鳥まり、参る!

ご来訪ありがとうございます!
大和撫子“鳥まり”の日々の奮闘を記録&お届け☆

年内最終のゴミ収集日までに。

2018年12月17日 | 断捨離
【断捨離の季節だね~】

2018年もあと2週間、14日を残すのみ。

「今年はみんな、生き延びただけで100点満点だね」

と親しい人達と言い合っています。

すごかったからね~2018年。

あの酷暑、度重なる災害、ショッキングな事件の連続…よく耐えましたよ…私ごときが偉そうに書いてごめんなさい。

でも本当にそう思うのです。

よく頑張った…。

…。

なんか思わず感傷的な書き出しになってしまったな。

寒さのせいにしときましょ。

さて、そんなこんなで12月。

師走です。

こんなに大変な時代を生きていても

「年末の大掃除」

がたくさんの人に習慣づいているのか

「断捨離中だよ」

「ちょこちょこ大掃除始めてるよ」

「片付け祭りやってるよ」

という声を聞きます。

私も…やってます

生きているとモノがたまり、あるものは終わりあるものは始まるので断捨離必要ですよね。

断捨離・ミニマリズム・シンプルライフと

「少ないもので豊かに暮らす」

ハウツー本は色々出ててそれぞれ共通点もありますが、やはり王道の“こんまりさん流お片付け”がわかりやすくてよい

(こんまりさん今はアメリカに拠点をうつして大活躍されているという噂。

 カッコいいなぁ~)

こんまりさん流の大事なポイントは

1.片づける前に、必ず理想の生活を細かくしっかりとイメージする

2.衣類→本→書類→小物→思い出の品、の順番で片づける。というか捨てる。必要なものだけ残す

3.それぞれ仕分けるときに「これはときめくか?」を指標にする

4.衣類なら衣類、本なら本を全て1か所に「収納から出して」&「手で触って」サヨナラするか残すかときめきを感じる


でしたよね。

きちんと手帳にメモしてあるの。

ふふふふふ

この師走断捨離祭は、とりあえず衣類を終わらせました。

この私でも(常日頃気を付けているつもり)45リットルゴミ袋でひとつサヨナラしました~やっぱり出るなぁ。

この調子で思いでの品までやるつもりです。

年内最後のゴミ出し日が締切なのですが、ゴミの種類によって最終日は違うのでのんびりしてばかりはいられません。

しっかりスピーディにやらないとね。

頑張ります!






はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。

片づける=生きる、捨てる=変わる。

2018年10月04日 | 断捨離
【ハレルヤーハレルヤー(雰囲気)】

ひき続き断捨離をちょこちょこ頑張っている鳥まりさんです。

おかげで部屋の空気は清らか。

やっぱり全然違うね。

(あ、でもまた古本屋さんに電話するの忘れた…)

服もどっさり!とはいえないけどリサイクルに出しました。

ほぼ全てイエローの服。

私はパーソナルカラーがサマータイプで、オレンジとイエローが苦手色だと言われています。

やっぱり似合わないのか活用しづらい…。

サマータイプはオレンジのトップスはよほど

「大好き

 このトップスを着るだけで幸せになれる

…というわけでないのなら避けた方が無難なかもしれません。

やっぱり難しい…イエローはうす~いシャーベットのようなレモンイエローなら似合うけどそれ以外は難しい気がするなぁ。

実際パーソナルカラーの本で確認するとその通りのようだし。

イエローもオレンジも好きな色なので、今度気になったらボトムスで選んで、かつしっかり試着しまくってから買います。

あと、寿命が短いと噂のプチプラアクセをいくつか断捨離しました

やっぱりというかなんというか…緑青(ろくしょう。汗と空気に反応して生えるカビ)が生えたり、汚くくすんでいたりして、もはや対策できること無し。

きちんとチャック付きポリ袋に入れておいてもこれだもの…。

しかしよく考えてみれば明らかに着用頻度が低いものたちだったので、反省しました。

お値段が安くてもきちんと考えて買って、大切にしっかり活用しなくちゃ意味ないよなぁ。

そうそう、断捨離の話なので買い物のことでなんなんですが…。

愛希れいかさん(宝塚の話。月組の誇る伝説のトップ娘役)の思い出に…と公演グッズのエリザベートピアス買いました

昔ハプスブルグ展だかエリザベート展で買ったシシィスターブローチ(を、ペンダントトップにしてるのだ)と合わせてずーっと大切に身に着けます~

素晴らしかった宙組エリザベートの時、欲しいなぁ~って思いつつ買い損ねてしまっていたので今回は東京公演が始まる前にゲット!です

激選した好きなものを大事に使うから…ぜったい使うから…断捨離カテゴリーでこんな話書いても許してください…。

【やっとお手入れする気になったぞ!】

「お前今さらかよ」

と言われてしまいそうですが、手持ちの洋服をもっと大切にしたいな~と思ってやっと洋服ブラシを購入しました。

着替えた後にさささっとかけています。

今まで気になった時にコロコロかけるだけだった(笑)。

「税抜3千円以上払えば上質最で高な洋服ブラシが買える」

とこの道の先輩は教えてくれましたが、私が買ったのはロフトで千円のもの。

身の丈にあったものをしっかり使いこなしたいと思ったのでね。

でも日本製だけあってとても軽くて使いやすくて

「買ってよかった」

としみじみ感じます。

リボンをかけて、S字フックでクローゼットに吊るしています。

しまっちゃうとぜったい使い忘れるわ。

冬場のコート・セーターは特に効果が見えるアイテムだそうで、今から楽しみです。

私が買ったのは豚毛のブラシなんですけど、一番初心者におすすめなのはエチケットブラシかもしれないですね。

毛じゃなくて布?みたいになっているやつ。

ホコリやゴミを静電気でとってくれるアイテム。

あれなら素材をもっと選ばないしお手頃価格です。

いや、かといって私は買わないよ。

まずはこれをしっかり活用だ(戒め)。

【いま再びの『わたしのウチには、なんにもない』】

さて、断捨離のお供に再び読んでいるのがゆるりまいさんの『わたしのウチには、なんにもない』です。

一番パワーがある1巻をね。

昔書いた感想記事はコチラです。
  ↓
※コミックエッセイ『わたしのウチには、なんにもない。』

(もうすぐ5年前の記事になるとは、驚き!)

捨て・掃除について書いている部分ももちろんすごいけど、大学卒業後に専門学校を頑張って卒業してまで内定した会社が超絶ブラック企業でひどい目にあってしまったり、

「もーっといい会社たくさんあるよ」

とおばあ様・お母様に温かく励まされ婚約者の愛にも支えられながら立ち直った矢先に3.11の震災に遭う…というストーリーは壮絶で涙なしに読めません。

加齢するたびに涙もろくなっていくぜ。

片づけることって生きること。

捨てることって変わること。

なんだなーって再び読んで思いました。

私も何度目かの変化中なのかもしれません。

断捨離しても災害への備蓄はしっかりしておくのを忘れずにね。








はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。

やっぱりすごいよ、断捨離さん。

2018年09月27日 | 断捨離
【久しぶりに】

断捨離カテゴリーの記事は少ないけれど、キーワード“断捨離”でブログ内検索かけてもらえばわかるようにけっこう頻繁に小規模断捨離している私です。

もはや断捨離を知らない人の方が少ないとは思いますが、お片付け・掃除・不用品を捨てるのが断捨離。

とてもざっくり単純表現ですな(笑)。

さてさて、先日ちょっといつもより気合いを入れて断捨離(小規模だけど)をしました。

そしたらも~ほんっと空気が軽やかに清らかになって…もはや神々しさすらうっすら感じてしまって。

「同じ部屋とは思えない…」

と感動しました。

やっぱり断捨離大事だな。

過去記事でも何度も書いているかもしれませんが(しつこくてごめんなさい)人生を変えるにはまず断捨離。

部屋の片づけ&掃除&捨て作業ですよ~

ついついゴチャゴチャものを出しっぱなしにしてしまったり、掃除が手抜きになってしまうのってやっぱり

「不要なものを持ちすぎているから」

なんですよね。

捨てる作業ってエネルギー使うけど、その分効果は絶大。

不要品をもち続ける方が楽なんだけど、トータルで考えたら削がれるエネルギーが捨てた場合の何倍にもなっていそうだ。

というかぜったいそう。

【かけておけるって素敵!】

「収納を考えたらアカン」

は断捨離界の常識ですが、収納グッズを買っていいことが起こりました。

ロフトと無印とで収納ハンガーを買ったんですよ。

ズボンを4枚ひとつのハンガーにかけておけるっていう便利ハンガー(ロフトで発見)と、洋服が3つひとつのハンガーにかけておけるもの(これは無印)。

早速手持ちのパンツ4枚とスカート6枚をかけてみてね。

スカート6枚って書いたのは、無印のハンガーに6枚かけてるからです。

これは公式で推奨している使い方ではないので壊れても何しても自己責任って了解した上でやっています。

そんなこんなでやってみたらハンガースペースに空きが当然できて、使わないハンガーも出た。

…ら。

部屋着も何もかもハンガーにかけておけるようになって大変便利です

恥ずかしながら、今まで部屋着はたたんでベッドのすみに置いてました(笑)。

いや~かけておけちゃうって素敵!

おかげで部屋が広々使えています。

買ってよかった~私にはとても良かったです

もちろんね…

「かけておけるんだから服新しく買っちゃおう!」

では本末転倒なので気を付けます








はじめての方向きの記事と対面カウンセリングのご案内です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!


※モテ服関連記事・まとめ。

ゴミ箱を断捨離!金運アップにもなるらしい?

2015年12月01日 | 断捨離
【ゴミ箱断捨離したよ!】

「え?ゴミ箱ないの?

 もしかして、鳥まりさん、ゆるりまいさんと同じ

 “なんでもかんでも捨てたい病”

 なの?

 つーか、精神病なんじゃ…???」

待て待て待て。

違うから。

全然違うから。

(ゆるりまいさんについて書いた記事はこれら。
   ↓
 『コミックエッセイ『わたしのウチには、なんにもない。』 』

  『『わたしのウチには、なんにもない。3』買いました』 )

ゴミ箱は断捨離しました

というか、一応まだ家にはあるけど次のプラゴミの日に捨てます

だってね、やっぱりゴミ箱が見えるのって嫌だったんだもん。

フタ付きじゃないから、どうしても見えちゃうし。

でも、ちゃんとゴミ箱部屋にあるよ。

見えないけどあるよ。

【机の引き出しをゴミ箱にしたんです】

どうやったかというと、机の引き出しをゴミ箱にしました。

1番下の段ね。

ゴミ袋入れておいて、そのままゴミの日に出す。

高さがある引き出しならゴミ箱ごと入れるのもいいかも。

私のは高さがないので無理ですが…

洋服棚よりも机をチョイス。

だってね、服って身に着けるものでしょ

服の下にゴミって…なんか嫌で。

違う入れ物(引き出し)だとしても。

文具も大切な存在だけどさ。

【ゴミ箱がないって、快適☆】

というわけでゴミ箱を断捨離して引き出しをゴミ箱にしました。

結果…。

思いがけずいいことづくめで快適です☆

なので、良かったことをリスト可しますよん。

1.ゴミが視界に入らないから快適!

2.掃除が楽ちん!

3.なぜか、ゴミの出る量が減った

4.ものをますますため込まなくなった

5.金運アップにもなるらしい!


いいことづくめなんです

【ゴミ箱を隠すと金運アップだってさ!】

ゲッターズ飯田さんの本を立ち読み(おい?)したら、

「お金持ちの家にゴミ箱はない。

 隠されている。

 ないと掃除も楽で見た目も綺麗」

と書いてあったんですよ~。

というわけで、お金持ちの真似になるみたい

金運アップもするといいな

こんまりさん。

2012年03月19日 | 断捨離
ついに買ってしまいました…
こんまりさん=近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片づけの魔法』。

こちらの本が売れに売れてる
っていうのは有名なお話ですよね。
鳥まりも本屋さんで写真付き著書はいつもお見かけしていましたが、すでに断捨離アンとなり、myバイブルも所持している…。
というわけで買うどころか立ち読みもせず。

そういうわけで、こんまりさんの事をちゃんと知ったのはやっぱり“金スマ”がきっかけ。
広告色を隠そうともしない、ある種の清々しさが魅力的な金スマ。
たまに斜に構えて見たくなっちゃうけど(笑)

こんまりさんが出演する回は…夢中になって見ちゃいます

彼女の独自メソッドによって、芸能人クライアントの部屋、そして心までが激変してしまうのが感動的だしスッキリ気持ちいいんだもの

断捨離と根っこの部分は本当に同じなんだけど、彼女はこの道十年超え(とても若いんだけど、著書を読むとキャリアは蝶長いです)のお方。
断捨る順番、コツ、サバイバーの収納法など…。

すごいのです。
すごすぎる

「そっかあ、そうすればいいんだ

って目鱗ポロポロ。

この本にはこんまりさん自身の挫折の繰り返しも書いてありました。
意外。
でも納得するのばかり
収納グッズを買って満足しても、すぐに溢れかえって部屋は汚くなる…とか。

捨てるっていうのがやっぱり必須なのよね。

それから、彼女の素敵なところは

「ありがとう

って感謝してモノと別れましょう、とはっきりと書いていることでしょう。
なかなか男性は理解できないみたいだけど…(レビューを見てる限りは)

ものにも心ってあると、鳥まりは思う。
物質だから心の仕組みは違うのかもしれないけれど。

日本では昔から万物に神様が宿ってるって言うよね。
それってどんなものにも心があるってことだと思いますね。

大切にしたら、それが伝わってこちらに返ってくる。
大切に扱えば部屋は綺麗で、粗末に扱えばあっというまに汚部屋になってしまうじゃない
人間同士も。


一番最近の金スマ=こんまりさん出演。は春香クリスティーンちゃんがゲストでした。
彼女のお部屋は、あの可憐な容姿からは想像できないほど、ほんっと~に汚部屋で
まだ1、2年しか住んでないマンションだと思うのだけど、オソロシイ汚さ
床がほんのちょっとしか見えない
重症です。
間違いない。

バースデーケーキやらロケ弁やら、腐った食べ物を普通に床に転がしていて、

「箱を開けちゃうから気になるんですよ締めれば大丈夫

と言い放つ始末。

そんな彼女が、こんまりさんにじっくりカウンセリングしてもらってから、ゴミに一回一回

「ありがとうございました」

と言って捨てるよう指導され、実践するうちに

「どうしてモノを大切にできないんだろう…大切にすればこんなことにならなかったのに…」

と泣き出して
最初は

「(こんなゴミに)お礼するんですか??」

と目を丸くしていたのにね。
モノへの愛・優しさの芽生えです

周りのサポートと自身の努力で、もちろん最終的に彼女の部屋は見違えるほど綺麗に
感動的でしたわ~。

なんかそれ見ててね、なぜか思い出したのは確かフェミニズム(笑)の授業で読んだとある男性の言葉。


「長年連れ添った妻に別れを切り出され、はじめて抑えてきた気持ちを知り、私は初めて妻にも心があるのだと知った」

なに言ってんじゃ??と突っ込みたくなるお言葉ですね。
奥さんにだって心はあるに決まってる。
人間だもの。

でもこの旦那さんはずっと奥さんの心を無視し続けた。
いや見ようともしなかったの。

私ね、この方は自分の心もずっとないがしろに生きてきたんだろうなって思う。
ありがちでしょ日本の男性が会社に心のっとられてて、仕事辞めた途端にアルコールしか慰みがなくなっちゃう悲しい現実

いつの間にやら、大切な信頼関係が破たんしていたんだなぁ
生活という自分の基礎も大崩壊。


最初の春香ちゃんの“もの・生活に対する態度”はまさに心を無視していた感じ。
それが、ものに心を感じるようになって、自然に謝罪と感謝が生まれた…
うん美しいですね

これこそが“魔法”だと鳥まりは思います。

そんなこんなでまだまだ断捨離&お片付け&お掃除頑張りま~す