としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

湯沢上神立温泉 神泉の湯

2014-08-28 00:42:00 | 新潟県の温泉
 山の湯入湯後、越後湯沢駅前の商店街にある江神温泉浴場に寄ろうとするも、駅前でお祭りをやっており大混雑。駅の駐車場も満車だったので諦めて退散しました。目的地を急遽「神泉の湯」に変更。  湯沢上神立温泉 神泉の湯は、越後湯沢から苗場方面へ国道17号線を南下すると、国道沿いに一軒だけぽつんと建っている温泉施設です。山の中に一軒だけなので非常に目立つものの、何か近寄りがたい雰囲気も。駐車場に車が停まっていなかったので営業しているか心配したけれども、ちゃんと営業していました。  ここは以前「神立の湯」という名前であったのが、経営者が変わり「神泉の湯」となって、この8月2日にオープンした施設です。 . . . 本文を読む
コメント

越後湯沢温泉 湯元共同浴場 山の湯

2014-08-26 00:00:11 | 新潟県の温泉
 六日町温泉での入浴を終えた後、越後湯沢へと向かいます。越後湯沢と言えば冬場のスキーが有名ですが、駅前には温泉街が形成されているし、周辺にも温泉施設が点在している立派な温泉地。今回は湯元共同浴場 山の湯を訪問しました。  湯沢町には共同浴場が5箇所(山の湯、駒子の湯、岩の湯、街道の湯、宿場の湯)あります。山の湯はその中で最も歴史ある施設で、小説家の川端康成が入浴したことがあるそうです。ちなみにすぐ近くの旅館「高半」で、川端康成は有名な「雪国」を執筆したとのこと。  山の湯は湯沢市街の外れの小高い所に建っています。山の湯というからには山奥にあるのかと思いきやそうでもないのですが、施設の直前は急坂なので車の運転には気を付けないといけません。 . . . 本文を読む
コメント

六日町温泉 湯らりあ

2014-08-24 08:34:51 | 新潟県の温泉
 8月15日、久しぶりに休暇が取れたので、温泉巡りを計画。それでも前日急に思い立ったことから遠くにいくこともできないので、手近な所で六日町、越後湯沢温泉辺りに行くことにしました。  まずは「六日町温泉 湯らりあ」へと向かいました。「湯らりあ」は、2012年6月に国道17号線沿いにオープンした新しい公衆浴場です。六日町中心街のアーケードが途切れた所にあり、看板もあるので分かりやすいですね。かつては六日町中央温泉という公衆浴場があって、一度訪れたことがあったのですが、2011年3月に閉鎖。その後住民から公衆浴場再開を求める声が上がり、地元有志により建設された施設だそうです。以前の六日町中央温泉と比べると場所は分かりやすいし、駐車場もあるのでかなり使いやすくなりました。 . . . 本文を読む
コメント

須坂温泉 古城荘

2014-08-09 16:46:36 | 長野県(北信)の温泉
(2014.7.26再訪)  最近はなかなか時間が取れず、近くの温泉で済ます日々が続いています。この週末も仕事で時間がなく、合間をみて須坂温泉 古城荘を訪ねました。古城荘はいつも冬に訪れていたので、夏に訪れるのは初めて。  古城荘には大浴場(音羽の湯)と中浴場(観音の湯)があるので、まずは大浴場へ。駐車場に車がたくさん停まっていたので混んでいるのかと思いきや、他に客は一人しかいませんでした。外の掲示板にはずらっと名前が書かれていたから、会合で使う人も多いのでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

松之山温泉 十日町市高齢者憩いの家

2014-08-02 10:50:16 | 新潟県の温泉
 渋海リバーサイドゆのしまでの湯浴みを楽しんだ後、再び元来た道を戻って松之山温泉へ。やはりここまで来たらこの温泉に浸からないとね。   最初は某旅館に行こうかと思ったのですが、先客が一歩先に中に入っていったので場所を変更、今年の1月4日にオープンしたばかりの十日町市高齢者憩いの家を訪れることにしました。  名前から分かるとおり、この施設は市の高齢者福祉施設です。1階は温泉・交流施設、2階は高齢者の冬期共同住宅として利用されているとのこと。ありがたいことに温泉施設は部外者にも開放されており、料金500円で利用できます(十日町市在住65歳以上は300円)。 . . . 本文を読む
コメント