アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

人権問題としての脱原発

2011年09月29日 21時08分18秒 | 福島原発震災・脱原発
 

 いささか古い記事になりますが、国公一般労組のブログ「すくらむ」から転載します。

(転載開始)
ピンハネ率93%・核燃料プールに潜る外国人労働者-重層的下請構造で使い捨てられる福島原発労働者

(前略)
 福島第1原発の労働者の多くが宿泊する福島県いわき市で市議会議員をやっています渡辺博之です。
 上の図は私が作成した「原発の重層的下請構造の構図」です。
 東京電力から日立や東芝などプラントメーカーなどへの発注のほか、「東電御三家」と呼ばれている「東電工業」「東京エネシス」「東電環境」という2次下請の企業に発注されます。この「東電御三家」の下に、3次下請となる「常駐下請」の企業がそれぞれ20社ぐらいずつぶら下がっています。
 さらに、その下請として、地元の専門業者が4次下請となります。4次下請は、パイプやバルブ、電気など、それぞれ固有の技術力を持っている業者で、ある程度地元では知名度がある企業です。
 この4次下請の専門業者が、5次下請となる「派遣会社」――「派遣会社」と一応呼んではいますが実態はまともな派遣会社からすれば一緒にしてくれるなと怒り出すような違法な「人夫出し業者」と言うべきものです――この人夫出し業者(派遣会社)を経由して、必要なだけの作業員をかき集めているのです。
 さらに、人を集めることができなければ、その下に、6次、7次の下請となる人夫出し業者(派遣会社)から作業員を集めることになり、場合によっては20次下請ぐらいまでの重層的な人夫出し業者(派遣会社)がからんでくることもあります。
 5次下請以下の人夫出し業者(派遣会社)になると、下請の順位はその都度入れ替わったりしますし、派遣会社から派遣会社への多重派遣というのも日常的に行われてます。
 実際の労働者は、5次以下の下請となる人夫出し業者(派遣会社)に雇われていたとしても、書類上は「常駐下請(3次か4次下請)」の社員ということにされています。しかし、給料は実際に雇われている4次下請以下の人夫出し業者(派遣会社)から受け取ります。
 東電からは労働者の日当が多い場合1人10万円ぐらい出ていますが、この重層的下請構造の中で中間搾取され、4次、5次下請労働者で日当8千円ほどにされ、さらに末端の原発労働者では私が知っている中で最も低い日当は6千500円程度でした。底辺の原発労働者の実態は、日当10万円から9万3,500円も中間搾取され、ピンハネ率は93%で9割を軽く超えているのです。
(後略)
(転載終了)
 http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10977201393.html

 その記事では、8月4日に日弁連主催の「原発労働問題シンポジウム」での地元共産党市議の上記報告が取り上げられています。当該報告ではその後に続いて、下請け作業員に対する上記の賃金ピンハネ事例以外にも、作業員の名義貸しや偽装請負の横行、社会保険未加入などの人権侵害や、東電・下請け企業ぐるみの「口封じ」、暴力団の暗躍などの実態や、最底辺でより危険な作業に就かされる外国人労働者の存在などが語られています。

 以前、NHK番組「クローズアップ現代」で、大阪・西成あいりん地区の労働者が、宮城県でのダンプ運転手募集と騙されて、福島原発の作業員として働かされていた話を取り上げていました。その番組でも、今回の件はたまたま労働者の告発によって明るみに出ただけで、あくまでも氷山の一角にしか過ぎないと言われていました。
 また、この様な違法行為の記述は、原発作業の実態を描いた下記の「原発労働記」にも、幾度となく顔を覗かせます。

原発労働記 (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社


 昨今、脱原発運動が世間の耳目を集めるようになるにつれて、原発推進派からの巻き返しも目立つようになりました。曰く、「原発がなくなったら電気が途絶える」だの「電気料金が割高になる」「二酸化炭素の排出量が増える」だのと、お為ごかしの屁理屈を伴いながら。
 それらの全てが、実際は為にする屁理屈にしか過ぎないのは、もはや明らかです。電気が途絶える所か、それまで原発フル稼働の為に休止していた既存の火力発電所を動かせばそれで済む話。
 日本の電気料金が割高なのも、実は原発が張本人。原発を作れば作るほど儲かる「言い値」の独占価格体系(総括原価方式)によるもの。キロワット時の発電コストも、水力4円、火力9円に対し原発12円と、実は原発が最も高コスト。原発は出力調整の融通が利かず、余剰電力を消費するために揚水発電所も付設しなければならない。その揚水発電のコストまで含めると最も割高となる。
 燃料供給について見ても、化石燃料よりウランの方が先に枯渇するし、海外依存度もウランの方が高い。ウランの採掘・精錬・加工でも化石燃料を使う。従って「二酸化炭素排出」云々は為にする口実でしかない。

 この様に、純粋に経済コストだけで見ても、原発はもう「良いトコ無し」な上に、放射性廃棄物(核のゴミ)の貯蔵・管理・処分をどうするか、温排水や放射能汚染の問題をどうするかといった、他の発電所には無い原発特有の巨大な矛盾を抱えているのです。原発が「トイレ無きマンション」に準える所以です。
 その矛盾を解消するために強行されたプルサーマル(核廃棄物リサイクル)計画も、その一部を再利用するだけで、後には更に危険な高濃度の「核のゴミ」が残される。計画も悉く失敗の連続で、実用化の目処が立たない原型炉「もんじゅ」に多額の税金がつぎ込まれてきた。核廃棄物を南太平洋やモンゴルに捨てろという主張なぞは論外。ゴミ押し付けの手前勝手な論理以外の何物でもない。地球は「核のゴミ捨て場」ではない。

 だから、電力会社は原発マネーを使って安全神話を振りまきながら、決して大都会に原発を作ろうとはしないのです。また、自分たちで現場の作業を担おうとはしないのです。電源三法交付金で過疎地帯を原発依存の「企業植民地」に変え、地域経済自立の目を摘み取り、下請けの下請けのそのまた下請けの零細業者・ワーキングプアに被曝のリスクを全て押し付けているのです。
 他にもっとまともな仕事さえあれば、誰もそんな仕事には就かない。無いから仕方無しに就くのだ。そこに食い詰めた訳アリの労働者や、それを食い物にする寄生虫(暴力団・手配師)が集まる事になる。電力会社も、裏ではそれを体よく利用しながら、表向きはあくまで無関係を装ってきたのだ。

 つまり、原子力発電とは、その様な被曝ピンハネ搾取労働の上に胡坐をかく「差別の発電体系」なのです。そんな差別的・非人間的で不正義な仕組みを改め、もっと人間らしい経済の仕組みに変えようというのが、脱原発運動の目的です。
 それに対しては、「これは何も原発に限った問題ではない、派遣・請負などの非正規労働や、名ばかり正社員などのワーキングプア全体に言える事だ」「だからと言って、非正規労働を今すぐなくせとは言えないだろう」などの反論があるかと思います。中には、「これは必要悪だ」と居直る輩もいるかも知れません。
 しかし、その諸々の差別・搾取の最底辺に位置するのが、この原発労働です。何故ならば、それは被曝という形で、他の労働以上に生命の危険に直接晒され、また地方過疎地の多重下請け構造の下で、他の労働以上に無権利状態に据え置かれた、謂わば「蟹工船」と同じ状況に置かれた労働なのですから。これは逆に言えば、この「沈め石」の最底辺で労働者が立ち上がれば、その他の労働現場にも多大な波及効果を及ぼす事が出来るという事でもあります。

 そういう意味では、原発問題は環境や経済コストの問題以前に、人権問題として捉えるべきなのです。勿論、環境保護や経済コストの面からも考えなければなりませんが、あくまでも基本は人権問題として捉えるべきです。
 人権問題である以上、あれこれの口実をつけて、脱原発の目標を先延ばしにしたり放棄する事は、もはや許される事ではありません。ましてや産経新聞の様に、作業員の所在不明問題を人権問題として見ずに、名義貸し・偽装請負や賃金ピンハネも黙認しながら、テロの脅威だけを言い募る立場は、労働者への敵対以外の何物でもありません。「下請けの命より原発存続の方が大事」と言うに等しいのですから。
 自然再生エネルギーは所詮原発の代替とはならない?政府・財界にその気がないだけだろう。ドイツやデンマークでは今や電力供給の2割をそれで賄っている。フランスの原発頼みの偽装「脱原発」だ?原子炉も核燃料もそれ以上に米国依存のままで、脱原発を貶める資格が原発推進派にあるか。テメエら原発推進派こそが、福島を放射能で侵略し、酪農家を自殺に追いやり、国民にテロ行為を仕掛けているのだろうが!北朝鮮と同様に、原発の下請け労働者や地域住民を「原子力村」の強制収容所に囲い込んでいるのだろうが!

東日本大震災 原発事故怒りの歌 「うつくしま福島をかえせ!」
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛になれば逮捕される国

2011年09月25日 10時11分27秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ
 

 先日、健保組合から会社経由で調査票が送られて来ました。どういう調査票かというと、整骨院の不正診療請求について問う内容です。
 高齢化社会や腰痛・頸肩腕症を患う人が増えた事で、最近とみに整骨院が街中に増えました。これらの整骨院はいずれも保険適用を謳っていますが、実はその大半が違法なのです。今の制度では、整骨院に保険が適用されるのは、骨折・脱臼・ぎっくり腰などの急性・亜急性症状に限られます。しかし実際には、それ以外の腰痛などの慢性症状についても、実際には発症に至る何らかのキッカケ(例えば腰を捻った等)があった筈だという、言わばグレーゾーン的な拡大解釈によって、今までは整骨院にも保険が適用されていたのです。しかし、近年の保険財政逼迫によって、次第にそういう「お目こぼし」も効かなくなってきた。それで最近、健保組合の方でも、被保険者(私)に直接、整骨院の診療実態を問う、こんな問診表が頻繁に送られて来るようになったのです。
 
 これは私だけでなく、他のバイトにも、今まで整骨院を利用した人には全員調査票が送られてきています。それで私にも、7月にのべ5日通って計1880円(3割負担分)払った施術(治療)について、それが急性によるものか否かを詳細に問う調査票が送られて来たのです。しかも、私の場合は5月に次いでこれで二度目です。
 この調査票の内容については、会社側も恐らく知っているでしょう。現に私にこの調査票を手渡した所長も、「こんなんにまで厳密に保険適用されてしまったら、今後は整骨院に一回行くだけでも数千円もかかってしまうわな」と、至って同情的でした。しかし、所詮は当事者ではないので、「健保組合とうまく話をつけてくれ」で終わりです。

 そりゃあ確かに「不正」と言われればそうかも知れません。でも、私にも言い分は幾らでもあります。
 まず第一に、以上述べた事は、整骨院の保険料不正請求の事実がニュースなどで明るみになってから初めて知った事で、それまでは何も知らずに、自宅の近所で夜8時まで開いているので仕事帰りにも通えるし、何よりも保険で診てくれるので便利だからという事で利用していたのです。それを今頃になって保険適用外だの不正だの言われても、じゃあ現実に腰痛を患っているのに、一体どうすれば良いのですか。今後は一回数千円も払って受診しなければならないのですか。そんなもん毎回毎回払えるか。(注)

 第二に、健康保険や年金などの社会保険は、そもそも何の為にあるのか。労働者保護・国民福祉の為でしょうが。いざ病気になっても治療に専念でき、いつでも社会復帰出来るようにする為にあるのでしょうが。その根本の所を等閑にして、不正請求だ何だと口実をつけて(事実私にとっては只の嫌がらせでしかない)、逆に社会保険が国民を追い詰めるような真似をして良いのか。昨今、国民年金保険料滞納者の給与・自宅差し押さえが国によって強行されていますが、これも無職や月収僅か十数万円の貧乏人に、月数万円もの保険料を支払えという事自体、無茶苦茶な話です。国民の「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(憲法25条)を守る気のない国の方こそ、よっほど違法・不正じゃないか。

 第三に、そもそも何でこんな「不正請求」が横行するようになったのか。私もあれから少しですが、色々調べてみました。そこでおぼろげながら分かってきたのが、手術・投薬が中心の西洋医療偏重の保険体系の下で、整骨院に支払われる診療点数(収入算定の基になる)が不当に低く抑えられており、まともに法を守って営業していたのでは食っていけない実態です。多分、製薬業界が裏で手を回しているのでしょう。
 私、西洋医の診断書があれば慢性症状でも鍼灸・整骨の治療に適用される所があると聞いて、わざわざ電車でそこまで通って診断書を書いて貰いました。そこまでしても、いざ保険で鍼灸治療を受診してみたら、数本しか鍼を打ってくれません。まともに打っていたのでは「骨折り損のくたびれ儲け」にしかならないからです。

 そして第四に、誰も好き好んで腰痛や頸肩腕症になったのではありません。長年の労働の中で、次第に身体を患った結果なったのです。私の場合で言えば、長年物流業界で、長時間に渡って冷蔵庫・冷凍庫の中で作業し、重量物を運んだり腰を捻ったりする中で、身体の筋肉が固くなってしまったのでしょう。ストレッチ体操を試みたりもしましたが、時間や場所が確保できず長続きしませんでした。これは私が悪いのですか?
 また、これは私だけの問題ではありません。今や腰痛は国民病とまで言われるようになった。その背景には、パソコンなどのDVT作業の影響や、トヨタのカンバン方式やコンビニ・百均ショップ、安売り牛丼チェーンに見られるような、人間を部品扱いして低賃金で際限なく働かせ、少しのミスも許さないような働かせ方が蔓延するようになったからでしょう。これも国民の自己責任ですか?

 社会がそのように変貌し、それが整骨院乱立の一因にもなっているのに、国の福祉削減の意図により、保険体系だけが旧態依然として、「整骨院は只の骨接ぎ」「腰痛はぜいたく病」との評価のまま、わざと据え置かれてきた結果、今のような問題が起こってきたのだろうと、私は推測しています。
 じゃあ、整骨院に支払われる診療点数をかさ上げさえすれば、それで問題が解消されるというものでもないでしょう。それはあくまで対症療法にしか過ぎず、今の非人間的な労働環境が是正されなければ、根本的な問題解決にはならないと思います。
 その中で私としては、せめて腰痛治療ぐらい安価で受けれないのかと思います。何度も言いますが、これらの背景を問わずして、国の憲法25条違反(不作為)を問わずして、個別のあれこれの「不正」行為ばかり論うのは、国や製薬企業のお先棒担ぎでしかないと、私は思います。

(注)しかも私の場合は、整骨院とは別に、同じ近所の鍼灸医にも、実費(保険適用外)で通っています。隔週で通っており、会社の定休日もその受診日に合わせて貰っています。こちらは1回に付6千円も治療費が掛かります。治療費が半端じゃないので、高額医療費控除の確定申告を毎年しています。これで税区分変更以前は年間2万円近く戻ってきて来ていたのが、変更後は半減してしまいました。
 但し、こちらは完全予約制で受診日の融通が全く効かないので、合間に整骨院にも時々通うようになったのです。こんなものまで保険適用外にされてしまうと、今後は合間に腰痛になっても湿布薬で凌ぐしかなくなります。しかも私の会社の場合は、当日欠勤については後日医者の領収書を提出しなくてはなりません。こんなんで数千円も出して整骨院には通えないので、勢い近所の町医者通いになりますが、実際、湿布薬処方で終わりです。じゃあ無理して出勤して事故でも起こしたら一体誰が責任を取るのか。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

原発なんかに殺されて堪るか!

2011年09月22日 16時16分31秒 | 福島原発震災・脱原発
 遅くなりましたが、9月19日東京・明治公園での脱原発5万人(後日発表では6万人)デモの報告をアップしておきます。まずは、このデモに参加されたロン子さんから、拙ブログに寄せられたコメントをそのまま紹介します。

(転載開始)
9.19デモの報告(明治公園) (ロン子)
2011-09-19 20:11:53

先週に引き続き、行ってきました!
ある意味、本命のデモでした!
今回は既に乗換駅の新宿に降り立った時点で「今までと違う…」と思いました。というのはすでに私の前を歩いている若い男性の来ているTシャツの背中に「原発を許すな!放射能は云々…」みたいなことが書いてあります。今まで最寄駅でもない駅で、デモ隊参加者にでくわしたことなどありませんでした。
もしや…と思いつつ、大江戸線の国立競技場駅に降り立つと、やはりものすごい人でした。
明治公園まで、なかなか行けないほどの人出で警官も整理に大変そうでした。
集会の会場には人が多すぎて入れず、デモは2時すぎの出発だったにも関わらず、後ろの私は3時半ころまで出発できませんでした…
主催者発表6万人は、あながち大げさではないと思います。集会場所をヘリコプターがたくさん飛んでいたので、「今回こそ、マスコミはとりあげる!」と思いましたが、録画予約をしておくのを忘れ、夕方の日テレもNHKも見れませんでした…やっぱり、ちびっとしか報道されてないんですかね…多局はどうなのかな?
警察はデモ隊を故意に分断させるのはいつものことですが、前回とはうってかわって、挑発的な行為・言動はいっさいありませんでした(少なくとも私の周りでは)
著名人がからむと急に態度、変わる?
素人の乱の人たちは警察に目の敵にされてますからね。
今回は警官と警官の間隔自体がユルユルでした(もしかして人が集まりすぎて対処できなかった?)

脱原発ポスターサイトから、すごく上手な猫の絵に「原発はいらニャイ」と書いてあるポスターを選んで、プラカードにしましたが、絵がかいてあると「なんだ、なんだ?」とよってくる人が結構いるので、きれいなポスターなどに一言そえるなんていうのは、割と効果的だと思います。その一方で、私はあえて歩道よりを歩き、通行人にプラカードがよく見えるようにしましたが、なんか目をそむける人も結構いるんですよね…
(特に若い女性は蛇蝎のごとくデモ隊を嫌う。男性は結構、複雑な目で見ている人が多い)
「そんなこと私、全然わかんないも~ん!」ってことなのかな…
若い彼女たちは、歳をくっている私(私はプレカリアートさんの大嫌いな例の府知事さんより数歳上です)なんかより、数倍は影響大きいんですけどね…まして、これから子供を産み育てたいだろうし…

長文、失礼しました。
全体としては大満足のデモでした!
(転載終了)

 ロン子さんご苦労様でした。既にレスでも述べましたが、改めて参加報告有難うございました。6万人も参加したのに、私の知る限り、このデモの事を報じたマスコミは殆どありませんでした。確かにネットでは、産経も含めて一応「アリバイ的には」ニュースに流しているようなのですが、実際には現に翌19日の産経朝刊には一行も載っていませんでした。これはテレビ・ニュースも同様で、ヤフーもHP上で表立っては流さなかったように思います。だから、今まで情報が入らなくてヤキモキしていました。
 ロン子さんのコメントに触発されてデモ主催者のHPを閲覧し、他のブログでも報告記事がアップされ出して、ようやくこのデモが大成功に終わった事が分かりました。事前の盛り上がりから、デモの成功はほぼ確信していましたが、それでも実際に報告が上がるまでは落ち着きませんでした。表向きは報道の自由が保障されているとされる日本ですが、実際にマスコミを支配しているのは原発マネーに毒された政財界だと言うことが、今回の件でも見事に証明されました。

・さようなら原発1000万人アクション(デモ主催者のHP)
 集会・デモの動画、登壇者の発言要旨など、詳細な報告がトップページから辿れます。
 http://sayonara-nukes.org/
・2011年9月19日、東京、脱原発デモの記録(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
 主なブログの報告記事が紹介されています。ここから当該記事に飛ぶ事が出来ます。
 http://muranoserena.blog91.fc2.com/
・写真報告: 6万人で明治公園があふれる(レイバーネット)
 http://www.labornetjp.org/news/2011/0919shasin
・9・19脱原発デモ、空前の盛り上がり(リベラル21)
 http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-1733.html
・さようなら原発へ6万人巨大集会ひらく-「原発は必ず荒廃と犠牲を伴う」「新しい安全神話は許さない」(すくらむ:国家公務員一般労働組合のブログ)
 http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-11023835724.html
・さようなら原発 6万人/大江さんら著名9氏が呼びかけ/東京・明治公園(しんぶん赤旗)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-20/2011092001_01_1.html

 当日の集会・デモの様子と、それと関連して上杉隆氏のマスコミ原発報道批判の動画を、下記に貼り付けておきます。

脱原発デモに6万人が参加


上杉隆「読売・朝日・菅直人への怒り」1/2 20110908


 最後のマスコミの原発報道の中でも、とりわけ酷いと感じたのが産経20日付朝刊一面の下記記事です。9.19を完全黙殺しただけでなく、何と原発作業員を戦時中の特攻隊に準えた記事を第一面に持ってきています。


・福島第1、作業員たちは今 放射線と対峙、自ら突入…2000人の闘い
 「原発は爆発させねえ」
 東京電力福島第1原発の安定化を目指す作業員の闘いは7カ月目に突入した。いまだに高い放射線量を放つがれきに突入する「特攻隊」、逃げ出す作業員を統率する監督。「原発は絶対に爆発させねえから」。家族と離れ、全国から集まった数千人の男たちは日本の安全を自らの肩に背負って、今日も現場に向かう。(荒船清太)(以下略)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110920/dst11092008420002-n1.htm

 今までの様に東電擁護・原発推進を露骨に主張する事が出来なくなったので、下請け作業員をダシにしての「お為ごかし」で取り繕うとしているのでしょうが、無理に殉職美談に仕立て上げてしまった為に、却って矛盾を露呈させてしまっています。
 まず「逃げ出す作業員を統率する監督」とありますが、そもそも作業員が被曝を恐れて逃げ出さざるを得ない状況って、それ自体が本来あってはならない事でしょうが。作業監督ならそれを真っ先に改善させるべきなのに、それには何も抗議せずに、「仕方ない、逃げたい奴は逃げろ、俺はここに留まる」と、男は黙って「今日も現場に向かう」って、アホと違うか。
 異常事態なら、どんなブラック企業の人権侵害にも耐えろと言うのか。それを、全国各地からかき集められて、ろくに安全教育や作業説明も受けずに現場に放り出された一作業員に対して、そんな状況を放置したままで、まるでそうするのが当然の如く平然と振舞える神経がまず理解できません。

 それに、当該記事にはこの後にも、「国の為ではない、自分と家族の生活を守る為に、今の状況を甘受しているのだ」という作業員の発言が肯定的に取り上げられていますが、何をか況やです。戦時中の特攻隊員も、そうやって無理やり自分に言い聞かせて、戦地に飛び立って行きました。それは、そう思わずにはやっていられないからです。勿論、そんなものが特攻隊員の本音なんかではありません。本音はあくまでも生きたかったに決まっています。そんな、もう二度と繰り返してはいけない悲劇を、あろう事か美談仕立てにして賞賛するとは、人間を侮辱するにも程があります。
 美談にして賞賛するという事は、これを模範として「みんなも後に続け」という事に他なりません。これでは、全国の原発をそのままにして、福島の放射能垂れ流しや被曝も、ブラック企業の環境もそのままにして、ただただ時間稼ぎの為に、作業員を付け焼刃の特攻作戦に追い込んでいるだけではないですか。「もう二度と繰り返してはいけない」と本気で思っていたら、こんな「お涙頂戴」の皮相・翼賛記事ではなく、もっと大事な事故の真相究明や対策検証に切り込める筈です。

 「原発は爆発させねえ」って、そんな危険なもの最初から作らなければ、爆発の恐怖におののく事もなかったのだ!今もその事に無反省な原発推進派が日本を牛耳っている限り、今後も福島と同じ悲劇が何度も繰り返されるに決まっています。
コメント (3)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

議員の数ではなく質こそ問題にすべき

2011年09月19日 06時40分28秒 | 反翼賛・二大政党制
・増税時に議員定数削減を=藤井民主税調会長(時事通信)
 民主党税制調査会の藤井裕久会長は18日のNHK番組で、東日本大震災の復興事業に必要な財源を確保するための臨時増税や、社会保障制度維持のための消費税率引き上げに関連し、「国会議員の定数削減は増税と同じ次元で考えないといけない」として、増税する際には定数削減も実施すべきだとの考えを示した。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110918-00000030-jij-pol

 以下、上記ネット・ニュースに付けられたコメント投稿より引用。

・議員は減らすべきだ。(fur*****)
・税時にじゃなくて、先に議員定数削減、公務員人件費削減だろ?
 それでもどうしても足りなきゃ増税っていうのが物の順序。
 おまえらが書いたマニフェストを読み返してみろ。バカタレ!(blu*****)
・沢山いたって非常時に何の役にも立たない。
 1/3くらいばっさりいくべきだ!(cho*****)
・うじゃうじゃいるだけの能無し議員はばっさり減らせ。俸給、賞与もカットだ、カット!(nor*****)
・議員を減らせば、土建屋・農協・医師会などの声の大きい団体の声しか、国会に届かなくなってしまう。
 議員数の削減よりも、待遇を大幅に引き下げるべき。
 世襲議員が政治団体を引き継げば、相続税を払わずに(実質的に)資産を承継できるような特権もなくすべきだ。(nor*****)
・米国の議員数
 2億8千万人の人口で議員数は535人。人口5万2千人に1人の議員。
 日本の議員数
 1億2千万人の人口で議員数は732人。人口1万6千人に1人の議員。
 国のための議員というより、議員のための国になっている。更に日本の議員の1割以上が元朝鮮人。戸籍がしっかりしてる日本国民をバカにした話だ。(kis*****)
・確かに国会議員は多すぎると思う。
 衆議院は300程度で良いんじゃないの?
 参議院は200くらい。
 共産党、社民党、国民新党などの細かい政党は反対するだろうけど、まず比例区を廃止する。
 悔しかったら票を集めろ!(sit*****)

 まともな意見は、上記中ほどにある「nor*****」さんの物のみ。余りの体たらくに、私、思わず携帯から投稿をしてしまいました。メモを取っていた訳ではないので細かい言い回しは忘れましたが、大体次の様な投稿だったと思います。

・定数削減?アホかい。そんな事をしたら、ますます国民の声が政治に反映されなくなってしまうぞ。これじゃあ、世襲議員たちによるお手盛り増税に、逆に手を貸してやるようなモンじゃないか。それよりも、増税反対の議員を少しでも送り込もうと考えないのか。最初から諦めているようでは、只の鬱憤晴らしの愚痴でしかない。そんな愚痴なら言わない方がマシ。

 投稿日時は昨日18日の確か13時過ぎだったと思います。ただ、いつもの事ですが、この手のニュース・コメントは流れるのが早く、先ほど確認しても、どこに行ったのやら、とうとう分からず仕舞いでした。

 実際、アホ過ぎ。議員定数削減なぞしたら、ますます金権政治家や世襲議員ばかり跋扈するようになってしまいます。自分で自分の首を絞めるようなもので、正に奴らの思う壺。「ろくでもない議員が多すぎる」と言うが、そしてそれは実際その通りなのだが、それを選んだのは一体誰なのか。それを棄権という形で容認してきたのは一体誰なのか。自分たちの責任でもあるのに、それを棚の上げて、みんなイイカッコし過ぎ。

 それよりも、議員年金や政党助成金などの特権を廃止して、議員報酬も削減した上で、それでも尚且つ「議員になりたい」「国民の為の政治がしたい」という人に対しては、寧ろ供託金などのハードルも下げて、一人でも多く当選させてやれば良い。問題は議員の数ではなく、公僕意識の欠如にある。震災復興や脱原発を図る上でも、政治の力は逆にもっと必要な筈。
 他方で国民の方も、もっと主権者意識を持つべきだ。主権者はあくまで国民であり、議員はその代理にしか過ぎないのだから。

 そういう意味では、上記コメント中の、米国に準えたり比例区削減の主張については、もう全くピント外れという他ありません。米国は逆に議員が少なすぎなのです。そして次の比例区削減の主張とは逆に、小選挙区制で一選挙区から一人の議員しか選べないから、大政党所属の金のある人間しか議員になれずに、多くの貧困層が政治から除外されてしまっているのでしょうが。嘘だと思うなら、米国での選挙の投票率を一度調べてみたら良い。黒人層やヒスパニックなんて2~3割、よく行っても4割ぐらいしかないから。

 それは日本でも同じ。嘘だと思うなら、中選挙区制時代の60~70年代と今の投票率を、比べてみたら良い。国政・地方を問わず、当時は6~7割前後あった投票率が、今は軒並み3~4割にまで落ち込んでしまったのは何故なのか。
 勿論、当時の中選挙区制とて、決して問題がなかった訳ではない。当時もロッキード事件やリクルート事件が新聞を賑わしていた。でも、今はそれが日常茶飯事となってしまって、誰も何も言わなくなった。それどころか、寧ろそれが当たり前になってしまったではないか。

 「みんなの党」の渡辺喜美や、東国原英夫・橋下徹・森田健作なんて、60~70年代の基準で言えば、今の石原慎太郎と同様に、みんな金権・タレント政治家でしかなかった。そんな奴らが何であれだけ人気を集めるのか。政治が庶民から縁遠くなり、最早そんな奴らの知名度や集金力や蛮勇にすがるしかないと、マスコミによって一方的に思わせられているからじゃないか。知名度・集金力・蛮勇なんて、かつてはあんなに忌み嫌われた、地盤・看板・鞄やファッショ的手法の別名でしかないのに。
 だから、みんな投票に行かなくなり、ますます利権や金権だけで政治が動くようになり、それでまた投票率が下がり、それを良い事にますます金権政治が蔓延るようになり、今や独裁政治待望論まで台頭するようになってしまったのです。

 問題は議員の数ではなく質です。質を換えないことにはどうにもならない。そんな中で定数削減なぞしたら、ますます政治が利権漁りの巣になってしまいます。比例区は逆にもっと拡充すべき。そして、今までの議員特権を撤廃するのと同時に、バカ高い供託金や選挙運動の諸制限も撤廃し、市民の政治参加を促すべきです。欧米諸国なぞ、供託金なんて僅か数万円で皆無の国もあるし、ビラ配りや戸別訪問も原則自由です。日本の様に、300万円も供託金を積まなければならなかったり、地域でビラも満足に撒けないような事はありません。

 それでも、どうしても議員を減らしたいと言うなら、寧ろ小選挙区の方こそバッサリ削るべきです。
 小選挙区制だと、どうしても有権者は、自分の票が死票になるのを避ける為に、「寄らば大樹の陰」「勝ち馬に乗ろう」という発想になりがち。政見より利権(損得勘定)、政策より政局(駆け引き)、内面より外見(第一印象)、自分の考えより誰かの請売り(マスコミの情報操作)で投票してしまう。
 道理で、二世議員や金権候補が跋扈し、自民党の劣化コピーみたいな政治家しか出てこない筈だ。せっかく政権交代しても、そんなんだったら意味が無い。そんなんで政治が良くなる訳が無い。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

転載:【原発やめろデモ】での不当逮捕の動画

2011年09月17日 06時38分43秒 | 福島原発震災・脱原発
 以下、マイミクさんの日記の転載記事を、そのまま再転載します。
 警察が暴力を振るっていたのに、マスコミは正反対のことを書いています。
 救援カンパはこちらです。
 「ゆうちょ振替: 口座番号:00140-2-750198 口座名称:ミンナノキュー」
 「9.11原発やめろデモ!!!!!弾圧救援会」と書いて欲しいとのことです。

【転載歓迎】

9月11日に行われた「9.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」では、12人の人たちが逮捕されてしまいました。
昨日13日に6名の方が釈放されたそうです。

逮捕された人たちを助ける救援会のサイトが立ち上がっていましたので紹介します。

「9.11原発やめろデモ!!!!!弾圧救援会」
http://911nonukyuen.tumblr.com/

以下に声明があります。
「9.11原発やめろデモ!!!!!」弾圧に抗議する
http://911nonukyuen.tumblr.com/post/10160906843/9-11

上記では救援活動へのカンパも呼びかけられています。

9月11日の日の行動の動画は、いくつかアップされているようですが、その中で、逮捕された時の状況が比較的よくわかり、プライバシー等の問題があまり無さそうなものを紹介します。

「2011.9.11在特会に抗議しようとした脱原発デモ参加者逮捕の瞬間【1】」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15581020
↓ここから引用
--------------
2011.9.11に新宿で行われたデモで、残念なことに逮捕者が出てしまった瞬間で
す。在特会の罵詈雑言に対し抗議しようと近づいたデモ参加者を阻止。遠ざけた
だけでよいものを、23秒あたりで在特会が「さっさと逮捕しろよ」と言ったのを
合図に一気に跳びかかり、組み伏せます。
--------------
↑引用ここまで



ニコニコ動画なので画面にコメントが出てしまいますが、画面の右下の吹き出しのアイコンをクリックするとコメントを消せます。

在特会とされている人たちの品の無いヤジに意見を言おうとして逮捕されてしまう状況がわかります。

この動画で逮捕された人と思われる夫婦へのインタビュー動画が以下の岩上安身さんのUTSREAMのチャンネルで観られます。
http://www.ustream.tv/recorded/17246228


「ニコニコ動画」には、続きの動画もアップされています。
2011.9.11在特会に抗議しようとした脱原発デモ参加者逮捕の瞬間【2】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15584245
↓ここから引用
--------------
2011.9.11に新宿で行われたデモで、残念なことに逮捕者が出てしまった後です。逮捕者が出てしまうということがどれだけつらいことなのかとてもよくわかるので、個人がわからないようにした上で公開させて頂きます。
--------------
↑引用ここまで


他にも、在特会とされる連中がヤジを飛ばしている動画が以下にアップされています。

2011.9.11新宿脱原発デモに対する在特会の主張【1】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15584068
↓ここから引用
--------------
2011.9.11に新宿で行われた脱原発デモに対し、在日特権を許さない市民の会(在特会)が抗議活動を実施。彼らの主張がまとまってると思われる部分を紹介します。
--------------
↑引用ここまで

2011.9.11新宿脱原発デモに対する在特会の主張【2】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15584167
↓ここから引用
--------------
2011.9.11に新宿で行われた脱原発デモに対し、在日特権を許さない市民の会(在特会)が抗議活動を実施。脱原発デモ隊がやってきました。特に問題はないかと思いますが、一応、全体をぼかします。
--------------
↑引用ここまで

2011.9.11新宿脱原発デモに対する在特会の主張【3】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15584279
↓ここから引用
--------------
2011.9.11に新宿で行われた脱原発デモに対し、在日特権を許さない市民の会(在特会)が抗議活動を実施。マイク貸してやるから直接言いに来いと言われても、行ったら阻止され逮捕されちゃうのが現実です。
--------------
↑引用ここまで
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

告知:9.18埼玉脱原発集会

2011年09月15日 22時18分20秒 | 福島原発震災・脱原発
 埼玉県在住のマイミクさんから、以下の告知メールを戴いていましたが、忙しさにかまけて今まで告知出来ませんでした。申し訳ありません。いよいよ期日が迫ってからの告知となりましたが、以下転載します。
 「また反原発か」という勿れ。前回記事にもあるように、反原発は反戦や反差別・反搾取にも繋がる。それほど重要なテーマなのだ。
 埼玉とその近辺在住の方は、前回記事でもご紹介の翌19日東京・明治公園での5万人集会と併せて、こちらの方も出来るだけ参加の方、お願いします。

(以下転載)
放射能から子どもたちを守ろう!―脱原発を考える埼玉県民の集い―

 ・時間:13:00~16:30
 ・場所:さいたま市民会館うらわホール(JR浦和駅西口徒歩7分)
 ・主催:集会実行委員会・問い合わせ)048-834-1232(市民じゃ~なる)

●講演会「反原発運動に取り組んできて」
  講師:東井怜さん
(プロフィール「1970年新座団地に転入してから、共同保育を皮切りに様々な市民運動を経験したのち、86年チェルノブイリ原発事故からは反原発運動に専念。『東京電力と共に脱原発をめざす会』など、首都圏の脱原発運動をリード。10年前から東海地震による浜岡原発震災を防ぐため静岡に転居。」)

●福島からの報告:子どもを守る取り組みをしているお母さんに福島から来ていただきます。

●県内各地の取り組み:川根眞也さんの学校での取り組み
           放射線量の高い三郷市のお母さんたちの取り組み
●福島と埼玉の交流
  資料代:500円

【9.18集会チラシ】
表面
http://www.jca.apc.org/shiminj/journal.files/datsu-genpatsu/9.18_01.pdf
裏面(1000万人アクション協賛)
http://www.jca.apc.org/shiminj/journal.files/datsu-genpatsu/9.18_02.pdf

●翌9月19日は、明治公園5万人集会へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

告知:9.19 脱原発の大集会「さようなら原発 5万人集会」 いまこそ本気で動くとき

2011年09月15日 20時57分24秒 | 福島原発震災・脱原発
原発労働者・過酷な実態 沖縄から多くの出稼ぎ/被曝で死亡も


京大原子炉実験所の小出先生がおっしゃっていたように、原発とい­うのは差別が根底にあると私も感じる。出稼ぎ労働者や日雇い労働­者など、お金に本当に困っている人々の弱みに付け込み、その命を­犠牲にして顧みない、そういう差別意識の上に成り立っている発電­方法。(以上、上記動画のコメント欄より)

 原発が低コストでクリーンというのは真っ赤な嘘、もはや安全でもなく、経済的にも引き合わない代物だが、それ以前に、「経済成長の為なら、こんな非人間的な論理が認められるのか?」という事が問われているのです。
 こんな原発は、一刻も早く無くさなければならない。「段階的停止」と偽り、実際は時間稼ぎで延命を図るなぞという、姑息な真似はもはや許されない。
 差別の上に胡坐をかく「偽りの繁栄」ではなく、真に人を幸せにする経済のあり方を、一人一人が考えなければならない時に来ていると思います。これ以上、広島・長崎・ビキニ・チェルノブイリ・福島の悲劇を繰り返さない為に。

 以下、ネット選挙ドットコムの記事より転載・告知します。

脱原発、5万人の大集会目指す
作家の大江健三郎氏、音楽家の坂本龍一氏らが、脱原発を訴える1000万人分の署名を集める運動「さようなら原発1000万人アクション」を展開している。6日には記者会見を開き、脱原発よりも経済重視の姿勢を示す野田新首相に対して憂慮を示すとともに、来る19日に行われる、5万人の参加者を目指す大集会「さようなら原発 5万人集会」への参加を呼びかけた。

「さようなら原発 5万人集会」の概要は以下の通り。
・9月19日 明治公園
・13:00〜ライブ、13:30〜集会、14:15〜パレード
※パレードは3コースに分かれる。いずれも明治公園をスタート、終点・代々木公園などを目指す。

集会では、以下の3点を訴えるとしている。
・新規原発建設計画の中止
・浜岡からはじまる既存原発の計画的廃止
・もっとも危険なプルトニウムを利用する「もんじゅ」、「再処理工場」の廃棄

海外からも期待
この集会に対しては、思想家ノーム・チョムスキー氏らアメリカの知識人からも連帯メッセージが寄せられている。そこには、

(福島第一原発事故は)原子力による危険から社会を守るためには市民の警戒が重要だということを、あらためて示しました

と記され、さらに、集会が日本だけではなく世界に「力強く前向きな影響(impact)」を与えるよう、期待が寄せられている。

この運動の呼びかけ人のひとりジャーナリスト・鎌田慧氏は、ヨーロッパでは20万人、30万人規模の脱原発集会が開かれるのに対し、当事国であるはずの日本で、そのような大規模な集会が開かれないのは恥ずかしいと語り、19日の「さようなら原発 5万人集会」にはなんとしても5万人を集めたいと決意を語っている。

・「さようなら原発1000万人アクション」呼びかけ人
内橋克人、大江健三郎、落合恵子、鎌田慧、坂本龍一、澤地久枝、瀬戸内寂聴、辻井喬、鶴見俊輔(敬称略)

・脱原発署名は、「さようなら原発1000万人アクション」の公式サイトでも可能だが(下部にリンク)、サイトから署名用紙をダウンロード、自著署名の上、郵送することが推奨されている。

外部リンク
さようなら原発1000万人アクション

チラシ(PDF)
「さようなら原発 脱原発・持続可能で平和な社会をめざそう」

さようなら原発集会 呼びかけ人記者会見
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

告知:9月16日に関電前でもハンスト決行

2011年09月13日 22時13分54秒 | 福島原発震災・脱原発
 9月11日に東京の経済産業省前で、若者たちの手によって、脱原発を訴えるハンスト(ハンガーストライキ)が行われました。その流れを引き継いで、大阪でも9月16日に関西電力本社前でハンストが予定されています。以下、ハンスト主催者のブログから転載します。

◆9・16関電前ハンスト◆

9月11日から、東京・経産省前で若者たちが、10日間(240時間)のハンストを開始しました。

会ったことも見たこともない彼らですが、ハンストをするに至るその思いに心を打たれました。

----------

http://hungerstrike.jimdo.com/
『今回のハンスト概要』
場所:経済産業省 正門周辺
日時:9月11日17時~9月21日17時
「私たち若い世代は、原発の負の遺産をこれ以上背負いたくありません。
そして最も放射能の影響を受ける子供たち、その子たちに繋がっていく命に、これ以上の負の遺産を残したくありません。」(ホームページより。)

----------

その思いを受け、たった一日の予定にはなりますが、関電前でもハンストを行なうことにしました。

経産省前の彼らに無理はさせたくありません。
しかし、彼らの体を心配することよりも、今は、それ以上に、その彼らの思いを感じ取ることを考えなければいけないとも思いました。
それこそが彼らへの応え方だとも思いました。

彼らのハンストは、実際に放射能の被害を受けていく若者世代を代表しての<原発をなくそう>という心からの叫びだと思っています。

そして、彼らのハンストは10日間という厳しいハンストですが、ハンスト自体が完了されるかどうかということよりも、まず、このハンストが開始された時点ですでに大きな意味をもたらしていると思います。

次は、その彼らの思い、そして行動、それらの事実を受け止めていくことが求められるのではないかと感じています。

ハンストを決めた彼らに心からの敬意を表すとともに、彼らの無事を祈りつつ、そして、原発がなくなることを本当に心から祈ります。

期間や思いなど、その足元にも及びませんが、いっとき、関電前でも行ないたいと思います。


◆9・16関電前ハンスト◆
http://kanhun.seesaa.net/
 ●9月16日(金)9時~19時(※雨天決行)
 ●関西電力本店前(大阪市北区中之島3‐6‐16 地下鉄「肥後橋」駅西300m)
  http://www.kepco.co.jp/office/honten.html
◆STOP原発☆アクション関西
 stopgenpatuあっとyahoo.co.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンハッタン=カブール

2011年09月12日 22時57分27秒 | 当ブログと私の生い立ち
axelle red et renaud manhattan kaboul


マンハッタン=カブール Manhattan-Kaboul

詞 ルノー Renaud
曲 ジャン=ピエール・ビュコロ Jean-Pierre Bucolo
歌 ルノー、アクセル・レッド Renaud & Axelle Red

若いプエルトリコ人の男の子
アメリカ社会に適応して、ほとんど生粋のニューヨーカー
ガラスと鋼鉄のビルディングの中
コークをやり、コーヒーを飲みながら僕は仕事

地球の反対側にいるのは
アフガニスタンの女の子
マンハッタンなんて全然聞いたことないわ
貧困と戦争だけがあたしの日々

お互いに知らない間柄、こんなにもちがう二人
地球のあちらとこちらの無名の二人
生贄台に乗せられて
いつの世も同じ暴力で木っ端微塵に吹き飛ばされた二人

ボーイング747型機が
僕の窓で爆発した
爆撃があたしの村を破壊し尽くして
こんなに青かったあたしの空は雷雨に変わったわ

お互いに知らない間柄、こんなにもちがう二人
地球のあちらとこちらの無名の二人
生贄台に乗せられて
いつの世も同じ暴力で木っ端微塵に吹き飛ばされた二人

あばよ、僕のアメリカン・ドリームが終わった
あたしはもう権力の犬たちの奴隷じゃなくなった
きみは専制君主たちのイスラム教を無理強いされていたんだよ
あの人たちはきっとコーランをちゃんと読んだことがないんだね

僕はまた塵になった
僕はこの世の支配者にはなれない
僕がこれほど愛していたこのアメリカって
結局は張子の虎にすぎなかったんだろうか

あの神この神、あの宗教この宗教
あの文明戦争この文明戦争
あの兵器この兵器、あの国旗この国旗、あの祖国この祖国、あの国家この国家
こんなもののせいでいつもあたしたちは砲弾の餌食になる兵士なのね

お互いに知らない間柄、こんなにもちがう二人
地球のあちらとこちらの無名の二人
生贄台に乗せられて
いつの世も同じ暴力で木っ端微塵に吹き飛ばされた二人

お互いに知らない間柄、こんなにもちがう二人
地球のあちらとこちらの無名の二人
生贄台に乗せられて
いつの世も同じ暴力で木っ端微塵に吹き飛ばされた二人

(出典)
・「マンハッタン=カブール」 ルノー (不定期連載「世界の反戦歌・反戦詩から」)
 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1457.html
・挑発するロック歌手、ルノー(スキピオの夢:LE REVE DE SCIPION)
 http://scipion.blog60.fc2.com/blog-entry-5.html
(注)上記両ブログ間で訳文がそれぞれ微妙に異なりますが、ここでは最初の村野瀬ブログの訳を載せておきます。

 2001年9月11日のNYテロから早10年。この10年は、NYテロとアフガン戦争反対がキッカケで生まれた、このブログの歴史でもあります(ブログ開設宣言参照)。
 
 そういう意味では、当ブログとしても、何らかの意思表示をするつもりではいました。しかし、如何せん日々の生活に追われる中で、立て続けに記事をアップするのは至難の業。という事で、今回はこの詩の紹介だけでお茶を濁します(^^;)。まずはじっくり、この詩を噛み締めて下さい。

 でも、じっくり書いている暇がないだけであって、決して言いたい事がない訳ではない。言いたい事は山ほどあります。

 自民党の石原伸晃幹事長が、まるで他人事の様に「テロはキリスト教徒とイスラム教徒の対立で、歴史の必然だった」と言ったそうですが、何をか況やです。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110910/stt11091017550007-n1.htm
 この世襲の二世議員は、ここに出てくる貧しいプエルトリコ人の若者の様に、食い詰めた末に兵士として派兵される事もなければ、アフガニスタンの少女の様に、戦争やテロや宗教対立に巻き込まれて死んでいく事も無い。だから、戦場から遠く離れた日本で、この様な他人事の言辞が吐けるのです。しかし、この若者や少女ともそう変わらない下積みの我々にとっては、これは決して他人事なんかじゃあない。明日は我が身かも知れないのです。

 それを、鴨長明の「方丈記」じゃあるまいし、「歴史の必然」とやらで片付けられたのでは堪らない。そもそも、戦争・テロも人権侵害も、為政者によって引き起こされる「人災・政災」だ。断じて「必然」や「宿命」なんかではない。それをまるで「天災」みたいに言うのは、明らかに間違っている。そもそも、この人、他にも一杯問題発言しているじゃない。「反原発は集団ヒステリー」とか「市民に放射能勝手に計らせるな」とか。
 たとえ言う場・時や言い方に問題はあったとしても、単に事実を述べたに過ぎない鉢呂・前経産相の「死の町」発言なんかよりも、こちらの方がよっぽど悪質じゃないか。

 また、右翼の桜井よしこが、先日も産経新聞の一面コラムに「格差是正よりも国防や国家観の醸成の方が大事だ」みたいな事を書いていましたが、この女も石原と同じです。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110908/plc11090802590006-n1.htm
 ネットカフェ難民やホームレス、失業者にとっては、日々生き抜く事こそ「戦争」なのです。その思いに少しでも寄り添う気があれば、こんな「格差是正なんて二の次」と言わんばかりの、他人事のような言葉が吐ける訳が無い。それは、仮に桜井自身がホームレスになった時も、こんな上から目線の冷淡な言辞を、自らに向かって吐けるかどうかを考えれば直ぐに分かります。
 所詮、この人たちにとっては貧民の事なぞ他人事なのです。以前、北九州市で、生活保護を打ち切られて「おにぎり食べたい」と言って餓死した人がいましたが、その人にも同じ言葉が吐けるのか。

 こんな人物が、今も昔も政治・社会の中心に居座って来たから、戦時中も多くの日本兵がガダルカナルやインパールの戦場で、まるで消耗品のように扱われて死んでいったのです。そして今も、派遣社員や高齢者が、まるで社会の邪魔者のように扱われて死んでいくのです。そんな人物に、そもそも「愛国」や「道徳」を語る資格があるのか?
 戦争や貧困は決して宿命なんかじゃないし、諦めや忍耐も断じて美徳なんかではない。今一番必要なのは、<諦め耐え忍ぶ>のではなく、<そうさせないようにする>事だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9.11東京・脱原発デモ速報:犬は吠えても歴史は進む

2011年09月12日 14時56分36秒 | 福島原発震災・脱原発
2011年9・11反原発新宿デモ、不当逮捕弾劾!


9.11 経産省包囲アクション


2011 9 11 新宿アルタ前 柄谷行人 演説


 先日9月11日に全国各地で取り組まれた脱原発の集会・デモには、私は残念ながら仕事で行けませんでしたが、東京・新宿のデモに参加されたロン子さんから、早速コメントで報告が寄せられましたので、当日参加者からのツイッターの書き込みと併せて、記事としてアップしておきます。
 また、東京では新宿も含めて3ヶ所でデモが行われましたが、レイバーネットにまとまった形で報告記事が載りましたので、それもこちらに紹介しておきます。ロン子さん、どうも有難うございました。


●ロン子さんからのコメント

今日(9.11)反原発デモに行きました。
すでにツイッターなどでご存知かもしれませんが、警察が今までで一番ひどかった!意図的にデモ隊をテープで囲み、一般飛び入り参加を阻止する…などはまだ可愛いもので、後ろでユニオン関係か何かのおじさんが「おい!不当逮捕だ!デモを止めろ!」と叫んでいるので振り向いたら、まさに何十人もの警官が2人くらいの男性を地面におさえつけていました。
未確認情報ですが、警官に殴られて流血した男性もいたようですし、右翼がデモ隊の女性に暴力をふるったようですが、警察はほったらかしだったそうです。逮捕者は11人という噂です。
参加した私が断言しますが、誓ってそのような暴力的なデモではありませんでした。火炎瓶や手榴弾のかわりに、楽器やプラカードや風船を持って歩いているデモ隊に警察は何をしているのか?石原のバ○と政府のバ○どもは何をそんないに恐れている?おそらく、これを見ていた沿道の人たちは「うわっ!やっぱり反原発デモなんてする人たちは怖い過激派の人たちね!」と思ったことでしょう…まさにそこが狙いか…
参加人数はは6.11をピークに真夏は激減していましたが(暑さのせい?)今日は少し持ち直してきました。これで秋になればもっと家族連れ、若い人が増えてほしいです(正直、暑くてしんどかった…)

当初は6.11と同じアルタ前の広場が出発地&終了後の集会の場所だったんですが、なんといつのまにか建設現場のような塀で封鎖されており、張り紙には「花壇の入れかえのため、9月から10月は云々」みたいなことが書いてありましたが、ここには花壇なんてありません!
そのため集合場所は駅から遠くて一般人の目にもつきにくい新宿中央公園にかえさせられました。オフィス街なので当然、日曜なんて人がいません。それでも終了後の集会だけはアルタ前でやりましたが、警官が完全に封鎖してしまい、ほとんどの人が近寄れず帰ってしまいました…なんかもうなりふりかまわないというか…石原のバ○や政府のバ○どもは何をそんなに恐れている?
話は変わりますが、私のいた最後尾はサウンドカーはついてなくて、主催者がシュプレヒコールの先導をマイクでしていましたが、元気がよさそうな人にはマイクがまわってきます。「どこからきました?」という質問に「京都」「九州」「富山」と遠方からきてくれていた人が結構いて(そのたびに大歓声)、わざわざこのために来てくれるなんて(まあ何かのついでだったかもしれないけど)うれしかったなあ…

 http://blog.goo.ne.jp/afghan_iraq_nk/e/43abb546dd447e61fee20abe24de9a45 


新宿デモ主催者サイトのツイッターより抜粋(9/12 14:37 ♯911shinjuku:リアルタイム検索結果)

oota_13 RT @pokepika2011: 「デモの権利」はどこに いったの?本当にそう思う。RT @labornetjp 新宿サウンドデモの異常警備・衝撃の逮捕シーン。日本の本当の姿がこの2枚の写真に現れている。 http://t.co/botLoiZ #911shinjuku #genpatsu #原発とめろ

pokepika2011 RT @oya_kero: アルタ前をうめた参加者のほとんどはみた感じ若者が圧倒的。すごいな、表情が真剣で。
#911shinjuku

pokepika2011 RT @oya_kero: 逮捕者が17人もでたとの報告が。つかまえてやろうという気配が漂うデモ警備であったことは報告しておきます。
#911shinjuku

toshiogr RT @johanne_DOXA: 新宿アルタ前フリーウォール。いましろたかしさんや鶴見済さんもイラストやメッセージを残してくれました。 http://t.co/P0P9Kgv #911shinjuku #nonukes #genpatsu

peitenium RT @ruikozuka: 昨日参加されていた植木職人のお二人。植木にとても沢山の放射性物質が溜まっているけど、業界ではそんなことを気にする人が全くおらず、自衛を呼びかけているのだそう。#911shinjuku

yoshitake2011 RT @ky_sakura: RT @jidouvip: (54pts) 『9.11新宿・脱原発デモ』で不当逮捕! 在特会のメンバーが挑発&女性の腹を蹴る! 警察は無視 http://t.co/u5wI8Dt #911shinjuku

MasayaKoriyama RT @wtsurumi: 信じがたいが、明日の新宿・原発やめろデモ!!!!のコースが直前に不許可になり、警察側が用意したコースに変更させられた!! これが許されるなら、すべてのデモコースは警察が自由自在に決めることができる。 9.11新宿・原発やめろデモ!!!! http://t.co/a7pTJqD

clicheusagi RT @ky_sakura: RT @hosei_bunren: 今日の新宿デモでは偶然逮捕現場に居合わせたので動画上げておきます。「逮捕邪魔したらお前らも逮捕だぞ!」「身分証明書持ってんのか!」等、指揮官とおぼしき公安刑事は終始居丈高でした。http://t.co/us3w3Sg #911shinjuku

nagaseyuki RT @johanne_DOXA: 拘束されている人の個人情報を流すことで、様々な不利益が弾圧された側にもたらされる。警察は情報を、拘束されている人への恫喝や自白強要、家族へのいやがらせ、グループへの違法捜査などに利用する。憤っても悔しくても、個人を特定するようなツイートは控えて欲しい。 #911shinjuku

 http://mobile.twitter.com/search/911shinjuku


●写真速報:9.11経産省包囲行動と新宿サウンドデモ
 デモで社会は変えられる!~新宿アルタ前を埋めた「脱原発の声」(レイバーネット日本)

9月11日、都内では3ヶ所で脱原発アクションが行われた。日比谷公園を出発した東電デモと経産省包囲行動には、あわせて約2000名が集まった。プラカードを持った市民が手をつなぎ、午後3時40分経産省の建物は、完全に人間の鎖で包囲された。午後5時からは若者2名が同省前ハンストに突入した。いっぽう「素人の乱」呼びかけの新宿サウンドデモは、デモ出発時から警察の激しい規制があり、10数名が不当に逮捕されるなど緊迫が続いた。しかし午後6時からのアルタ前街頭宣伝行動は人並みで埋まった。警察も手を出せず、再度「原発やめろ広場」が出現した。評論家の柄谷行人さんは、マイクを握りこう訴えた。「デモで社会を変えられるのか?とよく聞かれるが、“確実にできる”と私は答える。なぜか。デモをすることでデモをする社会をつくれるから。3月以前に日本では沖縄を除いてデモらしいデモはなかった。しかし今日も全国100ヶ所くらいでデモが起きている。日本の社会は少しは変わったのだ」。聴衆から大きな拍手が起きた。(M)

(写真)東電・経産省包囲行動
(写真)この日から10日間経産省前ハンガーストライキを行う若者
(写真)新宿サウンドデモ
(写真)サウンドカーの周辺は警察の規制がひどかった
(写真)新宿アルタ前に突然つくられた壁。紙をマグネットでとめただけでも警察が介入し「どかせ」と命令
(写真)反原発デモ常連の評論家・柄谷行人さんが訴え
(写真)「原発やめろ」の音楽で夜の8時まで盛り上がった

 http://www.labornetjp.org/news/2011/0911shasin
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加