鳥まり、参る!

ご覧いただきありがとうございます。
日々のいろいろなことを記録しています。

ファッションは、人生の衣装でしょ。

2019年10月19日 | 女磨き
【人生とは、生活であり、芸術でもあり…】

背が高くて(181センチ)顔は某仮面ライダー出身の人気俳優さんに似てる(大人っぽい顔立ちにした感じだった)人がいた。

高身長でイケメンならカッコイイ扱い受けるわけではないですが、この人は余裕がある感じだったので

「モデルみたい!」

「芸能人じゃん!」

「カッコいい!」

としょっちゅう言われてて、本人もそれに飽き飽きしていた。

「おお…これがルックスで金を稼げる人が見てる世界なのか…!」

と私は震えて見ていたものです。

(今なら宝塚で美形耐性つきまくっているが、当時はなかったっぽい)

ああいう人ってね、街によって傾向があるけど本当にスカウトされまくるんですよ。

この人見ていてショックだったことはいっぱいあるが、一番

「ああ…違うんだ…何もかもが…」

と悟りの境地に至らしめられたのは、

・寝起き

・寝癖

・パジャマ(使い倒してる感じの)

・ジャージみたいな羽織りもの(思いっきり穴あいてた、いくつも)

という姿でも美しかったことです。

わかってはいたけど自分はそういう少数派の人間ではないのだ…。

だからこそ衣装が大事なのだ!

馬子にも衣装上等!!!


と思った。

ありがたいことに、どんどんお安くてもカッコいい服が買えるようになって、パーソナルカラー診断や骨格診断のような

「自分の美しさをひきだす装い方」

の知識も気軽に知れるようになりました。

いやー、ホント服って大事だと思うんだよね私。

人生という舞台の衣装じゃないですか

選ばれし美男美女でなくても、スーパースターじゃなくても、自分の人生の主人公は自分なのだから。

とはいえ人生は舞台=芸術。であると同時に生活そのものなので、カジュアルな服もパジャマも必要なんだけどね。

でも工夫できるよねって話さ。

【どっちを選ぶか】

今月号のどの雑誌だったか忘れましたが、神崎恵さんが

「(若いと言われる年齢じゃないからって)リボンやフリルを着て何が悪い!!」

とおっしゃっていて、いいなぁ~って思ったのです。

うんうん、好きならおばあちゃんになったってリボンやフリル、ミニスカートだってハイヒールだって身に着けていいのだ。

だって自分の人生だよ?

こんな時代だよ?

100才まで自分が生きる可能性もあるけど、明日死んでしまう可能性だって内包しているんだよ。

それだったら、好きな服着れるときは着た方がいいじゃない。

神崎さんの言葉は、若々しく美しく名声ある彼女が言わなければボコボコに叩かれそうな言葉だよね。

多くの人が

「自分の好きを通す」



「世間に受け入れられやすいものになって広く好感を抱かれたい」

の間でモヤモヤするものです。

前者も後者もいいと思う。

どっちを選んでも

「自分が選んだんだから、メリットもデメリットも受け止める」

って思えるのなら。

でもそこまで思えないと中途半端になったり、自分で選んだはずなのに

「こう仕向けられた!」

「自分は嫌だったのに!」

となってしまう。

というのも、他人の領域無視しまくりで嫌がらせしてOK!!という野蛮な風習がこの国は強いからなんですけどね。

これはどんどん変わっていくべきでしょう。

「迫害されないようになりたい」

と思ってた頃の私は、ファッションにも言動にも正解を求めていた。

結果的に好きだと思える系統のものが王道に多かったのは幸運でしかなくて、もしも好きじゃなかったら今頃

「私だって好きなもの捨ててここまできたんだから、みんながそうあるべき!!」

と怒り(根っこは悲しみ)を撒き散らすモンスターになっていたでしょう。

このブログでも

「自分の好きになんて価値がない。

 価値があるのは愛されることです!」

とかって狂ったこと書いていたかもしれないな~。

恐ろしや恐ろしや。

人ってやってもらってないこと・自分が自分にできないことは他人にできないなと思う。

ファッションはアイデンティティーにとても距離が近いもの。

大切にしたい。

(ファッションに興味ないことが大切な人がいることもわかってるよ)






はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。


あなたの中の“好き”を守って。

2019年10月19日 | シリアス

大人になるほどに、生きるほどに私が実感するのが

「自分が大好きだと思えることはぜったいに大切にした方がいい」

ってことです。

今はそうでもないって話もよく聞きますが、私が子どもの頃って漫画・ゲーム・アニメといったものを楽しむ人は差別して迫害していいって世間の誘導がものすごかった。

(この文化の生き残りが

 「あの事件の犯人はオタクだった!」

 って報道したがる爺様方。

 この漫画大国であの文化に触れてない人の方が少ないだろうに)

私よりもお兄様・お姉様世代になると

「学校でぜったいに口に出してはいけなかった。

 だから同好の友達を作れるようになるのは最低でも高校生になってイベントに出席するようになってから」

って人も多いから。

びっくりするくらい。

信じられないかもしれないけど、アイドル文化もけっこうこんな感じだったんですよ。

今じゃ老若男女問わずアイドルファンはたくさんいるし、公言できるよね。

私は高校生くらい?の時に

「もう迫害されるのヤダ、平和に生きたい

と思ってイメチェン(死語?イメージチェンジの略。ガラッと外見や行動を変えてみることを言った)した。

・癖毛は縮毛矯正かけてストレートヘアにする

・ナチュラルメイクをする

・明るい表情を心がける

・流行を取り入れて制服を着こなす

・姿勢よくする

・シャキシャキ歩く

・私服もかわいいものを買って着る


こんな感じ。

(ダイエットはできないのでやらなかった。

 美肌作りも欠かせませんが、なんか高校入ってから勝手に治っていった。

 中学生のときはニキビが爆発してるような顔だったのに)

当時は今みたいにネットもSNSも普及してないから先輩方直伝のマニュアルもなく、失敗失敗失敗たまに成功…の繰り返しでした。

それでも外見作りは確実に・そして手早く結果が出るもので、どんどん他人の反応が変わるのは嬉しいものでした。

大人になれば

「うーん…それはそれだけのことなんだけど…」

と思うけれど、あれほど迫害・人権侵害のかぎりを繰り返してきた“男子”シンボルに属する人たちが敬語で話しかけてきたり、やたら可愛い態度とってきたり、時に好意を示してくれるのはすごい変化だった。

これってやっぱり男の子の方が差別主義の洗礼を受けやすいってことなのか、女の子が徹底的に軽んじられているのか…どっちなんだろう。

どっちも?

とにかく

「ああ、相手がほんのちょっと気を付けてくれるだけで、こんなに生きやすくなるんだ」

って思った。

おっとついつい長く書いてしまった。

このイメチェンのおかげでファッションやメイクを好きになったし、自分とタイプと違う人たちとおしゃべりするのも楽しいなって思えたりと得たものはたくさんあった。

でも、この時に

「迫害されたくないから、漫画やアニメは卒業しなくちゃ」

と決めて距離をとったのはとてももったいないことだったと思う。

自分の好きなことを、怯えから手放しちゃいけないんだよ。

だって好きなものって大切なものだから。

これのせいで私はアニメ・漫画から離れてしまって、もしかしたら出会えていたかもしれない縁をごっそり失った。

誰も取り上げる権利なんかないんだから、こっそりとでも愛し続ければよかったと思いますよ、強く。

ゲームは治外法権設定していたので、これが残ってたのでマシかなと思えるのだけどね。

『ドラクエ』『ミンサガ』の話など今でもできるし。

やっぱり愛してるものは手放しちゃダメですよ、人間と同じで。

映画『フォレスト・ガンプ 一期一会』でトム・ハンクス演じるフォレストが

「親友とは、めったに出会えない」

と語る場面があります。

好きなものだって同じ。

人によって誰が親友になるのか違うように、誰がなんといおうとあなたが好きなら、それはあなたにとって大切なもの。

だから手放さないでほしい。

ぜったいぜったい、好きなものは人生を支えてくれるものだからです。

そんでこれが大事なことなんだけど、他人には与えられないんですよ、それは。

大人になると

「好きなものがない」

「趣味がない」

「生き甲斐がない」

って語る人ってけっこういて、たいていこういう人は恵まれているけど本当に苦しんでいるし、辛い思いをしています。

とある人は

「好きなものがない、好きって思えないって、生きてるけど死んでるみたい。

 ただひたすら1日1日を暇つぶしするみたいに生きて、定期的にそんな自分が嫌で仕方なくなるよ」


と語ってくれた。

こういう風になってしまうのも、実は社会の責任が大きいんじゃないかな~って私は思うのです。

だってなんでもかんでもジャッジする論調で溢れてるじゃないですか。

周りの人が話すこと、メディア、SNS、

「これはダメ」

「あれはいい」

「これが普通」

「普通じゃないのはおかしいこと」

こんな風にいつも脅されてたら生存のために、自分がどう思うか・感じるか・好きか…を無視するようになるよね。

それを続けると自分というものがわからなくなっちゃう。

あ、自分のことばかり考えてしまう無限ループ・自分探しが終わらないってこんな文化背景で育まれるのかもしれないね。

いつの間にか自分の心を、思考を乗っ取られてしまう感じかな。

時代は確実に良くなっているのでどんどん変わるとは思うけど、悪しき伝統もなかなかしつこくて…ねぇ??

世間には

「〇〇すべき!

 それはおかしい!

 自分のいうとおりにしろ!}

オバケがたくさんいるけど、あれは“好き”を奪われて魂を失った者達がなるのかもしれない。

好きなもの・好きだと思う心を大切にすると、他人にも優しくなれるはずだ。

お互いの領域を尊重すること、礼節を守ること…それにはまず自分の思いを尊重すること。

ワガママにふるまうのはありのままでも好きに生きるでもなく他人の領域を侵害してるだけだからね~。

ってことを考えると、もしかしたら古の“オタク迫害推奨文化”って好きを奪われて自分の気持ちがわかんなくちゃった人が先導して普及させたのかもしれないな~なんて思ったり。

「俺が不幸なんだからお前はもっと不幸に!」

なんて悲しい八つ当たりではなく

「みんなそれぞれ幸せに」

を目指したいですな。







はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。


100均のスプレーボトルはハズレが多い問題。

2019年10月18日 | 生活
【片手じゃ足りない失敗】

散々100均(100円ショップ)のお世話になっておきながら、これを書くのは勇気がいるのだが…。

100均のスプレーボトル(コスメコーナーにおいてあるやつ)・霧吹き(ガーデニングコーナーにおいてあるやつ)はハズレ率が高すぎる!

買ったはいいが、やたら硬くてスプレーするのがとても困難だったり、買ってそんなに日にちたっていないのにガチッと固まってどうにもできなくなったり、正しいセットしているのに漏れだしたり。

そんな失敗例は片手ではぜったい足りない。

両手でも足りるかどうか…。

っていう話をポロッとしたら、ガーデニングが趣味だというレディーが

「わかる

 すごいわかる

 私なんて、頭にきてトイレ掃除用に使ってた“ルック きれいのミスト”のボトルに水入れて使うようになっちゃったわよ

 そしたらわずかな力で綺麗にシュッシュッてできるから拍子抜けしたの

 何年も使ってるけど全然傷まないのよ~」

と話してくださった。

ああ~!その手があったか~!

と目から鱗ポロポロとれた心地でしたよ。

【というわけで】

というわけで“スプレーボトル”を買うのではなく“いいボトルにセットされている洗剤”を買うという発想にチェンジです。

私はトイレ掃除用にスプレーボトルが欲しいのですよ。

今現在はトイレ掃除を

・クエン酸溶液(クエン酸と水道水をまぜて自作する。じょうごを使うととってもスムーズに作れる)

・重曹(クレンザーとして使う)

・トイレ用クイックル(厚手なのでやっぱり使いやすい。保存するときさらにビニール袋に入れればさらに持つ。ジップロックもアリ)

を使ってやっているので、クエン酸溶液を入れる用にね。

結論から書くと、同じダイソーで買える激落ちくんシリーズ(だよね?小さいけど)のアルカリ電解水の小さなボトルスプレーを買ってきました。

大きなサイズの激落ちくん・アルカリ電解水ボトルが台所で鎮座しているので、それに中身をそのまま入れてしまって、空になったボトルにクエン酸水入れて、古いスプレーボトルは処分。

「あの微妙な使えなさと不快感はなんだったの?!」

と思うほど使い心地がよくて感動しております。

少ない力でスムーズに綺麗にスプレーできるよ~スバラシイ~

教えてくれたレディーのようにガーデニングに使う方や、

「顔面にスプレーしたい」

という人はアルカリ電解水で買うといいですよ。

成分としては水だというから、洗剤よりセスキ・重曹・クエン酸クリーナーより抵抗感少なく使えるんではないかと。

100均で買えるものは100均で…って私は思うので。

スプレーボトル難民の方にはおススメです






はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。


お尻ニキビはオロナインで治そう。

2019年10月17日 | 健康
【笑われたって、困ってる人がいるかもしれないじゃないか】

時効なので書く。

むしろ遅れてごめんね…という気持ちだ。

タイトルでもう全部わかるでしょうが(笑)。

お尻(太ももとの境目の、一番トラブル出やすいエリア)にできたブツブツ?ニキビ?吹き出物??を毎日オロナインを塗布することで治しました。


デカイ字にするとショッキングですが、これも同じ悩みを抱えているかもしれないどこかにいる誰かのため…。

笑われたっていいぜ。

いや、やっぱり恥ずかしいんだけど(笑)でもそれよりも教えたい。

というわけで、夏にお尻にブツブツが出来てしまって困ってたんですよ。

いつもならお風呂上りにベビーパウダー(シッカロールでもOK)をはたけばすぐに消えるのですが、この時は

「少しは減ってるけど、ゼロになってくれない…赤みも残ってる…」

と困っていたのです。

(たまにできる顔面ニキビはオリーブバージンオイルで治してるけど、赤みがないニキビ。

 これは赤みを伴うブツブツ。

 ついでにオイルをおもいっきり下着と服にうつりそうな箇所に使うのはない!と思ったので選択肢になし)

ネットで調べると

「皮膚科にいけば一発で綺麗に治る」

とある。

そりゃそうだろうけど…うーんお尻かあ…ちょっとハードル高くない??女医さん探せばいいってこと??

とグルグル考えてることを美女に話したら

「薬局でオロナイン買って塗ってみたら?

 昔モテたくてバーベキューにTバッグの上にホットパンツ履いていったらお尻含めて虫にボコボコに刺されたことあってさ、毎晩オロナイン塗って寝たらツルッツルになったよ。

 だから今でもお尻ニキビはオロナインで治してるんだ、私。

 みんな言わないけどぜったいポピュラーな症状だと思うよ。

 男子だってめっちゃお尻汚いヤツ多いじゃん(笑)

 オロナインで治らなかったら皮膚科いけばいいよ」


(彼女は元肉食系恋愛体質。

 しかしバーベキューに生足ホットパンツって…。

 今でもこういうモテファッション特集あるよね。

 虫が出るところは長袖長ズボンが基本ですよ~)

と教えてもらったんですよ

で、その帰りに急いで薬局で一番小さいオロナイン(確か300円だか400円…とにかく安い!)を買ってお風呂上りにうすく塗布するようにした。

そしたらみるみるよくなって数日後には治ったのです

というわけで、悩んでる人はぜひ試してみてください

この時に買ったオロナインがまだ残ってるんですけど、説明書によるとニキビはもちろんやけど・しもやけ・水虫など色々使えるんですね。

ロングセラー商品ありがたや!

ありがとう大塚製薬!

というお話でした。

思い出したので書けてよかったです






はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。



漫画家候補生は手塚治虫先生が憎い。

2019年10月17日 | シリアス
【いまやらないことを、未来でやれるわけがない】

このブログをはじめたばかりの頃、ぼんやりと

「子どもの頃の夢、漫画家だったことあるんだよな~今更だけど投稿とかしちゃおっかな?」

と、本気の漫画家候補生たちに怒られてしまいそうなナメたことを考えていた。

もちろん情熱も技術もなく、チャレンジすることなく忘れ去った。

創作活動・表現活動というのはなんでもそうなんだけど、

「言われなくても成功が保証されなくても作り出せる人」

がなるものであり、その中のチャンスとタイミングを掴んだ者たちが

「売れる人」

になる。

「いつまでも愛される作品」

を作り出せる人はぶれずに描き上げる根性と才能がある人でしょう。


創作欲・表現欲というものは多くの人がちょびっとは持っているらしくて、

「何者(スーパースーターって意味で多くの人が遣う)にもなれないのは嫌だ!

 クリエイティブで人生逆転したい!」


と多くの人が挑戦しますが、もちろんスーパースターなんてめったにいないので結末は多くお察しください案件となる。

今はいろんな技術が発達したおかげでみんながちょこちょこ手を出せるようになったのも大きい。

私だってこうしてブログというものが存在してくれているおかげで手軽に文章を書くことができるんだもんね。

まぁでも、これは全く悪いことじゃないのよ。

ちょっと創作・表現を楽しんで生活にメリハリができるなんて素晴らしいじゃないですか。

でも、成功することを絶対条件にすると本気で頑張ってる人に勝てるわけがないので、苦しいばかりでしょうね。

とにかく、もし誰かが

「絵描きになりたい」

「漫画家になりたい」

「小説家になりたい」

「ジュエリー作家になりたい」

(どうでもいいと思われるかもしれないが、私の中でジュエリーはきちんと金・銀・プラチナ・貴石で作った作品。

 アクセサリーとジュエリーは全然違うと考えてるんだけど…)

などと考えているなら、

「現在進行で作品を作っている」

ことが最低条件にして必須条件。

いまやらないことを未来でやるわけがない。

あと私はそういうクライアントさんにお会いしたことはないけど、占いで

「成功するって占いで出るならやる。

 出ないならやりません」

と聞く人はけっこういるのだと噂にききます。

その時点で必須条件をクリアーしていませんね。

【あなたの隣に、漫画家候補生】

さて、さすが漫画の国なのか、実は漫画家候補生というのは日本中たくさんいらっしゃる。

学校で学びながら、働きながら、でも実は出版社の担当がついて日々ネーム書いたり原稿仕上げたりしている。

デビューが確定しているわけじゃないのでたいてい皆さん黙っているけど、

「この前、担当さんがついてるっていう漫画家の卵さんと話したよ~」

なんて話すと

「そうなんだ…実は…私もそうなんです…」

とかって教えてくれるのだ。

こんなにいるんだ…と驚くよ。

そして皆さんとってもお上手!

「こんなに上手いのにデビューまだなの?」

という素敵な絵を描く人はたくさん。

ストーリーはなかなか読ませてもらえないんですけどね。

で…これも労働環境が劣悪になる一方の不況のせいなのか、ここで心身ともに壊してしまう人が…悲しいことに多いんだよね。

漫画家候補生・新人漫画家の段階でね。

暴露話はいくらでもネットで見られるらしいので、気になる人は調べるといいかも??

小林まことさん(アラフォー世代以上の人には知ってる人が多い、猫漫画『ホワッツマイケル?』の作者さん)の漫画『青春少年マガジン1978~1983』では、好景気だと言われていたあの時代にどれだけ漫画家さんが命を吸い取られていたか…という過酷すぎる現実が描かれています。

コメディーが得意な漫画家さんだけど第一話で

「俺はお前ら(編集部)に殺されかけたんだぞ!!」

と語るのが本当だから。

11年前の作品ですが、これはいつまでも読み継いでほしい名作だと私は思ってる。

(アマゾンとウィキペディア貼っておきますね。
   ↓

 ・青春少年マガジン1978~1983 (KCデラックス 週刊少年マガジン) コミックス(アマゾン)


 ・青春少年マガジン1978〜1983(Wilipedia) )

おそらくこの時代はそれでも

「これからどんどん良くなっていく」

という希望が強かったはずですから、今とまた違うのかもしれないけど…でも恐ろしい世界だなって思うよ。

【あの男が憎い!】

さてさて、現代を生きる漫画家候補生さん。

そのうちの何人かが全く同じことを言っていてとても印象的でした。

それがタイトルにつながってるんだけど、彼(彼女)らはこう話すのだ。

「手塚治虫が嫌いだ!

 あの男が憎い!

 あいつのせいで今でも漫画家には人権がないんだ!」


手塚さんといえば“マンガの神さま”としてレジェンド扱いされている御方ですが、天才らしい情熱と純粋さで常にいくつも連載をかけもちし、原稿料がとっても安かったといわれていますよね。

同じような理由で

「アニメーターの地位を低く固定したのも手塚治虫」

といわれることもあるらしい。

彼自身虫プロを潰してしまったことは生涯悔いておられたといいますし。

あと、もうひとつ。

やっぱり彼だけが不動のレジェンド扱いされ

「いっても、手塚治虫が世界一だよね」

と言われ続けるのがライバルとして面白くないとも言ってました。

そう…ライバルなんだよね…漫画家さんにとっては手塚治虫さんも。

このお話と似てるなと思ったのが、若くしてお亡くなりになられたスーパースター・マイケ○・ジャ○ソン。

(伏字の意味ないけど、まあ念のために)

彼の歌とダンスの才能を認めない人はいないでしょうが、けっこうダンスやってる人には

「でもあいつは、あらゆるダンスを世界一のダンサーに習っても何ひとつものにできなかった。

 オリジナルしかできないヤツだったんだよ」

と皮肉いう人がいるのね。

これもライバルだからなんだよね。

ダンスを愛しているからこそ、踊る自分にプライドがあるからこそ、

「スバラシイですよね!!!」

と無邪気に肯定することはできない。

うん、それでいいんだよね。

それこそが彼ら・彼女らもその道で頑張り続けている証なのかもしれないから。

【おまけ・手塚治虫さんとトラウマについて】

手塚治虫さんは素晴らしい作品をたくさん遺しておられるし、間違いなく天才だと私は思っています。

でも同時に当たり前だけど

「あの人もまた、激動の時代を耐えた一人の人間でもあったのだ」

とも思うんだよね。

大人になるほどに。

『ブラックジャック』で若き日のブラックジャックの愛する人・如月恵が子宮がんの手術を受ける描写で

「そこをとるということは、女でなくなるということ」

みたいな大変強い表現があるんですよ。

「どんだけ前時代的なんだよ」

「医者だったくせになんてこと描くんだよ」

と今を生きる我々は思うわけですが、多分彼の生きた時代って性シンボルこそが男・女の証って刷り込みが強かったんですよ。

きっと男性キャラクターでも同じ言葉を書いたのだと思う。

そういうジェンダーとアイデンティティ、そして生命倫理を考えさせられる描写はほとんどの手塚作品で見られるんじゃないでしょうか。

あと、彼は“ブラック手塚作品”と呼ばれる怖くて暗い作品もたくさん遺しているんですよ。

本当に怖くてワケわかんない作品たち。

(でも天才らしく、大きな矛盾やありえない展開ってのはあまりない)

あれは戦争のトラウマが描かせたんじゃないかな~と私は思っています。

心と魂の傷を口に出すことが出来ず狂ってしまった元兵士はたくさんいたといいますが、彼の場合は描くことでトラウマをはきだしていたんじゃないでしょうか。

そして、戦争していなくても兵士と同じように追い詰められて極限状況にいる現代人はブラック手塚作品を読むと…共鳴するんじゃないかな。

それが癒しや慰めとなっているのなら、それもステキなことだよね。

私はもう元気ないから読みたくないですが。







はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。