としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

鹿教湯温泉 町高梨共同浴場

2010-06-27 22:00:20 | 長野県(東信)の温泉
 鹿教湯温泉の入り口付近、町公民館に隣接して建てられている共同浴場。道路から少し奥まった所にあるので、探すのに苦労しました。  町区と高梨区が管理する共同浴場ですが、料金200円で一般にも開放されています。無人の施設なので、料金箱にお金を入れるシステム。見た目は鄙びた建物ですが、浴室は意外に綺麗です . . . 本文を読む
コメント

鹿教湯温泉 文殊の湯

2010-06-26 01:47:47 | 長野県(東信)の温泉
 鹿教湯温泉は、鹿に化身した文殊菩薩が信仰厚い猟師に湯を教えたという言い伝えが残る古くからの湯治場。現在は国民保養地に指定されていて、落ち着いた雰囲気のある温泉地です。  文殊の湯は、昔大湯であった共同浴場ですが、現在は近代的な建物に建て替えられているので、ちょっと風情はないかも。 . . . 本文を読む
コメント

岳の湯温泉 雲渓荘

2010-06-24 21:57:07 | 長野県(東信)の温泉
 武石温泉うつくしの湯から車で15分ほど、山道をひたすら登った所にある公営の一軒宿。周りには何もなく清流が流れるのみで、秘湯の雰囲気があります。  浴槽は内湯が一つあるのみ。露天風呂があればロケーションは最高だろうな~と思うのですが、ちょっとそれは贅沢な望みですかね。 . . . 本文を読む
コメント

武石温泉 うつくしの湯

2010-06-21 23:03:38 | 長野県(東信)の温泉
 うつくしの湯は、旧武石村(現上田市)にある大型の日帰り温泉施設。学生時代に一度、武石村出身の友達との待ち合わせで来たことはありましたが、温泉に入るのは初めて。  施設の印象は、いかにも新設系の温泉といった感じで、設備は整っています。内湯、露天風呂、サウナがあって、アメニティ完備で500円。長野県の新設系施設では標準的なスペックといってよいでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

天然イワナの塩焼き

2010-06-20 23:48:47 | 魚釣り
 今日は飯山の出川で釣り大会があったので行ってきました  午前中いっぱいで釣果はニジマス30匹に天然イワナ3匹。前日日本vsオランダのパブリックビューイングで飲み過ぎ二日酔い状態でしたが、なんとか数釣ることができました。  写真は25cmくらいの天然イワナの塩焼き観光地とかでこれを食べようとすれば500円以上はするだろうな~普段はあまりお目にかかれない高級魚を食べられるのが釣り人の特権ですね . . . 本文を読む
コメント

ニジマスまずまずの釣果

2010-06-15 23:44:00 | 魚釣り
 先日の日曜日は、近くの夜間瀬川で漁協組合員(入っているのは親父ですけどね)だけの釣り大会があったので行ってきました普通は前日に放流された魚を釣るんですけど、直前に自分達で魚を放流して釣るという変わった釣り大会です  釣果は3時間でニジマス25匹周りの人は5匹くらいだったので結構釣った方だと思います母親も一緒にいたのですが、6匹釣ってました。なかなかあなどれないんですよね  来週は飯山の出川で . . . 本文を読む
コメント

野沢温泉 滝の湯

2010-06-08 00:55:10 | 長野県(北信)の温泉
 前の投稿から大分間が開きましたが、野沢温泉外湯巡りの続きです。河原湯に入湯後、野沢温泉の名所麻釜に行ってみました。麻釜は草津温泉の湯畑みたいな所。地元の人が温泉で野沢菜を茹でたりします。小学校の遠足以来だったので、懐かしかったですね。  滝の湯は麻釜から5分ほど坂を登った所にあります。13ある外湯の中では一番の高台でしょう。 . . . 本文を読む
コメント

白馬八方温泉 第二郷の湯

2010-06-03 23:48:23 | 長野県(中信)の温泉
 名前が示すとおり、白馬八方温泉二つ目の共同浴場。もうちょっと気の利いたネーミングにすればいいのにと思うのですが、その名前とは裏腹に建物が六角形でとてもユニーク。さらに浴槽や湯口の枡も六角形でかなりのこだわりようです。共同浴場は簡素な建物が多いですから、こういうのは珍しいですね。 . . . 本文を読む
コメント

白馬八方温泉 第一郷の湯

2010-06-02 23:07:53 | 長野県(中信)の温泉
 白馬塩の道温泉に続いて、白馬八方温泉に入湯。白馬八方温泉は、無色透明のお湯ですが、pH11の強アルカリ性のお湯。石鹸水のようなヌルヌル感が特徴です。  第一郷の湯は、八方尾根スキー場の麓、八方交差点の角にある共同浴場で、足湯施設も隣にあります。 . . . 本文を読む
コメント