としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

クアハウス津南温泉 クアハウス津南

2014-02-23 15:06:23 | 新潟県の温泉
 クアハウス津南は、国道117号線沿いにある津南観光物産館の裏手にある施設で、厚生労働大臣認定の温泉利用型健康増進施設です。隣接してサン・ビレッジ津南というスポーツ施設があり、さらに介護施設もあったりして健康・福祉の複合施設といった形ですね。  最初クアハウスの入口が分からず、施設の周りをグルグル回ってしまいました。駐車場から見えない位置に入口があるので、初めて来た者にとっては非常に分かりにくい作りです。せめて駐車場から見える位置に「入口はこちらです」といった看板くらいは欲しいかな。  クアハウス津南にはバーデゾーンとプールゾーンがあり、共に温泉(源泉100%)を使用しています。特にバーデゾーンは源泉かけ流し(加温、殺菌剤添加あり。平成22年9月に源泉が新しく(小下里温泉→クアハウス津南温泉)なって湯量が豊富(動力揚湯300L/分)になったため、それまでの循環濾過をやめたそうです。 . . . 本文を読む
コメント

二ツ屋温泉 鷹の湯

2014-02-16 15:56:29 | 新潟県の温泉
 二ツ屋温泉 鷹の湯は、十日町市街の南側、信濃川支流の羽根川沿いにある山間の一軒宿です。一応この一帯は「十日町温泉郷」と名付けられているようですが、温泉地としては二ツ屋温泉と塩之又温泉の二箇所で、数軒の宿が点在しているだけ。とても温泉郷という感じではないですが、江戸中期から湯治場として知られていたとのこと。その名残か、この宿の宿泊プランには湯治プランがあって、湯治場の雰囲気は残しています。  訪れる前は鄙びた温泉旅館なんだろうと想像するも、思っていたより古くはなく、中に入るとそこそこ広い建物です。脱衣所、浴室も客室数15室の温泉旅館としてはゆったりした造り。最初から日帰り利用客を見込んでの設計かもしれません。 . . . 本文を読む
コメント

熱海温泉 湯宿みかんの木

2014-02-12 00:00:00 | その他の県の温泉
 伊東市内の観光を終え、2日目の宿泊先である熱海温泉に向かいます。伊東から熱海に向かう道中にも、網代等いくつかの温泉地を通過。伊豆半島は本当に温泉が多い地域で、街があれば必ず温泉もあると言っても過言ではないでしょう。長野県も温泉が多い地域(日帰り温泉施設数は日本一、温泉地数は北海道に次いで2位)ですが、伊豆半島の温泉地の密度は長野県を上回っているような気がします。  熱海と言えば、有名温泉地のブランドの一つです。昔と比べればだいぶ寂れたのでしょうが、大型温泉施設が海岸沿いに建ち並ぶ姿は今でも壮観です。街路樹が椰子の木になっているので、まるで南国にいるような雰囲気ですね。  今回熱海温泉で宿泊するのは、海岸沿いのホテル群から少し路地に入った所にある、和風温泉旅館の「湯宿みかんの木」。 . . . 本文を読む
コメント (2)

伊東温泉 東海館

2014-02-08 14:32:50 | その他の県の温泉
 伊豆旅行2日目。城ヶ崎海岸、伊豆シャボテン公園、大室山と東伊豆の観光地巡りを楽しんだ後、伊東市街地の散策をしました。  伊東温泉は平安時代に開湯したとされる、由緒ある温泉地です{/m_0147/}商店街を歩いていると、そこかしこに手湯や温泉を利用したモニュメント(お湯かけ七福神)があって、さすがは有名温泉地といった感じですね(昔はハトヤや暖香園のCMがよく放映されていたので、伊東温泉は何となく身近に感じるのでです)。  商店街を少しはずれ、伊東大川(松川)沿いを行くと木造3階建ての立派な建物が見えてきます。これは「東海館」と言って、昭和13年に温泉旅館として建築された伊東温泉を代表する建物。温泉旅館としては平成9年に閉館していて、現在は観光施設として公開されているのですが、嬉しいことに土・日・祝日限定で温泉に入ることができるのです。 . . . 本文を読む
コメント

城ヶ崎温泉 ルネッサ城ヶ崎

2014-02-03 00:00:04 | その他の県の温泉
 初日の宿泊先は、伊東市南部の景勝地「城ヶ崎海岸」の近くにあるルネッサ城ヶ崎です。今回の旅行は、懸賞でルネッサ城ヶ崎の無料招待券(2名1泊2食付)が当たったことから計画。予約した時点では、どんな部屋で、どんな食事が出るのか全く分からなかったので、少々不安を抱きながらの訪問です。  ルネッサ城ヶ崎は「伊豆リゾートコテージ」という名を冠している通り、数多くのコテージからなっていて、付帯施設としてレストランやテニスコート、プールがあります。フロントでチェックインを済ませ、案内されたコテージに入ると、予想以上に豪華なコテージで驚きました。広いリビングにベッドルーム、そしてこれまたラブホのようにゆったりとしたバスルーム(広い上に、壁の一面がガラス張りで外が見え、テラスも付いている)…。普通のホテルならスイートルームと言ってもよさそうな部屋でした。 . . . 本文を読む
コメント

熱川温泉 高磯の湯

2014-02-01 18:44:05 | その他の県の温泉
 平成26年1月11日から13日にかけて、妻と共に2泊3日で伊豆へ旅行に出掛けました。元々は正月休みに行く予定をしていたのですが、伊豆の宿泊施設の無料招待券(正月休み使用不可)が懸賞で当たったため、一週間ずらしての実行となりました。   初日はAM5:30に自宅を出発、富士山の西側を通るルート(国道139号線経由)で静岡県に入り、正午には中伊豆に到着しました。浄蓮の滝、旧天城隧道を見学してから東伊豆に出て稲取漁港で昼食(もちろん海鮮)を取り、熱川バナナワニ園を見学。最後に熱川まで来て温泉に入らないのはもったいないので、海岸沿いにある日帰り温泉施設の高磯の湯に寄ることにしました。  熱川温泉は、伊豆半島にある数多の温泉地の中でも、そこそこ規模が大きい温泉地で、海沿いの傾斜地に十数軒の温泉旅館・ホテルが建ち並んでいます。温泉街のそこかしこにある源泉櫓から蒸気が濛々と上がっている様はなかなか壮観です。 . . . 本文を読む
コメント