やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

水平はさびしからんやあめんぼう 川村研治

2018年06月12日 | 俳句
650
川村研治
水平はさびしからんやあめんぼう
波の無い田の水が雲を浮かべている。溜池の水馬も長閑に漂っている。縦軸の無い水平の世界に孤高に存在してゐる水馬。静けさの中の孤高、さびしくはないのか水馬。長閑に見える外形に秘められた淋しさ。おーい雲よどこを目指しているんだい。山の彼方の空遠く淋しさ果てる国はあるんか?。問えど応えるものは無い。:俳誌『ににん』(2017年秋月)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉢植に磨ぎ水撒いてひとりの... | トップ | かたつむり捨てて指嗅ぐ少女... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事