過去にNHKで放送された「原爆投下 10秒の衝撃」というテレビ番組が、その事を雄弁に物語っています。1998年に放送された1時間半ぐらいもある番組ですが、今見ても非常に為になる内容です。

原爆投下 10秒の衝撃(1998年)
 

 その動画によると、 1945年8月6日午前8時15分に広島市上空567メートルで炸裂した原爆「リトルボーイ」は、既に炸裂直前に始まった爆弾内の核分裂反応で致死量の放射線を市街地に撒き散らしています。そして炸裂0.2秒後には、直径310メートルに及ぶ火球が広島上空に出現し、6千度の熱線と15キロトンの爆風を市街地に浴びせます。その超高温の熱球と膨張した空気による衝撃波で、半径2キロ以内の構造物は、堅固なコンクリート造りの建物も含め、一瞬にして崩壊してしまいます。かろうじて残った建物の中でも、内部では衝撃波による火炎流が渦を巻き、机の陰に隠れた人々も机もろとも吹き飛ばしてしまいます。その間約3~10秒。爆心地から半径1キロ以内にいた人はほとんど即死です。かろうじて生き残った人や、運よく奇跡的に軽傷で済んだ人も、その後の放射能で、1年以内に10万人以上の方が亡くなりました。

 つまり、こんなパンフレットに書いてある事なぞ、何の役にも立たないのです。核攻撃は通常の自然災害とは全く違うのですから。何の役にも立たないどころか、嘘八百の内容なのですから、百害あって一利なしです。政府が本当に国民の保護を考えているなら、こんな嘘八百な「お為ごかし」のパンフレットを配るのではなく、もっと核兵器の悲惨さや、核兵器廃絶の為にどうすれば良いのかを、国民一人ひとりに広めようとするはずです。

 ところが、実際に政府のやっている事は、広島原爆資料館の被爆人形や漫画「はだしのゲン」を、国民の目に触れさせないように、こっそり撤去させたりしているだけじゃないですか。「子供にはショックが大きすぎるから」というのは、あくまで言い訳にしか過ぎません。いくら描写がショッキングだったとしても、あくまで人形や漫画です。その場で適切に解説すればそれで済む問題です。どんなにショッキングな内容であっても、伝えなければならない真実は誤魔化したりせず、きちんと伝えるべきです。

 そして、国連の核兵器廃絶決議に対しても、日本政府は毎年、米国に追従して棄権ないしは反対の態度を取っています。決議では米国だけでなく中国・インドや北朝鮮の核武装についても非難しているにも関わらず。その一方で、北朝鮮のミサイルや核の脅威を散々あおりながら、平気で海岸部に丸腰の原発を54基も林立させて、首相もその他の閣僚も、外遊や花見の宴やオリンピック・カジノ誘致にうつつを抜かしています。いずれも、とても被爆国の政府のやる事とは思えない事ばかり、まともな神経の持ち主なら真似のできない事ばかりです。

 第一、そんなに「国民を守る」と言うなら、日頃からもっと国民を大事にしているはずです。ところが、この政権の実際にやってきた事は一体何なのか?電通社員の過労死事件を教訓に「働き方改革」を口にしながら、過労死ラインとされる月80時間を超えて100時間まで時間外労働を容認したり。自民党政権時代にさんざん原発建設を推進しておきながら、福島原発事故の責任を当時の民主党政権だけになすりつけ、自主避難を余儀なくされた人に対しても「自己責任」と言い放ったり。「郷土を愛せよ」と言いながら、農薬まみれの農産物輸入を野放しにするTPP、FTAを推進したり。「親孝行しろ」と言いながら、介護や年金の保険料ばかり値上げして給付額をどんどん減らしにかかったり。「学力向上」を言いながら、少数のエリートだけを優遇し、高校無償化にも背を向け奨学金のローン化、サラ金化をどんどん推し進めたり。「育休推進」「女性活躍」を言いながら、女性を「保育所落ちた日本死ね」地獄や低賃金・無権利のパート地獄に追いやる一方だったり。

 もうお分かりでしょう。安倍政権にとっては、国民の事なぞ体の良い「捨て駒」ぐらいにしか思っていないのです。頭の中にあるのは、ひたすら自分の権勢欲を満たす事だけです。政権が二言目には口にする「郷土愛」や「愛国心」「国民を守る」などの美辞麗句は、それを誤魔化す詐欺トークにしか過ぎません。こんな政権、いつまで国民は支持しているのでしょうか?またもう一回、戦時中のような痛い目にあわなければ気がすまないのでしょうか?軍事技術は当時よりも格段に進歩しており、被害も当時とは比べ物にならないのに。迎撃ミサイルのPC3(パックスリー)も、ほとんど当てにはなりません。最強の矛(ほこ)を防ぐ最強の盾(たて)なぞ存在しません。もし、そんな物があれば、それは最強でも何でもない事は、矛盾(むじゅん)のたとえからも明らかです。少なくとも、こんな嘘八百のパンフレットや政府広報を読むぐらいなら、下記の「はだしのゲン」の動画を見ていたほうが、よっぽど役に立ちます。

Hadashi no Gen
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保守を語っている人たちが守りたいのは結局、国ではなくて、安倍晋三という政治家なのでしょう

2017年04月22日 03時32分43秒 | 森友・加計学園問題

「ミサイルが飛んで来たら近くの建物に避難するか地面に伏せろ」と内閣官房HP。憲法9条のある国で何で戦争の恐怖におののかなければならないのか?そうならないようにするのが政治家の仕事だろう!今はまだ「避難しろ」だが、そのうち戦時中みたいに「逃げずに消火しろ!非国民!」と言い出すぞ!

教育勅語や道徳教育で国民に奴隷の服従を植え付け、原発避難も自己責任と切り捨て、過労死も待機児童も介護心中も対策口先だけの政府が、北朝鮮のミサイルには大はしゃぎで安倍内閣の点数稼ぎ。「保守を語っている人たちが守りたいのは結局、国ではなくて、安倍晋三という政治家なのでしょう」(2017年4月22日、プレカリアート)

出勤前に少し早起き。NHKの視点・論点で意外にも米トランプ政権のシリア攻撃を批判。既に反政府派に対し優位に立ちトランプも容認に傾いていたアサド政権が、わざわざ介入の口実となる化学兵器の使用に踏み切る理由が見当たらない、トマホークでは問題解決にはならないと。よく考えたら確かにそうだ(4月13日、同上)

そもそも北朝鮮ミサイル騒動の発端はトランプのシリア攻撃だろう。アサド政権による化学兵器使用の確証も、国連安保理決議も無しに、いきなりシリアを攻撃。北朝鮮がそれに刺激され、黙って米国にやられる位ならとミサイル発射。今回の件では一番悪いのはトランプなのに、何故、皆それを批判しない?(4月18日、プレカリアート)

森友学園:「小学校を待望していたのは安倍首相だ!」 独占インタビュー 長男・佳茂氏が告白 - 毎日新聞 「保守を語っている人たちが守りたいのは結局、国ではなくて、安倍晋三という政治家なのでしょう」(4月20日、同上)

北朝鮮ミサイル、警報出たら頑丈な建物や地下街に避難を-政府 (1) 北朝鮮のミサイルには避難を呼びかけながら、福島原発事故の「自主」避難者には「自己責任」の冷淡な仕打ち。この差は一体何なんだ?(4月21日、同上)

「ミサイルが飛来したら直ちに屋内退避か身を伏せる様に」と政府広報。日本海側の原発をそのままにして、五輪やカジノや花見に現を抜かし、今回の北朝鮮ミサイル騒動の発端となったトランプのシリア攻撃にも何も言えない安倍が、何を今頃偉そうに!(4月21日、同上)

北朝鮮ミサイル、警報出たら頑丈な建物や地下街に避難を-政府 (1) いざ核戦争になれば幾らこんな事しても無駄。現に第二次大戦時も焼夷弾にバケツリレーなぞ何の効果も無かった。こんな小手先の対応なぞしなくても済むようにするのが政治の役割(4月21日、同上)

平成12年「教育を変える17の提案」の悪しき成果しつけ三原則、甘やかすな、団地に床の間、無償で勤労奉仕、教育の責任は本人が5割、ショック療法で日本を変える…その先に今回の「原発避難は自己責任で北朝鮮ミサイルも我が身で防げ」 (4月22日、同上)

ももクロも参加、安倍首相主催の「桜を見る会」
読売新聞 2017年04月15日 11時28分
 安倍首相主催の「桜を見る会」が15日午前、東京都新宿区の新宿御苑で開かれた。
 政財官関係者や芸能人ら約1万6500人が招待され、ソメイヨシノの桜吹雪が舞う中、七分咲きの八重桜などを楽しんだ。
 首相は、同席した山口公明党代表らを前に、「今日は風が強いが、自民党、公明党の連立政権は風雪に耐えて頑張っている政権だ」と強調。「風雪に 耐えて5年の 八重桜」と自作の一句も披露した。
 会には、歌手の五木ひろしさんやアイドルグループ「ももいろクローバーZ」らも参加。首相は昭恵夫人とともに笑顔で写真撮影などに応じていた。

<今村復興相>また質問打ち切り 前回と同じ記者
毎日新聞 4/21(金) 12:34配信
 東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する発言で批判を浴びた今村雅弘復興相が21日の閣議後記者会見で、フリーランスの記者からの質問を「もういいよ」と遮る一幕があった。
 記者は「自主避難者への住宅支援が打ち切られ、行き場のない人もいる。国が調査しないと、実態が分からないのでは」と質問。今村復興相は「いろんな方がいらっしゃる。よく聞いてから対応したい」と答えた。同じ記者が「把握できるのか」と再質問しようとしたところ、いらだった様子で「もういいよ。他の人どうぞ」と質問を打ち切った。会見の最後にも質問されたが、答えずに退席した。
 今村復興相は4日の会見で、同じ記者とのやり取り中に激高し、自主避難者が帰還できないのは「本人の責任」と発言。その後、謝罪して撤回し、「感情的になりおわびする。今後は冷静に対処したい」と釈明していた。

政府 北ミサイル発射の避難訓練を呼びかけ
日本テレビ系(NNN) 4/21(金) 14:55配信
 政府は21日、都道府県の危機管理の担当者を集め、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を想定した住民の避難訓練を早期に実施するよう呼びかけた。
 会議では、弾道ミサイルが日本に着弾する可能性がある場合には、政府が防災行政無線や緊急速報メール等で緊急情報を国民に伝える方針が報告された。そして、屋外にいる場合は、できるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する、屋内にいる場合は窓から離れるか、できれば窓のない部屋へ移動するといった国民がとるべき行動について説明された。
 これらの情報は、21日から内閣官房のウェブサイト「国民保護ポータルサイト」に掲載されている。政府は各都道府県に対して情報の周知を依頼するとともに、住民避難訓練を早期に実施するよう呼びかけた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皐月賞 回顧

2017年04月19日 20時11分15秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

皐月賞的中。持時計・決め手・騎手・馬の勝負根性等を勘案し、7番ペルシアンナイトから三連複とワイドで流し、ワイド7-11、2250円をゲット。個人的には中穴狙いのつもりも意外と人気に。今年初めての的中で、儲けも僅かだが、自分で言うのも何だが、結構予想通りの展開になったのでは?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育勅語と安全標語の類似性

2017年04月15日 19時16分42秒 | 森友・加計学園問題

 

注:右の「教育勅語 の12の徳目」出典は長崎県神社庁HPより。それらの徳目の中でも、最後の「義勇:お国の為に尽くせ=天皇の為に死ね」が最重視された。それ以外の11の徳目は全て、最後の徳目を補強する為の「付け足し」でしかなかった。

●本当に教育勅語の言う通り道徳一色の日本だったら、戦前には犯罪者やヤクザは一人もいなかった筈。だが当時においても、それらは「普通に」存在した。実は建前と本音を使い分けていたのだ。その上で建前だと大目に見ていた。気が付いた時には戦争一色で誰も建前に異を唱える事なぞ出来なくなっていた

●職場の安全標語もそれと同じ。安全確認と元気な挨拶で明るい職場。ところが、実際には過密労働で安全確認どころではない、食うや食わずの低賃金で挨拶どころではないと皆、思っている。思っていながら、会社の目が怖いから建前には誰も逆らえない。戦前の教育勅語と一体どこが違うのか

 以上、私の4月15日のツイートより。

 教育勅語なんて、今までだったら「戦前の遺物」として鼻にも掛けなかった人が大半ではないでしょうか?ところが、森友学園のニュースで、それを実際に教え込んでいる幼稚園が大阪にあり、安倍首相や昭恵夫人もその教育方針を絶賛していた事が明るみに出ました。そこから、安倍政権閣僚のほとんど全員が右翼団体「日本会議」の幹部で、政治家の中にも多数の活動家がいる事が明らかになってきました。これらの政治家は、国民には道徳や愛国心を説きながら、自分たちは国有財産を食い物にしていたのです。

 森友学園が、なぜ国有地を異常な格安価格で払い下げてもらう事ができたのか?借金経営で生徒募集もなかなか進まない私立小学校を、なぜ大阪府が私学審議会の反対を押し切ってまで認可したのか?幼稚園児に教育勅語を暗唱させ、「安倍首相、頑張れ!」と言わせるような、憲法や今の教育基本法にも違反するような極右の軍国主義教育が、何故まかり通って来たのか?そんな偏った教育を、何故、今まで安倍首相や稲田防衛相、橋下・大阪市長、松井・大阪府知事は絶賛してきたのか?そのくせ、問題が表面化した途端に、なぜこれらの人々は、「森友学園とは無関係」と、掌を返すような態度を示すようになったのか?本当にその教育方針が正しいと思うなら、陰でコソコソ強要するような事なぞせず、堂々と国民の前で自説を開陳すれば好いのに。

 森友学園前理事長の国会証人喚問で、疑惑はさらに深まりました。最近の世論調査でも、国民の7割以上、自民党支持者に限っても5割以上の有権者が、「政府の説明には納得できない」と答えています。しかし、その一方で、「それでも安倍政権を支持する」と答えた人が、いまだに5割以上もいるのです。これだけ疑惑が明るみになっても。かつてのロッキード事件やリクルート事件の頃には考えられなかった事です。

 「それでも安倍政権を支持する」理由の中で最も多いのが、「他に首相にふさわしい人がいないから」とか、「それでも民主党政権よりはマシ」という理由です。「別に積極的に安倍政権を支持している訳ではないけれど…」と、言い訳しながら。実際、自民党支持者や保守の人の中にも、「今の安倍政権は、これだけ国内で貧富の格差が広がっているのに、アベノミクスで株価バブルを煽るだけで、何ら国民生活を顧みようとせず、二言目には憲法改正や道徳教育の強化ばかりに血道をあげて」とか、そこまで自覚的でなくても「今の安倍政権、何かヤバイんちゃう?」と、不安に思っている人は、決して少なくないにも関わらず。

 その諦めや怠慢、保身、奴隷根性が、安倍政権の暴走にお墨付きを与えてしまっているのです。そして今や、「道徳教科書で取り上げる人物がパン屋では郷土愛や愛国心が養われないから和菓子屋に代えろ」とか、「戦前の教育勅語や、ヒットラーの『我が闘争』も、法律の範囲内でなら授業で教えても構わない」とか、「中国機の領空侵犯に対し自衛隊機が下からスクランブル発進したのを両国の国旗で説明する為に、NHKニュースで日の丸を下に図示したのが、反日でケシカラン」とか、昔なら誰もまともに取り合わなかったトンデモな言説を、政府閣僚が公然と口にするような状況にまでなってしまっているのです。

パン屋「郷土愛不足」で和菓子屋に 道徳の教科書検定(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK3P7KX3K3PULZU00T.html

NHKが日の丸を中国国旗の下に 岸信夫外務副大臣「あってはならない」(産経新聞)
http://www.sankei.com/politics/news/170413/plt1704130033-n1.html

 教育勅語やヒトラーの著作を、ファシズムの負の遺産として批判的に授業で取り上げる事は、今までも、ごく普通に行われて来ました。何も今さら政府に言われなくても。それをわざわざ、「法律の範囲内でなら」ともったいぶって、「授業で教えても構わない」と、敢えてお墨付きを与える必要がどこにあるでしょうか?「今までは批判的に教えて来たが、今後は批判するだけでなく、肯定できる(?!)部分もちゃんと教えろ」という政府の本音が垣間見えるではないですか。それを口には出さず、「忖度(そんたく)しろ=空気を読め」と暗に強要する。森友学園の異常な教育や、「パン屋から和菓子屋へ」の大勢順応も、それに屈してしまったからこそ、起こった問題ではないでしょうか?このままでは、気が付いた時には、一切批判的に教える事が出来なくなってしまい、自由も人権も「絵に描いた餅」になってしまいます。

教育勅語は道徳教材に使えぬ(読売新聞)
(前略)
教育勅語は1890年、大日本帝国憲法が施行された年に発布された。親孝行など臣民が守るべき徳目を列挙する一方、「万一危急の大事が起こったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身をささげて皇室国家のためにつくせ」(旧文部省の通釈)と説く。
 個々の徳目の当否以前に、天皇が臣民に説諭する「語りの構造」自体が、国民主権を原理とする現憲法になじまないことは明白だ。1948年に衆参両院が、排除や失効を決議したゆえんである。
 その意味では、学校現場を預かる松野博一文部科学相が、「道徳を教えるために教育勅語のこの部分を使ってはいけないと私が申し上げるべきではない」との認識を示したことには違和感を覚える。
 勅語は部分ではなく全体の効力を失ったと解すべきだ。道徳の教典として復活させてはいけない。
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO15091960Z00C17A4EA1000/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今村復興大臣の辞任を求める署名のお願い

2017年04月12日 21時07分51秒 | 福島原発震災・脱原発

 ブログに公開するのが遅くなりましたが、下記のネット署名に賛同しました。皆さんも是非ご賛同いただけたらと思い、遅まきながら拡散させてもらいます。(以下引用)

※この署名は、2017年4月5日の正午にキックオフしました。4月6日夕方の復興庁への提出を予定していますが、その後も当面継続予定です。

国の責任を蔑ろにしたあげくの “自主避難は「自己責任」”発言
現在の被害者切り捨て政策を露呈

4月4日の記者会見で、記者から避難者が住宅提供を打ち切られ、困窮していることに対する国の対応を問われた貴職は、「自主避難者が福島に帰れないのは本人の責任である。基本は自己責任。裁判でも何でも,やれば良いではないか」という趣旨のご発言をなさいました。 

東京電力福島第一原発事故の責任は、国と東京電力にあります。

私たちは、「加害者」側におられる貴職が、「被害者」である避難者に対して、自分の責任だという発言を行ったことに強い憤りを禁じえません。 

避難者は、原発事故さえ起らなければ、故郷を離れ、違う土地で苦しい思いをすることもありませんでした。

2012年に制定された、「原発事故子ども・被災者支援法」の中でも、原子力政策を推進してきた国の責任を明記し、被害者が居住・避難・帰還のいずれを選択した場合でも、国が支援を行う旨が書き込まれています。 

貴職の発言は、これらを一切無視し、国の責任を放棄し、避難者の想いを踏みにじるものです。被災者支援の責任を担うはずの復興大臣としての資質を問わざるをえません。 

また、上記発言は,避難指示区域外から避難している方々の実情を全く知らないが故の発言です。 

4月以降の避難生活を継続される、多くの方が生活困窮に陥りながら、避難の理由である放射能被害から家族を守る為に苦闘しています

現在まで、復興庁は、住宅提供打ち切りおよびその後の責任を福島県に押し付け、避難者の実情の把握すら行ってきませんでした

さらに、3月17日、前橋地裁は,福島県から群馬県に避難した原告などが国と東京電力を相手に提起した損害賠償請求訴訟において,国に東京電力と同等の賠償責任を認めた上,原告となった自主避難者のほとんどの人について,避難することが合理的であったこと,また,種々の理由で避難を継続していることも合理的であることを認めました。すなわち,自主避難者が避難したことや避難を継続していることは,自己責任ではなく,国に法的な責任があることを認めています。

それにもかかわらず、「裁判でもなんでもやればよい」という貴職の発言は、被害者である原告が何故、裁判に訴えなければならなかった事情を理解せず、被害者全体を侮辱するばかりでなく、閣僚として司法判断を軽視するものです。 

私たちは、貴職に対し、発言の撤回と謝罪、そして復興大臣を辞任することを求めます。

今村復興大臣の辞任を求める避難当事者・支援者有志一同 

https://www.change.org/p/%e5%be%a9%e8%88%88%e5%a4%a7%e8%87%a3%e3%81%ae%e8%be%9e%e4%bb%bb%e3%82%92%e6%b1%82%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%99?utm_medium=email&utm_source=notification&utm_campaign=petition_signer_receipt

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の職場ネタ、怒りの作業日報!ノブ太、また墓穴を掘るw

2017年04月09日 08時12分49秒 | 職場人権レポートVol.3

 

 下記の意見書を明日のバイト朝礼で当該社員のノブ太(仮名)に直接手渡します。ブラック企業も最初からブラック企業だった訳ではありません。こんなささいな事でも、誰も何も言わないから、次第に社員や会社が頭に乗って、徐々にブラック企業化していったのです。

 

 問題をすり替えないで下さい。

 4月8日(土)午前の農産PC仕分け作業で玉葱が16パック(8パック入り2ケース)余りました。

  当日は、午前7時過ぎから約1時間、私が、出荷用の店別タックシールを玉葱のケースに1枚ずつ貼りながら、計41店舗分389ケース(10ケース×38台+9ケース×1台)の玉葱の山を、仕分け作業の効率も考えて、数店舗ずつに分けていました。その際、10ケース単位の一本物(出来上がり品)と9ケース以下の端数では、扱いが異なるので、下記のように振り分けていました。
 ①  一本物➔出来上がり品なので仕分け不要。各ブロックの待機場所に持って行くだけ。ゆえに店別タックシールも、1台の一本物ごとに、連番になっている始端(例:15-1)と終端(例:15-10)の2枚だけを店名識別の為に貼り、その店のバーコード読み取り用シールを貼ってそのまま出荷。
 ②  端数➔隣の仕分け場に搬送し、仕分け作業者に引き渡し。この後、店舗別に仕分けしなければならないので、店別シール(例:15-11から15-15まで)はケースに1枚ずつ貼っていました。

 その時に、2ケース分の端数の店別シールが床に落ちたかケースの間に紛れ込んだ等で、行方不明になった為に、仕分け終了後にシールのまだ貼られていない玉葱のケースが2ケース残ったものと思われます。(仕分け前の検品で総数389ケースちょうど揃っていた事は既に確認済です)

 もし、このような場合でも、店舗別実績リストさえあれば、仕分け終了直後に、私がリストと照合して、不明分2ケースの出荷先店舗を直ぐ発見できたのに、社員(××・ノブ太の両氏)がリストの保管場所を知らなかった為に、当日午前10時半過ぎまで不明のまま放置され、後で副所長とノブ太さんの二人がかりで30分位も時間をかけて探し回らなければならなくなったのです。(ここで、出荷先不明分の玉葱は××店12ケースのうちの端数2ケースである事がようやく判明)

 その不手際を棚に上げ、「一本物も始端と終端だけでなく全てシールを貼らないから、途中でシールを紛失しても分からなくなるのだ」(ノブ太さん)なぞと、お門違いの批判をしないで下さい。今回の混乱の原因は、シール紛失そのものよりも、セーフティネットが皆無だった事(リストの不備や実績データの保管場所を社員が全然知らなかった事)にあるのですから。

 確かに、シールも紛失しないように気を付けなければなりません。しかし、人間である以上、いくら気を付けていてもミスは起こります。その程度の日常起こり得るミスの対策も講じないで、いたずらに無駄な仕事ばかり増やしても、無駄な事に気を取られ、余計にミスが増えるだけです。

 ましてや、「店舗別実績リストを発行してもらうようスーパー・××に頼まなければならない(のが煩わしい)」「仕分け物量も以前よりは減っているのだから、一本物も時間内に全部シールを貼れるはず」(同上)と言うに至っては言語道断です。これでは、自分の手間を省く為に、作業効率の向上や労働環境の改善を犠牲にしているようなものではないですか。社員としての職責を放棄し、根性論を振り回し、作業者個人に責任をなすり付けているだけではないですか。たかがリスト一枚出す手間を省く為に、業務改善や職場環境の改善を犠牲にして良いのか?よく考えてもらいたいです。 

 2017年4月10日 業務請負××株式会社 スーパー・××物流センター出張所 プレカリアート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレカリークスw

2017年04月06日 22時26分57秒 | 森友・加計学園問題

安倍昭恵夫人に関する様々な資料をアキエリークス等から転載してまいりますw。

 

転載① あの手紙(アキエリークス)

小学校敷地の件について(平成27.10.26)

小学校用地として豊中市野田1501の国有地を買売予約附 定期借地として契約。(国土交通省航空局の土地  交渉先は近畿財務局)

当方としても買収をしたかったが資金調達都合があったので10年以内に購入希望としたところ、10年定借という当方にとっては切迫感のある契約となった。事業用定借というのは長期間借りることにより経営が安定するのだが 長期間使用する必要がある学校という扱いが財務省側はしてないので非常に不安である。

学校が事業用地で定借10年は短かすぎ(10年以内に買い取りし、それができなければ建物を取り壊して原状に復する)、10年で買い取るつもりではあるが、事業環境が変わったりするのでやはり50年定借として早い時期に買い取るという形に契約変更したいです。でないと安心して教育に専念できない。

買い取り価格もべらぼうに高い。のでびっくりしている。

A1※さらに現在借地契約のあと、土壌汚染や埋蔵物(ガラなど)を撤去しており、本来国が契約前に撤去するか、撤去している間は賃借料(250万/月)が発生しないのが民民契約だが、国との契約だから従ってもらわねばならぬということで現在に至る。建物建築時から借料が発生するのが本来であるのにおかしいと思う。

安倍総理が掲げている政策を促進する為に
※国有財産(土地)の賃借料を50%に引き下げて運用の活性化を図るということです。
※学校の用地が半値で借りられたらありがたいことです。

A1の関係してですが、平成27年2月契約事前の段階で財務局と航空の調整の中で学園側が工事費を立て替え払いして平成27年度予算で返金する約束でしたが、平成27年度予算化されていないことが9月末発覚し、平成28年度当初に返金されるという考えられないことも生じています。11月中に土壌工事は終わりますのに4ヶ月間のギャップはどう考えているのか航空局の人間の感覚が変です。4ヶ月間の利息は?ふりまわされています。

新聞記事と当方の契約書を同封いたしますのでよろしくお願いします。

 籠池 拝

https://akie-leaks.com/2017/03/31/theletter/

 

転載② 【資料】内閣総理大臣夫人付・谷査恵子氏から籠池泰典氏へのファクス返信(THE PAGE) 

塚本幼稚園 幼児教育学園
総裁・園長
籠池 泰典 様

前略 平素よりお世話になっております。
先日は、小学校敷地に関する国有地の売買予約付定期借地契約に関して、資料を頂戴し、誠にありがとうございました。

時間がかかってしまい申し訳ございませんが、財務省本省に問い合わせ、国有財産審理室長から回答を得ました。

大変恐縮ながら、国側の事情もあり、現状ではご希望に沿うことはできないようでございますが、引き続き、当方としても見守ってまいりたいと思いますので、何かございましたらご教示ください。

なお、本件は昭恵夫人にもすでに報告させていただいております。

内閣総理大臣夫人付 谷査恵子

※明日より出張のため、携帯番号がしばらくつながらない可能性がございます。
ご迷惑をおかけいたします。


籠池様

平素よりお世話になっております。
先月頂戴しました資料をもとに、財務省国有財産審理室長の田村嘉啓氏に問い合わせを行い、以下の通り回答を得ました。

1) 10年定借の是非

通常、国有地の定借は3年を目安にしているが、今回は内容を考慮し、10年と比較的長期に設定したもの。他の案件と照らし合わせても、これ以上の長期定借は難しい状況。

2) 50年定借への変更の可能性

政府としては国家財政状況の改善をめざす観点から、遊休国有地は即時売却を主流とし、長期定借の設定や賃料の優遇については縮小せざるをえない状況。介護施設を運営する社会福祉法人への優遇措置は、待機老人が社会問題化している現状において、政府として特例的に実施しているもので、対象を学校等に拡大することは現在検討されていない。

3) 土壌汚染や埋設物の撤去期間に関する賃料の扱い

平成27年5月29日付 EW第38号「国有財産有償貸付合意書」第5条に基づき、土壌汚染の存在期間中も賃料が発生することは契約書上で了承済みとなっている。撤去に要した費用は、第6条に基づいて買受の際に考慮される。

4) 工事費の立て替え払いの予算化について

一般には工事終了時に清算払いが基本であるが、学校法人森友学園と国土交通省航空局との調整にあたり、「予算措置がつき次第返金する」旨の了解であったと承知している。平成27年度の予算での措置ができなかったため、平成28年度での予算措置を行う方向で調整中。

https://thepage.jp/detail/20170323-00000011-wordleaf

 

転載③ 「森友」疑惑 籠池氏の要望に「満額回答」(しんぶん赤旗)

 学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が、安倍晋三首相夫人の昭恵氏に大阪府豊中市内の国有地にかかわる要望を伝えていた2015年10月26日、「内閣総理大臣夫人付」政府職員の谷査恵子氏あてに送った手紙の全容が明らかになりました。日本共産党の大門実紀史議員が28日の参院決算委員会で明らかにしました。

 手紙は、大門氏が独自に入手し、籠池氏の弁護士を通じて、籠池氏本人が書いたものだと確認したもの。

 この手紙を受けて昭恵夫人側は同11月17日、谷氏の名前でファクスを返信。要望事項について「財務省国有財産審理室長の田村嘉啓氏に問い合わせ」たとしたうえ、「現状ではご希望に沿うことはできない」「昭恵夫人にもすでにご報告」したとしていることが、籠池氏の証人喚問で判明しています。

 このファクスについての認識をただした大門氏に、安倍首相は「『ゼロ回答』であり、なんら影響はなかった」と答えました。

 大門氏は「ファクスだけなら『ゼロ回答』のように見える部分もあるが、籠池氏の手紙と突き合わせていくと、要望はその後すべて実現している」と指摘。▽定期借地期間を50年に延長したうえ「早い時期に買い取る」↓16年6月の売買契約で実現▽土地の賃料を半額に↓支払額を月額に直せば要望通り▽森友側が立て替えていた工事費用の支払い↓16年4月6日に執行―となっており、「『ゼロ回答』どころか『満額回答』」だとのべました。

 疑惑解明のために、野党が求めてきた昭恵氏らの証人喚問を決算委員会で実現すべきだと要求。岡田広委員長は「理事会で協議する」と答えました。

 大門氏は、安倍首相が国会で「妻から森友学園の教育の熱意は素晴らしいという話を聞いている」とのべたことをあげ、「首相の考え方に沿う学校だったのだろう。皇国史観にもとづく教育をする小学校をつくろうという大きな力が働いたように思える。真相解明に全力を尽くす」とのべました。(以下、谷氏からの返信ファクスの文面については転載②と同じ内容なので引用省略)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-03-29/2017032901_04_1.html

 一時中断していた森友学園関連の記事投稿を再開します。まずは、小学校用地取得の件で、籠池氏から総理夫人付公務員・谷査恵子氏との間でやりとりされた手紙・ファクスの内容について。後々の為に参考資料として当ブログにも転載させてもらいます。

 安倍晋三も昭恵も、実際は「満額回答」で、籠池氏に思いっきり「忖度(そんたく)していた(手心を加えていた)」にも関わらず、いまだに「ゼロ回答だったので忖度はしていない」「谷氏の独断でやった事だ」と、判で押したように不誠実答弁を繰り返し、谷氏ひとりに責任を押し付けて、責任逃れに汲々としています。そして、己の保身の為には平気でシラを切り、旧来の支持者や自分の部下も平気で見殺しにしています。こんな事が一付き人の独断だけで出来る訳ないし、それは転載②の手紙の中の「昭恵夫人にもすでに報告させていただいている」との文面からも明らかなのにw。

 軍国主義教育の塚本幼稚園での園児虐待が明るみになった後も、「教育勅語も、憲法に反しないやり方でなら(?)学校で教えても良い」と、憲法違反の教育勅語をあくまで温存しようとする。「伝統的日本人」育成の為に道徳教科書の内容を「パン屋」から「和菓子屋」に書き替え、体育の授業で何と軍事教練まがいの「銃剣道」を教えようとする。電通での過労死事件が発覚した後も、「働き方改革」と称して、逆に過労死ライン以上の長時間残業にお墨付きを与えようとする。原発事故で「自主避難」を余儀なくされた被災者に対して「自己責任」と言い放ち、最後には「出て行け!」と記者に暴言を吐くような人物に復興大臣をやらせる・・・。これらに共通するのも、全て、このような「保身」「責任逃れ」「居直り」によるものです。こんな人物は一刻も早く総理の座から引きずり降ろさなくてはなりません。こんな内閣も一刻も早く倒さなければなりません。

 安倍は、北朝鮮のミサイル発射問題に矛先を変える事で、森友学園の疑惑追及に幕引きを図ろうとしていますが、そんなものに騙されてはいけません。自分たち自身が政治を私物化し、国民の納めた税金を食い物にして、北朝鮮みたいな政治を散々やってきておきながら、今さら何を言っているのかと思いますね。「自国の北朝鮮」を倒す方が先です。正に「愛国心はならず者の最後の墓場」という格言の言う通りです                                                          

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜谷軽便鉄道の電車を運転してきた。

2017年04月03日 22時49分29秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

  

 今回は森友学園の件は少しお休みして久しぶりに鉄道の話題を。実は、この日曜日に電車に乗って実際に運転もしてきました。もちろん営業用の電車ではありません。場所は大阪府の北端、妙見山の麓にある豊能(とよの)町です。そこの山を切り開いて造成された光風台という住宅街の一角に、鉄道趣味の方が運営する、桜谷軽便鉄道という保存鉄道があり、毎月第一日曜日に運転会を主催しています。私も以前から一度行ってみたいと思っていましたが、場所が北摂の山中で自宅から遠いのと、月一回だけのイベントなので、なかなか行けませんでした。それが今回ようやくかなう事になりました。

 鉄道のゲージ(レール幅)はわずか15インチ(381mm)です。新幹線や阪急などの標準軌が1435mm、JR在来線や京阪・南海などの狭軌が1067mmであるのと比べ、いかに線路の幅が狭いか分かります。鉱山のトロッコ電車と同じ幅です。私が乗った時も、乗り降りするたびに車体が大きく揺れていました。しかし、それでも、単なる模型や遊園地のお猿の電車などとは違い、自分たちで土地を購入してレールを引き、架線も張って実際に送電して電車を動かしているのですから、凄いものです。踏切やポイント、信号機まであるのですから。

 

 梅田から阪急宝塚線に乗り、川西能勢口で能勢電鉄に乗り換え光風台駅で降り、阪急バスで東ときわ台2丁目のバス停に着いたのが12時半。そこから3分で到着するはずが、道に迷ってしまいました。反対方向に歩いている事に後で気付き、近所の方にわざわざ案内してもらって、会場入口の踏切標識(最上段の右写真)までようやくたどりつく事ができました。現地ではもう既に運転会が始まっており、スタッフの人が整理券を配っていました。この整理券の番号順に、スタッフの方の指導の下で運転操作を行う事になります。鉄道主催の「免許試験」もあり、それに合格したら自分一人で運転できるようになります。運転コースは上図の南山(みなみやま)線という軌道で、風の峠駅を出発して桜谷駅をぐるっと回り、再び風の峠駅の車庫をかすめて出発ホームに戻って来るまでです。両駅間の距離は、並行道路に立っている電柱3本分ですから、100mあるかないかでしょうか。南山線の崖の下には後述する子ども人車軌道(実際に人力で車を押します)やインクライン(貨物用ケーブルカー)もあります。

 

 

 運転会出発地点の「本社所在地」風の峠駅の賑わいと駅名標。「風の峠」という駅名は宮沢賢治の童話「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」から取ったそうです。ちなみに、鉄道名の「桜谷」は、この付近に昔あった鉱山の名前で、線名の「南山」も、この付近一帯の昔の地名から取ったそうです。

 

 風の峠駅の車庫と構内の手動式ポイント。ポイントは黒白の車輪のようなレバーで操作します。

 

 赤と白の2両編成の電車は、両駅間を走る10号電動車と150号付随車。青と白の単行車は電車ではなくキハD11ガソリンカー(だからパンタグラフがない)で、ちょうど風の峠駅を出て桜谷駅に向かおうとする所。両方とも運転会では引っ張りだこの超人気者です。

 

 蒸気機関車は実際に石炭で走ります。電気機関車も昔懐かしいレトロ風。いずれも桜谷駅から風の峠駅に向かう所。

 

 さて、いよいよ私の運転する番がやって来ました。スタッフが後ろについてコーチしてくれます。運転席右のレバーがブレーキで、手前に引いて左に回すと解除(発進可能になる)。運転席左の黒いボタンの付いたレバー(マスコントローラー、略してマスコン)も、同じ様に左に回すとスピードが出ます。ブレーキとマスコンを交互に操りながら電車を運転します。踏切を通過する際は足元のペダルを踏んで警笛を鳴らします。さあ、風の峠駅の出発信号機も青になり、電車が発車します。

 

 試乗運転で一番苦労したのが、桜谷駅構内のこの急カーブ。「ここもマスコンを思いっきり開放して(左に回して)通過して良い」と後ろのスタッフに言われましたが、運転席からこの急カーブを見ると、やはり徐行運転したくなります。(;^_^A

 

 最後に記念スタンプを押して帰途につきました。桜谷軽便鉄道のイベントは全て無料で参加できます。「運転免許試験」の講習・実技試験受講も無料です。つまり鉄道職員(スタッフ)は全てボランティアで働いているのです。本当に鉄道が好きでないと務まりませんね。来訪された時は是非、積極的に寄付をお願いします。なお、5月に限り、第一日曜日以外の5月5日も、「桜谷まつり」と称して臨時の運転会が開催されます。詳しい日程については、同鉄道のHPを参照して下さい。

 

 帰りがけに子ども用の人車軌道とインクラインがあるのに気が付きました。明治時代は、鉄道が開通するまで、こんな人車軌道や馬車鉄道が輸送を担った時期がありました。阪堺電車の上町線も最初は馬車鉄道でした。インクラインは、下の駐車場から荷物を上の南山線の駅に上げる為に作られました。京都市東山区蹴上(けあげ)付近の琵琶湖疎水には明治時代のインクラインの遺構も残っています。帰りに乗った阪急電車の運転席も、ブレーキとマスコンで操作するようになっていました。

 最後に少し苦言を申し上げておきます。まず第一に、東ときわ台2丁目バス停から現地までの道順が非常に分かり難いです。鉄道公式HPのグーグルマップには周辺図しか載っていない為に、私のように地図アプリをダウンロードできず土地勘もない人間にとっては、地図だけでは方角が分かりません。普通は上が北になるのですが、新興住宅街でどこも似たような街路が続くので、それだけでは分からないのです。現に迷子になりました。地図に方角を入れるか、バス停付近に案内図の看板を設置しておいてほしいです。初めて来る人は、途中の上り坂さえ苦にならなければ、能勢電鉄終点の妙見口駅から道なりに歩いて来る方が分かりやすいかも知れません。第二に、出来れば駐車場付近に仮設トイレを用意しておいてほしいです。弁当や飲料については途中のコンビニでも買えますが、トイレだけは近くにないと、いざという時に困ります。ボランティアでやっている運営スタッフの方に、こんな事を書くのは私も心苦しいのですが、必要な事なので敢えて書かせてもらいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加